【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングはスキルなしでも稼げるの?気になる点を徹底解説

クラウドソーシング

「スキルなしでもクラウドソーシングで活躍できるの?」

「スキルなし初心者におすすめのクラウドソーシングは?」

「スキルなし初心者がクラウドソーシングを利用する前に知っておくべきことは?」

などと考えてはいませんか?

 

今回は、スキルなし初心者がクラウドソーシングで活躍する方法や、利用前に知っておくべき方法について徹底解説します!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングはスキルなしでも稼げるの?

「考える外国人」の写真[モデル:Max_Ezaki]

クラウドソーシングは、スキルなしの人でも月5万円以上稼ぐことが可能です。

 

下記項目では、スキルなしの人でもクラウドソーシングで稼げる理由や、スキルなしの人におすすめの働き方について解説します。

 

クラウドソーシングはスキルなしでも月5万以上稼げる!

クラウドソーシングは、スキルのない人でも月5万円以上稼ぐことができます。

なぜなら、クラウドソーシングの案件には、初心者やスキルなしの人でもできる仕事もが多数存在するからです。

 

また、初心者やスキルのない人向けの案件は、マニュアルや丁寧なフィードバックを貰えること多いでしょう。

 

従って、上記の案件を受注しながら、スキルや実績を身につけていけば、スキルのない人

でも月5万円以上稼げるでしょう。

 

 

また、下記がスキルなしの人がクラウドソーシングを初めて5万円以上稼いだ例です。

 

僕自身全くスキルのない大学生でしたが、3ヶ月ほどクラウドソーシングをガチってみたところ無事月10万円ほど稼ぐことができました。

シロネコインより引用

 

スキルなし初心者が登録すべきクラウドソーシングは?

スキルなし初心者が登録すべきクラウドソーシングは、ランサーズとクラウドワークスです。

 

理由として、ランサーズとクラウドワークスには、下記のような魅力があることがあげられます。

・案件数が豊富

・仮払いが採用されている

・サポートが充実している

 

ランサーズやクラウドワークスは、案件数が非常に豊富です。

実際、ランサーズでは約160万件、クラウドワークスでは、約300万件の案件が発注されています。

さらに、文字単価3円以上や1案件の報酬が5万円以上の高単価な案件も豊富なため、気軽に高収入を得やすいと言えるでしょう。

 

また、ランサーズとクラウドワークスの魅力として、仮払いが採用されていることがあげられます。

仮払いとは、受注者が仕事を始める前に、クライアントがクラウドソーシング運営会社に報酬を先払いすることを指します。

 

仮払いが採用されていることによって下記のメリットが存在します。

 

・受注者が納品してもクライアントが代金を支払わないというトラブルを防げる

・途中でクライアントと連絡が取れなくなっても報酬を受け取れる

 

上記の理由から、スキルなしの人にはランサーズやクラウドワークスがおすすめと言えるでしょう。

 

クラウドソーシングでスキルなしでも始めやすい仕事は?

クラウドソーシングでスキルなしでも始めやすい仕事として、下記の3つがあげられます。

 

・ライティング

・アンケートモニター

・データ入力

 

ライティング

ライティングは、記事やコラム、シナリオを作成する仕事です。

基本的な文章作成能力さえあれば、誰でも気軽に始めることができます。

 

最初は、文字単価0.5円以下の案件しか受注できないことも多いですが、実績を積むと1文字あたり1円以上の案件が受注できるようになるでしょう。

 

上記の理由から、ライティングはスキルなしから始めても、高収入が得やすいと言えます。

 

アンケートモニター

アンケートモニターは、アンケートに答えるだけで報酬が得られる仕事です。

 

相場は、1案件あたり20円程度と低いですが、コツコツこなせば1ヶ月あたり1万円以上稼ぐことも可能でしょう。

 

データ入力

データ入力は、テープの文字起こしや伝票入力、手書きの情報のデータ化などを行う仕事です。

 

ExcelやWordなど、パソコンの基本的な操作さえできればスキルのない方でも気軽に始められるでしょう。

ちなみに、相場は1文字あたり、0.5円程度のものが多いです

 

スキルなしの人がクラウドソーシングを利用する前に知っておくべき事

「「ここ試験にでるよ!」と熱弁する塾講師」の写真[モデル:大川竜弥]

スキルなしの人は、クラウドソーシングを利用する前に、下記のことについて知っておく必要がありま

 

・クラウドソーシングに登録したら何をすれば良いのか?

・クラウドソーシングの仕事の流れ

・クラウドソーシングを副業として利用することか可能か?

・自分に合った仕事の見つけ方

 

クラウドソーシングに登録したら何をすれば良いの?

クラウドソーシングへの登録が終了したら、まず、下記の3つのことを行いましょう。

 

・自己紹介文を作成する

・プロフィール画像に自分の写真かイラストを設定する

・認証手続きを済ませる

 

自己紹介文を作成する

まず、クラウドソーシングに登録が終了したら、自己紹介文を作成しましょう

理由として、クライアントは受注者の提案文とプロフィール欄を見て、仕事を受注するかどうか決めるこがあげられます。

 

ただ、「専門スキルがないから、書くことがない!」と言う方もいらっしゃるでしょう。

上記の場合は、自分の人生で今までに経験したことを棚卸しをしてみましょう。

 

例えば、パソコンを使用したことがあるのなら、下記のように書くことできるでしょう。

WordやExcelを使用しての業務が可能です。

 

さらに、旅行に行った経験があるなら下記のように書くことも可能です。

○○県の××を訪れて□□を体験した経験あり。○○県の旅行記事や観光情報記事ならお任せ下さい。

 

実は、クラウドソーシングでは、特別な知識やスキルが無くても、今までの人生経験を活かして仕事を受注することの可能です。

従って、スキルのない方は今までの人生経験を棚卸しして、仕事に役立ちそうなことをプロフィールに記載すると良いでしょう。

 

プロフィール画像に自分の写真かイラストを設定する

また、プロフィール画像には、自分の顔写真を設定しましょう

なぜなら、プロフィール画像が設定されていないとクライアントに下記のような印象を与えてしまうからです。

 

・プロフィール画像の設定すらできないほどパソコンのスキルが低い

・どんな人なのか想像しづらいため信用できない

 

しかし、中には自分の顔写真を設定するのに、抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

上記の方の場合は、自分の似顔絵をプロフィール画像に設定すると良いでしょう。

 

ちなみに、絵を描くのが苦手な方は、自分の特技やスキルを販売するクラウドソーシング「ココナラ」で似顔絵を発注するのもおすすめです。

3,000円程度の予算でも、かなりハイクオリティな似顔絵を作成してもらえるでしょう。

 

ココナラの公式サイトはこちら

 

認証手続きを済ませる

また、本人確認や電話認証、秘密保持契約の締結も早めに行いましょう

理由として、各認証を行っている方が、クライアントに信頼感を与えられることがあげられます。

 

ちなみに、本人確認や電話認証は、実際に登録した人が本人か、登録された電話番号は本人に繋がるかを確認することを指します。

秘密保持契約は、顧客の企業秘密や個人情報を誰にも言わないことを誓う契約のことを指します。

 

もしも、自分がクライアントの立場にあり、自社の企業秘密を受注者に公開するとしたら、秘密保持契約を締結している人の方が安心ですよね?

 

従って、クラウドソーシングに登録したら、まずは、充実したプロフィール作りと認証手続きを完了させましょう。

 

クラウドソーシングの仕事の流れについて徹底解説!

クラウドソーシングには、下記の種類の仕事が存在し、仕事の種類によって流れが異なります。

 

タスク方式

プロジェクト方式

コンペ方式

 

下記項目では、仕事の種類別に流れをご紹介します。

 

タスク方式

タスク方式の仕事は、条件に一致した人なら、早い者勝ちで誰でもこなすことのできる仕事です。

例えば、「調理師免許を持っている人限定!アンケート(定員100人)」という案件があるとします。

上記の案件の場合は、調理師免許を持っているという条件をクリアしていれば、100人の定員に達するまで、誰でも仕事をすることができます。

 

また、タスク形式の場合は下記のような流れを取ります。

①発注者が案件を発注 (例 女性限定!定員100人!コスメに関するアンケート)

 

②条件に一致した受注者が仕事を行う

 

③発注者が仕事を確認

 

④きちんと仕事ができていることを発注者に承認された受注者にのみ報酬が支払われる

 

タスク方式のほとんどは、アンケートや口コミ作成などの簡単な仕事です。

また、発注者が求める案件に当てはまれば誰でも仕事ができるため、スキルなしの人でも簡単に取り組めます。

 

ただ、単価の低い案件が多いため、高報酬を望むことは難しいでしょう。

 

【簡単?】クラウドワークスのタスクとは?稼ぐコツを徹底解説!
「クラウドワークスのタスクってどういうものなの?」 「クラウドワークスのタスクで稼ぐコツは?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。 そこで当記事ではクラウドワークスのタスクについて徹底解説し、またタスクで稼ぐ...

 

プロジェクト方式

プロジェクト方式は、発注者が募集した案件に応募してきた受注者から気に入った人を選び、仕事を進めていく方式です。

 

下記がプロジェクト方式の仕事の流れです。

 

①発注者が案件を提示して受注者を募集する

(例 金魚についての記事を4,000文字程度で執筆して下さい)

 

②受注者が提案文(応募した理由や自らのスキルを書いた文)を発注者に送り、案件に応募する

 

③発注者は、受注者の提案文やプロフィールを見て、仕事を発注する人を選ぶ

 

④選ばれた受注者に発注者が仕事依頼を送る

 

⑤受注者が仕事依頼を承認する

 

⑥発注者がクラウドソーシング運営会社に報酬を仮払いする

 

⑦受注者が仕事を行い、制作物を納品する

 

⑧発注者の許可が下りたら運営会社から発注者に報酬が支払われる

 

 

クラウドソーシングの多くの案件がプロジェクト方式の仕事です。

単価は、案件によって異なりますが、沢山のプロジェクト方式の仕事を受注して実績を積むと、高単価な案件を受注することができます。

 

コンペ方式

コンペ方式は、1つの依頼に対して複数の受注者が仕事を行い、発注者が1番気に入ったものにのみ報酬が払われる形式のことを指します。

ちなみに、コンペ方式のコンペとは、競争や競技を意味する「Competition」という単語が由来になっています。

また、仕事は下記のような流れを取ります。

 

①発注者が依頼を公開する(例:弊社のロゴを作成して下さい)

 

②受注者が依頼に沿った作品を実際に作成して提案

 

③発注者が集まった提案の中から気に入ったものを選ぶ

 

④選ばれた作品を制作した受注者に報酬が支払われる

 

コンペ方式は、主に会社やホテルのネーミングやロゴ作成の仕事がほとんどです。

また、報酬が確実に貰える保証はありませんが、もしも採用されたら高報酬が望めるでしょう。

 

クラウドワークスのコンペとは?応募から発注の仕方を徹底解説!
「クラウドワークスのコンペってどういうものなの?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。 そこで当記事ではワーカー向け、クライアント向けそれぞれについて、コンペがどういったものなのか、そしてコンペの応募方法やコン...

 

クラウドソーシングは副業でも利用可能!

クラウドソーシングは、副業としても利用可能です。

実際、クラウドソーシングを利用している人の半数以上が、クラウドソーシングを副業として利用しています。

 

ただ、中には「副業禁止の会社に所属しているため、会社にバレないようにクラウドソーシングを利用したい。」という方もいらっしゃるでしょう。

上記の方の場合は、クラウドソーシングでの所得を20万円以内に収めれば、会社にバレることはありません

 

何故かというと、副業の収入が20万円以下の場合は、副業分の所得税を支払う必要がないからです。

 

ただ、20万円以上クラウドソーシングで稼いでしまうと、本業の経理の人に所得税額から副業所得がバレてしまうため注意が必要です。

クラウドソーシングで自分に合った案件を探すには?

クラウドソーシングには、膨大な数の案件があるため、1つ1つ案件をチェックするのは難しいでしょう。

従って、自分に合った案件を探すには、まず下記のことを考えましょう。

 

・自分が働きたい職種は何か

・「タスク方式」、「プロジェクト方式」、「コンペ方式」の中で働きたい方式は?

・いくら位の報酬の仕事なら受けられるか?

 

上記の3つが考えられたら、ランサーズやクラウドワークスの下記操作を行います。

ランサーズ

①まず、受注する仕事の職種を選択します。

 

②次に仕事の方式を選択します。

 

③最後に報酬額を設定し、絞り込みボタンをクリックします。

画像はランサーズ公式HPより引用

 

クラウドワークス

①仕事カテゴリから自分の働きたい職種を選ぶ

 

②仕事の方式を選ぶ

 

 

③報酬額を入力し、絞り込むをクリックする

 

画像はクラウドワークスHPより引用

 

上記の工程を踏めば、自分に合った案件を簡単に見つけることができるでしょう。

 

知らなきゃヤバい!受注してはいけない悪徳案件

クラウドソーシングの中には、受注したらトラブルに巻きこまれるような、危険な案件も存在します。

 

下記が実際にあった危険な案件の一例です。

 

・契約前に受注者のLINEを聞き出し、ネズミ講に誘導

・テストと称して受注者を無報酬で働かせる

・受注者に買い物代行をさせ商品代も報酬も支払わない

 

上記の案件を誤って受注してしまうと、報酬が貰えないどころか、無用な出費を強いられしまう可能性もあります。

 

従って、クラウドソーシングで危険な案件に巻きこまれないためにも、下記のことを意識しながら仕事を行いましょう。

 

・クライアントからの仮払いが完了してから仕事を始める。

・契約前に連絡先を聞いてくるクライアントとは契約しない。または運営に通報する。

・不自然に高報酬な買い物代行の仕事は受けない

 

スキルなしの人がクラウドソーシングで稼ぐ方法は?

「10万円は推しに課金」の写真[モデル:大川竜弥]

 

スキルなしの人がクラウドソーシングで稼ぐ方法として、下記の3つがあげられます。

 

・魅力的な提案文が書けるようになる

・プロフィールを充実させる

・仕事を受注しながら、専門スキルを身につける

 

魅力的な提案文は、案件受注に繋がりやすい!

スキルなしの人がクラウドソーシングで稼ぐためには、魅力的な提案文作りを心がけましょう。

なぜなら、魅力的な提案文は、高単価な案件の受注に繋がりやすいからです。

 

具体的な提案文の条件として、下記のようなものがあげられます。

 

・提案が具体的

・他の受注者と差別化できている

・無駄がなく要点がまとめてある

 

 

まず、提案文は具体的な内容を書くことを意識しましょう。

具体的な内容とは、提案した理由や案件に対しての知識、スキルなど、クライアントが受注者に仕事を任せたくなるような内容です。

 

例えば、「パソコンのストレージについての記事を書いて下さい。」に対しては、下記のような内容を提案文に盛り込みましょう。

「私は、パソコンを5年間使用した経験があり、ストレージについて人にアドバイスを求められた経験があります。」

 

また、他の受注者と差別化できていないと、提案が通る可能性が低いでしょう。

従って、提案文には案件に関係ある経験やスキルなどを盛り込んで、他の受注者と差別化することを心がけましょう。

 

ただ、スキルがない人の場合は、自分で案件に関連する実績を作ってしまうことをおすすめします。

例えば、「花瓶についての記事を5,000文字程度で書いて下さい。」という案件に提案するとします。

上記の場合は、花瓶についての記事を1,000文字程度で執筆して添付するだけで、他の受注者と、提案文を差別化することが可能です。

 

また、提案に関係ない自身の経歴や、くどい文章は読む気が失せてしまいます。

従って、提案文は要点を簡潔にまとめて、作成しましょう。

 

プロフィールを充実させれば直接依頼が来る!

自分の人生経験を棚卸しして、プロフィールを充実させると、直接依頼が来る可能性が高まります。

直接依頼とは、クライアントから受注者に直接依頼が来ることを指します。

また、直接依頼は提案文を書く手間が省ける他、高単価な案件であることも多いでしょう。

 

なぜ、プロフィールを充実させると、直接依頼がくるのでしょうか?

理由として、プロフィール欄は、クラウドソーシングにおいて看板のような役割を果たすことがあげられます。

実際、看板に何を売っているお店か具体的に書かれている方が安心して商品を購入しやすいですよね?

 

従って、直接依頼が来るような、充実したプロフィールにするために、下記のことを盛り込みましょう。

 

・自分に何ができるか?

・自分が持っているスキル

・自分が経験したこと

 

また、スキルがない場合は、アルバイト経験や本業での経験、旅行や観光経験などから書けるものを探してみましょう。

 

スキルなしでもクラウドソーシングのみで生計を立てることは可能!

スキルなしの方でも、クラウドソーシングのみで生計を立てることは可能です。

実際、スキルなしの初心者がクラウドソーシングを始めて、月15万円以上稼いだ例も存在します。

 

ただ、スキルなしの人が何の努力もせずに、生計が立てられるようになる訳ではありません。

なぜなら、スキルなしでクラウドソーシングを始めたにも関わらず、生計を立てられるようになった人は、下記の努力を行っているからです。

 

・充実したプロフィール作成

・魅力的な提案文作り

・案件を沢山受注して実績をつける

 

従って、スキルなしでクラウドソーシングを始める人は、上記の努力を継続的に行うと良いでしょう。

 

スキルがあった方がクラウドソーシングで高収入を得やすい!

上記の項目で、スキルなしの人でもクラウドソーシングだけで生計が立てられると致しました。

しかし、スキルがあった方が、より高収入が得やすいでしょう。

 

理由として、下記のものがあげられます。

 

・スキルを活かした仕事が受注できる

・スキルを持った人は少ないため、仕事の競争率が低い

・スキルを見て直接依頼してくれる人が現れる

・専門スキルが必要な仕事は単価が高いことが多い

 

実際、自分がクライアントの立場であったら、スキルのある人や専門家の人の方が安心して仕事が任せられますよね?

 

ただ、「何のスキルを身につけたら良いか分からない。」という方もいらっしゃるでしょう。

上記の方の場合は、仕事を受注しながら身につけるスキルを考えていくことをおすすめします。

 

また、具体例として、下記の例があげられます。

 

・ライティングの仕事を受注しながら、ホームページの入稿スキルや、検索結果上位に記事を表示させるスキルを身につける

 

・データ入力の仕事を受注しながら、表計算やショートカットキー使用スキルを身につけ、仕事を効率化する

 

スキルなしの人でも、上記の方法で着実にスキルを身につけていけば、より高い収入を得ることが可能でしょう。

 

まとめ

今回は、クラウドソーシングはスキルなしでも稼げるかについて徹底解説致しました。

下記が今回のポイントです。

 

・クラウドソーシングはスキルなしの人でも稼げる

・魅力的な提案文とプロフィールで受注率は上がる

・仕事を受注しながら、スキルを身につければさらなる高収入が望める

 

スキルなしでクラウドソーシングを始めようと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました