【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングの年齢制限について解説!高校生利用可能な物も!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングに年齢制限はあるの?」

「高校生以下でもクラウドソーシングで活躍できるの?」

などと考えてはいませんか?

今回はクラウドソーシングの年齢制限や、高校生以下がクラウドソーシングで活躍する方法について徹底解説致します。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングに年齢制限はあるの?

「何度断ってもしつこい男性に、こいつ本物のバカなの?と疑問を隠せない女性」の写真

クラウドソーシングには年齢制限のある物が多く、原則18歳からの利用が可能です。

ただ、年齢制限の低いクラウドソーシングや、年齢制限自体が存在しないクラウドソーシングがあるのも事実です。

 

下記項目では、クラウドソーシングの年齢制限について詳しく解説致します。

 

クラウドソーシングは原則18歳から利用できる!

クラウドソーシングが利用できる年齢は、原則18歳からです。

実際、ランサーズやクラウドワークスには、下記のような利用規約が存在します。

 

ランサーズ

満18歳以上であって未成年である場合は、会員となること及び本規約に従って本サイトを利用することを、会員登録する前に親権者の包括的な同意を得ていること

(ランサーズ利用規約より引用)

 

クラウドワークス

満18歳以上であること。
未成年である場合には法定代理人の包括的な同意を得ていること。

(クラウドワークス 利用規約より引用)

 

年齢制限がある理由として、下記のものがあげられます。

18歳以下のほとんどが学生だから

・クラウドソーシングには買い物代行やマルチ商法などの危険な案件も多いから

 

まず、18歳以下のほとんどは学生であり、学生の本業は学業であることが、大きな理由としてあげられます。

なぜなら、クラウドソーシングで仕事を受注しすぎると、仕事に追われて学業が疎かになってしまうからです。

 

また、受注者に買い物代行をさせて、報酬や商品の代金を支払わなかったり、マルチ商法に勧誘したりする悪質なクライアントが多いのも実情。

従って、「18歳未満の人が危険な目に遭うのを防ぐため。」というのも年齢制限を設けている理由の1つです。

 

高校生以下でも利用できるクラウドソーシング

多くのクラウドソーシングには年齢制限があるため、高校生以下の利用が不可能です。

しかし、高校生以下でもクラウドソーシングを利用したい人も多いはず。

 

実は、クラウドソーシングの中には年齢制限の無いものや、低年齢での利用が許可されているものもあります

下記が18歳未満の人でも利用可能なクラウドソーシングです。

 

ココナラ

ココナラは、14歳以上で保護者の同意を得られたら、未成年でも利用可能です。

ちなみに、ココナラとは自分の特技やスキルを商品として出品するクラウドソーシングです

出品例として、イラスト作成やロゴ作成、ナレーションなどがあげられます。

 

特技やスキルのある人に向いているクラウドソーシングと言えるでしょう。

 

シュフティ

シュフティは、16歳以上で保護者の同意を得られたら、未成年でも利用することができます

 

データ入力やアンケートなど、名前の通り「主婦が家事の間に利用できる仕事」が多いため、通学や家での隙間時間に利用するのに最適でしょう。

 

ちなみに、男性でも利用可能です。

サグーワークス

サグーワークスは、年齢制限が無いため、何歳からでも利用可能です。

主な仕事は、記事作成や校正、アンケートモニターです。

誰でもできるような簡単な仕事が多いため、初めてクラウドソーシングを利用する方におすすめです。

 

Sinobiライティング

Sinobiライティングも年齢制限が無いため、高校生以下でも気軽に始めることが可能です。

ちなみに、Sinobiライティングは名前の通りライティングに特化したクラウドソーシングです。

 

従って、文章を書くのが得意な人におすすめでしょう。

 

クラウドソーシングに定年退職はあるの?

クラウドソーシングに定年退職はあるのでしょうか?

答えはNoです。

 

定年が無いため、何歳でも働くことができます。

また、原則18歳以上であれば誰でも登録可能なため、会社を定年退職した人でも始めることもできます

 

ちなみに、中小企業庁の調査によると、クラウドソーシングを利用している人の3.4%が61歳以上です。

従って、

「一生働ける仕事を探している。」

「会社を定年退職した後に、働ける場所を探している」

という方にも、クラウドソーシングはおすすめです。

 

もしも年齢を偽って利用したらどうなるの?

「使用可能な年齢に達していなくても、年をごまかせば大丈夫なのでは?」

「運営の人に顔を見られる訳ではないのだから、年齢を詐称してもバレないのでは?」

と考える人もいらっしゃるでしょう。

 

もしも、クラウドソーシングで年齢を詐称したらどうなるのでしょうか?

結論から言うと、すぐにバレて退会となる可能性が高いです。

なぜなら、クラウドソーシングでは、報酬が振り込まれる口座を登録する際に本人確認書類を出さなくてはならないからです。

 

本人確認書類は、運転免許証やパスポート、健康保険証などのことを指します。

上記の書類には必ず生年月日が記載されているため、クラウドソーシングを利用して報酬を得ようとする場合、年齢詐称は、必ずバレます

 

また、年齢詐称は登録情報情報の虚偽の記載にもあたるため、下記のような処置が行われます。

 

ランサーズの場合

弊社は、会員につき、以下の各号のいずれかに該当する場合は、会員資格を取り消したり、一時的に停止したり、会員資格に伴う権利を取り消したり、又は、将来にわたって本サイトのご利用をお断りする場合があります。また、会員資格が取り消され、又は停止された会員がチームの一員であった場合、当該チームから当然に削除されるものとします。

  1. 不実又は誤認を与える内容にて申込みが行われた場合

ランサーズ利用規約より引用

 

クラウドワークスの場合

 弊社は、会員登録手続を行った個人又は法人が以下の各号に該当する場合、会員として登録することを承諾しない場合があります。また、承諾・登録後であっても、会員について以下の各号に該当する事実が判明した場合には、承諾・登録を取り消すことがあります。
(1) 会員登録の資格・条件を満たさない場合又は満たさなくなった場合。
(2) 入力された登録情報に虚偽の情報があることが判明した場合

クラウドワークス利用規約より引用

 

特に、ランサーズの場合は、虚偽の記載が運営にバレた場合、その後二度とランサーズを利用することができないので、注意が必要です

従って、リスクを背負って年齢を詐称するのでは無く、自分の年齢でも使用できるクラウドソーシングを利用する方が得策でしょう。

 

18歳以下の人がクラウドソーシングを利用する際知っておくべきこと

重要な書類のイラスト

18歳以下の人がクラウドソーシングを利用する場合、親御さんに内緒で始めることも可能です。

 

ただ、「48万円以上稼がない方が良い」という点には注意をしなければなりません。

なぜなら、48万円以上稼ぐと扶養が外れるため、親御さんの給料が減ってしまうからです。

下記の項目では、18歳未満の人がクラウドソーシングを利用する際に知っておきたいことについて、解説致します。

 

親に内緒でクラウドソーシングの利用は可能?

18歳未満の方の中には、親御さんに内緒でクラウドソーシングを利用したい方も多いはず。

それでは、親にバレずにクラウドソーシングを利用することは可能なのでしょうか。

 

結論から言うと、利用するクラウドソーシングによっては可能です。

 

ランサーズやクラウドワークス、ココナラの場合は、保護者の同意を得るのが必須条件のため、親御さんに内緒で始めることはできません。

 

しかし、Sinobiライティングとサグーワークスであれば、親御さんに内緒で始めることができます。

なぜなら、利用規約に年齢制限や保護者の同意にまつわる記載が無いからです。

 

また、上記2つはクライアントと直接やり取りする必要が無い仕事も多いため、トラブルにも巻き込まれにくいです。

さらに、Sinobiライティングの場合は、本人の許可が無い限り、個人情報が一切開示されないため、匿名性が高く、ネットで特定することができません。

 

従って、親御さんに内緒でクラウドソーシングを利用するのであれば、上記2つを利用すると良いでしょう。

 

18歳以下でも確定申告は必要?

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間にどれだけの所得を得たかを税務署に申告して、そこから支払うべき所得税を確定することです。

18歳以下の場合でも確定申告は必要なのでしょうか?

 

結論から言うとウドソーシングで所得を48万円以上得た場合は必要です。

 

なぜなら、48万円以上の所得がある場合、扶養が外れ、所得税を支払わなくてはならないからです

ちなみに、扶養とは自分で生計を立てられない人を保護者や配偶者が援助することを指します。

 

また、18歳以下の人が扶養を外れた場合、保護者の方が支払う税金額が増えるため、結果として世帯全体の収入がむしろ減少してしまう可能性があります。

 

従って、お小遣い稼ぎ感覚でクラウドソーシングを利用する場合は、年間所得を48万円以内に収めた方が良いでしょう。

 

18歳以下の人がクラウドソーシングで活躍するコツ

「授業を受けるJK」の写真[モデル:大川竜弥 河村友歌]

18歳以下のでも下記の3つのことを行えば、クラウドソーシングで活躍することができます。

 

・登録可能なクラウドソーシングを利用する

・ライティングスキルを身につける

・実績を積んでプロフィールを充実させる

 

 

下記項目では、クラウドソーシングで18歳以下の人が稼ぐコツについてご紹介します。

 

登録可能なクラウドソーシングを利用する!

18歳以下の人がクラウドソーシングで活躍するためには、18歳以下でも登録可能なクラウドソーシングを利用しましょう。

 

具体例をあげると、ココナラやSinobiライティング、サグーワークスなどです。

 

上記のクラウドソーシングは、受注できる仕事の幅が広く初心者でも受注できる仕事が多いのが特徴です。

ちなみに、上記のクラウドソーシングで実績を積めば、18歳以上になってランサーズやクラウドソーシングに登録した際に仕事が受注しやすくなりますよ。

 

ライティングスキルを身に着ける!

「スキルや特技が無い。しかし、将来的にクラウドソーシングで高収入を得たい!」

と考えているのであれば、ライティングスキルを身につけるのがおすすめです。

なぜなら、ライティングはスキル無し初心者でも始められる上、将来的に高収入を得やすい仕事だからです。

 

ちなみに、ライティングスキルとは具体的に言うと下記のものがあげられます。

・分かりやすい文章を書くスキル

・読者の欲しい情報を盛り込んだ文章を書くスキル

・読み飽きない文章を書くスキル

 

上記のようなスキルを身につけると、読者が増えて、クライアントの継続依頼や文字単価アップに繋がります。

従って、効率的に稼ぐためには、ライティングスキルを身につけることが重要と言えるでしょう。

 

実績を積んでプロフィールを充実させる!

実績を積んでプロフィールを充実させると、受注率アップやクライアントからの直接依頼に繋がります

なぜなら、実績や充実したプロフィールは、クライアントからの信用を得やすいからです。

 

例えば、もしも自分がクライアントの立場にあるとして、「福岡県の魅力」にまつわる記事を依頼するとします。

すると、AさんとBさんが上記の仕事を受注したいと提案してきました。

 

下記がAさんとBさんのプロフィールです。

Aさんのプロフィール

○○大学観光学部卒業

都道府県の魅力についての記事を100記事以上執筆!

今までの実績として、「47都道府県の魅力」、「福岡のおすすめホテル」、「日本の観光情報」などがあげられます。

文字単価1円~ご依頼を受け付けています。

Bさんのプロフィール

分かりやすく読みやすい文章を書けます。

どんなジャンルでも対応可能です。

 

上記のプロフィールを見たら、絶対にAさんを選びますよね

 

また、もしもスキルがまだ無い場合は、低単価の仕事やタスク形式の仕事を多数受注することで、簡単に実績を作ることができますよ。

 

18歳未満の人におすすめの働き方

働く人たちのイラスト

クラウドソーシングにはライティングやプログラミング、アンケートモニターなど様々な働き方があります。

 

「働き方がたくさんありすぎて、どれにするか迷う。」という方は、自分の強みに合わせた働き方を選んだら良いでしょう。

下記項目では、各個人の強みに合わせたクラウドソーシングでおすすめの働き方をご紹介します。

 

文章を書くのが得意ならライティング

作文や国語が得意な人は、ライティングがおすすめです。

ライティングとは主に、記事作成を行う仕事です。

 

仕事は、クライアントから案件を受注し、Webや書籍で情報を収集して、文章を書き納品するという流れで行われます。

 

また、報酬は主に1文字○○円という文字単価で提示されるのが特徴です。

ちなみに、平均的な相場は文字単価0.5円~5円です。

IT系に強いならプログラミング

IT系に強い人やパソコンを操作するのが得意な人は、プログラミングがおすすめでしょう。

Webサイト作成やホームページの制作が主な仕事です。

 

プログラミングの仕事の流れは、下記の2つのパターンが存在します。

①クライアントから仕事を受注し、時給制で報酬をもらいながら作業を進める

②自分のペースで作業を進め納品したら報酬をもらう

 

 

報酬の相場は、時給の場合は3500円~7000円、納品して報酬をもらう場合は、5~100万円とかなり幅広いです。

ただし、報酬が高ければ高いほど、専門的な知識がスキルが必要となるので注意が必要です。

 

美術が得意ならデザイン

美術が得意な方や、センスのある方はデザインの仕事がおすすめです。

主な仕事としてロゴやキャラクター、ポスターの制作などがあげられます。

 

デザインの場合は、コンペ形式の案件に応募してクライアントに選ばれて報酬を得るという流れが多いです。

ちなみにコンペ形式とは、不特定多数の人が提案した作品の中からクライアントが採用したものにのみ、報酬が支払われるというものです。

 

コンペ形式は確実に報酬が入るとは限りませんが、相場は20,000~50,000円と高単価であるのも特徴です。

 

人物を描くのが得意ならイラスト

人物を書くのが得意なのであれば、イラスト作成がおすすめです。

具体的な仕事例として、似顔絵やアイコンの制作があげられます。

 

仕事の流れは、クラウドソーシングにスキルを出品して、クライアントに仕事をもらい、作品を納品するというものです。

報酬の相場は、1案件あたり1000~3000円と他の職種に比べると低めです。

 

ただイラスト作成は、スキルをクラウドソーシングに出品している人が既に30000人を超える、激戦区です。

従って、イラストで稼ぐには、他の出品者と差別化できるイラスト作成スキルを、身に着ける必要があるでしょう。

 

隙間時間を利用したいならアンケートモニター

通学中や休み時間などの隙間時間にクラウドソーシングを利用するのであれば、アンケートモニターがおすすめです。

 

相場は、1案件当たり、5~1000円と案件によって様々。

1案件当たり5~10分ほどで完了する上、特別なスキルがいらないのが魅力と言えるでしょう。

 

パソコンを打つのが早いならデータ入力

タイピングが得意な人は、データ入力がおすすめです。

主な仕事として、アンケートの集計や顧客データの入力があげられます。

 

仕事の流れは、不特定多数の人が早い物勝ちで仕事をするタスク案件をこなすか、クライアントと契約を結んで仕事を受注するかのいずれかです。

 

文字単価は、0.1円~1円と低めですが、見たままの情報を打ち込むだけなので、入力速度が速ければ、高収入を狙えますよ。

まとめ

今回は、クラウドソーシングの年齢制限や、18歳以下の人がクラウドソーシングで活躍するコツについて徹底解説致しました。

下記が今回の記事のポイントです。

 

・クラウドソーシングが利用できるのは原則18歳から

・クラウドソーシングによっては18歳以下でも利用できる

・クラウドソーシングでは幅広い職種で活躍できる

 

クラウドソーシングの年齢制限が気になる方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました