【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【難しい?】クラウドワークスの銀行登録方法を徹底解説!損しない方法も暴露!

クラウドワークス

「クラウドワークスで銀行登録する方法は?」

「クラウドワークスで登録した銀行口座を変更するにはどうしたらいい?」

「クラウドワークスで登録する銀行口座のおすすめは?」

などとお考えではありませんか?

 

クラウドワークスは有名なサービスの一つですが、その一方でシステム利用料や振込手数料が高いことでも知られています。

できることなら振込手数料で、損しない方法を取りたいところですよね。

 

当記事では

  • クラウドワークスでの銀行登録方法は簡単!
  • クラウドワークスで登録した銀行口座を変更するには?
  • クラウドワークスの銀行登録は楽天銀行がおすすめ!

といった内容を徹底解説していきます。

 

クラウドワークスでの銀行口座登録にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、クラウドワークスで損をしない銀行口座の登録方法がきっと分かるはずです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスでの銀行登録方法は簡単!

クラウドワークスで得た報酬を実際に受け取るためには、銀行口座を登録する必要があります。

クラウドワークスでの銀行登録はとても簡単です。

 

クラウドワークスでの銀行口座の登録手順は下記の通り。

  1. プロフィール編集のページを開く
  2. あとは口座番号を入力するだけ!

それぞれの登録方法について、詳しく見ていきましょう。

 

1.プロフィール編集のページを開く

銀行口座の登録は、クラウドワークスのトップページから行います。

ログインした後に、トップページを開いてください。

 

下記の画面が浮上するはずです。

 

上記画像にある「振込先口座登録」を開きましょう。

 

「プロフィール編集」から振込先口座登録をすることも可能です。

 

2.あとは口座番号を入力するだけ!

「振込先口座登録」をクリックすると、振込先情報を入力するページが浮上します。

 

銀行口座の登録時に求められる情報は下記の通りです。

 

通帳を確認しながら、必要項目を埋めていきましょう。

すべて入力すれば、口座登録の完了となります。

 

クラウドワークスで登録した銀行口座を変更するには?

最初に入力した振込先口座を変更したいこともあるでしょう。

登録の銀行口座を変更したい場合も、上記と同じページでいつでも変更することができます。

 

または「報酬」の確認ページの下にある「振込先口座の変更」からも可能です。

審査などが入るわけではないので、1分もせずに銀行口座の変更はできますよ。

 

クラウドワークスを続けていく中で、やっぱり銀行口座を変更したいと思った場合にもすぐに設定できるのは嬉しいポイントですね。

 

クラウドワークスで登録する口座の名義人は本人以外でもできる?

クラウドワークスで登録する口座の名義人についても見ていきましょう。

家族でメインに使っている銀行口座がある場合、自分以外の名義人の銀行口座を振込先に使いたいという方もいますよね。

 

残念ながら、本人以外が名義人の銀行口座は振込先として登録できません。

自分で登録した本人情報と口座の名義人が一致していないと、登録時にエラーが出てしまいます。

 

不正利用を防ぐために、本人以外の口座は登録できないようになっているのでしょう。

たとえ家族であっても、振込先の口座としては登録できないので注意してください。

 

クラウドワークスの報酬が口座に振り込まれるタイミング

クラウドワークスの報酬が口座に振り込まれるタイミングについて、解説していきます。

クラウドワークスでは基本的に締め日が

  • 毎月15日
  • 月末

です。

 

15日までに確定していた金額は月末に、月末までに稼いだ分は翌月の15日に振り込まれます。

振り込まれるのは稼いだ金額が1,000円以上の場合のみ。

 

たとえば6月15日の段階で3,000円稼いでいれば、その3,000円は月末に振り込まれます。

さらに6月31日までに4,000円稼いでいれば、その4,000円は7月15日に登録した銀行口座に振り込まれるでしょう。

 

ただし設定を変更すれば、振り込みを見送って持ち越すことも可能です。

振込手数料もかかりますので、あまり稼げなかった月は持ち越して、ある程度の額になってから振り込むというのもひとつの方法でしょう。

 

口座登録しないでクラウドワークスを利用できる?

銀行口座は個人情報なので、初めてクラウドワークスを使う方は、登録に抵抗がある方もいるはずです。

本当に稼げるか分からないのに、口座の登録はしたくない……

と思ってしまうのも無理はありません。

 

クラウドワークスは銀行口座の登録をしなくても、お仕事の受注ができます。

つまり、ある程度の金額を稼いでから、口座を登録して引き出すことも可能なのです。

 

ただ、報酬を受け取るために、いずれは結局銀行口座を登録することになります。

欲しいと思った時に振込が間に合わなくなってしまう可能性もあるので、早めに自分の銀行を登録しておくといいでしょう。

 

クラウドワークスの銀行登録は楽天銀行がおすすめ!

クラウドワークスで稼いだ金を普通に引き出そうとすると、手数料が高めになっています。

実際

クラウドワークスは手数料が高すぎる!

という声が非常に多いのも事実です。

 

クラウドワークスの振込手数料は

  • 楽天銀行:100円
  • その他の銀行:500円

となっており、楽天銀行を選ぶことでかなり手数料を抑えることができます。

 

毎回出金するたびに振込手数料は取られますので、楽天銀行を開設しておくことで、かなりの節約にもなるでしょう。

楽天銀行の登録・開設は無料なので、ぜひやっておくことをおすすめします。

 

始めたばかりの頃は、特に何も考えずに銀行口座登録をする方も多いですが、手数料が500円というのはかなり高いですよね。

それも毎回なので、ひと月2回出金したとするとたった1ヶ月で1,000円も取られてしまうことになります。

 

しかし、これが、楽天銀行を登録すると、1回の振込手数料が100円なので、同じように2回出金したとしても200円で済む計算に。

たった1か月で800円も差ができてしまいます。

 

1年間で考えると800円×12か月で9,600円も変わってきますので、かなり大きいといえるでしょう。

始めたばかりで右も左もわからない状態だった私は、登録して1回目の出金時に深く考えず他銀行の口座を登録していました。

 

しかし稼いだ報酬から500円も引かれるわけですから、思っていたよりも少なく感じてしまいます。

半年ぐらい経った頃に改めて振込手数料を確認してみて500円という金額に、一瞬で我に返りました。

 

500円!?半年で3,000円も損してるじゃん!

慌てて楽天銀行の口座を開設して変更しましたが、簡単に変更できるため、もっと早く準備すればよかったと今でも思っています。

 

1回や2回だけならまだしも、クラウドワークスを長く続けていく人ほど損をしてしまう結果に。

楽天銀行の口座を開設するだけならネットから簡単に手続きをすることができます。

 

まだ持ってない方はできればクラウドワークスを始めるのと同時進行で用意するのがおすすめです。

 

まとめ

クラウドワークスでの銀行口座の登録手順は下記の通り。

  1. プロフィール編集のページを開く
  2. あとは口座番号を入力するだけ!

 

たったの2ステップですので、とても簡単に登録できます。

ただし振込先口座として登録できるのは、本人名義の口座のみとなっていますので注意してください。

 

口座登録と同じように、銀行口座の変更も簡単にできます。

楽天銀行なら手数料も安く抑えられるので、この機会にぜひ検討してみてください。

 

楽天銀行がお得な理由については、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました