【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスのライターの収入が低い?稼ぐ方法を徹底解説!

クラウドワークス

「ライターって初心者でもなれるの?」

「クラウドワークスでライターの仕事をするのは大変?」

「クラウドワークスのライターって年収低いんでしょ?」

と思っていませんか?

 

クラウドワークスを利用してライターになることは可能です。

ここでは稼げるライターになるためのステップアップについて徹底解説します。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

ライターは誰でもなれる!

結論から言うと、誰でもライターになることができます!

ライターになるために特別な試験があるわけではありませんし、国から定められている基準があるわけでもありません。

「書き物をしてそれによって報酬を得ることができる」ならその人はライターと名乗れるのです。

 

稼げるライターかどうか、独立して生活できる年収を得ていけるのかとなると別問題と言えるでしょう。

ちゃんと稼げるライターになるためには、自分の努力やちょっとしたコツをつかむことも大切となってきます。

 

初心者のライターや、フリーランスで独立したばかりのライターが利用しやすいのがクラウドワークスです。

副業としてもおすすめ!

ライターの仕事は、初心者でも比較的ハードルが高くないので、副業にもおすすめです!

仕事から帰ってきた夜の時間、休日の暇な時間などを利用してコツコツ稼いでいる人もいます。

自分のペース、スキルに合わせて仕事を選べるのがメリットです。

 

クラウドワークスの案件と相場

引用:クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大のクラウドソーシングで、多くのクライアントが登録し、いろいろなジャンルの案件があります。

クラウドワーカーは自分ができそうな案件に応募しクライアントと直接交渉、契約して仕事を受注するシステムです。

 

ライターの案件内容

クラウドワークスの「仕事を探す」の項目へ行き、「ライティング、記事作成」の欄からの仕事を選ぶことができます。

 

ライターは…

  • コピーライター
  • ブログライター
  • シナリオライター
  • Webライター

などと、小さくジャンル分けされています。

 

具体的な案件は

  • 自分の実体験に基づいた記事
  • 調べて書くタイプの記事
  • 専門的な知識が必要になる記事

があります。

 

例えば…

  • 新しくブログを開設したのでブログに載せる記事を募集しています
  • 子育てに関係した記事を募集しています
  • 美容やコスメの記事を募集しています

と言ったように、自分の趣味や、実体験をもとに気軽に書ける案件も多数あります。

 

専門的な知識が必要なジャンルとしては

  • キャッシングに関する説明を詳しくかける方
  • 法律に詳しい方お願いします
  • i phone やIT関係のコンテンツの記事を書いていただける方

と言った案件があります。

 

このように初心者からプロまで、自分のスキルにあった案件、楽しくかける案件を選べるのがクラウドワークスでライターをすることのメリットの一つです。

 

クラウドワークスのライターの相場

ライターの相場は初心者〜中級者〜プロによって別れます。

  • 初心者:1文字0.1~0.4円
  • 中級者:1文字0.5~3円
  • プロ級:1文字10円〜

誰でも簡単に書けるような簡単な案件だと、1文字あたりの単価も安く、難しく専門的なジャンルになればなるほど1文字あたりの金額が上がる傾向にあります。

 

初心者は特に単価を計算して記事を応募することが大切です!

同じ3000文字の記事を書いたとしても、1文字0,1円の報酬だと300円しかもらえないのに対し、1文字1円の単価だと3000円の報酬が得られるのです。

初めは単価が安かったとしても、ライターとして稼ぐにはせめて1文字1円以上の単価になるように目指しましょう。

 

フリーランスのライターの年収は平均300万円

フリーランスのスタイルで仕事をしているライターの平均年収は300万円です。

プログラミングやWebデザイナーなど特別なスキルを必要としている人に比べて、ガッツリ稼げているわけではありませんが、それでも独立して生活できない額ではありません。

クラウドソーシング利用者の平均月収

フリーランスで独立している人の平均年収は300万円ですが、クラウドワークスなどクラウドソーシングを利用して収入を得ている人の月収額は2万円です。

 

マイナビにクラウドソーシング利用者の職種と月収を比較した調査結果がありました。

◆平均月収が高い仕事

9

引用:マイナビ

このマイナビの調査結果は、クラウドソーシング全体の月額であって、クラウドワークスのみの総額ではないのですが、クラウドソーシング全体のライターの月収平均が2万円と言う結果になりました。

 

クラウドソーシング利用者の満足度

実は、クラウドワークスなどクラウドソーシングを利用してライターをしている人で大満足している人の割合は多くないのです。

同じくマイナビの調査にクラウドソーシングを利用してライターをしている人の満足度が載せられていました。

11

引用:マイナビ

こちらもクラウドソーシング全体の統計なのですが、

  • ライターとしてガッツリ稼げている
  • クラウドソーシング を使って十分満足の収入がある

と感じている人は、ライターの中の25%ほどだと分かります。

 

75%の人はクラウドワークスなどクラウドソーシングを利用した収入が少ないと感じている実態が浮き彫りになりってきました。

 

副業でクラウドソーシングを使っている人も多い

ここで注意したいのは、クラウドソーシングを副業として利用している人も以外と多いという点です。

クラウドソーシングを利用してフリーランスの仕事をしている人は3人に1人です。

 

その他の人は、他に仕事があり、夜や休日の空き時間を利用して作業しているためガッツリ稼ぐ必要がないのです。

しかもクラウドワークスを副業として使っている人は、ライターなどの職種に集まりやすいので、ライター全体の平均収入が下がってくるのも当然ではないでしょうか?

 

逆に言うと、お小遣い稼ぎ程度の作業でも2万円稼げるということです!

もちろんライターとして10万、20万円以上稼ぐことも無理ではありません。

 

初心者がライターとしてクラウドワークスで稼ぐには

初心者がライターとして稼ぐには、いくつかの方法があります。

 

簡単に言うと…

  1. まずは初心者案件で慣れ&実績を作る
  2. スキルアップを目指す

ことです。

 

具体的にどのような手順で実績を作り、スキルアップを目指せるのか徹底解説します。

 

まずは初心者案件から

クラウドワークスを利用したばかりの初心者は、簡単な案件にチャレンジして実績を作りましょう。

 

具体的に簡単な案件とは以下のような案件です。

  • 未経験者OKと出ているような、マニュアル完備の案件
  • タスク形式の案件

 

未経験者OKのマニュアル完備の案件

未経験者OKの案件は、比較的条件が厳しくなく、どのように記事を書いたらいいのかマニュアルも完備されているので、全く記事を書いたことがない人におすすめです。

キーワードの組み込み方、見出しの作り方、写真の組み込み方など具体的に教えてくれるクライアントもいますので、書きながらライターのノウハウを勉強できます。

1文字0.1円からだけでなく0.4円からの案件もありますので、できるだけ高額案件を狙って、作業すると良いでしょう。

 

タスク形式の案件

タスク形式の案件は、クライアントとのやりとりなしに、その場ですぐに応募できるのがメリットです。

 

タスク形式の案件は以下のような特徴があります。

■タスク形式の特徴
– 公開状態で不特定多数のメンバーへの依頼が可能
– 仕事は発注の際にクライアント(発注者)が作成する
作業フォーム画面上で完結となる(契約などのやりとり不要)
– 仮払い反映後にお仕事が公開される
– 作業前・作業後にメンバーとのやり取りが必要ないため業務をスムーズに行える

引用:クラウドワークス

 

タスク形式の契約の流れは以下の通りです。

【メンバー(受注者)向け】
1) 「仕事を探す」から自分に合った仕事を探し、
仕事を受けたい仕事の内容を確認します。
2)「作業を開始する」をクリックすると作業フォームが表示されますので、
フォームに従って作業を行ってください。
※作業時間は1時間以内となっています。
3)作業が完了したら、「作業を完了する」をクリックすると
作業内容が送信され、業務が完了します。
4)クライアントが承認を行うと報酬が確定します。
※承認期限は、募集文面の「応募期限」の2週間後までとなっています。
すぐに承認されない場合でも、まずはお待ちいただくようお願いたします。

引用:クラウドワークス

 

タスク形式で受注する仕事の単価は低いことが多いですが、気軽に作業できますし、ほとんどの案件は文字数が少ないので、文章を書いたことがない人でもハードルが低いと言えます。

 

簡単な案件を丁寧にこなすことが大切

簡単な案件だからと適当に作業するのではなく、丁寧にこなすようにしてください。

 

未経験者OKの案件やタスク形式の案件にチャレンジし、経験を増やすことができるからです。

クラウドワークス受注実績を増やすことでクライアントから信用されやすくなり、今後、より良い条件の仕事の契約にもつながります。

 

スキルアップを目指す

クラウドワークスでライターとして稼ぐためには、早く初心者を脱却する必要があります。

ライターとしてスキルアップするなら、報酬額も増え、より良いクオリティの仕事を受注できるようになるからです。

ここではクラウドワークスのライターとしてスキルアップするための具体的な方法を3つ取り上げます。

  • ライター検定を受ける
  • 得意なジャンルを増やす
  • SEO記事の書き方を学ぶ

 

スキル検定を受ける

引用:クラウドワークス

クラウドワークスは独自のスキル検定を行なっています。

 

スキル検定の中で、特にライターのためのライター検定は全部で3つあり、3~1級までのレベルの検定が用意されています。

どれも、はじめに講義動画を見て、独学で勉強し、その後検定を受けるシステムです。

3級は無料ですが、2,1級共に有料なので、一回で合格するためには、事前準備をすることが求められます。

 

検定の効力はもちろんクラウドワークス内ですが、ライター検定を取得していると

  • クラウドワークス内でライターの仕事の単価が上がる可能性が高い
  • より良いクライアントとの契約もしやすくなる

などのメリットが期待できるでしょう。

 

クラウドワークスをメインでライターとして稼ぎたい人は、検討するべき検定だと言えます。

クラウドワークスのライター検定のページへ行く

 

 

得意なジャンルを増やす

ライターとして稼ぐために必要なことは得意なジャンルを作ることです

それぞれ得意な分野、好きな分野がありますが、自分が興味があること、好きなことを記事に書いているとサクサク記事を書きやすく、作業効率も上がります。

 

例えば

  • 料理が好きだから、グルメに関する記事を書く
  • 旅行が好きだから旅行ライターに特化する
  • 子育て中だから、ママを対象にしたブログ記事を書く

などの分野があります。

 

ライターをしながら自分の得意分野をできるだけ早く見つけるなら、ジャンルを絞って案件の応募をすることが可能となります。

「旅行ライター」「ママライター」など、プロフィールに自分の得意分野をアピールできますので、クライアントから、スカウトが来る可能性も期待できるでしょう。

 

得意なジャンルを増やし続ける

得意なジャンルの記事を書くのになれてきたら、自分の得意ジャンルをさらに広げてみましょう。

ライター案件の傾向として、単価が安いジャンルと高いジャンルに分かれている傾向があります。

 

記事として需要が高く、専門分野のものは単価が高い傾向にあるのです。

例えば以下のような記事の単価は高い傾向にあります。

  • IT関係の記事
  • クレジットカードや金融関係の記事
  • Wi-Fi関係の記事

ライターにも幅広い知識が必要になりますが、勉強した知識は自分にとっても身になりますから、自分の知識を増やしながらスキルアップを目指すと良いでしょう。

 

ライターがフリーランスを目指すためにできること

フリーランスでライターの仕事をするためには、しっかりとした収入を得られることが必要です。

ここではクラウドワークスを利用して仕事をするライターが稼ぐためにさらにできることを2つ紹介します。

  1. クラウドワークス以外の営業もかけてみる
  2. ライティングにプラスしたスキルも身につける

 

クラウドワークス以外の営業をかける

クラウドワークスだけで稼ぐことももちろん可能です!

しかし、年収300万円以上稼いでいるライターの多くは、クラウドワークス以外にも営業をかけ、クラウドワークスと併用して収入を得ています。

書きたいメディアに直接営業をかける

「ライターとして記事を書きたい!」

と思ったメディアに直接営業をかけることができます。

 

メディアの中には「ライター募集中」のところもありますので、気軽に問い合わせることができるでしょう。

「ライター募集中」でない場合も「お問い合わせ先」に記載されている連絡先へ直接問い合わせることができます。

 

この時注意したい点は以下の点です。

  • ライター募集の件です」など件名にはっきり記入し、用件がなんなのか一目瞭然のものにする
  • なぜそのメディアで書きたいのか理由がわかるようにする
  • 丁寧な言葉遣いを気をつける
  • ライターの経験、実績などを簡潔に加える
  • 自分の連絡先も伝える
  • できればサンプルも添付する

忙しい中、自分の問い合わせを読んでもらっていることを忘れないようにし、相手に分かりやすく、丁寧な文章を書くようにしましょう。

 

SNSを使って営業をかける

https://twitter.com/sako_50/status/1280342286631657473

SNSは自分の営業の場になります!

Twitter、Instagram、Facebook、ブログなどを通じて、ライターの仕事を受注していることをアピールできます。

特に自分のブログを開設するなら、ブログを書くことで、文章を書くスキルアップにもつながりますし、クライアントもどんな文章を書いてくれるのかイメージしやすくなるでしょう。

 

クライアントからもTwitterなどを通じてライター募集をしていることがあります。

TwitterなどのSNSを通して、クライアントと繋がり、仕事を受注できた人も少なくありません。

 

ライティングの他に違うスキルも身につける

クラウドワークスでライティング一本だけに特化するのではなく、ライティングにプラスして他のスキルを身につけのもおすすめです。

他のスキルといってもライティングにも関わりのあるジャンルを選べば、ライティングの仕事のスキルアップにも繋がるので一石二鳥とも言えるのではないでしょうか。

 

例えば…

  • 写真
  • 取材

などのスキルがあります。

 

写真

クラウドワークスの案件に

  • グルメの写真を提供する
  • 綺麗な景色の写真を提供する

など写真に関する案件があります。

 

撮影といっても、携帯でパシャリと撮るといった気軽にできる仕事も多いので、「技術がない」と心配しなくても、チャレンジが可能です。

ライティングの仕事は自分で撮影した写真も一緒に必要になることが多いので上手に写真を撮ることはライターのスキルアップにも繋がります

 

上手に写真を撮れるようになるなら、記事のクオリティーも上がりますので、写真の仕事を試してみるのもいいでしょう。

 

取材など

取材のスキルを身につけるとライターとしても幅広く活躍できます。

 

ライティングの仕事の中に

  • 取材をして記事を書いてくれる方お願いします

とのような取材と執筆が一緒になっている案件もあります。

 

取材のクオリティが上がるなら、ライターとしてジャンルが広がりますし、多くの案件を発注できるようになるので、考慮してみるのはどうですか?

 

まとめ

クラウドワークスはライター初心者が利用するのにおすすめの場所です。

 

初心者がクラウドワークスで稼げるようになるためには、いくつかのステップがあります。

まずは、簡単な案件からチャレンジすること、そしてスキルアップを目指すことです。

ライターとして独立できるためには、クラウドワークスの他に営業をかけるなど積極的に行動する必要もありますし、クラウドワークスを介して他のスキルを身につけることもできます。

 

どちらにしてもライターとして稼ぐためには、必要に合わせて自分をさらにスキルアップさせ、向上心を磨く必要があるのです。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
happyyazuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました