【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【知らなきゃ損!】クラウドワークスで発生する手数料を徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスで発生する手数料について詳しく知りたい」

「クラウドワークスの手数料を抑える方法はあるの?」

「クラウドワークスの手数料は出金方法と関係ある?」

この記事をご覧になっている方は、このような悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、クラウドワークスで発生する手数料について、詳しく解説していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスで発生する手数料は全部で3種類

クラウドワークスを利用していくうえで、どのような手数料を支払わなければならないのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

クラウドワークスでは、3種類の手数料が発生します。

 

  1. システム利用料
  2. 振込手数料
  3. クイック出金利用料

 

それぞれの手数料は、どんなタイミングでいくら発生してしまうのか。

詳しく解説していきたいと思います。

クラウドワークスの手数料①:システム利用料

システム利用料は、クラウドワークスを利用した場合に支払わなければならない手数料となります。

具体的に発生するタイミングとしては、クラウドワークス上で仕事を完了し、報酬が発生した時です。

契約の報酬に対して、決まった割合でシステム利用料が自動的に差し引かれると言ったシステムとなります。

 

クラウドワークスに登録しているだけでは、システム利用料は発生しません。
契約が完了して、初めて手数料が発生する点に注意が必要です。

 

クラウドワークスのシステム利用料の計算方法は、以下の通りです。

システム利用料の計算方法

・報酬の10万円以下の部分:報酬額に対して20%(税別)の手数料
・報酬の10万円超20万円以下の部分:報酬額に対して10%(税別)の手数料
・報酬の20万円越の部分:報酬額に対して5%(税別)の手数料

・タスク形式の仕事:報酬額に対して20%(税別)の手数料

 

計算方法を見ただけでは分かりにくい部分もあるので、具体例を挙げて解説して言いたいと思います。

例①:報酬が30,000円の場合

システム手数料:30,000円×報酬の20%=6,000円
6,000円×10%(消費税)=600円
ワーカーの手取り:30,000円-(6,000円+600円)=23,400円

例②:報酬が300,000円の場合

システム手数料:10万円以下の部分⇒100,000円×20%=20,000円
10万円以上20万以下の部分⇒100,000円×10%=10,000円
20万円以上の部分⇒100,000円×5%=5000円
(20,000円+10,000円+5,000円)×10%(消費税)=3500円
ワーカーの手取り:300,000円-38,500円=261500円

 

この例からもわかるように、システム手数料が差し引かれることで、実際に契約している報酬額よりも手取りとしてはかなり少なくなるということを知っておく必要があります。

 

また、クラウドワークスには3種類の仕事形式があります。

その中のタスク形式の仕事は、報酬に関係なくシステム利用料が20%差し引かれてしまうので、注意してください。

 

クラウドワークスの3種類の仕事形式

・プロジェクト形式:特定のメンバーと中長期的に契約する形式
・タスク形式:不特定多数のメンバーに仕事を発注する形式
・コンペ形式:成果物のクオリティを競い合う形式

クラウドワークスの手数料②:振込手数料

2つ目の手数料は、振込手数料です。

振込手数料は、報酬が確定した段階で自身の口座へ報酬を振り込む際に必要な手数料です。

 

振込手数料の料金設定については以下の通りです。

クラウドワークスの振込手数料の価格設定

・楽天銀行に振り込む場合:税込み100円
・楽天銀行以外に振り込む場合:税込み500円

 

つまり、振込手数料を抑えたいという方は、楽天銀行を利用するべきだと言えますね。

楽天銀行で口座を開設しておくだけで、手数料を80%もカットすることが可能です。

 

楽天銀行の口座の開設や、振込先の変更については、以下の記事で詳細を述べています。

気になった方は、こちらの記事をご覧ください!

クラウドワークスの手数料③:クイック出金利用手数料

クラウドワークスには、クイック出金という報酬の出金制度があります。

そちらを利用する際に、手数料がかかってしまいます。

 

クイック出金を利用しなくても、報酬を出金することは可能です。
オプション的なサービスですので、必ず必要な手数料ではないという点を認識してください!

 

クイック出金とは、出金が可能な報酬を、3営業日以内に振り込んでもらえるサービスとなります。

そのため、クラウドワークス上にある報酬を、早く振り込んで欲しいという場合に活用できるサービスだと言えますね!

 

クイック出金を行うために必要なクイック出金利用料は、報酬の出金額の3.5%です。

以上の利用料とは別で、振込手数料が発生してしまう点に注意してください。

 

また、報酬の出金が確定している状態では、追加でクイック出金を申請することは出来ない仕様となっています。

クラウドワークスから自身の口座への振り込みが完了してから、申請を行うようにしてください。

クラウドワークスの報酬制度について

クラウドワークスで発生する手数料は、報酬が発生した場合や振込する際など、報酬に関係していることが分かりました。

そこで、クラウドワークスで発生した報酬制度について、解説していきたいと思います。

 

クラウドワークスには、2種類の報酬制度があります。

それぞれの制度について、詳しく解説していきますね!

クラウドワークスの2種類の報酬制度

・固定報酬制
・時間単価制

固定報酬制について

固定報酬制は、契約時に設定された報酬金額を、契約完了後に支払うという制度です。

そのため、プロジェクトのような、成果物を納品する形式の仕事でよく使用されます。

 

固定報酬制の仕事では、メンバーから成果物の納品があり、クライアントが検収を行うことで報酬が支払われます。

また、契約金額は、契約途中で変更可能です。

 

固定報酬制では、契約が完了した後、システム手数料を差し引いた報酬がワーカーに対して支払われます。
そのため、クライアントは手数料を支払う必要がありません。

時間単価制について

続いて、時間単価制についてです。

時間単価制については、一般的なアルバイトのようなイメージを持っていただいて大丈夫です。

 

時間単価制では、ワーカーが働いた時間に比例して、報酬を時給という形で支払うことになります。

働いた時間に関しては、クラウドワークスが独自に提供しているタイムカードアプリを使用して管理しています。

時間単価制の報酬金額=稼働時間×設定された時給の金額

 

時間報酬制の報酬の確定は、毎週金曜日に確定します。

そのため、システム利用料に関しても週ごとに計算を行い、翌週への繰り越しなどもしないそうです。

また、システム利用料の規約については、随時改定される可能性があるみたいなので、チェックしておくといいでしょう。

クラウドワークスの報酬獲得について

クラウドワークスには2種類の報酬制度があるということを解説してきました。

実際に報酬を獲得した際に、どのようなタイミングで振り込まれるのか。

そして、報酬を振り込む方法はどの様な方式があるのかという点について、解説していきたいと思います!

クラウドワークスで報酬が振り込まれるタイミング

 

クラウドワークスで初めて報酬を獲得したんだ!

獲得した報酬って、どのタイミングで振り込まれるのかな?

クラウドワークスで獲得した報酬は、以下の2つのタイミングで振り込まれます。

  1. 15日締め・月末振込
  2. 月末締め・翌月15日振込

 

画像参照元:クラウドワークス

報酬の出金状況については、クラウドワークスのマイページ内の「報酬」から確認することが可能です。

報酬内容や振込日について気になった方は、ぜひ確認してみてください。

クラウドワークスの報酬の出金方式について

報酬の金額が確定し、振り込みが確定すれば、出金方式に従って報酬が自身の口座に振り込まれることになります。

出金方式は全部で3種類ありますので、それぞれについて解説していきますね!

 

クラウドワークスの出金方式

・随時出金方式(初期設定)
・50,000円以上出金方式
・キャリーオーバー方式

随時出金方式

随時出金方式は、締め日時点での報酬金額が1,000円以上の場合、自動的に半月後に報酬が振り込まれるという方式です。

仮に報酬が1000円未満である場合は、獲得している報酬は自動的に次回の振込へと繰り越されてしまいます。

 

なお、随時出金方式は初期設定で設定されています。

そのため、設定を変更しなかった場合、1000円以上の報酬を獲得すれば、自動的に報酬が振り込まれるという認識で大丈夫です。

50,000円以上出金方式

50,000円以上出金方式は、報酬が50,000円以上となった場合に、自動的に半月後に報酬が振り込まれるという形式です。

仮に、50,000円以上出金方式に設定している状態で、報酬が50,000円に満たなかった場合は、次回以降の振込に繰り越しされてしまいます。

 

50,000円以上出金方式では、報酬をある程度貯めてから出勤することが可能です。

振込手数料を何回も払いたくないという方にとっては、おすすめの出金方式となります。

キャリーオーバー方式

キャリーオーバー方式は、未出金の報酬金額に関係なく、全ての報酬を次回以降の出金に繰り越すという形式です。

そのため、獲得した報酬をクラウドワークス上に貯めておきたいという方におすすめの方式となります。

また、自身で報酬を振り込むタイミングを選びたいという方にもおすすめだと言えますね。

 

ただし、キャリーオーバー方式から報酬を出金するためには、随時出金方式もしくは50,000円以上出金方式に変更しなければなりませんので、注意してください!

クラウドワークスの報酬に関する注意点

クラウドワークスの報酬に関して、いくつか注意点があります。

これからクラウドワークスを利用しようと思っている方や、すでに利用している方にとっては、知っておくべき情報ばかりです。

自身が損をしてしまうことにも繋がりますので、ぜひチェックしておいてください!

報酬の出金期限はある?

クラウドワークスでは、報酬の出金申請期限が明確に定められています。

出金申請期限を過ぎてしまうと、報酬の出金が出来なくなりますので、注意してください。

 

クラウドワークスの出金期限は、支払確定から180日まで

 

クラウドワークスで未出金一覧を確認した際に、「報酬支払確定日」に記載されている日付を過ぎる前に申請を行ってください。

例)2020年5月1日に報酬が確定したとすれば、180日後の2020年10月28日が出金申請期限となります。

報酬が振込手数料以下の場合は振込が出来ない?

クラウドワークスでは、報酬が1000円未満である場合、出金の手続きが出来ない仕様となっています。

出金が出来る最低金額は、1000円以上の報酬を稼いでから随時出金を選択するしかありません。

サービスを退会すると、報酬を獲得することもできなくなるので、最低でも1000円を獲得してから、出金しておくことをおすすめします。

 

なお、クイック出金を利用する場合のみ、530円以上の報酬があれば出金可能です。

クラウドワークスで報酬が振り込まれない場合

クラウドワークスの報酬振込予定日なのに、口座に報酬が振り込まれていない。

このようなトラブルがあると、不安に感じてしまいますよね。

 

クラウドワークスの報酬は、報酬日に必ず振り込まれます。

ただし、各銀行で振込時間が異なりますので、すぐに反映されていない場合がありますよ。

楽天銀行だと、朝一に振り込まれていることが多いようです。

 

また、報酬の出金済み一覧に情報が反映される際も、少し時間がかかってしまうそうです。

振込日から数日たっても入金が確認できない場合は、運営に問い合わせをしてみてください。

クラウドワークスの手数料に関するQ&A

クラウドワークスの手数料は、かなり難しい仕様となっています。

そこで、手数料に関してよくある疑問をまとめましたので、そちらについて回答していきますね!

クラウドワークスの手数料はどの様に仕訳けするべき?

クラウドワークスで獲得した報酬について、帳簿付けをしなければならない。

クラウドワークスの報酬を確定申告する必要がある。

こうした方にとって、クラウドワークスの手数料をどのように仕訳けるべきか悩んでしまいますよね。

 

帳簿にクラウドワークスの手数料を記載する場合は、以下のように区分するといいでしょう。

  • システム利用料:支払手数料として、経費で計算
  • 振込手数料:雑費または支払手数料として、経費で計算

 

クラウドワークスで発生した手数料は、経費として計算してOK!

 

クラウドワークスで発生した税金を確定申告する方法については、以下の記事で述べています。

気になる方は、チェックしてみてください!

クラウドワークスの手数料はなぜ必要なの?

 

クラウドワークスの手数料って高すぎない?
頑張って稼いだ金額から、20%も差し引かれるなんて、、

手数料を支払わなければならないことには、

ちゃんとした理由があります!

 

クラウドワークスを利用されている方の中には、システム手数料が高すぎると感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ネットにも、様々な意見が掲載されていました。

 

「いつも低単価の仕事をコツコツこなしていて2000円を稼ぐのはわたしにとっては大変な事だったので、今回手数料で2000円も引かれ悲しくなりました。
そもそも発注者ではなく受注者が手数料を支払うというのは普通なのでしょうか?」

引用元:みんなのお仕事相談所

 

確かにシステム手数料として最大20%が報酬から天引きされるのは、ワーカーとしてはかなりの負担に感じてしまいますよね。

しかし、システム手数料を支払い、クラウドワークスが仲介に入ることによって、安全な取引が可能となっているのです。

 

クラウドワークスの安全に対する取り組み

・仮払い制度により、報酬の未払いを防止
・NDA(秘密保持契約書)を含む契約書の作成が可能
・トラブルがあった際に、クラウドワークスが仲介してくれる

 

そのため、手数料を支払いたくないという思いが強い場合は、別のサービスを利用することをおすすめします。

ただし、その分危険性も増えてしまうということを理解してください。

 

システム手数料を抑える目的での、クライアントとの直接契約は厳禁です。
直接契約は、クラウドワークスの規約違反となりますので、絶対に行わないでください。

クラウドワークスの手数料を抑える方法はあるの?

クラウドワークスの手数料を少しでも抑えたい。

このように考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、クラウドワークスの手数料を抑える方法をまとめましたので、参考にご覧ください。

 

クラウドワークスの手数料を抑える方法

①一回に複数の仕事を発注してもらう(契約金額が10万円以上になる場合)
②クイック出金方式をなるべく利用しない
③出金方式を、キャリーオーバーまたは50,000円以上出金方式に変更する
④振込先を楽天銀行に変更する

 

まず、システム手数料を抑えることは基本的にできないという認識をしてください。

仮に1回の契約で10万円以上の報酬を獲得できそうな場合は、クライアントにお願いして複数の仕事を発注してもらうようにしましょう。

 

また、振込手数料を支払う回数を減らすためには、随時出金方式を使わないようにすることが有効です。

キャリーオーバー方式や50,000円以上出金方式を活用して、なるべく少ない回数で出金をするようにしてください。

 

クイック出金は、最も手数料を取られる出金方式です。
なるべく利用しないようにすることが、望ましいと言えるでしょう。

補足:クラウドワークスとランサーズの手数料を比較

クラウドワークスのライバルサイトとしてよく比較されるのが、ランサーズというクラウドソーシングです。

ランサーズとクラウドワークスの手数料について、比較していきたいと思います。

 

まずはシステム利用料についての比較です。

クラウドワークスのシステム利用料
・報酬の10万円以下の部分:報酬額に対して20%(税別)の手数料
・報酬の10万円超20万円以下の部分:報酬額に対して10%(税別)の手数料
・報酬の20万円越の部分:報酬額に対して5%(税別)の手数料ランサーズのシステム手数料
・報酬の10万円以下の部分:報酬額に対して20%(税別)の手数料
・報酬の10万円超20万円以下の部分:報酬額に対して10%(税別)の手数料
・報酬の20万円越の部分:報酬額に対して5%(税別)の手数料

 

比較をしてみたところ、システム利用料の割合は、全く同じであるということが分かりました。

続いて、振込手数料についてです。

 

クラウドワークスの振込手数料
・楽天銀行に振り込む場合:税込み100円
・楽天銀行以外に振り込む場合:税込み500円
ランサーズの振込手数料
・楽天銀行に振り込む場合:税込み110円
・楽天銀行以外に振り込む場合:税込み550円

 

振込手数料については、ランサーズの方が少し高いという結果に。

クラウドワークスとランサーズで、手数料に差はない!

まとめ

今回は、クラウドワークスの手数料について、様々な情報をまとめてきました。

 

・クラウドワークスの手数料は、「システム利用料」「振込手数料」「クイック出金利用料」
・クラウドワークスの手数料は報酬に大きく関係している
・クラウドワークスの手数料を抑える方法はある!

 

クラウドワークスを利用するにあたって、手数料について正しく理解しておく必要があります。

今回の記事を通じて、クラウドワークスの手数料の仕組みについて理解していただけましたでしょうか。

 

手数料を支払うことによって、ワーカーの皆さんが安心安全な取引を行うことが出来ているということを理解しておく必要がありますね。

手数料について正しく理解し、クラウドワークスを安全に利用していきましょう。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
shigeshigeをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました