【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングサイトおすすめ10選!稼ぐコツまで徹底解説!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングサイトのおすすめは何?」

「クラウドソーシングサイトを利用するメリットは?」

上記のようにお考えではないでしょうか。

 

当記事ではクラウドソーシングサイトをジャンル別におすすめし、クラウドソーシングサイトで稼ぐコツなどを徹底解説します。

これからクラウドソーシングサイトを利用したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

総合型クラウドソーシングサイトおすすめ3選

まずは総合型と呼ばれるクラウドソーシングサイトをご紹介します。

総合型とは?:多数のジャンルの仕事が発注されるクラウドソーシングサイト。

 

今回おすすめするのは下記の3つのサイトです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Bizseek(ビズシーク)

 

上記3サイトは下記の2点がおすすめポイント。

  • 案件の豊富さ
  • 手数料の安さ

 

クラウドワークス

引用:クラウドワークス

クラウドワークス登録者数300万人、登録企業が40万を超える、業界でもトップのシェアを誇るサイトです。

サイト規模が非常に大きく、案件数が豊富という点がおすすめポイント

 

クラウドソーシングサイトは3つ程度に抑えた方が効率よく働けますが、その際の第一選択のサイトといえるでしょう。

クラウドワークスを中心に仕事を受注し、案件が不足する場合は他のサイトを利用するといった流れがおすすめです。

 

 

 

クラウドワークス公式サイトはこちら

 

ランサーズ

引用:ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスに次いで規模の大きなサイトです。

業界の老舗で、安心感が強いのが魅力。

 

認定ランサー制度が優秀で、人気です。

クラウドワークスに比べて認定されるのが比較的容易なのも人気の秘訣。

 

ランサーズはサポートも充実しており、初心者に最適なクラウドソーシングサイトといえるでしょう。

 

 

ランサーズ公式サイトはこちら

 

Bizseek(ビズシーク)

引用:Bizseek(ビズシーク)

ビズシーク業界最安値の手数料を誇るサイトです。

案件数はあまり多くはないのですが、手数料が安いため、案件があった場合は第一選択になるサイトといえるでしょう。

 

がっつり稼ぐのには向きませんが、サブのサイトとして利用するのはおすすめです。

 

Bizseek(ビズシーク)公式サイトはこちら

 

ライティングにおすすめのクラウドソーシングサイト2選

次はライティングに特化したクラウドソーシングサイトを紹介します。

紹介するクラウドソーシングサイトは下記の2つ。

  • サグーワークス
  • Shinobiライティング

 

おすすめポイントは下記。

  • 年齢制限がない(学生も利用できる)
  • ライティングに集中できる

 

サグーワークス

引用:サグーワークス

サグーワークスはライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。

プラチナライター制度が特に人気で、テストに合格すれば実務経験がなくても文字単価1円以上の案件を受注できます。

 

プラチナライターになれば月収20万円以上も到達可能ですので、サグーワークス一本でも十分な報酬を得られるポテンシャルがあるサイトです。

ライティングをメインの仕事にしたいワーカーにとっては、最適なサイトといえるでしょう。

 

サグーワークス公式サイトはこちら

 

Shinobiライティング

引用:Shinobiライティング

Shinobiライティング年齢制限のないライティング特化のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスやランサーズは満18歳以上でないと働けないため、中高生は利用ができません。

 

一方、Shinobiライティングは中高生でも利用可能です。

サグーワークスほど高額案件はありませんが、それでも中高生がアルバイト感覚で稼ぐには最適なサイトと言えるでしょう。

 

ただし、中高生でもある程度の報酬を超えると確定申告をしなくてはいけませんので、ご注意ください。

 

Sinobiライティング公式サイトはこちら

 

翻訳の仕事におすすめなクラウドソーシングサイト2選

翻訳の仕事をする場合におすすめのクラウドソーシングサイトは下記の2つです。

  • Conyac
  • Gengo

 

おすすめポイントは下記です。

  • 語学のスキルを十二分に発揮できる
  • 翻訳の仕事が多数掲載されている

 

Conyac

引用:Conyac

Conyac世界中のフリーランサーが活躍するサイトです。

翻訳の仕事も発注されていますので、語学力がある人には特におすすめできるサイト。

 

また、翻訳以外の仕事も多数発注されているので、様々な仕事をしたいとお考えの場合は最適なサイトといえるでしょう。

日本の枠におさまりたくない野心を持っている方におすすめです。

 

Conyac公式サイトはこちら

 

Gengo

引用:Gengo

Gengoは翻訳に特化したクラウドソーシングサイト。

大企業(Amazonやdocomoなど)も利用しているサイトですので、Gengoで仕事をしていると、大企業と仕事をすることも可能です。

 

ただし、Gengoで仕事をするためには、テストを受験する必要があります

誰でも働けるわけではありませんが、語学力に自信があるという場合はぜひテストを受けてみてください。

 

Gengo公式サイトはこちら

 

主婦向けのおすすめクラウドソーシングサイト3選

主婦の方におすすめできるクラウドソーシングサイトを3つご紹介します。

下記サイトの利用がおすすめです。

  • ココナラ
  • シュフティ
  • ママワークス

 

おすすめポイントは下記です。

  • 忙しい主婦、ママさんでも隙間時間で働ける
  • スキルをあまり必要としない仕事が多数ある

 

ココナラ

引用:ココナラ

ココナラスキルマーケット方式という特殊なスタイルのクラウドソーシングサイトです。

スキルマーケットとは?:ワーカーが自分のスキルを販売するという仕組み。通常はクライアントが価格提示、発注をするが、スキルマーケットの場合はワーカーが価格提示、発注をする。

 

あらゆるスキル(イラスト、デザイン、ライティングなど)を数百円から販売できるのがココナラです。

一芸があるといった方に最適なクラウドソーシングサイトといえるでしょう。

 

忙しい主婦でも、隙間時間を見つけて仕事ができるためおすすめです。

 

ココナラ公式サイトはこちら

 

シュフティ

引用:シュフティ 

シュフティは主婦の方をメインターゲットにしたクラウドソーシングサイトです。

※男性の利用も可能です。

 

主婦業の隙間時間で受注できる小規模な仕事が多数発注されています。

お小遣い稼ぎに最適ですので、ぜひ検討してみてください。

 

シュフティ公式サイトはこちら

 

ママワークス

引用:ママワークス

ママワークスはママさんに向けたクラウドソーシングサイトです。

大規模なサイトではありませんので、専業で稼ぐには向きませんが、お小遣いを隙間時間で稼ぐのには最適。

 

月10000円程度を稼ぎたいのであれば、ママワークスで十分でしょう。

ママワークスでクラウドソーシングサイトに慣れ、徐々に総合型のサイトに移行していくのもおすすめです。

 

ママワークス公式サイトはこちら

 

クラウドソーシングサイトで稼ぐコツとは?

おすすめクラウドソーシングサイトをご紹介してきました。

ここからはクラウドソーシングサイトで稼ぐコツをご紹介していきます。

 

下記項目を押さえておいてください。

  • 小さな実績を積み上げていく
  • クライアントと信頼関係を構築する
  • 毎回丁寧な仕事を徹底する
  • 条件交渉を行い、単価を上げる

 

小さな実績を積み上げていく

小さな実績を積み上げていくことがクラウドソーシングサイトで稼ぐ上では重要です。

なぜなら、いきなり大きな案件を任せてもらうことは難しいから。

 

どんなに報酬が安くても(限度はありますが)、小さな仕事を着実に受けていき、実績を積み上げましょう。

最初は低単価の案件しか受注できませんが、徐々に高額案件に挑戦することができるようになっていきます。

 

最初の稼げない頃をどう通過するか?がクラウドソーシングサイト攻略の肝です。

 

クライアントと信頼関係を構築する

実績を積み上げることが大切と説明しました。

クラウドソーシングサイトでは実績から来る信頼が最も重要です。

 

信頼ありきで仕事を任せてもらえるので、まずは実績作りをしていってください。

信頼を獲得できるようになれば、どんどん高額案件を受注できるようになりますので。

 

また、後述しますが、単価交渉も信頼が命です。

クライアントからの信頼を獲得していると、単価を上げてもらいやすいのも事実。

 

「これからも一緒に仕事をしたい」と思わせることが成功の秘訣ですので、全力で仕事に尽力しましょう。

 

毎回丁寧な仕事を徹底する

信頼の獲得と同列に重要なことが毎回の仕事を丁寧にすることです。

いくら単価の安い仕事でも手抜きはダメ。

 

少しでも仕事にアラがあったら、クライアントからの信頼は下がってしまいます。

クラウドソーシングでは仕事が終わった後、互いを評価する仕組みがあり、低評価を付けられるとアカウントに大ダメージを受けます。

 

どういうことかといいますと、一度ついた低評価は覆すことができませんので、今後仕事に応募した時も一度の低評価が契約の邪魔をするということ。

低評価が付くとクライアントからすると「大丈夫か?」と心配されてしまいます。

なんとしても低評価がつかないように、受注した仕事は徹底して丁寧にこなすようにしましょう。

 

条件交渉を行い、単価を上げる

単価を上げるためには、条件交渉を行いましょう

ただし、タイミングには注意をしてください。

十分クライアントと信頼関係が構築できてから交渉を行うのが鉄則です。

 

例えば、契約していきなり「単価を上げてください」と言われたら、クライアントはどう思うでしょうか?

仕事をする前に単価の交渉をしてくるワーカーは、非常に悪印象です。

仕事をこなすことよりも、自分の報酬のことを考えていると捉えられてしまうから。

 

先ほども述べましたが、クラウドソーシングでは信頼が命です。

「このワーカーなら高額報酬を払ってでも仕事を依頼したい」と思わせるまでは、条件交渉をしないのがベター。

 

目安としては数ヶ月間は最低でも働いて、クライアントが求める以上の成果物を納品することができるようになってから条件交渉を行いましょう。

 

クラウドソーシングサイトのメリット

次はクラウドソーシングサイトを利用するメリットをご紹介しましょう。

主にクラウドソーシングサイトを利用するメリットは下記の3つです。

  • 時間の自由が手に入る
  • 個人のスキルアップが望める
  • 人間関係の問題が少ない

 

時間の自由が手に入る

時間の自由が最も重要なメリットです。

クラウドソーシングは基本的には成果物を納品したら報酬をもらえるという仕組みになっています。

 

つまり、成果物さえ納品できればいつ働いてもいいのです。

例えば、朝はゆっくりして昼から働くといったスタイルも可能ですし、逆に朝早くから仕事を始めて夕方には飲みに出かけるなんてスタイルも可能。

 

自分の働きたい時に働けるのがメリットです。

会社員のように雇われていたら実感できない利点といえるでしょう。

 

ただし、自分の時間を自由に使えることは、同時に自己管理が難しいことの証明でもありますので、ご注意ください。

 

個人のスキルアップが望める

また、クラウドソーシングサイトを利用する際、必要なのは個人のスキルです。

クラウドソーシングサイトでお金を稼げるようになると、個人としてかなりスキルアップすることができます

 

会社員として働いていると、社外で活躍するスキルを磨くことは難しいことがほとんど。

しかし、クラウドソーシングでは自分1人しかいないわけですから、嫌でもスキルアップできるのです。

 

クラウドソーシングサイトで稼げるようになれば、クラウドソーシングサイトを利用しなくても生計を立てられるレベルのスキルが身につきます。

スキルアップしたい人にとってもクラウドソーシングサイトは利用の価値があるといえるでしょう。

 

人間関係の問題が少ない

また、クラウドソーシングサイトを利用する上で、人間関係の問題が生じにくいのもメリットです。

クラウドソーシングサイトではクライアントと軽微なやりとりは存在しますが、上司や同僚がいるわけではありません。

 

人間関係で辟易している人にとってクラウドソーシングはまさに天職といえるのではないでしょうか。

自分1人でお金を稼げるのは、想像以上に自由です。

ただし、人間関係がないということは、全ての責任が自分のものだという点はお忘れなく。自己責任で業務を進める必要があります。

 

クラウドソーシングサイトで稼ぐ上での注意点

クラウドソーシングで稼ぐ上ではいくつか注意点が存在します。

下記項目には注意してください。

  • 確定申告が必要になる場合がある
  • 自己管理能力が必須
  • クライアントとの交渉を丁寧に行う
  • 複数のサイトで仕事をするのではなく1つのサイトで実績を積み上げる

 

確定申告が必要になる場合がある

まずは確定申告について。

確定申告とは?:1年間で稼いだお金を申告して納税するというもの。

 

クラウドソーシングで一定以上の金額を稼いだ場合、確定申告をする必要があります。

簡単に説明すると、副業としてクラウドソーシングサイトを利用した場合は年間20万円、専業の場合は年間48万円がボーダーラインです。

上記の金額を超える所得を得た場合は、確定申告を行う必要があります。

 

詳細は下記の記事をご覧ください。

 

 

自己管理能力が必須

また、自己管理能力が必須なのも注意点です。

時間が自由という説明をしましたが、好きに時間をコントロールできることは、同時に怠けてしまう可能性もあるということ。

 

会社なら上司の監視があるため、しっかり仕事ができる人がほとんどでしょう。

しかし、クラウドソーシングサイトは1人で仕事をするため、サボっても誰にもバレません。

 

そしてズルズルとサボってしまい、納期に間に合わないといった状況も多々あります。

自己管理できる人でないと、クラウドソーシングサイトの利用は困難です。

 

これからクラウドソーシングサイトを利用しようと考えている場合は、自己管理のスキルが必要なことも覚えておいてください。

 

クライアントとの交渉を丁寧に行う

クライアントとの条件交渉を丁寧に行うのも大切なポイント。

クラウドソーシングサイトには悪質な地雷案件が多数発注されています。

地雷案件とは?:異常な低単価や、違法・規約違反の危険な案件のこと。

地雷案件を受注してしまわないためにも、契約前にしっかりクライアントと条件のすり合わせを行ってください。

 

ライターの場合を例にすると、文字単価の仕事なのか、それとも記事単価なのかを明確にしましょう。

また1記事書く時間を概算して、時給として見合った仕事なのかを見極めるのも重要です。

 

しっかり交渉を行い、適切な仕事を受注するようにしてください。

 

複数のサイトで仕事をするのではなく1つのサイトで実績を積み上げる

また、今回複数のクラウドソーシングサイトをご紹介しましたが、できれば少数のサイトに労力を集中した方が得策です。

というのも、実績が積み上がって初めて高額案件を受注できるのがクラウドソーシングサイトだから。

 

複数サイトを利用すると、実績が分散してしまい、成果が伸びづらくなります。

 

もちろん、1つのサイトでは案件が少ない場合などもありますので、メインで1サイト、サブで2サイトくらいの利用が目安です。

くれぐれも、片っ端からサイトを利用することはしないように、お気をつけください。

 

まとめ

以上、おすすめのクラウドソーシングサイトについての記事でした。

おすすめのクラウドソーシングサイトは下記です。

 

<総合型>

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Bizseek(ビズシーク)

<ライティング>

  • サグーワークス
  • Shinobiライティング

<翻訳>

  • Conyac
  • Gengo

<主婦向け>

  • ココナラ
  • シュフティ
  • ママワークス

 

上記のサイトから、あなたの生活スタイルや目指したいクラウドワーカー像に一番近いサイトを利用するようにしましょう。

ただ、闇雲に利用すると実績が分散してしまいますので、メインで1サイト、サブで2サイト程度の合計3サイト程度の利用がおすすめです。

 

あなたにとって最適なクラウドソーシングサイトが見つかれば幸いです。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました