【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングの単価が安すぎる理由と単価を上げる4つのコツ

too-cheap-06 クラウドソーシング

「クラウドソーシングの単価が安すぎて稼げない……」
「クラウドソーシングの安すぎる単価は上がることがあるの?」

 

もし上記のようにクラウドソーシングの単価で悩んでいる場合、なぜクラウドソーシングの報酬は安くなりやすいのか、その理由を探ることから始めましょう。

誤って安くなりがちな仕事ばかりを受注してしまっている可能性があるためです。

 

また、現在は安すぎる単価で受注を行っていても、クラウドソーシングを継続することで単価アップの可能性が見えてきます

今回は、クラウドソーシングの安すぎる単価を上げるコツを4つに分けてお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングの単価が安すぎる理由

too-cheap-04

クラウドソーシングの単価が安くなりやすい理由は以下の3つです。

  • クライアントが少ない仕入金額で高額な利益を得たいから
  • 専門的な知識や技術が必要ないため
  • 発注経験のないクライアントもいるため

 

クラウドソーシングの単価はピンからキリまで様々ですが、報酬の安すぎる案件も多いのが事実です。

 

上記3つの理由はそれぞれ以下で詳しくお伝えしていますので、ご確認ください。

 

クライアントが少ない仕入金額で高額な利益を得たいから

クラウドソーシングの単価が低すぎる理由は、仕入金額を抑えたいクライアントが存在するからです。

仕事を外注する人なら誰しも仕入金額をできるだけ低く抑えたいと思うでしょう。

仕入金額が安くなるほど自分の利潤が大きくなるからです。

 

仕入金額を安く抑えるのは決して悪質な行為ではなく、事業を行う者として当然の行動と言えるでしょう。

 

クライアントによっては当面の予算が少なく、ワーカーに悪いと思いながら安い金額で発注せざるを得ない方もいらっしゃいます。

しかし、中には自らの利益だけを求めて相場よりも極端に低い単価を設定するクライアントも存在します

後者のクライアントと仕事をするとトラブルに巻き込まれる可能性も高く、仕事を見分ける意味でも、前述した時給換算などで自分が最適だと思う単価を念頭に置いておく必要があるでしょう。

 

専門的な知識や技術が必要ないため

専門的な知識や技術が必要ない仕事ほど単価が安くなる傾向にあります。

 

クラウドソーシングは全ての仕事が安すぎるわけではありません。

医師の資格が必要な執筆・監修や第三国の言語で資料翻訳など、専門的で高度な知識や技術が求められる案件は高額な報酬が設定されています。

 

一方、安すぎる単価が設定された案件の多くは、簡単な作業がほとんどです。

アンケート調査やレビュー作成、データ入力といった案件が中心となります。

上記のような作業は誰でも可能なので、単価も安すぎるということです。

 

発注経験のないクライアントもいるため

クラウドソーシングには未経験のワーカーもいる一方で、発注経験のないクライアントも存在します。

発注経験が乏しいと作業量に対する正確な報酬額が判断しづらく、中には安すぎる単価を設定するケースもあります。

 

経験の少ないクライアントは、何度かメッセージのやり取りをしていると何となく分かります。設定している単価が少し安いなと感じたら、想定作業時間と希望する単価をワーカー側から提示することも大切です。

 

クライアントがテスト案件として発注している

テスト案件として発注される仕事は単価も安い傾向にあります。

 

クラウドソーシングの仕事は、クライアントもワーカーもお互い見識のない状態で契約を交わします。

もちろん初めての相手なので、絶対に信頼できるとは限りません。

 

ワーカーにとっては悪質なクライアントにあたる可能性がありますが、それはクライアントも同様です。

ワーカーによっては途中で仕事を放棄して連絡がとれなくなることも考えられます。

 

そこでまずはテスト的に案件を立ち上げ、少ない発注数量で相手の信頼性を確かめるクライアントも存在します。

テスト案件なので一般的な案件に比べて単価が安いことも珍しくありません。

 

ワーカーのスキルや知識が不足している

ライティングやWebデザイン、イラスト作成などの仕事でも単価はまちまちです。

浅い知識やスキルでも可能な仕事ほど単価は安い傾向があります。

 

一方で専門的な知識やスキルが求められる仕事は単価も高くなります

上記のようにワーカーのスキル・知識不足が原因で安い単価になっている可能性もあり、経験や実績を積んでいく必要があるでしょう。

 

クラウドソーシングの安すぎる単価を上げるコツ

too-cheap-01

クラウドソーシングの単価を上げる方法は次の通りです。

  • 1ヶ月に稼ぎたい目標額を設定する
  • 安すぎる単価は経験を積むことで上昇させることができる
  • 最新情報や専門知識の習得に励む
  • 専属や直接契約に挑戦してみる

 

クラウドソーシングで働いてみてフリーランスの働き方が自分に合うと感じた場合、単価が安すぎるという理由だけで撤退してしまうのは非常にもったいないことです。

フリーランスとして長く活動している人の中には、最初の内は安すぎる単価でも無理をして仕事をしてきたケースも珍しくありません。

よって、継続することを主眼に諦めずに続けてみてください。

 

以下でお伝えするように、安すぎる単価を上昇させる方法はたくさんあります。

 

1ヶ月に稼ぎたい目標額を設定する

クラウドソーシングに関わらず、お金を稼ぐには最初に目標額を設定することが何よりも大切です。

目標が定まっていない状態のままでは事後検証を行えず、稼いでいるのか否か分からない状態で仕事を進めなければなりません。

 

目標金額の設定方法は、後で詳しくお伝えする時給換算の金額がベースとなります。目標とする時給換算の金額と1日の労働時間から1ヶ月の目標額を求めましょう。

  • 目標時給1,000円×クラウドソーシングで働く時間3時間=1日の目標額3,000円
  • 1日の目標額3,000円×稼働日数20日=1ヶ月の目標額60,000円

 

受注する平均文字数が3,000文字、3,000文字を執筆するのに3時間かかっているとすると、目標を達成するために必要な文字単価が算出できます。

  • 1ヶ月の目標額60,000円÷平均文字数3,000文字÷1日の稼働時間3時間÷1記事の執筆時間3時間÷稼働日数20日=目標文字単価1.0円

 

目標文字単価が高くて難しいという場合、1日の稼働時間を増やす、または1記事の執筆時間を減らす努力をすることで対処が可能です。

 

安すぎる単価は経験を積むことで上昇させることができる

クラウドソーシングには高額な案件も存在するため、実績や経験を積むことで単価を上げることもできます

発注者の立場に立つと分かりやすいですが、初対面のワーカーと契約を結ぶ際、相手の実力も分からずに高額な依頼を任せるはずはありません。

必ず事前に実績や経験を確認し、「この人なら安心できる」ということで契約が結ばれます。

 

簡単な案件などで安すぎる単価が多いのは、誰が作業しても結果が大して変わりにくいからです。

一方で、高額な案件ほど作業するワーカーの力量次第で納品物の質が大きく異なります

よって、クラウドソーシングに登録した当初は単価の低い仕事しか見つからなくても、長く続けていく内に高単価案件に受注できる可能性が高まります。

 

比較的始めるのが簡単と言われるライターでも、最低半年ほどは継続する気持ちでスタートしてみてください。

 

最新情報や専門知識の習得に励む

高単価案件の獲得に欠かせないポイントは、実績や経験の他に専門知識があります。

 

たとえば、同じライティング案件でも執筆時に要する労力には差があることが一般的です。

ネットや雑誌などで簡単に情報が手に入る案件は作業可能なワーカーも多く、自然に単価も低くなります。

一方、情報を調べるだけでも一苦労したり、専門的な知見が必要な案件になるほど作業できるワーカーが見つかりづらくなるため、始めから単価が高いことも珍しくありません。

 

実績を積む傍ら、専門的な情報や知識を勉強しておくと、より早く単価を上昇させていくことができます。

 

専属や直接契約に挑戦してみる

専属や直接契約はフリーランスの収入を高める方法として欠かせません。

 

専属契約とは、特定の1社とのみ契約を結んで仕事を行うことです。

他の企業や個人から仕事を受けることは難しくなるものの、専属契約は高額な単価が設定されていることも少なくありません。

 

直接契約とは、クラウドソーシングなどの仲介サイトを挟まずに、クライアントと直接契約を結ぶことです。

クラウドソーシングを利用せず企業のホームページやブログを参考に直接契約の連絡を送れば、自分の実績や経験次第で受注に結び付く可能性があります。

直接契約ではクラウドソーシングに支払う手数料が発生しないため、収入の底上げが可能です。

 

クラウドソーシングの安すぎる単価の基準

too-cheap-02

クラウドソーシングで受注する仕事は単価が安すぎる、という意見もよく耳にします。

ブログやSNSで不満の声を述べる人もいれば、クラウドソーシングの相談所で意見が同じ人を集う内容も見受けられます。

 

しかし、単価が安いかどうかの基準は、仕事をする環境や職種、考え方などに大きく左右されます

では、安すぎる単価とは一体どの程度の価格を指すのでしょうか。

 

たとえば、Webライターの場合は文字単価が収入のベースです。

文字単価はクライアントが応募時に提案し、ワーカーの再提案と同意があって初めて決まります。

文字単価に上限こそありませんが、高額な案件だと文字単価5~10円ほどの仕事も存在します。

 

一方、主に初心者向けの案件では単価が低くなることが多く、中には0.1円以下の仕事も見受けられます。

文字単価を時給換算してみると、その案件の報酬が安すぎるのか判断ができるでしょう。

 

例として、文字単価が0.1円で分量は3,000文字の案件を取り上げます。また、3,000文字の記事を執筆するために3時間かかるとしましょう。

  • 3,000文字×文字単価0.1円=1記事辺りの報酬300円
  • 1記事辺りの報酬300円÷執筆時間3時間=時給100円

 

上記のように、文字単価が0.1円だとあまりにも報酬が安すぎると言わざるを得ません。

一方、文字単価が0.5円なら時給500円、1.0円なら時給1,000円となります。

せっかくフリーランスとして働くのですから、なるべくアルバイトよりも高い時給は欲しいところです。

 

上記のように、現在の平均単価をベースに時給換算することで、自分の収入が安すぎるのか客観的な判断が可能です。

 

クラウドソーシングは単価が安すぎてブラックなのか?

too-cheap-07

結論から言えば、クラウドソーシングは決してブラックではありません

単価が安いと噂されるクラウドソーシングでも稼いでいる人も多いからです。

 

確かに単価の安い案件もありますが、使い方一つで稼げるようにもなれば、反対に稼げずに失敗に終わってしまうケースもあります

 

たとえば、クラウドソーシングの稼ぎ方として以下の方法が活用できます。

 

  • 実績を積んで徐々に単価を上げていく
  • 時間あたりの作業効率を高めて稼ぐ

 

実績を積んで徐々に単価を上げていく方法は、クラウドソーシングの代表的な成功法則の一つです。

経験の薄いうちは単価の低い仕事しか受注する機会がありませんが、時間をかけてスキルや経験を磨くことで単価は上がります。

 

また、安すぎる単価の仕事でも、大量の数をこなすことでトータルの収入を高めることも可能です。

仕事の数をこなすには作業効率を高めなければなりません。

 

クラウドソーシングの仕事は、単価が高いからといって必ずしも稼げるとは限りません。

むしろ、単価の高い仕事ほどクライアントのチェックややり取りが多く時間がかかり、月の発注本数も少ないケースも多いと言えます。

 

一方、単価の安い仕事は比較的短い時間で納品でき、一度に大量に発注してくれることも多いのです。

よって、単価の安い仕事でもスピードを速めることでトータルの収入を上げることができます。

 

上記のような方法を利用することで、次第に単価の安さも気にならなくなります。

クラウドソーシングの数少ないデメリットである低単価案件の問題が解消すれば、クラウドソーシングのメリットを存分に活かしてフリーランス活動ができるでしょう。

 

クラウドソーシングを利用するメリット

too-cheap-05

クラウドソーシングを利用する場合、単価が安いというデメリットばかりに気を取られるのではなく、メリットの面も十分に把握しておくことが大切です。

ここでは、クラウドソーシングを利用する3つのメリットをお伝えします。

 

Webで簡単に仕事を探せる

クラウドソーシングのメリットは、容易に仕事が探せる点です。

 

クラウドソーシングが誕生する前のフリーランス活動といえば、受注するために企業まで足を運ぶ方法が当たり前でした。

受注やクライアントとの打ち合わせに膨大な時間がかかり、決して効率的とは言えません。

 

クラウドソーシングの場合は、Web上に掲載されている数多くの案件の中から好みのものを選ぶだけです。

 

フリーランスになるためのハードルが低め

前述したように、以前のフリーランスは足で稼ぐ方法が主流でした。

しかし、必ずしも提案した内容が承認されるわけではなく、ときには何度も先方に足を運んだことがムダになることもあります。

必ずしも受注できないこともあり、フリーランスになるハードルは高めです。

 

一方、クラウドソーシングを使えば一度に大量の案件に応募しておくことができます。

また、経験を積んでくるとクライアントからスカウトされることもあるため、受注できないリスクは極めて低いと言えます。

未経験の内は簡単な仕事でお小遣い稼ぎからスタートすることもでき、ハードルは低めです。

 

仮払いなどのトラブル回避のシステムが整っている

フリーランスになって一番の脅威は、クライアントの未払い問題です。

仮に3週間も作業を行って代金が支払われなくては生活に支障をきたします。

契約書をもとに法的な手段に訴えることもできますが、相当な時間と労力がかかる点も問題です。

 

一方のクラウドソーシングには、仮払いという安全な仕組みが備わっています。

仮払いとは、ワーカーが作業を始める前に、あらかじめクライアントからクラウドソーシングサイトに報酬を預けておく仕組みです。

万が一クライアントと連絡が付かなくなった場合でも、仮払い後に納品していれば代金を回収できます。

 

クラウドソーシングの単価が安すぎる意見を集めてみた

too-cheap-03

 

クラウドソーシングの単価を巡るツイートは、上記のように様々な意見が聞こえてきます。

やはり未経験ほど単価は安くなりがちで、簡単な仕事ばかりではなかなか稼げないという声が少なくありません。

 

一方、安い単価はものともせず、しっかり着実にクラウドソーシングで成功している声も目立ちます

 

https://twitter.com/ryo_muto11/status/1259507153502474240

 

確かにクラウドソーシングには単価の安い案件も目立ちますが、時間をかけて実績を積むうちに単価・収入アップが目指せます

今回お伝えした4つの方法や様々な人の意見を参考に、クラウドソーシングで稼ぐ自分なりの方法を見つけてみましょう。

 

まとめ

クラウドソーシングの単価が安すぎる理由は以下の通りです。

  • クライアントが少ない仕入金額で高額な利益を得たいから
  • 専門的な知識や技術が必要ないため
  • 発注経験のないクライアントもいるため

 

クラウドソーシングは安い単価もありますが、今回お伝えしたように単価を上げる方法は4つのポイントに絞られます。

  • 1ヶ月に稼ぎたい目標額を設定する
  • 安すぎる単価は経験を積むことで上昇させることができる
  • 最新情報や専門知識の習得に励む
  • 専属や直接契約に挑戦してみる

 

クラウドソーシングの案件の中には、安すぎる単価が設定された仕事も多いのが事実です。

しかし、単価の悩みは一時的に済むことも多く、それだけを理由に辞めてしまうのはもったいないと言えます。

 

クラウドソーシングの仕事は、経験や実績を積んだり、専門知識を習得することで大きく単価が上昇することも珍しくありません。

よって、しばらくの間は下積みの感覚で継続し、長期的な視点で稼げる土台を作っていくことが大切です。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
yukihiroをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました