【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【必見!】クラウドワークスの本人確認書類の提出方法を徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスで、本人確認書類を提出する方法がわからない」
「クラウドワークスの本人確認に使える書類って、どんなのがある?」

上記のような悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

 

そこで当記事では、クラウドワークスの本人確認書類の提出方法から、提出できる書類を徹底解説していきます。

ぜひクラウドワークスで活動する場合の参考にしてみてください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの本人確認書類の提出方法

まずはクラウドワークスにおける本人確認書類の提出方法をご紹介していきます。

最も一般的な「運転免許証」を例にとって解説していきましょう。

 

本人確認書類の提出は下記のステップを踏むことで、完了します。

  1. プロフィールの編集
  2. 本人確認書類提出をクリック
  3. 書類を準備して、「本人確認をはじめる」をクリック
  4. 本人情報を入力
  5. 書類をアップロードして「本人確認申請をする」をクリック

 

順を追って説明していきます。

 

プロフィールの編集

まずはクラウドワークスのページ右上からプロフィールの編集を選択しましょう。

本人確認がまだの場合は、プロフィール編集の下に、「本人確認書類提出」のタブが出ていることもあります。

 

本人確認書類提出をクリック

本人確認書類提出をクリックすると、下図のような画面に移動します。

 

本人確認に使用する書類の提出するページを確認して、問題がないか調べましょう。

今回は運転免許証を例にとって説明していきます。

 

運転免許証の場合は、「顔写真」「住所記入欄」を確認してください。

住所が誤っていると本人確認ができませんので、注意しましょう。

 

書類を準備して、「本人確認をはじめる」をクリック

書類が準備できたら、「本人確認をはじめる」のボタンを押してください。

次のページに移動して、書類提出と合わせて行う「本人情報入力」に進みます。

 

本人情報を入力

本人確認書類で使用する本人情報を入力しましょう。

下図の画面に記載されている必要事項をそれぞれ記入していきます。

 

この時、入力する内容と本人確認書類の内容に間違いがないように、注意してください。

情報が異なる場合は確認が上手くいきません。

 

運転免許証を利用する場合は、住所の欄に記載されている住所を正確に入力するよう、気をつけてください。

 

 

書類をアップロードし、「本人確認申請をする」をクリック

本人確認書類の提出の画面になりますので、提出する書類を選択しましょう。

運転免許証を利用する場合はおもて面とうら面の2枚の画像が必要となります。

 

画像はスマートフォンで撮影したもので構いません。

ただし、画像は一部を隠したり、判別できなかったりする場合や、ぼやけている場合、原本以外(コピーなど)を撮影したものは利用できないので、注意してください。

 

また、画像は10MB以下のサイズでなければ提出できないので、ファイルサイズが大きすぎる場合は適宜、圧縮するようにしましょう。

 

以上で問題がなければ、「本人確認書類を提出する」をクリック。

クラウドワークスが書類と情報の確認を行いますので、しばしお待ちください。

(5営業日程度の時間がかかる場合があります。気長に待ちましょう)

 

以上で本人確認書類ん提出は完了です。

おさらいすると下記のステップを踏む必要があります。

  1. プロフィールの編集
  2. 本人確認書類提出をクリック
  3. 書類を準備して、「本人確認をはじめる」をクリック
  4. 本人情報を入力
  5. 書類をアップロードして「本人確認申請をする」をクリック

 

また、一度本人確認書類を提出すると、変更ができなくなりますので、注意してください。

情報が誤っている場合は「否認」の作業を行い、その後再度、提出が可能になります。

否認作業を待って、改めて本人確認書類を提出するようにしましょう。

 

クラウドワークスで使える本人確認書類

本人確認書類の提出方法について説明してきました。

次は本人確認に使える書類について、深堀していきましょう。

 

本人確認に使える書類は下記です。

  1. パスポート
  2. 運転免許証
  3. 健康保険証+住民票
  4. 住民基本台帳カード
  5. 特別永住者証明書

 

1つずつ紹介していきますね!

 

パスポート

まずはパスポートです。

パスポートで必要な画像は、下記です。

①顔写真入りのページ
②住所が記載されているページ

 

提示するパスポートは日本国内のものに限ります。

また、有効期限内でなければ使用することはできません。

さらに住所が複数ある場合は、現在の住所以外を取り消して無効な状態にする必要があります。

 

ようは顔写真と住所がしっかりとわかる状態にすればOKということです。

 

運転免許証

最も一般的な書類は運転免許証でしょう。

運転免許証も必要な画像は2枚。

①おもて面
②うら面

 

運転免許証は有効期限内のものを使用してください。

また、本人情報の入力時、運転免許証に記載されている通りの住所を入力するように気をつけましょう。

 

稀に、住所が正規のものと通称の2種類がある場合があります。

上記の場合は、免許証に記載されている情報を優先して記入してください。

 

健康保険証+住民票

健康保険証を利用する場合は、住民票が必要となります。

必要な画像は下記です。

①健康保険証のおもて面
②健康保険証のうら面
③住民票

 

住民票は交付から6ヶ月以内のものに限られ、またマイナンバーが記載されていないもののみ使用可能です。

住所が複数ある場合は、現住所以外を取り消して無効な状態にしましょう。

 

健康保険証を利用する場合は必要な画像が多く、手続きがやや面倒です。

特別な理由(運転免許やパスポートがないなど)がない場合は、運転免許証を利用することをおすすめします。

 

住民基本台帳カード

住民基本台帳カードの場合は下記の画像が必要です。

①住民基本台帳カードのおもて面
②住民基本台帳カードのうら面

 

顔写真が記載されているもののみ使用が可能となっています。

住民基本台帳カードを本人確認書類として使えるかは、企業ごとに異なりますが、クラウドワークスは利用が可能です。

安心して利用しましょう。

 

特別永住者証明書

最後は特別永住者証明書です。

必要な画像は下記。

①特別永住者証明書のおもて面
②特別永住者証明書のうら面

 

有効期限内のもののみ使用が可能です。

外国の方がクラウドワークスを利用する場合は、特別永住者証明書を利用するのもありでしょう。

 

【注意!】マイナンバーカードは使えない!

マイナンバーカードは使用できないという点にご注意ください。

マイナンバーカードは情報の機密性が高く、情報漏洩による危険性が高いため、クラウドワークスの本人確認では使用不可となっています。

 

本人確認には紹介した下記のものから選ぶようにしてください。

  1. パスポート
  2. 運転免許証
  3. 健康保険証+住民票
  4. 住民基本台帳カード
  5. 特別永住者証明書

 

 

本人確認とは具体的にどういうものか?

さて、本人確認について提出方法、使える書類について説明してきました。

ここからは、より具体的に「本人確認ってどういうもの?」という疑問にお答えしていきます。

 

そもそも本人確認とは、ユーザーが自分の身分をクラウドワークスに公開(運営事務局に公開されるだけで、一般には知られない)するというものです。

本人確認をすることで、入力した本人情報が正しいものであることを証明できます。

 

本人確認書類を提出するメリット:信頼を獲得できる

本人確認書類を提出することで、あなたのプロフィール欄に「本人確認済み」というマーク(下記)が表示されます。

クラウドワークスは基本的に匿名で活動することが可能な、クラウドソーシングサイトです。

しかし、匿名であるがために、相手を信頼してもいいのかと不安になることも多いでしょう。

 

そういった時、本人確認済みのユーザーは、少なくともクラウドワークスに身分証を提示できることがわかるので、詐欺行為などを行う悪質なユーザーの可能性が低いと言えるのです。

もちろん、本人確認が済んでいれば安全というわけではありませんが、1つの指標になることは間違いありません。

 

逆にあなたが信頼されるためにも、本人確認書類が必要ということになります。

本人確認がしっかり取れているなら、クライアントもあなたのことを信頼してくれるというメリットがあるのです。

 

未確認だと信頼されない場合がある

裏を返せば未確認ですと、信頼されにくいといった事態に陥ることも考えられます。

身分証を提示できない理由が何かあるのでは?と疑われると、提案が通らない、仕事の募集に人が集まらないといった問題が生じるのです。

 

上記の事態になると、うまく仕事を進められませんので、本人確認はやはり必要ということですね。

 

補足①:クラウドワークスで本人確認未登録のクライアントは危険

クラウドワークスで本人確認が未登録のクライアントは危険なので注意しましょう。

クラウドワークスには、悪質な詐欺案件の仕事を発注しているクライアントが、多数存在します。

 

例えば、発送作業や代理購入といった案件はほとんどが詐欺に関連する案件です。

【詐欺】クラウドワークスの代理購入は危険である!悪質案件に注意!
「クラウドワークスで代理購入の案件を受けてしまったけど、大丈夫?」 「代理購入ってそもそもどういったもの?」 上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。 そこで当記事では、クラウドワークスの代理購入案件が大丈夫なもの...

 

上記のような怪しげな仕事を発注するクライアントには共通点があり、「本人確認が未登録」「実績が少ない」「レビューが悪い」の3つの要素を満たす場合は、悪質クライアントと考えて問題ありません。

 

もちろん中には諸事情で本人確認ができない、という健全なクライアントもいるかもしれませんが、基本的には、本人確認ができていないクライアントは信頼しないようにしましょう。

 

自分の身は自分で守るべきです。

危険なクライアントを見極める基準は下記。

①本人確認が済んでいない
②実績が少ない
③レビューが悪い

 

上記のようなクライアントには十分注意しましょう。

 

補足②:未成年がクラウドワークスで本人確認する場合について

また、未成年がクラウドワークスで活動する時はどうすればいいの?という疑問があるかと思います。

規約ではクラウドワークスを18歳から利用することが可能です。

 

ただし、18歳〜19歳がクラウドワークスで本人確認をする場合は、親権者等の法定代理人同意書の提出が必要になります。

法定代理人同意書の作成は下記の2つの種類が存在するので、お好きな方を選択してください。

 

本人確認申請画面よりひな形をダウンロードする

まずは本人確認の申請画面から、「法定代理人同意書をダウンロードする」を選択し、無料でダウンロードできます。

書類を印刷し、必要事項を入力し捺印を済ませたら画像を撮影し、アップロードしてください。

 

法定代理人同意書の記入は直筆で行いましょう。

また画像にする時はスキャナーを使用したり、スマートフォンで撮影したりといった方法で大丈夫です。

 

法定代理人同意書を作成する

クラウドワークスのFAQに記載されているフォーマットを利用して、書類を作成することもできます。

未成年の本人確認についてはFAQをご覧ください!

 

自身で書類を作成する場合も、直筆で記入しましょう。

電子印やサインではなく、捺印を行うようにしてください。

 

まとめ

以上、クラウドワークスでの本人確認書類についての解説でした。

本人確認書類の提出の流れは下記です。

  1. プロフィールの編集
  2. 本人確認書類提出をクリック
  3. 書類を準備して、「本人確認をはじめる」をクリック
  4. 本人情報を入力
  5. 書類をアップロードして「本人確認申請をする」をクリック

 

また、本人確認書類に使えるものは下記です。

  1. パスポート
  2. 運転免許証
  3. 健康保険証+住民票
  4. 住民基本台帳カード
  5. 特別永住者証明書

 

双方が気持ちよく取引できるよう、本人確認は必須項目です!

本人確認を適切に行い、クライアント・ワーカーから信頼を獲得しましょう。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました