【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスは大学生も稼げる?利用する時の注意点も徹底解説!

クラウドワークス

クラウドワークスは大学生でも稼げるの?

クラウドワークスを大学生がやるメリット・デメリットは?

クラウドワークスで大学生におすすめの案件は?

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

そこで今回は、クラウドワークスは大学生でも稼げるのかやメリット・デメリットなど、徹底解説しましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスは大学生でも稼げる!

クラウドワークスを利用しようか迷っている人は、稼げるのか気になるでしょう。

結論から言うとクラウドワークスは、稼ぐことができます。

 

これは、最初から誰でも稼げるという意味ではなくスキルと経験を積めば稼げるようになるという意味です。

大人でも大学生でもスキルを磨き、経験を積まなければ稼げるようにはなりません。

 

クラウドワークスは、会社に雇われてもらう給料とは違って個人事業として報酬をもらいます。

個人事業としての報酬は、年齢や性別に関わらず能力によって左右されるということを覚えておきましょう。

クラウドワークスで稼いだ大学生の体験談

クラウドワークスで実際に大学生が稼いだ体験談をご紹介します。

この方のように大学生WEBライターを実際に名乗っている人が多くいました。

それだけWEBライターが大学生の間で流行っているのだと推測できます。

 

この方のように初月で5万円以上を稼げる人もいますが、多くはありません。

多くの場合、スキルと経験を積むことによって少しずつ稼げるようになります。

 

焦らずに少しずつ収益を上げていきましょう。

 

https://twitter.com/metaParallels/status/1201865334250074112

この方は、WEBプログラミングを学びクラウドワークスで仕事を受注することで稼いでいます。

プログラミングのような勉強をしないとできない仕事はクラウドワークスの中でも高単価です。

 

もし、プログラミングを授業で学んでいる人は、クラウドワークスを始めてすぐに大きく収益を上げられる可能性があります。

大学で何か専門知識が高いことを学んでいる人は、クラウドワークスで案件を探してみるのがおすすめです。

 

大学生がクラウドワークスを利用するメリット

大学生がクラウドワークスを利用するメリットを知りたい人もいるのではないでしょうか。

そこで大学生がクラウドワークスを利用して得られるメリットについて解説します。

 

クラウドワークスを利用しようか迷っている大学生は是非、参考にしてみてください。

時間と場所を選ばずに収入を得られる

クラウドワークスは、仕事の受注から納品までをオンライン上で行えるので時間と場所を選ばずに仕事をできます。

ネットが繋がる環境とパソコン、スマホさえあれば収入を得ることができるのでスケジュールを自分で立てての行動が可能です。

 

また、時間単価制の案件でなければアルバイトのように決められた時間に出勤するということがありません。

基本的には、決められているのは納期だけです。

 

自分で仕事の裁量を決定できるのはやりがいもありますよ。

スキルを身に付けることができる

クラウドワークスは、案件を受注して仕事をしていく内にスキルを身に付けることが可能です。

クライアントの中には、初心者を低めの単価で集めて成長させてくれる人もいます。

 

まだ初心者でスキルがない人は、いただいた仕事に全力投球してください。

一生懸命取り組めば、クライアントから修正点を指摘してもらえたりアドバイスをもらうことがあります。

 

そのアドバイスを真剣に受け止めることでスキルを身に付けて成長することができるのです。

成長すれば単価も少しずつ上がるので受注した案件は持てる限りの力を尽くすよう意識しましょう。

大学生がクラウドワークスを利用するデメリット

大学生がクラウドワークスを利用するメリットについてご紹介をしました。

しかし、メリットがあればデメリットも当然存在するものです。

 

そこでクラウドワークスを大学生が利用するデメリットについてご紹介します。

確定申告が必要になる場合がある

クラウドワークスを利用して収入を得ると確定申告が必要になる場合があります。

 

その条件が以下の通りです。

  • 他にアルバイトをしておらず、クラウドワークスからの年間所得が48万円以上
  • アルバイトとは別でクラウドワークスでの年間所得が20万円を超えている
  • アルバイトとは別でクラウドワークスでの年間所得が20万円を超えていないが、給与の年収が2000万円以上
  • アルバイトとは別でクラウドワークスでの年間所得が20万円を超えていないが、2か所以上から給与の支払がある場合

※所得=収入-経費

これらに当てはまる場合は、確定申告をしてください。

ただし、クラウドワークスでクライアントが源泉徴収を行なっている場合は、所得税を納めてくれているという扱いになります。

源泉徴収が行われている場合は、確定申告をすると二重払いになる可能性があるので要注意です。

 

↓クラウドワークスで発生した税金については別の記事で詳しく解説しています。

【徹底解説!】クラウドワークスで発生した税金はどうするべき??
「クラウドワークスの報酬に対する税金はどうするべき?」 「確定申告をする方法がよくわからない」 「副業の税金に関する情報を知りたい」 この記事をご覧になった方は、このような悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか? ...

クラウドワークスでの年間所得が48万円を超えると親の扶養から外れる

クラウドワークスから年間所得48万円を稼いでいる場合、親の扶養から外れてしまいます。

 

大学生の人は「103万円を超えると扶養から外れる」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは、「扶養親族として認められる所得」と「給与所得控除の合計」の金額を表しています。

扶養親族として認められる所得「48万円」+給与所得控除「55万円」=103万円

 

しかし、所得控除は会社から給与をもらった場合に適用される控除です。

クラウドワークスからの収入は会社からもらっている訳ではないので、給与所得ではなく事業所得という取り扱いになります。

そのため、給与所得控除は適用されず扶養親族として認められる所得である「48万円未満」が扶養から外れない金額です。

 

少し難しく感じるかもしれませんが、大切なことなので必ず覚えておきましょう。

 

※詳しくは国税庁のホームページを参考にしてください。

アルバイトより安定しない

クラウドワークスの多くが成果物によって報酬が支払われる仕組みになっています。

そのため、アルバイトのように働いた分だけ稼げるという訳ではありません。

 

最初の内は作業に時間がかかり、単価の高い案件を受注するのも難しいので時給換算すると500円を切ってしまうこともあります。

働いた時間分しっかりと収入が欲しい人にはクラウドワークスはおすすめしません。

 

アルバイトで安定した収入をもらいながらクラウドワークスで少しずつスキルを身に付けるという方法もあるので自分に合った選択をしましょう。

その際には、確定申告が必要になる金額に達しないよう気をつけてください。

大学生におすすめの案件

クラウドワークスを始めようと思ってもどのような案件があるのか知らない人も多いでしょう。

また、案件が多すぎてどれが良いのかわからないという人もいると思います。

 

そこで、大学生におすすめの案件についてご紹介します。

データ入力やアンケート回答

データ入力やアンケートの回答は、タスク形式で募集されていることが多いです。

単価の相場は5円〜150円とあまり高くはありません。

 

しかし、タスク形式のデータ入力やアンケート回答は行うだけで報酬が必ずもらえるというのが特徴です。

小さい金額を積み重ねて金額を稼ぐという方法になります。

 

移動時間などの隙間時間でタスク形式を行なってお金を稼ぐというのがおすすめです。

 

↓タスク形式についてはこちらで紹介しています。

【簡単?】クラウドワークスのタスクとは?稼ぐコツを徹底解説!
「クラウドワークスのタスクってどういうものなの?」 「クラウドワークスのタスクで稼ぐコツは?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。 そこで当記事ではクラウドワークスのタスクについて徹底解説し、またタスクで稼ぐ...

ライティング

ライティングは、1文字当たりの単価で報酬が決まることが多いです。

文字単価は0.1円〜2.0円を超えるものまで幅広く募集されています。

 

ライティングは、初心者でも始めることができる案件の一つです。

しかし、単価が高い案件はSEOライティングなどのスキルや経験が多い人が応募しています。

 

初心者の内は、文字単価が高い案件に応募しても選考の段階で落ちてしまうことが多いでしょう。

そのため、最初は文字単価0.5円以下の案件で経験とスキルを積み、少しずつ単価の高い案件に応募していくという方法がおすすめです。

 

最初は下積み時代と割り切って低い単価でも応募してみましょう。

プログラミング

学校や独学でプログラミングを学んでいる人には、プログラミングの案件を受注するのがおすすめです。

プログラミングは、勉強をしていなければ仕事ができないため比較的単価が高くなります。

 

報酬の相場としては5,000円〜100,000円とプログラミングの複雑さによって報酬が変わります。

ただ、社会人としてプログラミングを触ったことがない人は、高単価のプログラミング案件を受注できる可能性は低いです。

 

大学生でプログラミングを学んでいる人は、比較的簡単で単価の低い案件から応募してみましょう。

プログラミングで実際にお金を稼ぐことで勉強にもなっておすすめです。

デザイン作成

クラウドワークスで募集をされているデザイン作成は、パッケージデザインやロゴデザイン、WEBページのデザインなど幅広く募集されています。

学校でデザインに関する勉強をしている人におすすめです。

 

ロゴやパッケージのデザインの多くがコンペ形式で募集がされています。

コンペ形式は、集まったデザインの中から気に入ったものを選んで採用された場合にのみ報酬が入る仕組みです。

 

法人会社が企業のロゴやポスターのデザインを募集していることもあり、報酬が50,000円を超える案件もあります。

選ばれないと収入になりませんが、勉強と練習にもなるのでデザインを学んでいる人は応募してみてはいかがでしょうか。

 

↓コンペ形式についてはこちらの記事で解説しています。

クラウドワークスのコンペとは?応募から発注の仕方を徹底解説!
「クラウドワークスのコンペってどういうものなの?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。 そこで当記事ではワーカー向け、クライアント向けそれぞれについて、コンペがどういったものなのか、そしてコンペの応募方法やコン...

翻訳

大学生の中には、語学留学を経験している人も多いでしょう。

そこで英語などを勉強している場合は翻訳の案件を受注してみてはいかがでしょうか。

 

文章の複雑さに応じて1,000円〜100,000円ほどと幅広い報酬があります。

報酬が高い案件は、経験者のみの場合があるので最初は単価の低い案件に応募するのがおすすめです。

 

報酬の低い案件でも仕事を行うことで語学力や語彙力が養われていき能力が上がります。

能力が上がることで少しずつ報酬の高い案件に通りやすくなるでしょう。

クラウドワークスで大学生が稼ぐ方法

クラウドワークスは大学生でも稼げるのか不安な人もいると思います。

始めたばかりだったり何もスキルがないと思うと稼げるか不安になってしまう人もいるでしょう。

 

そこでクラウドワークスで大学生が稼ぐ方法についてご紹介します。

大学で学んでいることを活かす

大学で学んでいることをクラウドワークスで活かすのがおすすめです。

プログラミングやデザインなどの専門知識を学んでいるのならば、活用することで大きく稼げる可能性があります。

 

また、専門知識を学んでいないのならば学習している範囲で検索をしてみてください。

例えば観光学部に所属をしているのならクラウドワークスで「観光」と検索をしてみると多くの案件があることがわかります。

 

自分が得意な分野の検索をしてみましょう。

その中で気になる案件に応募すれば楽しく仕事ができるはずです。

 

↓契約の流れについてはこちらの記事で解説しています。

【初めてでも大丈夫!】クラウドワークスの契約の流れを徹底解説!
「クラウドワークスで応募から契約の流れがよくわからない」 「クラウドワークスで仕事を発注して、その後の契約の流れがわからない」 上記のような悩みをお持ちではないでしょうか。 そこで、当記事ではワーカー向け・クライアント...

空きコマを有効活用する

大学生の中には、休講や空きコマがある人もいるでしょう。

そのような人はその空きコマの時間を有効活用するのがおすすめです。

 

空きコマの過ごし方として多いのはスマホをいじったり友達と談笑するなど暇を持て余している人も多いのではないでしょうか。

その時間をクラウドワークスの仕事を行うことで稼ぐ時間を確保することができます。

 

また、空きコマを利用することで授業後を友達との時間に使えるなどメリハリのある生活ができるようになるでしょう。

空きコマがある人は、有効活用してみてください。

移動時間を利用する

クラウドワークスのタスク形式の案件は、スマホとネット環境があれば受注することができます。

通学の電車内でスマホをいじる時間を利用し、タスク形式の案件をこなせば移動しながら稼ぐことが可能です。

 

タスク形式は単価が低いですが、確実に報酬がもらえる形式です。

通学時間でタスク形式の案件をこなしていくことで1ヶ月で数千円を稼ぐこともできます。

 

移動時間でスマホをいじっている人は、タスク形式の案件で少しの額でも稼いでみてはいかがでしょうか。

クラウドワークスを大学生が使用する際の注意点

クラウドワークスは大学生でも稼ぐことができます。

しかし、クラウドワークスを使用する時には注意しなければならないこともあるのです。

 

そこで大学生がクラウドワークスを利用する際の注意点について解説します。

一定のビジネスマナーは必要

クラウドワークスは、案件の応募や仕事がネット上で簡単に行うことができます。

しかし、ネット上でのやり取りだからこそビジネスマナーも必要です。

 

特にビジネスメールなどの基礎知識は勉強をしておいてください。

クライアントの多くが社会人なのでビジネスマナーができていない時点で契約をしてくれないこともあります。

 

最低限、ビジネスマナーについては勉強しておきましょう。

学業を疎かにしない

クラウドワークスで稼げることがわかると授業を受けなくなる人もいるでしょう。

しかし、クラウドワークスで稼げるようになったとしても学業を疎かにしないでください。

 

大学を留年してしまうと1年で100万円以上の学費が必要になるでしょう。

学業を疎かにして学費が積み重なればクラウドワークスで稼いだ意味がないと言えます。

 

学業で学んだ知識をクラウドワークスでお金に昇華することも可能なことを覚えておきましょう。

【補足】大学生におけるクラウドワークスのプロフィールの書き方

クラウドワークスを始めてから一番最初の壁がプロフィール内にある自己PRの設定です。

自己PRを設定することで案件の受注のしやすさが変化するので必ず設定してください。

 

大学生がクラウドワークスの自己PRは以下の要素を意識しましょう。

  • どのような人なのか(ライター、プログラマーなど)
  • 作業可能時間(1日4時間、週5日作業可能など)
  • 学部(経済学部、外国語学部など)
  • スキル(Photoshopが使えます、ブラインドタッチができます など)

 

これを盛り込りこんだ自己PR文は以下のようになります。

ご覧いただきありがとうございます。

 

私は、4年生大学の経済学部で経済について学びながらライターとして活動をしている〇〇です。

 

保険屋税金について積極的に勉強をしているので経済分野のライティングもできます。

また、長期休みには国内外問わず旅行をしているので旅行に関するライティングも得意です。

 

【1日の作業可能時間】

1日最大4時間/週6日を記事執筆の時間に設けています。

 

【スキル】

・税金について勉強中

・Photoshopでの画像編集業務

・国内20箇所、国外5ヵ国の旅行経験

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

いただいたお仕事は納期を守って提出をいたします。

何卒よろしくお願い申し上げます。

このような自己PR文であればあなたがどのような人で何を得意としているのかがわかります。

自己PR文は必ず設定するようにしましょう。

まとめ

以上、クラウドワークスは大学生は稼げるのかについて解説しました。

 

  • クラウドワークスは大学生でも稼ぐことができる
  • クラウドワークスを大学生が利用するにはメリット・デメリットがある
  • 大学生がクラウドワークスを利用する際には最低限ビジネスマナーは必要

クラウドワークスは、大学生でも十分に稼ぐことができますし、たくさんの経験も得ることができます。

 

クラウドワークスを利用するか迷っている人は、是非一度使ってみてください。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
idaをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました