【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【知らなきゃヤバい】クラウドワークスの報酬は給与所得?確定申告についても解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスの報酬って給与所得・雑所得どっちで計上すれば良いの?」

「クラウドワークスで収入を得たのは良いけど、確定申告ってどうすれば良いの?」

「クラウドワークスでの副業が会社にバレない方法を知りたい!」

 

上記のような悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

クラウドワークスの業務には確定申告がつきものですが、きちんとした理解がないと難しいですよね。

 

そこで当記事では、下記について紹介していきます。

  • クラウドワークスの報酬は給与所得ではなく、雑所得で計上する
  • クラウドワークス利用の確定申告の条件とは?
  • 確定申告をする際に知っておくべきこと
  • クラウドワークスでの確定申告の方法
  • 所得税を減額する方法とは?
  • クラウドワークスの副業がバレない方法とは?

 

この記事を読んでいただくと、クラウドワークスで得た報酬の確定申告方法と、会社にバレずに副業する方法が分かります。

ぜひ当記事を確定申告をする際の参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの報酬は給与所得ではなく、雑所得で計上する

クラウドワークスで得た報酬は給与所得で確定申告して大丈夫かな?

など、どの所得区分に計上すれば良いのか悩んでいませんか。

結論から言うとクラウドワークスの報酬は給与所得ではなく、雑所得で計上するのが正解です。

 

クラウドワークスを利用した際のお仕事はすべて「業務委託契約」なので、給与所得ではなく雑所得となります。

タスク案件・プロジェクトの案件でも上記は変わりないので、覚えておくと良いでしょう。

 

クラウドワークス上での報酬の所得区分は、雑所得として計上しましょう

 

クラウドワークス利用の確定申告の条件とは?

  • 会社以外での仕事をした経験がない
  • クラウドソーシングを始めたばっかり
  • 確定申告のやり方がわからない

上記のような方は、そもそも確定申告をしなければならない条件自体がわかりませんよね。

 

そこでクラウドワークスを利用した際の確定申告の条件をご紹介していきます。

  • 給与所得者は所得が20万円を超えた場合確定申告が必要
  • 給与所得者ではない場合は38万円以上で確定申告が必要

 

給与所得者は所得が20万円を超えた場合確定申告が必要

クラウドワークス以外での勤務先がある方、会社員の方(給与所得者)が確定申告をしなければならない条件は以下の通りです。

  1. 給与所得及び退職所得以外の所得の合計が、20万円を超える方
  2. 給与の年間収入額が2000万円を超える方

上記の2パターンのどちらかまたは両方に該当する方は、確定申告をする必要があります

 

クラウドワークスで業務をしている方は、1のパターンに当てはまるケースが大半でしょう。

給与所得及び退職所得以外の所得の合計が20万円を超えるというのは、言い換えると、総収入額-必要経費>20万円 ということになります。

 

総収入額が20万円ではないので注意しましょう

確定申告の時期になってから焦らないようように、月の収入と経費は都度計算しておくのが大切です。

 

給与所得者ではない場合は38万円以上で確定申告が必要

次は勤務先がなく、フリーランスなどに当てはまる方は下記の通りです。

所得金額(総収入金額-必要経費)の合計額が、所得控除の合計額を超える方

 

所得控除のうち基礎控除額は38万円なので覚えておくと良いでしょう。

つまり所得金額が38万円以下の方は、確定申告をする必要はないということです。

 

確定申告をする際に知っておくべきこと

上記章にて確定申告をしなければならない条件をお伝えしました。

 

自分が確定申告しなければいけないことは分かったけれど、やり方が分からない!

という方のために、確定申告をする際に知っておくべきことを紹介していきます。

 

下記2点について解説するので、順番にご覧ください。

  • 収入と所得の違いについて知っておこう!
  • 知らないと損する?経費計上について

 

収入と所得の違いについて知っておこう!

突然ですが皆さん、収入と所得の違いについてはご存知でしょうか。

「収入と所得って同じじゃないの⁈」と思った方、収入と所得は別物です。

 

  • 収入とは、商売やお仕事をするうえでの売り上げのこと
  • 所得とは、売上金額から必要経費を引いた利益のこと

上記の違いを知っておかないと、確定申告をする際に正確な計算が出来なくなってしまいます。

 

知らないと損する?経費計上について

次に経費計上について解説していきます。

まず経費とは、仕事をしていく上でやむを得ない・どうしてもかかってしまう費用のことです。

 

所得税は所得額に比例して増えていくので、経費をきちんと計上することで、所得額が減り節税に繋がるなどのメリットがあります。

そのため、経費を計上をすることは確定申告をする際にとても大切なことです。

 

クラウドワークスで仕事をする際、下記が経費として認められます。

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 消耗品費(文房具など)
  • 通信費(インターネット利用料など)
  • 広告・宣伝費
  • 取材の際の旅費・交通費
  • クライアントとの接待費
  • クラウドソーシングサイトのシステム利用料
  • クラウドソーシングサイトからの振込手数料

10万円未満の物は経費として認められますので、当てはまりそうなものは領収書を忘れずにもらうようにしましょう。

 

また上記金額内であればパソコンなど電子機器も経費として計上することが可能です。

日ごろから経費に当てはまるものの確認をしておくことも、確定申告の際大切になることを覚えておきましょう。

 

クラウドワークスでの確定申告の方法

上記章までで確定申告の条件や確定申告をする際に知っておくべきことについて解説しました。

続いて、実際にクラウドワークスを利用した際の確定申告をする方法について紹介していきます。

 

下記について順番に解説しますので、参考にご覧ください。

  • 確定申告に必要な書類とは?
  • 源泉徴収票について
  • 納品書について

 

確定申告に必要な書類とは?

確定申告をする際に必要な書類について解説します。

本業で会社勤めをしていて、副業でクラウドワークスを使用している場合は下記が必要です。

  • 源泉徴収票(本業分、副業分のすべてを添付)
  • 収入を証明できる書類
  • マイナンバーカードまたは通知カードのコピー
  • 身分証明書(運転免許証・パスポートまたは健康保険証のコピーなど)
  • 経費の領収書

 

会社員の場合、本業での源泉徴収票とは別にクラウドワークスでもらった源泉徴収票もあれば持参しましょう。

クラウドワークスでの業務にて源泉徴収票がもらえなかった場合は、下記方法で報酬一覧を出すことができます。

 

  1. クラウドワークスにログイン
  2. 「報酬」をクリック
  3. 「表示切り替え」→ダウンロードしたい月を選ぶ
  4. 「形式を選択して〇年〇分をダウンロード」にて形式を選択する
  5. ダウンロード完了

ダウンロードできるので、月ごとのみとなっています。

その他身分証明書、経費分の領収書も必ず持参するようにしましょう。

 

源泉徴収票について

確定申告の際提出する源泉徴収票について解説します。

 

確定申告の際は、下記両方を持参しましょう。

  • 本業の源泉徴収票
  • クラウドワークスでの源泉徴収票

本業の源泉徴収票は、毎年時期が来れば手元に届くはずです。

 

一方クラウドワークスの源泉徴収票はもらえる場合ともらえない場合があります。

クライアントが法人の場合は、源泉徴収票を発行してくれることがほとんどですが、義務ではないので、発行してもらえない場合も多々あります。

源泉徴収票を発行してもらえない場合、自分で計算をして申告することが必要です

 

確定申告書に記入欄が設けられていますが、必ず記載の漏れや間違いなどない状態で提出しましょう。

分からない場合は、税務署や税理士に確認することが大切です。

 

納品書について

クラウドワークスでは、契約ごとに納品書や支払調書を発行する機能があります。

  • 納品書とは……商品などが納品された際に発行する書類のこと
  • 支払調書とは……「誰に、どんな内容で年間いくら支払ったか」を税務署に報告するための書類のこと

 

源泉徴収を行わない契約の場合は、支払調書機能はないので注意しましょう

この納品書は、収入を証明することができるので、契約ごとに発行して管理することが必要です。

支払調書が発行されない契約がある方は、すべての仕事の入金履歴がわかるように記帳するなどして、管理する習慣をつけておくと確定申告の際に役立ちます。

 

所得税を減額する方法とは?

クラウドワークスでお仕事をしているみなさんは、出来るだけ所得税を節税して、所得を多くしたいですよね。

この章では、所得税を減額する方法を紹介していきます。

  • 経費計上をして所得を減額する
  • 控除を受ける

 

経費計上をして所得を減額する

先ほども少し紹介したのですが、経費計上を行って、所得を減額する方法です。

所得を減額して節税できるのはわかったけど、何が経費の対象になるの?

上記が大切なポイントになってくることを覚えておくべきでしょう。

 

クラウドワーカーの経費として考えられるものは以下の通りになります。

  • 通信費
  • 消耗品費
  • 旅費交通費
  • 水道光熱費
  • 広告宣伝費
  • 減価償却費
  • システム手数料

上記の費用については、経費として計上することが出来るので、所得を減額し節税することに繋がります。

 

控除を受ける

控除を受けることも、節税につながるポイントと言えます。

例えば世帯主の妻(または夫)のアルバイトや派遣社員としての年収が103万円以下の場合に配偶者控除という所得税控除があり、世帯主の所得から38万円の控除を受けることができます。

 

65万円の給与所得控除というものがありますが、残念ながらクラウドワークス上でのお仕事ではこの控除は受けることが出来ません。
しかし、クラウドワークスを利用した場合でも、無条件で基礎控除の38万円は受けることができます。

 

クラウドワークスの副業がバレない方法とは?

会社に勤めていて、副業としてクラウドワークスを利用していきたいとお考えの方はたくさんいると思います。
副業が許可されていない会社に勤めている方で副業をしたい方は、会社に副業がバレたらまずいですよね。

 

そこでクラウドワークスでの副業が会社にバレない方法を紹介します。

クラウドワークスの副業が会社にバレないためのカギは住民税!

副業がバレるかバレないかは住民税がカギになってきます。

「なんで住民税が関係があるの?」という疑問をこれから解消し、実際にどのような行動をとれば良いかを解説していきます。

 

住民税には二つの納税方法があります。

  • 会社が収めてくれる特別徴収
  • 自分で納める普通徴収

上記2通りの納税方法があり、普通の会社員の方は特別徴収で納税しています。

 

住民税は昨年度の所得の10%を納める決まりになっているので、明らかに住民税が高い場合は、副業がバレる原因となってしまいます。

そこで、会社を通さず自分で納める普通徴収で納税することで、副業が会社にバレることはなくなるでしょう。

 

確定申告をする際に住民税の納税方法を「特別徴収」から「普通徴収」に変更しましょう。

上記を行うことで、会社にバレずにクラウドワークスでの副業を行うことができます。

 

その他:副業が会社にバレる原因とは?

副業が会社にバレる一番の原因は上記で記載した通り「住民税」がきっかけの場合が大半です。

 

しかし下記が原因でバレる可能性もあるので、十分注意する必要があるでしょう。

  • 副業していることを同僚に話してしまった
  • SNSで副業についての投稿を行った
  • 副業の取引先が本業の会社とつながりがあった
  • 副業による勤務態度や勤怠の乱れ
  • 勤務時間中に副業を行った
  • 会社のデバイスを使って副業を行った

副業をしていることを仕事関係の人に話す、SNSへの投稿を会社の人に見られてしまうなど、人を介してバレてしまう可能性があることは覚えておくべきことです。

 

またあくまでも本業を優先して業務を行わないと、副業がバレるだけでなく自分の評価を下げることにも繋がります。

  • 副業の案件が予想以上に増えて、本業の合間にやらないと追いつかない
  • 本業の後に副業を行っているので、寝る時間が遅くなり日中の集中力が低下している

上記のような方は本業と副業のバランスを見直さないと、勤務態度からバレる可能性が高くなることを覚えておきましょう。

 

まとめ

今回はクラウドワークスでの報酬は、「給与所得なのか、雑所得なのか?」など確定申告の基礎知識や副業が会社にバレない方法を解説してきました。

最後に振り返っておきましょう。

 

確定申告の基礎知識として下記について解説しました。

  • クラウドワークスでの報酬は雑所得で計上
  • 収入は売上、所得は収入から経費を引いた利益
  • 必要な書類は、源泉徴収票と収入を証明できる書類

 

確定申告の条件については下記参考にしてください。

  • 給与所得者で所得額の合計が20万円を超える方
  • 給与所得者で年間収入額が2000万円を超える方
  • 給与所得者ではなく、所得額の合計が38万円を超える方

 

確定申告をする際に知っておくべきことは下記です。

  • 収入と所得の違いについて知っておこう!
  • 知らないと損する?経費計上について

 

クラウドワークスでの確定申告の方法について下記解説しました。

  • 確定申告に必要な書類とは?
  • 源泉徴収票について
  • 納品書について

 

所得税を減額する方法については、下記がポイントです。

  • 経費計上をして所得を減額する
  • 控除を受ける

 

クラウドワークスでの副業が会社にバレない方法は下記です。

  • 住民税の納品方法を、特別徴収から普通徴収に変更する
  • むやみに人に話さない、SNSへの投稿に気を付ける
  • あくまでも本業を優先する

 

クラウドワークスでお仕事をする方は、今回の記事を参考に確定申告をしてみてください。

 

クラウドワークスで土日のみ副業で稼げるか知りたい方は下記記事も参考にご覧ください。

 

クラウドワークスの特徴や利点については下記でも取り上げているので、是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました