【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングで使うパソコンのおすすめを徹底解説!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングで使うパソコンのおすすめは?」

「デスクトップパソコンとノートパソコンどちらが良いの?」

「職種別おすすめのパソコンを知りたい。」

 

などと考えていませんか?

今回は、クラウドソーシングで使うパソコンのおすすめや、パソコンを利用した働き方について徹底解説します!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングで使うパソコンのおすすめについて徹底解説!

「こつこつとプログラムの改修を行うエンジニア」の写真[モデル:大川竜弥]

クラウドソーシングで使うパソコンは、下記の条件のものがおすすめです。

 

・6万円以上

・キーが軽い

・持ち運びやすい

・CPU Core3、メモリ8GB、ストレージ128GB以上

 

6万円以下のパソコンはダメ!

クラウドソーシングで使うパソコンを選ぶ際は、6万円以上のパソコンがおすすめです

なぜなら、6万円以下のパソコンは動作が遅く、データの保存容量が少ない場合が多いからです。

 

まず、動作が遅いとリサーチや執筆に時間がかかってしまい、仕事が効率的に進みません。

また、読み込みの遅さにイライラしてしまい、ストレスも溜まってしまうでしょう。

 

さらにデータの保存容量が小さいと、複数のアプリやタブを同時に開くだけで動きが重たくなってしまいます。

 

従って、パソコン購入の際は、6万円以上のパソコンを購入しましょう。

実際、6万円以上の高性能なパソコンの方が、ストレスフリーで効率的に作業が進むため、より高い収益を生み出してくれるでしょう。

 

デスクトップパソコンとノートパソコンどちらが良いの?

据え置き型のデスクトップパソコンと、持ち運びに便利なノートパソコン、どちらの方がクラウドソーシングに向いているのでしょうか?

結論から言うと、クラウドソーシングで利用するのであれば、ノートパソコンの方がおすすめです。

理由としては、ノートパソコンは場所を選ばずに仕事ができることがあげられます。

 

実際、ノートパソコンはカフェやベッドの上、旅行先や帰省先でも仕事をすることが可能です。

上記の理由から、ノートパソコンは、やる気のないときに気分転換しながらの利用できるため、結果的に仕事が効率的に進むでしょう。

 

ただ、仕事は完全在宅派という方は、デスクトップパソコンの方が適しています。

なぜなら、デスクトップパソコンは、ノートパソコンよりも画質やマイクが高性能であることが多いからです。

 

従って、完全在宅派でクライアントとの連絡もSkypeで全て完結するという方は、デスクトップパソコンがおすすめです。

 

クラウドソーシングにおすすめのパソコンの条件は?

クラウドソーシングにおすすめのパソコンの条件として、キーが軽く、軽量で持ち運びやすいというものがあげられます。

キーが軽い

クラウドソーシングに使用するパソコンは、キーが軽く、タイピングしやすいものを選びましょう

なぜなら、クラウドソーシングは長時間タイピングをし続ける仕事が多いからです

 

実際、もしもキーが重く力を込めなくては打ち込めないパソコンを選んでしまうと、腱鞘炎になってしまう可能性があります。

腱鞘炎になってしまうと、手が腫れて動かしにくくなるなどの症状が現れる恐れがあり、仕事に支障をきたしてしまいます。

 

従って、クラウドソーシングで利用するには、キーが軽く、力を込めなくてもタイピングできるパソコンを選びましょう。

 

手軽に持ち運べる

クラウドソーシングで利用するパソコンは、重さが4㎏以下、液晶サイズが16インチ以下の持ち運びやすいものがおすすめです。

理由としては、クラウドソーシングは、副業として利用する人が半数以上のため、手軽に持ち運べるパソコンの方が、隙間時間や休日などに気軽に利用できることがあげられます

 

実際、上記のようなパソコンは休日カフェや図書館に行って仕事をしたり、本業の休憩時間に利用したりすることが可能です。

 

クラウドソーシングにおすすめのCPUは?

クラウドソーシングで利用するパソコンのCPUは、Core3以上のものがおすすめでしょう。

なぜなら、上記のCPUを下回るとパソコンの動作が遅く、仕事が効率的に進まない可能性が高いからです。

 

CPUとは、パソコンの頭脳としての役割を果たし、性能が高ければ高いほど、パソコンの情報処理時間が速いです。

 

CPUの性能を低い方から順番に並べると下記のようになります。

右に行くに従って、性能と価格が上がっていきます。

 

Celeron→Pentium→Core i3→Core i5→Core i7

 

Core i3は、Core i7やCore i5の技術を応用して作り、コストを低価格に抑えたCPUです。

Core i7やCore i5に比べると性能は低いですが、その分Core i7やCore i5を搭載したパソコンよりも、リーズナブルです。

 

データを多く処理することに長けているため、クラウドソーシングでの利用にも最適でしょう。

 

クラウドソーシングに必要なメモリは?

クラウドソーシングに必要なメモリは、8GB以上です。

理由としては、8GB以下のメモリのパソコンを使用すると、情報処理に時間がかかったり、パソコンがフリーズしてしまったりする恐れがあることがあげられます。

 

ちなみに、メモリとはパソコンが1度に処理できる情報量のことを指します。

例えるのであれば、1度に同時進行で行える仕事量のようなものです。

 

メモリは、GB(ギガバイト)の前の数字が高いほど処理できる情報量が多くなり、小さいほど処理できる情報量が少なくなります。

 

クラウドソーシングで行う仕事は、多くの情報を同時に処理しながら行う仕事がほとんどです。

例えば、ライティングの仕事の場合は、複数のサイトでリサーチしながら、同時進行でライティングを進めていきます。

しかし、メモリが少ないと動作が遅くなる度にタブを閉じたり、アプリを起動し直したりする必要があります。

 

従って、スムーズに仕事をすすめるためにも、8GB以上のパソコンを選びましょう。

 

クラウドソーシングに必要なストレージは?

クラウドソーシングで必要なストレージは、SSDで128GB以上です。

なぜかと言うと、上記のストレージよりも少ないと、すぐに容量がいっぱいになり、パソコンにデータが保存できなくなるからです。

 

ちなみに、ストレージとは、パソコンの中にデータを保存できる量のことを指します。

例えるのであれば、本棚のようなものです。

ストレージが大きいほど、パソコンに沢山のデータを保存することができます。

 

また、ストレージにはSSDとHDDの2種類が存在します

 

SSDは、素早くデータを保存したり、アプリを起動したりするのが得意なストレージです。

HDDは、保存やアプリの起動に時間はかかりますが、沢山のデータを保存することが得意なストレージです。

 

素早くデータを保存したり、アプリを立ち上げたりできる方が、仕事のスピード感が上がります。

従って、クラウドソーシングに使用するパソコンは、SSDで128GB以上のものがおすすめです。

 

クラウドソーシングにおすすめな周辺機器は?

クラウドソーシングにおすすめの周辺機器は、スキャナーとモバイルバッテリーです。

クラウドソーシングでは、自分で帳簿をつけなくてはならないため、レシートや領収書を保存するのに、スキャナーは大変便利です。

また、スキャナーがあれば、紙に書いたイラストやアイデアを手軽にパソコンに取り込むことができるでしょう。

 

さらに、カフェで仕事をする際、コンセントが利用できる場所はかなり少ないため、長時間の滞在ができない場合が多いです。

しかし、モバイルバッテリーがあれば、コンセントの無いカフェでも気軽に長時間仕事をすることが可能ですよ。

 

クラウドソーシングの働き方別おすすめパソコン

「リモートでeスポーツ関連の打ち合わせを進める様子」の写真

クラウドソーシングでは、ライティングやデザインなど多種多様な働き方が存在し、働き方によってパソコンの使い方や必要なスペックが異なります

 

下記項目では、クラウドソーシングの働き方別おすすめパソコンについてご紹介します。

 

ライティングにおすすめのパソコン

ライティングは、ネットで情報をリサーチして記事にまとめる仕事です。

従って、ライティングに適しているパソコンは、タイピングしやすく素早くリサーチができるパソコンがおすすめです。

 

上記条件を満たしたパソコンを使用すると、効率的にリサーチができる上、指に負担がかかりにくいでしょう。

 

Macbook air

ビックカメラ.comより引用

 

Macbook airの性能

液晶サイズ 13.3型

重量 1.29㎏

CPU Core3  Core5  Core7

メモリ 8GB  16GB

ストレージ SSD 256GB  

参考価格 115,280円(税込)

Macbook airは、ストレージの種類がSSDで256GB以上のため、パソコンの起動やデータの読み込みの時間が速いのが魅力です。
実際、通常のパソコンは起動に11秒以上かかります。
しかし、Macbook airの場合は、5秒程度での起動が可能でしょう。
また、キーの厚さが約1㎜のシザーキーボードを採用しているため、指に力を入れなくても文字が打てます
さらに、バッテリーの持続時間が時間のため、コンセントの無い場所でも気軽に仕事をすることができますよ。

Mouse m-Book K700XN-M2SH5

mouse公式HPより引用

 

Mouse m-Book K700XN-M2SH5の性能

液晶サイズ 15.6型

重量 2.1㎏

CPU Core i7-9750H

メモリ 32GB

ストレージ SSD 512GB

参考価格 109,780円(税込)

Mouse m-Book K700XN-M2SH5は、CPUがCore i7-9750Hのため、動作が速く素早く、沢山の情報を処理することができます。

また、キーの分厚さは1.9㎜の程よい打ち込み感のあるキーボードで、ストレスなくタイピングすることが可能です。

 

さらに、どの角度から見ても色が変化しづらいIPSパネルが採用されているため、作業時パソコンのモニターの角度を調整する必要がありません。

 

デザインにおすすめのパソコン

デザインは、パソコンを使用して、WEBサイトやロゴのデザインなどを行う仕事です。

従って、高画質で大容量の画像データが沢山保存できるパソコンがおすすめでしょう。

 

MouseComputer DAIV ノートパソコン BC-DAIVN15G165-192

楽天より引用

 

MouseComputer DAIV ノートパソコン BC-DAIVN15G165-192の性能

液晶サイズ 15.6型

重量 3.8㎏

CPU Core i7-9750H

メモリ 16GB 32GB

ストレージ SSD 512GB

参考価格 186,780円 (税込)

デザインの仕事は、大容量のデータを大量に保存しなければなりません。

理由として、パソコンのストレージが小さいとすぐに容量がいっぱいになり、動作が遅くなってしまうからです。

しかし、MouseComputer DAIV ノートパソコン BC-DAIVN15G165-192は、ストレージが512GBのため、沢山のデータを保存することができます。

 

また、解像度が1920×1080ピクセルと高めなのも魅力です。

解像度とは画像を表現する色の粒の数を指し、この粒の数(ピクセル)が多ければ多いほど、クリアで鮮明な画像になります。

 

ちなみに、通常のパソコンは、解像度が解像度が1280×800ピクセル~1366×768ピクセルです。

従って、MouseComputer DAIV ノートパソコン BC-DAIVN15G165-192は、鮮明で美しいデザインを制作しやすいと言えるでしょう。

 

 MacBook Pro

ヨドバシ.comより引用

 

MacBook Proの性能

液晶サイズ 13インチ 

重量 1.4㎏

CPU Core i7 

メモリ 8GB 16GB

ストレージ SSD256GB 512GB

参考価格 148,280円(税込)

MacBook Proは、ストレージが最大512GBのため、沢山のデータを保存することが可能です。

また、自動バックアップ機能がついているため、万が一トラブルが起きてしまった場合でも、データが消えてしまうリスクが少ないでしょう。

 

さらに、解像度は2,560 x 1,600ピクセルと、通常のパソコンの2倍程度なのも魅力です。

 

また、高性能なパソコンは、重量が重たくなりがちですが、1.4㎏と軽量なため、ノマドワーカーのデザイナーの方にもおすすめです。

 

プログラミングにおすすめのパソコン

プログラミングとは、文字や数字でパソコンに指示を出し、ソフトウェアやアプリを作り出す仕事です。

 

従って、プログラミングには、素早くデータの処理ができ、プログラミングを行う際に必要なアプリを複数同時に起動できるパソコンがおすすめです。

 

Microsoft Surface Laptop 2

Amazonより引用

Microsoft Surface Laptop 2の性能

液晶サイズ 13.5インチ

重量 1.28㎏

CPU Core i7

メモリ 8GB

ストレージ 256GB

参考価格 159,800円(税込)

 

Microsoft Surface Laptop 2は、CPUがCore7、メモリが8GBのため、容量の大きいアプリを複数起動してもパソコンを軽快に動かすことができます。

 

また、ストレージが256GBのため、ログラミングに必要なアプリを多数インストールしても、容量がいっぱいになりにくいでしょう。

さらに、重量が1.28㎏のため、プログラミングのセミナーや講習に参加する際も手軽に持ち運ぶことができますよ。

 

Lenovo ThinkPad X280

Lenovo公式HPより引用

 

Lenovo ThinkPad X280の性能

液晶サイズ 12.5型

重量 1.13㎏

CPU Core3 Core5 Core7

メモリ 4GB~16GB

ストレージ SSD256GB

参考価格 77,770円(税込)

 

Lenovo ThinkPad X280は、CPUが最大Core7のため、プログラミングした情報を素早く処理することができます。

また、SSD128GB、メモリが最大16GBのため、複数のアプリを容易に起動可能です。

さらに、指紋認証が可能なため、セキュリティ面も安心。

 

高性能でなおかつ安全にプログラミングの仕事をしたい方におすすめと言えるでしょう。

 

利用する人別おすすめパソコン機種

「キーボードの一本指打法」の写真[モデル:よたか]

いくらパソコンの性能が良くても、利用する人に合っていなければ意味がありません。

下記項目では、利用する人別おすすめパソコン機種についてご紹介します。

 

パソコン上級者が利用するならMacBook

パソコン上級者の方には、MacBookがおすすめです。

なぜなら、MacBookは高性能な上、作業を効率化してくれるアプリやツールが充実しているからです。

 

下記が作業効率をアップさせてくれるアプリやツールの例です。

Memory Clean2

複数のアプリを開き過ぎてパソコンの動作が遅くなったとき、自動でいらない閲覧履歴を削除して、メモリの容量を空けてくれるアプリ

 

Nums

取り付けるだけでトラットパット(パソコン下部のマウスの役割を果たす長方形のスペース)をテンキーとして利用できるツール

 

 

また、メモリやストレージが大きく動作も速いため、作業効率が格段に上がります。

さらに、iOS向けのアプリは、MacBookでしか作れないため、クラウドソーシングでアプリ開発の仕事を行う際は、MacBookの方が有利であると言えるでしょう。

 

ただ、MacBookでは、Windowsのアプリが使用できないため、Windowsのパソコンを使い慣れている人や、パソコン初心者にはおすすめできません。

 

初心者が利用するならdynabook

初心者の方には、dynabookがおすすめです。

理由として、dynabookは、東芝が開発したパソコンのため、国内での保証やサポートが充実していることがあげられます

 

dynabookは、通常1~2年程度の保証を、最大5年まで延長することが可能なため、パソコンの扱いに不安がある方での安心して使用できます。

また、dynabookを使っていて困ったことやわからないことがあれば、電話やメール、24時間のチャットサポートで気軽に問い合わせることが可能です。

 

従って、パソコンに使い慣れていない初心者が使用するのであれば、dynabookがおすすめと言えるでしょう。

 

主婦が利用するならMicrosoft

主婦が利用するのであれば、Microsoftがおすすめでしょう。

何故かというと、Microsoftのパソコンはキーボードと分離させて、タッチペンで操作することも可能なため、家事の合間に手軽に利用できるからです。

 

また、Microsoftは、Windowsの開発元のため、WordやExcelなどが最初からパソコンに搭載されています。

ちなみに、上記のソフトは、クラウドソーシングの仕事には不可欠な上、通常は有料で料金を支払ってからインストールしなければなりません。

 

上記の理由から、お金や手間をかけず、手軽にクラウドソーシングに利用できるため、忙しく使うお金に制限があることの多い、主婦の方におすすめと言えます。

 

Skypeをよく利用するならLenovo

Skypeを仕事でよく利用する方には、Lenovoのパソコンがおすすめです。

理由として、Lenovoのパソコンは高音質かつ高画質であることがあげられます。

 

Lenovoのパソコンには、クリアな音質のHDオーディオや、高級テレビにも使われているIPS液晶が採用されています。

 

また、指紋センサーや、重要なデータを守るセキュリティチップ、カメラ未使用時のスライドカバーが搭載されているため、セキュリティ面も安心です。

 

従って、Skypeで頻繁にクライアントと連絡したり、機密事項を話し合ったりする方でも安心して使用可能です。

パソコンを利用したクラウドソーシングの働き方について解説

「10万円とスマートフォンとパソコン」の写真

パソコンを利用して働くのであれば、ランサーズやクラウドワークスを利用して仕事を探すのがおすすめです。

下記項目では、パソコンを使った仕事が受注できるクラウドソーシングやおすすめの働き方、月収10万円以上稼げるかについて解説します。

 

パソコンを使った仕事が受注できるクラウドソーシングは?

パソコンを使った仕事が受注できるクラウドソーシングとして、ランサーズとクラウドワークスがあげられます。

なぜなら、上記2つのクラウドソーシングで掲載されている案件のほとんどが、パソコンを使って行う仕事だからです。

 

また、上記のクラウドソーシングは、仕事の依頼数が豊富なのが魅力です。

実際にランサーズには、1,613,798件もの仕事の依頼が掲載されています。

 

さらに、上記のクラウドソーシングは、仕事が始まる前にクライアントが運営会社に報酬金を先払いする仮払いが採用されています。

 

従って、仕事をしたのに、クライアントがお金を支払ってくれないというトラブルを未然に防ぐことが可能と言えるでしょう。

 

主婦がパソコンを利用して稼ぐならデータ入力がおすすめ!

主婦がパソコンを利用してクラウドソーシングで稼ぐのであれば、データ入力の仕事がおすすめです。

何故かというと、ただデータを打ち込み続けるだけのため、家事や育児の合間に手軽に行えるからです。

 

データ入力とは、テープの文字起こしやアンケートの集計、名簿作成などの仕事のことを指します。

多くのクラウドソーシングには、特別なスキルが必要ですが、データ入力は、パソコンの簡単な操作さえできれば、簡単に仕事を受注することができます。

 

また、データ入力の相場は1文字あたり0.5円のため、家事の合間にコツコツ続ければ、1ヶ月で5万円以上稼ぐことも可能ですよ。

パソコン1台で月収10万円以上得ることは可能?

パソコン1台で月収10万円以上稼ぐことは、可能なのでしょうか?

結論から言うと可能です。

 

実際、クラウドソーシングには、月収10万円以上稼いでいる人が沢山存在します。

また、中にはクラウドソーシングのみで生計を立てている方や、月収100万円以上稼いだなんて方もいらっしゃいます。

 

従って、パソコンさえあれば、月収10万円以上稼ぐことは,十分可能と言えるでしょう。

 

まとめ

今回は、クラウドソーシングで使用するパソコンのおすすめについて、徹底解説致しました。

下記が今回のポイントです。

・クラウドソーシングには、CPUがCore3、メモリが8GB、ストレージが128GB以上のパソコンが必要

・使用用途に合わせてパソコンを選ぶのがおすすめ

・パソコン1台で10万円以上稼ぐことも可能

クラウドソーシングで使うパソコンの購入を検討している方は、ぜひ参考にして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました