【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【大ピンチ!】クラウドワークスの納期に間に合わない!解決策や対処法を教えて!

クラウドワークス

「クラウドワークスの納期が迫っているのに仕事が間に合いそうにない!」

「思わぬハプニングが起こってクラウドワークスの納期が遅れそう」

「クラウドワークスで納期を延期する処置はどうしたらいいの?」

と悩むことはありませんか?

 

クラウドワークス仕事をしている人は納期が間に合わないかもしれないピンチを迎えたことが、一度や二度はあるのではないでしょうか?

仕事をキャンセルするつもりで受注する人は少ないにしろ、思わぬハプニングが起きたりレベルの高い仕事だったりして苦戦することはありますよね。

 

そこで、クラウドワークスの仕事で納期に間に合わない場合の対処法や、解決策、納期が間に合わないと出る支障について徹底的に調べました。

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

  • クラウドワークスの仕事で納期に間に合わない時の対処法とは?
  • クラウドワークスで納期に間に合わないと起こりがちな支障とは?
  • クラウドワークスで納期に間に合わせるための秘訣は?

クラウドワークスで仕事を始めたばかりの方や、今、納期が間に合わないことで悩んでいる方はぜひ最後までお読みください。

クライアントとの穏便な解決ができたり、今後問題が起こるの防いだ利する助けになれば幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

  1. クラウドワークスで納期が間に合わない場合に取るべき対策とは?
    1. クライアントへ納期期日の延長相談を行う
    2. 条件変更リクエストを行う
    3. 案件そのものを破棄する
  2. クラウドワークスの納期が間に合わないと起こりがちな支障とは?
    1. 評価が下がる可能性がある
    2. 次の仕事が受注しにくくなる可能性もある
  3. クラウドワークスの仕事を納期内に終わらせる5つのコツとは?
    1. 意識を持って仕事にあたる
    2. 契約前にクライアントに納期の相談を具体的にする
    3. 自分のレベルにあった仕事をする
    4. 納期に余裕を持つ
    5. スケジュールのチェックを怠らない
  4. 納期に関してクライアントと実際に起こった問題とは?
    1. 納期が間に合わなかった
    2. 納期を勝手に変えられた
    3. 納期過ぎのメールが届く
  5. 納期を心配しないで済む初心者におすすめの職種
  6. 納期に間に合わない場合に違約金は払わなくていい
  7. 納品が間に合わなかったら罰金100万円って本当?
  8. クラウドワークスで発注者がバックレてしまった時の対処法とは?
    1. 1:クライアントへ連絡をする
    2. 2:クラウドワークス運営事務所へ問い合わせをする
  9. 【クライアント向け】クラウドワークスで受注者がバックレてしまった時の対処
    1. バックれたワーカーに対してできる具体的な対処法とは?
    2. 契約終了はこちらの評価も下がるの!?
  10. まとめ

クラウドワークスで納期が間に合わない場合に取るべき対策とは?

クラウドワークスでの仕事は、クライアントもワーカーもお互いに見えません。

お互いに気持ちよく仕事をし信頼関係を保つためも、ワーカー側として下記のことが求められます。

  • 丁寧な仕事をする
  • 納期をきちんと守る

 

上記のようにクラウドワークスの納品を守ることは、クライアントの信頼を勝ち得るためにも欠かせません。

とはいえ、やむをえない状況で納期が間に合わない場合は、クライアントに対して誠実な対応をする必要があります。

 

しかしクラウドワークスの仕事が間に合わない場合にできる方法は、下記の3つです。

  • クライアントへ納期期日の延長相談を行う
  • 条件変更リクエストを行う
  • 案件そのものを破棄する

当項目では、上記の方法についてそれぞれ紹介します。

 

クライアントへ納期期日の延長相談を行う

クライアントへ、延期期日の延長相談を行えます。

具体的にできる方法を、下記にまとめました。

  • クラウドワークス上のチャットワークを使用して相談する
  • クラウドワークス以外で使用しているチャットチャットツールで相談する

 

クライアントとの契約が完了すると、クライアントが利用しているチャットツールでやり取りをすることもあります。

クラウドワークス上のチャットワークと、クライアントが指定するチャットツールの両方に延長の希望や理由を伝えてクライアントの意向を確認しましょう。

思いがけず、臨機応変にリクエストに答えてくれる場合も少なくありません。

 

特に下記のような状況が急に発生して、納品が間に合いそうにないことは誰にでもあり得ます。

  • 風邪が長引いてしまって納期に間に合わない
  • 子供の体調が悪く看病しないといけない

 

納期に間に合わない場合には事前にクライアントへ納期に間に合わない旨を密に連絡を取る事がとても重要です。

クライアントも人間ですので、体調不良や困った時には配慮をしてもらう事も双方のコミュニケーション次第となります。

しかし、クラウドソーシングの仕事だからと言ってもれっきとした社会人の扱う仕事ですので、こちらに非があるべき点は速やかに申告する事です。

 

条件変更リクエストを行う

クライアントに納期の延長を求めたい場合は、条件変更リクエストの処置を行えます。

クラウドワークスの公式ページにある「よくある質問」では、条件変更リクエストについて下記のことが説明されていました。

サービス画面上に記載されている納期については契約条件を変更していただくことで、修正していただくことが可能です。

クライアント(発注者)とメッセージをやり取りしている画面の中段右側にある「契約条件変更リクエスト」よりリクエストを送信し、
クライアントが同意した時点で表示内容が変更になります。
※当サービス上の納期の設定は任意となっておりますので、クライアントと調整していただければと思います。

ユーザが追加した画像

引用:クラウドワークス

 

条件変更リクエストの手続き方法を、簡単にまとめました。

  • クライアントとやりとりしている画面へいく
  • 画面の右側にある「条件変更リクエスト」をクリックする
  • クラウドワークスの表示に従ってクライアントへメッセージを送る

上記のように簡単な動作で処置は完了し、クライアントが同意ボタンを押した時点で新しい契約内容が有効になります。

 

条件変更リクエストを使う場面は、次のとおりです。

  • 納期の延長をお願いしたい場合
  • 仕事内容や金額の条件のことで話し合いたい場合

納期の延長の申請だけでなく、クライアントに仕事内容や金額の変更に関する相談したい場合も利用できます。

 

条件変更リクエストを使って納期の変更を願い出ることのメリットを、下記にまとめました。

  • 案件がストップするとクライアントの仕事に支障が出やすい
  • 最後まで仕事をすることで最低限の誠意を示せる(信頼回復)

 

上記のように納期に遅れてでも、仕事を最後までやり遂げる方が好ましい場合も多いのです。

受けた仕事については(全く手を付けていない場合を除いては)、出来る限り完成させる事で自分自身にとっての報酬にもつながります。

どちらにしても、クライアントと相談して意向を確認することが大切です。

 

案件そのものを破棄する

「途中終了リクエスト」という、案件そのものを破棄する処置を、取ることもできます。

クラウドワークスの公式ページにある「よくある質問」には、下記のことが載せられていました。

固定報酬制の場合、クライアントに連絡を取られた上で、契約詳細画面の右側にある、契約の「途中終了リクエスト」お送りください。
クライアントの方が同意された時点で、契約が解除(キャンセル)になります。

引用:クラウドワークス

 

途中終了リクエストの方法を、簡単にまとめました。

  1. クライアントとやり取りをしている画面へいく
  2. 契約詳細画面の右上にある「途中終了リクエスト」を押す
  3. クラウドワークスの指示に従ってメッセージを送る

 

クライアントから同意ボタンを押された時点で、契約は終了です。

クライアントからの連絡がない場合でも、1週間後には自然に契約終了の処置がとられます。

 

途中終了リクエストの処置をする状況は、下記の通りです。

  • これ以上、仕事を続けられないと判断した
  • 仕事に取り組んでみたけど絶対に達成できないと感じた
  • クライアントが仕事の延長を許可しなかった
  • 今まで作業をした金額はもらえなくてもいい

思った以上にレベルが高すぎて自分の手に負えない場合や、突然にハプニングが起こって仕事をできなくなった場合に途中終了リクエストを使えます。

 

途中終了リクエストを使う際の注意点は、下記の通りです。

  • ワーカー側に料金が支払われることはない
  • 先にクライアント宛に連絡を入れておくのが好ましい

途中終了リクエストをした場合、クライアントがワーカー側に仮払した金額はクライアントへ返金され、ワーカーへの入金はありません。

「途中まで作業した分の金額は払って欲しい」と交渉をしたい場合は、契約条件変更リクエストから対処しましょう。

 

途中終了リクエストの処置をする前に、クライアント宛に連絡を入れておくことをおすすめします。

クライアント側からすると、宛にしていた仕事がキャンセルされることになり、予定していた仕事に支障を与えるられたことになるのです。

せめてお詫びを述べて、社会人として丁寧な対応をしましょう。

 

クラウドワークスの納期が間に合わないと起こりがちな支障とは?

  • クラウドワークスの納期が間に合わなかった場合どうなるの?
  • 自分の評価に影響が出る?
  • 今後クラウドワークスで仕事をする時にどんな支障が出るの?

クラウドワークスで契約した仕事が納品できない場合に、上記のように心配になることもありますよね。

 

クラウドワークスで納期が間に合わなかったり、仕事を途中で中断したりしていることを繰り返しているとあり得る支障は下記の通りです。

  • 評価が下がる可能性がある
  • 次の仕事を受注しにくくなる可能性もある

 

上記のデメリットを考えると、受注した案件を簡単にキャンセルにしないに越したことはありません。

当項目では、クラウドワークスの仕事を簡単に延長したりキャンセルしたりしないほうがいい理由について具体的に紹介します。

 

評価が下がる可能性がある

仕事を延期したりキャンセルしたりすると、クラウドワークス上にあるプロフィールの評価が下がる可能性を考慮に入れたほうがいいでしょう。

クラウドワークスの利用者はそれぞれプロフィール画面を持っていますが、プロフィールに書かれている主な内容は下記の通りです。

  • 仕事を受注できるジャンル
  • 自分の写真や自己アピール
  • クライアントからの評価(コメント付きの場合もあり)
  • 受注実績件数
  • 作業承認率

 

上記の中でもクライアントからの評価はクライアントが契約したワーカーに対して、批評した内容が載せられています。

星1つから5つまででレベルを判断し(5つが最高)、獲得した星の平均数がワーカーの評価として表示されるシステムです。

星による評価とともに、クライアントからのコメントも載せられる場合も珍しくありません。

 

仕事を途中で辞めてしまったり、納期に間に合わなかったりした場合に起こり得る可能性は下記の通りです。

  • クライアントから低評価をつけられる
  • コメントに納期に間に合わなかった経緯を書かれる

特に納期に間に合わなかっただけでなく、最低限のマナーを守って連絡を取らなかった場合はクライアントから低評価をつけられる可能性も否定できません。

せめて納期が遅れる場合は、丁寧な対応をしましょう。

 

次の仕事が受注しにくくなる可能性もある

クラウドワークス上で次の仕事を受注しにくくなる可能性も、否定できません。

言うまでもありませんが、星の評価やクライアントに関して言えることは下記の通りです。

  • 星が多いほどクライアントに信用されやすい
  • 契約を結ぶ時にクライアントのコメントを参考にすることもある

 

クライアントはワーカー側の提案文を読んだり、クライアントからワーカーに営業をかけたりする時に、他のクライアントからの評価を参考にすることがあります。

他のクライアントからの評価が高いクラウドワーカーのことを、下記のように思いがちです。

  • お!この人は信用して仕事を任せそうだぞ!
  • 丁寧に仕事をしてもらいやすそうだぞ!
  • ぜひ仕事を頼みたい

 

反対に、他のクライアントからの評価が低いと、次のように思われる可能性も否定できません。

  • また納品を延長されるかもしれない
  • 仕事キャンセルされては困る
  • あまり関わらないでおこう

上記のように、次の仕事を受注するのが難しくなることもありますので、納期を守るに越したことはないのです。

 

関連記事も参考にされてください。

 

クラウドワークスの仕事を納期内に終わらせる5つのコツとは?

上記の項目でも触れましたが、クライアントからの信用を勝ち得るためにも、納期に間に合わせるに越したことはありません。

 

クラウドワークス上の仕事の納期を間に合わせるためのコツ5つを、下記にまとめました。

  • 意識を持って仕事にあたる
  • 契約前にクライアントに納期の相談を具体的にする
  • 自分のレベルにあった仕事をする
  • 納期のない仕事からチャレンジする
  • 納期に余裕を持つ&スケジュールのチェックを怠らない

当項目では、クラウドワークス上で納期を延長する問題が極力少なくなるための5つのコツについて紹介します。

 

意識を持って仕事にあたる

クラウドワークス上の仕事も、意識と責任感を持って行うことが大切です。

クラウドワークス上で仕事をする時に起こりがちな問題を、下記にまとめました。

  • つい怠けてしまう
  • 仕事だと言う意識を忘れてしまう
  • クオリティの低い仕事を納品してしまう

 

クラウドワークスは、クライアントとワーカーが直接顔を合わせなくても仕事ができるため、ワーカー側も仕事だと言う意識を忘れてしまいがちです。

直接契約を交わしていたら絶対にしないであろうミスや、丁寧でない対応をしてしまうこともあります。

 

もちろん、上記のようなことはあってはならないことです。

しかし、仕事だと意識して行わなければクオリティの低い仕事をしてしまう可能性も否定できません。

 

契約前にクライアントに納期の相談を具体的にする

契約前にクライアントと仕事のやり取りをする場合に、納期の具体的な相談をワーカー側から持ちかけることも大切です。

  • 〇〇までに納品できる
  • 〇〇を目安に納品したい

 

上記のように、自分だったら仕事をどのくらいで納品できるか具体的に提案できます。

クライアントがワーカーに仕事を頼みたいと思っている場合、ワーカーからも提案をしてみるとクライアントも了解してくれる場合も少なくありません。

 

クライアントによっては、契約後に下記の対応をしてくる可能性も否定できません。

  • 仕事の条件を変更してくる
  • 前の仕事の納品が終わっていない段階で、新しい仕事の案件追加がある

 

契約後に納期の変更や、仕事の追加があった場合、もともと契約していた期間内に納品が不可能になる可能性が高いでしょう。

前の仕事納品が終わっていない段階で、新しい仕事の追加案件を受注する場合も納期について再考慮する必要が生じます。

契約内容の変更についてもクライアントと条件を再度率直に話し合うことで、後に起こるトラブルを減らせます。

 

自分のレベルにあった仕事をする

自分のレベルにあった仕事を選ぶことも大切です。

納品が間に合わないトラブルは、クラウドワークスを使い始めた初心者に多く見られます。

 

納期が間に合わないハプニングの中でも特にありがちなのは、自分のレベルにあっていない仕事を発注してしまったことです。

  • 頑張っているけど終わる見込みがない
  • 自分にはレベルが高すぎた!

 

上記のように膨大な量を引き受けすぎてしまったケースや、ハイレベルな仕事を引き受けてしまったケースがあります。

自分のレベルに達しない仕事を引き受けた結果、途中終了リクエストをするのは完全にワーカー側のミスです。

 

レベルにあった案件を受注するようにできる具体的な方法を、下記にまとめました。

  • 納期のない仕事からチャレンジする
  • 単価が低くても簡単な仕事からチャレンジする
  • すぐに終わりそうな仕事を受注してみる

案件の中には、納期のない仕事もたくさん存在していますので、納期のない仕事からチャレンジするのはおすすめです。

 

単価が低い仕事だと「効率が悪い」「稼げない」と、避けたくなりますよね。

しかし、自分のレベルが分かっていないうちに、いきなり高レベルの案件を受注するのを避けるため、安くても簡単な仕事を受注しましょう。

 

例えば、ライターの仕事にチャレンジをする時に注意したいのは下記のことです。

文字数の少ない案件を獲得してみる

いきなり10000文字の仕事を受注するのではなく、500文字、1000文字、3000文字と徐々にレベルを上げていきましょう。

 

納期に余裕を持つ

納期に余裕をもって仕事を受注することは、大切なことです。

納期に余裕を持つことのメリットを、下記にまとめました。

  • 思った以上に大変な作業の場合もあり得る
  • 長めの納期を伝えて早く納品した方が印象がいい
  • 思いがけないハプニングにも対応できる

 

「受注した時にはできると思っていたはずの仕事内容が、いざ始めてみると思った以上に時間がかかった」経験をしたことはありませんか?

  • 独自のパソコンシステムに慣れるのに時間がかかった
  • マニュアルを読むのが結構大変だった
  • 思った以上に仕事量が多かった

などが原因で、予定よりも作業に時間がかかることがあります。

 

  • 子供が熱を出す
  • 急な予定が入ってくる
  • 別のクライアントから急ぎで修正依頼が来た

上記のようにハプニングが理由で、予定がパンパンになってしまうこともあるでしょう。

いろいろな可能性を考えて、できそうと思った納期より少し長めの納期を伝えておくことで納期に間に合わない問題を防げます。

 

早く仕事を終わらせると早めに納品するのも可能です。

納期に間に合わないのに比べると早く納品する方が、クライアントが評価してくれる可能性も否定できません。

 

スケジュールのチェックを怠らない

スケジュールのチェックを怠らないことは、大切なポイントです。

人間なので、スケジュールや計画ミスは誰にでも起こりますよね。

 

特にクラウドワークス上で請け負っている仕事が多く、数人のクライアントと連絡を取り合っている場合には勘違いが起こりがちです。

  • 納期を1日勘違いしていた!
  • クライアントからの連絡事項をチェックしていなかった

上記のように焦った経験をしたこともあるのではないでしょうか?

 

スケジュールを頻繁にチェックしたり、更新したりする癖をつけましょう。

効果的なスケジュール管理方法の一例を、下記にまとめました。

  • 手帳を持つ
  • スマホに書き込む
  • カレンダーに書き込む
  • ステッカーメモを使う
  • クラウドワークスやチャットを頻繁に確認する
  • クラウドワークスやチャットのアプリをスマホに入れておく

 

手帳やスマホ、カレンダーやメモなど、自分にとって一番やりやすくミスの内容を見つけましょう。

契約中は、クラウドワークスやチャットを頻繁に確認する癖をつけることも大切です。

見忘れを防ぐ方法の1つとして、クラウドワークスのアプリや、クライアントとの連絡に使用しているチャットアプリをスマホにインストールすることもできます。

 

クラウドワークスのアプリについては、下記を参考にされてください。

 

納期に関してクライアントと実際に起こった問題とは?

納期に関して過去にクライアントと実際に起こった問題の一例は、下記の通りです。

  • 納期が間に合わなかった
  • 納期を勝手に変えられた
  • 納期が間に合わないことで違約金を求められた

当項目では過去にクラウドワークスで起こった、納期に関する問題の例を紹介します。

 

納期が間に合わなかった

よくありがちな問題は、納期が間に合わなかったというものです。

クラウドワークスの質問コーナーには、納期が間に合わないのでどうしたらいいのかわからないというコメントを見かけます。

 

実際の質問の一例は、下記の通りです。

期限を守れなかった場合の報酬についてお伺いします。
まとめ記事の編集の仕事をプロジェクト形式で請け負いました。記事が完成するごとに、自分で投稿ボタンを押して、公開するという流れでした。結果、期限までに10記事完成させるところを、7記事を公開したところで期限が来てしまいました。その後、クライアントの方から、契約途中終了リクエストが来ました。期限を守らなかったので、報酬は一切出さないとのことでした。

引用:クラウドワークス

クラウドワークスに登録してまだ間もない(4日くらい)のですが、画面を見て文字入力をするという仕事を請けてしまい
80000文字を期限一週間ということでした。
実際にやってみたところ、商品名の入力が大変で12時間ほど連続で作業しても3000文字くらいしか出来ませんでした。
納期は延ばせないかとお願いしたところ基本受けてないですが、相談下さいとのことでした。
80000文字の大変さが、こういったお仕事は初めてなのでわかりませんでした。すみません。
報酬はいらないので、契約を破棄することはできますか?
寝ないで作業を続けても終わらせる自信がありません。
どうかアドバイスをお願い致します。

引用:クラウドワークス

  • 納期が守れないからどうしたらいいのだろう?
  • 納期が守れなかったら報酬がもらえないのか?

上記のように、納期が守れないときの対処法や納期を守っていないことが影響して報酬が得られないハプニングが多いことが、うかがえます。

 

先ほども紹介しましたが、納期が守れない場合にできることは下記のとおりです。

  • クライアントに連絡する
  • 契約変更リクエストをする
  • 契約終了リクエストをする(報酬はもらえない)

 

多くの場合、クライアントと連絡を取って、丁寧に対応したり契約変更リクエストをしたりすることで問題の解決ができています。

ワーカー側がクライアントに連絡をしないことや、クラウドワークスのルールを知らないことに問題の原因があるケースが多いようです。

 

納期を勝手に変えられた

納期を勝手に変えられていたというハプニングも、見かけました。

仕事はChatworkにて連絡を行い、グループに招待されました。
そこでは、複数のワーカーの方々が主に納品報告などを行っています。
9日、10日にそのグループ上に発注者の方から、
「納品は明日(10日)までとさせていただきます」
というメッセージが投げられていました。

別の仕事にかかりっきりだったことと大量の納品完了報告に埋もれていたことで、
私がそのメッセージを確認したのは11日になってからでした。

すぐにチャットワーク上で発注者様にメッセージを送ってみたのですが、
特に返事もなく今日にいたっております。

引用:クラウドワークス

知らない間に納期が変更になっていたら大変ですよね。

 

  • 努力は全部無駄になるの?
  • 報酬はもらえないの?
  • そもそも契約内容と違う!

上記のように感じるのも無理もありません。

質問に対する回答は、当初の契約通りに納品し「納品ボタン」を押すことでした。

 

ちなみにクラウドワークスは原則としてクラウドワークス内のチャットを使用することを進めていますが「サービス外連絡申請」というシステムが存在します。

必要な場合に限って、契約後にチャットツールやSNSを使用し連絡ができるというものです。

 

特にチームで作業をすることが多い場合に、使用されることも珍しくありません。

しかしクラウドワークス外で連絡を取る場合は、チャット内でクライアントと誤解が生じたり納期に関する理解のずれが生じたりする可能性も考慮に入れた方がいいようです。

 

納期過ぎのメールが届く

クラウドワークスから時どき「納期過ぎ」に関するメールが届くことがあります。

クラウドワークス側がワーカー側に「仕事の納期が遅れているのではないか?」と、注意を呼びかけるものです。

クライアントとやりとりし納品についての理解を得ている時にもメールが届く場合もあるので、どうしたらいいのか悩む人もいます。

 

クラウドワークスから自動配信と思われますが、納期が過ぎているとのメールがくることがきになっております。

クライアント様とは延長が確認済みなのですが、納期が過ぎても納品していないワーカーというなにかポイントや評価で公開ページに登録されないか、気になっております。

引用:クラウドワークス

確かに、クラウドワークスからメールが来ると「何か違反してしまったのだろうか?」「納品に間に合わないことで評価が下がるのだろうか?」と不安になるのもうなずけます。

 

上記の筆問に対する回答は、下記の通りでした。

クライアントの評価と、クラウドワークスからの納期過ぎメールは無関係なので、
気にしなければ良いと思います。
評価は「クライアントの心象」が全てです。評価基準もありません。

引用;クラウドワークス

 

クラウドワークスはあくまで、クライアントとワーカーを繋ぐ1つのサイトです。

ルールを守った上でというのは鉄則ですが、大切なのはクライアントとワーカーが信頼関係を築き、仕事をスムーズに行うことであると理解できます。

 

納期を心配しないで済む初心者におすすめの職種

  • クラウドワークスを始めたばかりだしスキルもない
  • 経験者じゃないから納品を守れるか心配

上記のように納期を守る自信が無い場合は、納期なし案件を探し自分の出来るペースで案件を受注することが大切です。

 

納期なし案件が多いジャンルを、下記にまとめました。

  • ライティング
  • 動画作成

 

ライティングや動画編集は、納期無しの募集がたくさん見かけます。

どちらも案件数が比較的多く、初心者でも挑戦できそうな簡単なものも珍しくありません。

初心者や兼業している人は、初めに納期なし案件の中でも自分にできそうなものから始めるのもよいでしょう。

 

納期に間に合わない場合に違約金は払わなくていい

  • 納期に間に合わなかったことでクライアントから罰金を請求されたらどうしよう
  • 罰金は請求する必要がある?

と悩むことはありませんか?

上記の、実際にあったトラブルからもわかるとおりクライアントが違約金を請求する可能性は、ゼロではありません。

 

クラウドワークスの使用に関して、覚えておくと良い内容を下記にまとめました。

  • 案件の納期に間に合わない事での罰金がかかる規定はない
  • 罰金が必要になるのはクラウドワークスでの規定違反をした時
  • 違約金は払う必要がないが報酬が得られない可能性はある

クラウドワークスの規定によると、納品が間に合わなかった時にクライアントに違約金や罰金を払う規則はありません。

罰金を払う必要が生じるのは、クラウドワークスの利用者側がルール違反をしたときのみです(詳しいことはこちらへジャンプ!)。

 

しかし、納期に間に合わなかったことが原因で、報酬が支払われなかった実例はあります。

具体的な実例案とは、下記の通りです。

  • 10個の納品を約束した案件を期日までに全部を納品出来なかった場合、報酬が支払われなかったというケース
  • 途中終了リクエストをした場合、報酬は支払われない

途中終了リクエストをした場合は、報酬が支払われないのはクラウドワークスのルールです。

納期を守れず、クライアントに前もって相談していなかった場合でも報酬を受け取れない可能性は否定できません。

 

納品が途中となってしまう場合や期日内で出来ない場合には、クライアントに相談を行うのは鉄則です。

クラウドワークス内で案件の契約は事前に打ち合わせを行って受ける事が重要ですが、約束した仕事内容を完了させる事が出来ない場合にも速やかにクライアントへ伝ましょう

 

納品が間に合わなかったら罰金100万円って本当?

納期に間に合わない事で契約違反に問われて罰金を支払った事例はあるのかというと、クラウドワークスではそのようなケースは無いと言われています。

クラウドワークスによると、罰金を払う必要のあるケースは、下記の通りです。

クラウドワークスでは規約違反を犯すと100万円を支払わないといけない

 

規約違反は第21条の5項にある条文にはこう書かれています。

利用者は、利用者が第5条第16項又は第12条第6項に違反した場合、違約金として、当該取引の報酬額に対するシステム 利用料相当額か金100万円のいずれか大きい方の金額(当該取引の報酬額に対するシステム利用料相当額の算定が不可能な場合は、金100万円)を弊社に支払うものとします。

出典:クラウドワークス利用規約

 

クラウドワークスの規約を考えると、納期に間に合わないことが原因による違約金について言える結論は次のとおりです。

納期に間に合わない事で100万円を支払うといったケースはあり得ない

 

万が一クライアントから罰金を払うように要求された場合は、クラウドワークス運営側に相談することをお勧めします。

トラブルを避けるためにもやはり仕事を始める前に規約について、しっかりと読んでおく事が大事です。

 

クラウドワークスで発注者がバックレてしまった時の対処法とは?

「無事仕事を完了させ納品を済ませた後にいっこうにクライアントから連絡がつかない」

「検品のステータスが変わらずいつまで経っても案件が完了しない」

上記のように、納品完了ができずに悩むこともありますよね。

 

納品完了ができない場合にできる、具体的な対策と手順は下記の通りです。

  1. クライアントへ連絡をする
  2. クラウドワークスの運営事務局に問い合わせをする

当項目では、クライアントと連絡がつかないときの対策と手順を具体的に紹介します。

 

1:クライアントへ連絡をする

クライアントへの連絡が途絶えていないかについて、クライアントへ直接確認することが大切です。

 

具体的には、下記のことを行えます。

  • クラウドワークスのチャットに連絡を入れる
  • クライアントが指定しているチャットツールに連絡を入れる

クライアントによっては、クラウドワークスにサインインしていないことが原因で連絡に気づかないことも否定できません。

 

クラウドワークスのチャットと、クライアントが独自に指定するチャットツールの両方に連絡を入れて確認しましょう。

クライアントがたくさんの案件を抱えていて案件管理が追い付かないケースもあるため、確認したら案外すぐに返事が来ることもあるのです。

 

2:クラウドワークス運営事務所へ問い合わせをする

連絡がつかない場合にできる対策は、クラウドワークス運営事務所へ問い合わせをすることです。

納品した後で連絡を入れたのに、1週間以上連絡がつかない場合、クラウドワークスに問い合わせるといいでしょう。

 

クラウドワークスでは、ワーカーが泣き寝入りしないために次の対策をしています。

  • クラウドワークスからクライアントへ連絡するように催促がいく
  • クライアントからの返事がない場合は検収合格になる

 

クラウドワークスでは上記のシステムがあるので「ワーカーが納品をしたのに報酬が得られない」と、泣き寝入りする心配はありません。

報酬から手数料を引かれますが、保険料と見て働けますね。

 

【クライアント向け】クラウドワークスで受注者がバックレてしまった時の対処

クライアント側としても、ワーカーのバックレが発生して困ることもありますよね。

仕事を受注していたのに仕事を放棄され、仕事が滞るのは大きな損害でしかありません。

 

当項目ではバックれたワーカーに対してクライアント側ができる対策について、下記のことを紹介します。

  • バックれたワーカーに対する具体的な対処法とは?
  • 対処をしたことが原因でクライアント側の評価が下がる可能性はあるのか?

 

バックれたワーカーに対してできる具体的な対処法とは?

クライアント側がバックれたワーカーに対してできる対処法は、下記の通りです。

ワーカーに対して途中終了リクエストを送る

 

途中終了リクエストを送ることで、契約不履行であった案件を無かった事にしてくれます。

本来、納品まで案件を完了させる予定であった時間は戻りませんが、契約に対する報酬自体は全額クライアントに返金されます。

 

途中終了リクエストは通常、ワーカー側の同意が得られると終了します。

しかし、バックれたワーカーが同意ボタンを押してくれない可能性も否定できませんよね。

 

クラウドワークスでは、ワーカーがクライアントに対して誠実に対応しなかったとこに対する対策があり下記の通りです。

  • 1週間以内に同意ボタンを押されなくても自動劇に契約が解除される
  • ワーカー側が返信を行わなければワーカー側の評価がオール1になる

上記のようにクラウドワークスでは、クライアントとワーカーの両方が気持ちよく仕事ができるようにルールを設けています。

 

契約終了はこちらの評価も下がるの!?

クライアント側が契約終了の処置をとったことが原因で、クライアントの評価が下がることはほぼありません。

ワーカーがバックレてしまった場合、相手へ途中終了リクエストを送り自動的に評価決定となります。

それはワーカー側にはオール1の悪い評価が自動的につけられてしまいますが、クライアントへの評価は下がる確率は低いでしょう。

 

途中終了リクエストといった契約解除の問題は、クライアント側にとってもワーカー側にとっても無いのが理想です。

  • 途中終了リクエストは、あくまでやむを得ないときの手段である
  • ワーカーとクライアントが良い関係を築く努力をする

 

上記のように、途中終了リクエストはあくまでやむ絵を得ないときの手段であることには、変わりありません。

こういった事が起こらないように事前にワーカーとの仕事の進捗の確認やフォローなどが出来る関係性で契約をすることを心がけましょう。

 

まとめ

納期に間に合わないという状況が発生した場合にできる対応は、下記の通りです。
1.速やかにクライアントとコンタクトを取る
2.条件変更リクエストをする
3.契約終了リクエストをする

 

納期が遅れたことが原因で、今後に起こり得る支障は下記の通りです。

  • 評価が下がる可能性がある
  • 次の仕事を受注しにくくなる可能性もある

 

納期が遅れる問題を極力減らすためにできる5つのことを、再度まとめました。

  • 意識を持って仕事にあたる
  • 契約前にクライアントに納期の相談を具体的にする
  • 自分のレベルにあった仕事をする
  • 納期のない仕事からチャレンジする
  • 納期に余裕を持つ&スケジュールのチェックを怠らない

 

クライアントに迷惑をかけたり、評価が落ちたりする可能性を考えると、納品は間に合わせることを前提で仕事をすることが先決です。

しかし、どうしても納期が間に合わない場合は、社会人として丁寧かつ迅速な対応を心がけましょう。

クライアントに誠意を示すことが、大切です。

 

納期に関する別の関連記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました