【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングの年齢について気になる点を徹底解説!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングに年齢制限はあるの?」

「クラウドソーシングは何歳位の人が活躍しているの?」

「高齢者でもクラウドソーシングで活躍することは可能なの?」

などと、考えてはいませんか?

今回は、そんなクラウドソーシングの年齢にまつわる疑問を徹底解説します。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングの年齢制限について解説!

「自己紹介中の転校生がどう見てもDQN」の写真[モデル:大川竜弥]

「クラウドソーシングは何歳から利用できるの?」

「18歳未満でも利用できるクラウドソーシングはあるの?」

などと考えている方はいませんか?

こちらの項目では、クラウドソーシングの年齢制限と、18歳未満の人でも利用できるクラウドソーシングについて解説します。

クラウドソーシングを利用できるのは基本18歳から

クラウドソーシングは、基本的に18歳から利用することができます

 

なぜなら、18歳未満の方の多くが学生であり、学生の本業は学業だからです。

また、クラウドソーシングにはねずみ講やマルチ商法などの悪徳案件も存在するため、未成年が利用するのは、危険であるというのも理由の一つです。

 

実際、大手クラウドソーシング運営会社クラウドワークスやランサーズは、未成年の利用について下記のような規約を設けています。

 

クラウドワークス

クラウドワークスは18歳未満の未成年はご利用いただけません
また、18歳以上の未成年の方は、ご利用にあたり別途法定代理人の包括的な同意が必要になります。

ランサーズ

・満18歳以上であって未成年である場合は、会員となること及び本規約に従って本サイトを利用することを、会員登録する前に親権者の包括的な同意を得ていること

 

つまり、クラウドソーシングを利用できるのは原則18歳からで、20歳未満の場合は、保護者の同意を得れば使用することができるということです。

 

18歳未満の人が利用できるクラウドソーシング

未成年の方の中には、「18歳未満だが、クラウドソーシングを利用したい。」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、下記のクラウドソーシングであれば、18歳未満の方でも利用することが可能です。

 

ココナラ

自分の持っているスキルを商品として出品できるクラウドソーシングです。

年齢制限は特に設けられていないため、18歳未満の方でも利用可能。

しかし、生年月日が登録できるのは、14歳のため実質14歳以上の方の利用が可能と言えます。

 

また、未成年の場合は、登録の際に保護者の同意を得る必要があります。

なぜなら、未成年は「私は、ココナラの利用について、親権者の同意を得ています。」の項目にチェックを入れなければならないからです。

 

スキルの内容は、似顔絵やイラスト作成、ライティング、手紙の代筆など多種多様です。

何か得意なことや強みがある方におすすめでしょう。

 

Sinobiライティング

Sinobiライティングは文章作成の仕事に特化した、クラウドソーシングです。

利用規約に年齢についての記載がないため、未成年でも手軽に始められますよ。

 

従って、文章を書くのが得意な方におすすめですよ。

 

シュフティ

主婦の方が多く利用されているクラウドソーシングです。

16歳以上の方が利用できるため、高校生でも利用可能ですよ

仕事内容は、簡単な記事作成や文字おこし、アンケートなどスキルのない初心者でも利用できる案件のも魅力。

クラウドソーシングが初めての方や、通学や家事の合間にクラウドソーシングを利用したい方におすすめです。

 

クラウドソーシングの年齢についての疑問を徹底解説!

「考える外国人」の写真[モデル:Max_Ezaki]

「クラウドソーシングは何歳位の人が多いの?」

「クラウドソーシングで年齢を公開しない方法はあるの?」

という疑問を持っていませんか。

こちらの項目では、クラウドソーシングの年齢に関する疑問について徹底解説します。

 

クラウドソーシングでは何歳位の人が多く活躍しているの?

下記のグラフは、中央企業庁が行った調査を元に作成したクラウドソーシング年齢分布です。

 

 

中央企業庁「中小企業白書」より引用

上記のグラフから、30代~40代の人が半数以上であることが分かります。

 

しかし、30~40代の方が多いのは、下記の2点が原因であると言われています。

・就職や転職の市場において、30代からの求人が少ないから

・子育てや本業の合間に副業としてクラウドソーシングを利用している人が多いから

つまり30代~40代の人は、就職や転職が難しくなり仕方なくクラウドソーシングを始めた方や、副業としてクラウドソーシングを始める方が多いのです。

 

また、年齢分布全体を見ると、10代の未成年から65歳以上の高齢者まで、数多くの人が活躍していることが分かります。

なぜなら、クラウドソーシング自体、実力があれば年齢や性別なんて関係ないという完全実力主義な場所だからです。

 

実際にランサーズで高収入を得ている人のランキングを見ると、様々な年代の人が上位にランクインしています。

従って、クラウドソーシングは、スキルや実力さえあれば、年齢関係なく誰でも活躍できると言えます。

クラウドソーシングで年齢を非公開にすることはできるの?

「クラウドソーシングで年齢を公開するのに抵抗がある。」

という方も多いでしょう。

年齢を非公開にすることはできるのでしょうか?

 

答えは、「利用するクラウドソーシングサイトによる。」です。

 

実は、ランサーズやクラウドワークスでは、年齢を非公開にすることはできません

どちらのサイトも、在住県や大まかな年齢、性別は強制的に公開されてしまいます

具体例を挙げると「20代後半男性 (東京都)」というような情報が、プロフィール画像の下に表示されます。

 

ただ、ココナラは、プロフィール編集画面で「年齢層を公開する」のチェックを外せば、年齢を非公開にすることができます。

また、Sinobiライティングは、匿名性が高く、受注者の許可が無い限り、クライアントに個人情報が一切公開されません。

 

従って、年齢公開に抵抗がある方は、ココナラかSinobiライティングを利用することをおすすめします。

クラウドソーシングで登録する年齢を詐称したらどうなるの?

「18歳未満だが、年齢を偽って18歳以上しか登録できないクラウドソーシングに登録したい。」

「実年齢をさらすのに、抵抗がある。」

上記のような方が、意図的に年齢を詐称してクラウドソーシングに登録したらどうなるのでしょうか?

 

結果的に言うと、クラウドソーシングの登録を取り消される可能性が高いです。

なぜなら、年齢を含む個人情報の意図的な詐称は、強制退会の対象だからです。

 

実際、クラウドワークスは、登録情報の詐称が判明した場合は、登録の取り消しまたは、登録の承認拒否の対象になります。

 

また、ランサーズの場合は、会員情報の取り消しもしくは承認拒否、サービスの一部または全てを制約するという処置がとられます。

さらにランサーズで登録情報を詐称して取り消し処分を受けた場合は、再びランサーズを利用することができなくなるので注意が必要です。

 

従って、年齢詐称を行うことはデメリットでしかないため、行わないようにしましょう。

登録した生年月日を変更することはできるの?

誤った生年月日を登録してしまった場合は、変更することができるのでしょうか。

結論から言うと、可能ではありますが複雑な手続きが必要です。

 

まず、ランサーズの場合、もしも生年月日を間違えて入力してしまった場合は、プロフィール編集画面から登録情報を変更することが可能です

しかし、本人確認認証や登録口座が全て解除され、本人確認書類の再提出や口座情報の再登録が必要となるので、注意が必要です。

 

次にクラウドワークスの場合は、本人確認書類を提出した後に、正しい生年月日を登録し直し、運営に承認される必要があります

従って、誤った生年月日入力を変更するのは、面倒な手続きが必要なため、登録時は生年月日をしっかり確認することをおすすめします。

未成年や高齢者でもクラウドソーシングで活躍できるの?

「今でも現役の高齢者エンジニア(受託)」の写真[モデル:まーちゃん]

「未成年だとクラウドソーシングで活躍できないのではないか。」

「定年退職後でもクラウドソーシングで活躍できるのか不安。」

上記のような悩みを抱えていませんか?

こちらの項目では、未成年や高齢者がクラウドソーシングで活躍できるのかについて、徹底解説します。

未成年でもクラウドソーシングを利用できる!

未成年でも、年齢制限が無いものであれば、クラウドソーシングを使用することが可能です。

 

実は、クラウドソーシング毎に利用できる年齢は異なりますが、クラウドソーシングを未成年が使ってはいけないという法律はありません。

 

また、アルバイト禁止の中学校や高校は多いですが、クラウドソーシングを禁止している所は少ないです。

従って、クラウドソーシングは、未成年にとって気軽に始めやすいお小遣い稼ぎの手段であると言えるでしょう。

 

知らなきゃ危険!未成年がクラウドソーシングをする際気を付けること

未成年がクラウドソーシングを利用する際は、下記のことに気を付ける必要があります。

 

・1年間で38万円以上は稼がない

・買い物代行やねずみ講などの怪しい案件は受注しない

 

 

まず、未成年で学校や家事の合間のお小遣い稼ぎとしてクラウドソーシングを利用する場合は、所得を38万円以内に抑えた方が良いでしょう。

なぜなら、38万円を超えると親の扶養から外れてしまうからです

 

所得とは、売上から費用を差し引いた金額のことを指します。

 

例えば、100円で買った紙粘土で人形を作り、300円で人に販売するとします。

すると、所得は下記のようになります。

300円(売上)-100円(材料費)=200円

つまり、上記の例の場合は200円が所得ということになります。

 

もしも扶養から外れてしまうと、通常の社会人と同じように毎年所得税や住民税を支払わなくてはなりません

また、今まで扶養者であった両親や保護者の方も世帯全体所得が増えたことにより、今までより沢山税金を支払う必要があります

 

従って、もしも学校や家事合間に副業としてクラウドソーシングを利用するのであれば、38万円以内に所得を納めることをおすすめします。

38万円以上の所得を得てしまうと、場合によっては所得全体の所得がむしろマイナスになってしまう可能性もあります。

 

また、クラウドソーシングを利用する際には、下記のような案件は受注しないようにしましょう。

・「簡単に○○万円稼げます!」と言いつつ高額商材を売りつけてくる案件

・買い物代行と称して受注者に商品の購入を代行させる案件

 

特に買い物代行は非常に危険です。

なぜなら、途中でクライアントと連絡が取れなくなったり、クーリングオフできない製品を購入させたれたりする可能性があるからです。

実際、契約した際に受注者が提出した本人確認書類でクライアントが勝手に商品購入契約を結ぶなんてこともあります。

 

従って、未成年がクラウドソーシングを利用する場合は、いくら報酬が高くても上記のような案件は受注しないように注意しましょう。

 

高齢者でもクラウドソーシングで活躍することはできるの?

65歳以上の高齢者の方がクラウドソーシングで活躍することは可能なのでしょうか?

答えは、YESです。

 

なぜなら、クラウドソーシングは、クライアントが発注する仕事をきちんと納品できれば、年齢関係なく活躍できる場所だからです。

ちなみに、68歳の方がクラウドソーシングを利用して、2ヶ月間で21万円稼いだという事例も存在します。

 

また、クラウドソーシングで受注できる仕事は、誰でもできるデータ入力や文章作成から、専門スキルのいるデザインやHP作成まで様々です。

従って、

「会社勤めで培っていたスキルを活かしたい!」

「定年退職後新しいことに挑戦したい!」

「マイペースにできる仕事を探している。」

などと考えている方は、ぜひクラウドソーシングに挑戦してみて下さい。

まとめ

今回は、クラウドソーシングの年齢にまつわる疑問を徹底解説しました。

 

下記が今回の記事のポイントです。

・クラウドソーシングは原則18歳から利用できる

・18歳以下の人でも利用できるクラウドソーシングは存在する

・クラウドソーシング登録時は生年月日を正しく入力しなければならない

・高齢者でもクラウドソーシングで活躍できる

 

 

自らの年齢に不安がありクラウドソーシングの利用を躊躇している方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました