【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドワークスの漫画制作の案件は稼げる?おすすめサイト伝授!

クラウドワークス

「クラウドワークスに漫画制作の案件は存在する?」

「クラウドワークスの漫画制作案件は稼げるの?」

「クラウドワークス以外に漫画家におすすめのサイトを知りたい」

 

この記事をご覧になっているということは、上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか?

 

そこで今回は、クラウドワークスでのお仕事に興味のある漫画家さん向けに、クラウドワークスの漫画案件について解説していきたいと思います。

是非参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスの漫画制作案件は稼げる?

漫画家さんの多くは、フリーランスとして働かれていたり、プロダクションなどに所属していることが多いはずです。

漫画家さんの中ではクラウドソーシングサイトを利用する、という働き方はあまり主流ではないですが、方法の一つではあります。

 

そんなクラウドソーシングでの漫画制作のお仕事は、果たして稼げるのでしょうか?

 

案件数が多い

クラウドワークスで募集されている漫画制作の案件は常に100件近くあります。

もちろん、同じ発注者が募集している同一の案件も含みますが、それでも他のクラウドソーシングサイトと比べるとかなり多いです。

 

案件数が多いとその分仕事探しもしやすく、SNSを利用した営業よりも案件獲得率が上がります

安定した収入を継続的に得られるというのは、漫画家だけでなく多くのフリーランスにとって嬉しいポイントでしょう。

 

案件報酬相場は1万円〜

求められるレベルや書く枚数、内容によっても大きく変わりますが、単価の平均は1万円〜5万円前後です。

クラウドソーシングサイトで募集されている数々の案件の中ではかなり高単価な部類ですが、漫画家さんにとっては安いと思われる方も多いと思います。

 

以下でクラウドワークス以外に漫画家さんにおすすめできるサイトを紹介していきますが、そちらの方が単価が高い場合もあります

どのサイトで仕事をしようか迷っている方は是非参考にしてみてください。

 

求められる業務内容は様々!

案件の報酬も様々ですが、募集されている内容も多岐に渡ります。

 

漫画制作、と聞くと最初から最後まで全ての工程をこなさなければいけないように聞こえますが、案件によって着色のみや線画のみなども存在します。

 

自分が得意なことや好きな作業だけを仕事にすることも可能!

 

また、発注者は配色や雰囲気、読者層など、様々な条件を指定してくれます。

もし特に指定されなかったとしても、作成後に修正を依頼されては仕事量が増えてしまうので、迷わず最初に確認しましょう。

 

Youtube漫画作成の案件はおすすめ?

最近Youtubeの動画内で使用する漫画の制作案件が多く出回っています。

シナリオやプロットなどが既に細かく指定されているため、通常の漫画制作案件より比較的簡単だという声を聞きますが、本当なのでしょうか?

 

Youtube漫画制作の中は、案件によって月3〜5作品で20万という契約や、1作品1万円という激安案件も存在します。

一概にYouTube漫画制作の案件=稼げておすすめ!と言えるわけではないので、案件応募の際は相場をよく見極めてから応募することをおすすめします。

 

クラウドワークスの漫画制作案件に必要なスキルは?

クラウドワークスで漫画制作案件を受注する際に必要なスキルは、すでに漫画家として活動されている方であれば問題ないでしょう。

 

漫画家に必要とされているスキルは以下のようなものが挙げられます。

  • 想像力(ストーリー)
  • 画力
  • 構成力(コマ割りや構図)

 

アシスタントの業務も請け負うのであれば以下も同様です。

  • 技量(ペン入れ、ホワイト、トーン貼り、ベタ塗り、消しゴムかけ、効果線など)
  • アオリ」「モブ」「アタリ」「マド」「ヌキ」「モアレ」などの専門用語理解

 

まだ漫画さえ書いたことがない、という方は上記の漫画家やアシスタントの勉強をしてから応募してみてください。

 

また、これはクラウドソーシングサイトならではかもしれませんが、指定納品ファイル様式が様々です。

PNG形式(.png)、フォトショップ形式(.psd)、高解像度JPG形式(.jpg)の3つ多いので覚えておきましょう。

 

クラウドワークスで実際に募集されている漫画制作案件例公開!

クラウドワークスで実際に募集されている案件を紹介していきます。

 

どのような案件があるかもっと詳しく見てみたい、という方は「クラウドワークス 漫画制作」と検索してみてください。

他にもたくさん出てきますよ。

 

例1:【シナリオをもとに歴史漫画を描く】

内容:歴史のシナリオをもとにネーム作成

条件:歴史が好きな方

報酬:1作品2〜3万(1枚1,000円)

 

例2:【Youtube広告動画の着色】

内容:1ページ1〜3コマを50ページ分の線画に着色

条件:納期を守れる方(2日以内)

報酬:8,000円

 

例3:【WEB漫画の作成】

内容:デザインイメージやラフ(セリフや構図)をもとに漫画制作

条件:デジタルのみ、モノクロ

報酬:100,000円〜(提出したページ数×10,000円)

 

上記はあくまでも案件例なので、同じ内容でも報酬が高いもの、低いものなどは存在します。

自分の技量やレベルに合っていると思えるものを探してみてください。

 

漫画家がクラウドワークスを利用するメリットとデメリット

漫画家がクラウドワークスを利用して働くメリットとデメリットはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

 

仕事を始める前に確認しておきましょう。

以下でクラウドワークス以外の働く方法や場所について解説していくので、そちらも参考にしてみてください。

 

メリット

まず、メリットとしては以下のようなものが挙げられます。

 

  • 案件数が多い
  • SNSのように営業が必要ない
  • 継続案件が多い(3ヶ月以上継続でインセンティブなど)
  • 安定した収入を得られる

 

クラウドワークスは、他のクラウドソーシングサイトと比較しても案件数が多いです。

上記で述べたように、案件数が多いと仕事探しのしやすさにつながるので、収入も安定しやすいと言えます。

 

また、クラウドソーシングサイト以外の選択肢の一つSNSでは、仕事獲得のために営業を頑張っていかなければなりません。

クラウドソーシングサイトは募集されている案件に応募するだけで済むので、精神的にも楽だと感じるはずです。

 

デメリット

クラウドワークスを利用するデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 他の働き方の方が報酬が高い可能性
  • 営業力や宣伝力が身につかない
  • いつまで経っても知名度が上がらない

 

漫画制作の案件があるクラウドソーシングサイトは他にも多数あります。

案件や発注者によって相場が大きく変わるので、どのサイトが高単価、というわけではないですがクラウドワークス以外にも検討はした方が良いでしょう。

 

サイトはいくつ登録しておいても損はないので、仕事探しの際に3つ以上のサイトを比較しよう!

 

また、これは将来フリーランスとして活動していきたい漫画家さんに限りますが、クラウドソーシングサイト利用だけでは営業力や宣伝力が身につきません。

最初のうちから営業や宣伝に慣れておかないと後々仕事が順調に進まなくなってしまう恐れがあるので、サイトとSNSを併用して受注するのもおすすめです。

 

クラウドワークスでの実績は、基本一般の人やクラウドワークスに登録していない人には公開されません。

SNSで営業していれば多くの人の目に止まる可能性がありますが、サイト利用だけだといつまで経っても有名になれない可能性があります。

 

漫画家に限らず多くのフリーランスでは「人の目に止まる」ことがキャリアの成長につながります。

やはり、上記でも説明したように、サイトと同時進行でSNSでも仕事を受注するということは大切でしょう。

 

クラウドワークス以外に漫画制作案件が受注できる場所3選

クラウドワークス以外に漫画家さんにおすすめできる働き方を紹介していきます。

今既にお仕事をされている方はもちろん、これから仕事を始める方も是非参考にしてみてください。

 

SNSでの活動

上記で何度か触れてきましたが、SNSでの営業はフリーランス漫画家さんにとってかなり主流な方法です。

Twitterやインスタグラムなど、様々なSNSが利用できます。

 

SNSで活動することのメリットとしてはやはり、営業力と宣伝力がつくこと、そして有名になるのが早い、という点です。

 

しかし、その分営業の大変さや、悪質な発注者の多さなどが懸念されます。

営業も慣れれば苦ではない、という方も多いですし、発注者の見極め方を知っていれば詐欺に遭うことも滅多にありません。

 

クラウドソーシングサイトとの併用で活動すると、どちらが自分に合っているか身をもって体感できるでしょう。

 

公募・コンペ・コンテストを実施しているサイト

クラウドソーシングサイトでもコンペを募集しているところは多くありますが、あまり主流ではありません。

以下のような公募・コンペ専門のサイトを利用すると、より効率良くお仕事が進められるはずです。

 

登竜門

(画像引用:登竜門 公式サイト

日本最大級のコンテストサイトです。

主催者は企業や大学、公的機関などが多く、募集されている内容も多岐に渡ります。

 

募集されているコンペはイラスト、マンガ部門で常に50件前後あるので、締め切り日を確認しつつ複数に応募していきましょう。

賞の贈呈品は様々で、その企業の売り物や、連載権獲得、賞金1万円〜100万円、など様々です。

 

登竜門 公式サイトはこちら

 

COMPEDIA

(画像引用:COMPEDIA 公式サイト

上記の登竜門より規模はやや小さめですが、依然多くのクリエイターの方々が利用しているコンペサイトです。

 

主催者は企業や自治体が多く、賞金が50万〜100万とかなり高額ですが、その分案件数が少ないので競争率も高めだと言えます。

しかし、募集している企業の中には講談社や小学館など大手出版社が並ぶので、入線後のことを考えると他コンペサイトより有利でしょう。

 

COMPEDIA 公式サイトはこちら

 

公募ストック

(画像引用:公募ストック 公式サイト

こちらも多くのクリエイターが利用している公募サイトです。

 

案件数や規模は上記のCOMPEDIAとほぼ同等ですが、企業が募集している公募は若干少なめで、自治体や学校が多いと言えます。

中には高校生や留学生限定公募なども存在し、入賞者は学費減免などが受けられるそうです。

 

公募ストック 公式サイトはこちら

 

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトは世の中にたくさん存在しますが、クラウドワークスやランサーズなどが有名です。

その中でも漫画家さんにおすすめできるサイトのみを選んで紹介していきます。

 

クラウドマンガ

(画像引用:クラウドマンガ 公式サイト

日本初の、漫画に特化したクラウドソーシングサイトです。

 

クラウドワークスほど案件数は多くありませんが、相場はかなり高めだと言えます。

案件例としては、新人教育用の漫画冊子が15万円、ソーシャルゲームに使用するイラスト50体が30万などです。

 

案件の詳細は会員登録をしないとみれないようになっているので、気になる方は是非会員登録からしてみてはいかがでしょうか?

 

クラウドマンガ 公式サイトはこちら

 

GIKUTAS Direct

(画像引用:GIKUTAS Direct 公式サイト

こちらも上記のクラウドマンガ同様、イラストと漫画に特化したクラウドソーシングサイトです。

登録しているクリエイター数は8,000名以上(2020年6月現在)とかなり多いので、いかに人気なサービスかが分かります。

 

また、ポートフォリオとして漫画・イラストと一緒に制作データ(制作時間、制作環境、参考価格)が公開できます。

依頼する側もその情報を見てから予算を決めて金額提示をしてくれるので、予算を大きく下回る依頼を受ける必要がありません。

 

GIKUTAS Direct 公式サイトはこちら

 

ココナラ

(画像引用:ココナラ 公式サイト

上記2つと違い、漫画制作以外にも様々な業種を取り扱っているクラウドソーシングサイトです。

 

スキルマーケット方式といって、対面で直接技術を提供することができます。

漫画を描いて欲しい、だけでなく教えて欲しい、といったニーズにも応えられるので仕事の幅が広がるでしょう。

 

自分の絵柄のサンプルと、請け負える業務内容、そして報酬を入力すればすぐに募集にかけることが可能です。

金額相談で提示より若干低い金額や高い金額で依頼されることもありますが、自分が求めている報酬で仕事ができるのは嬉しいポイントですね!

 

ココナラ 公式サイトはこちら

 

【発注者向け】クラウドワークスで漫画家さんに依頼することは可能?

以下では発注者(漫画家さんに業務を依頼したい人)向けに、クラウドワークスでの業務依頼について解説していきます。

 

依頼する人の見極め方や注意点について説明していくので、初めて発注する方は是非参考にしてみてください。

 

依頼者の見極め方

依頼者を探す前に、自分が依頼したい業務の内容や納期、単価について大まかでいいので決定しましょう。

ある程度募集内容が決まったら、依頼できるクリエイター一覧に進みます。

 

まず、アイコンに自分のイラストを設定している人が多いので、直感的に好きな漫画家さんを探してください

プロフィールにポートフォリオが数枚貼ってある可能性もあるので、自分の好みの絵柄かを徹底的に確認しましょう。

 

他の作者のアイコンを設定している、詐欺紛いな受注者もいるので注意!

 

次に、「対応可能・仕事内容による・忙しい」のステータスを確認します。

技術が高く、評価も良い受注者さんは頻繁に依頼を受けているため、多忙な人が多いです。

対応可能、と書かれていても実は忙しくて無理だった、という可能性もあるので、まずはメッセージで確認すると良いでしょう。

 

また、受注実績数と評価(5段階)の良し悪しも一緒に確認しましょう。

実績や評価=技術レベルではないですが、可能であれば受注実績30件以上、評価4,5〜の方を選ぶと安全です。

 

依頼する際の注意点

漫画家さんに業務を依頼する際の注意点として、以下の2点が挙げられます。

 

  • 漫画家さんの実力は様々であるということを理解する
  • 要件定義はわかりやすく

 

もちろん、ポートフォリオに載せていたものと絵柄が全く違うのは詐欺の可能性がありますが、漫画家さんも人間なので常に同じ絵柄で描けるとは限りません

 

あまりにも想像と違う場合は伝えた方が良いですが、予想との少しの差は許容範囲内と思っておきましょう。

 

調子の良い日や悪い日によって、出来栄えが少し変わってしまうのは仕方のないこと!

 

また、依頼する際に「好きなように描いてください」と丸投げにする発注者が多いようですが、それでは受注者も困ってしまいます。

依頼する上で具体的な条件を提示・指定してもらえた方が受注者としてもイメージが湧きやすく助かるので、曖昧にしないようにしましょう。

 

条件や指定が曖昧なまま業務を開始してしまうと、ディレクション(勘違い)が発生する、と言われています。

 

発注者は思っていたできと違う、漫画家さんは何も指定されなかったから書いたのに文句言われても修正できない、という状況になりかねません。

そのような事態を防ぐためにも、要件定義は事前に細かく指定しておく方が安全です。

 

プロクラウドワーカーとは?

クラウドワークスで依頼をしていると、プロクラウドワーカーという表示を見かけることがあるでしょう。

 

プロクラウドワーカーとは、一定の基準を満たしているワーカーに与えられる称号のことです。

納品完了率、総合評価、月間獲得報酬額、スカウト数、コミュニケーション評価、プロフィールの6点で審査が行われます。

 

要するに、プロクラウドワーカー=クラウドソーシングのプロと思っていて間違い無いでしょう。

 

また、プロクラウドワーカーに依頼するメリットとしては以下の4点が挙げられます。

 

【クライアント側のメリット】
・高品質な仕事が納品される
・長期的なパートナーと出会える
・外注費の最適化
・取引がシンプル

引用:クラウドワークス 公式サイト

 

これだけのメリットがありながら、指名料はなんと0円です。

クラウドワークスで初めて依頼する、という方は是非利用してみてください。

 

まとめ

クラウドワークスは漫画家さんや、漫画家さんに業務を依頼したい人におすすめです。

 

案件数が多く、仕事探しもしやすいので初心者さんにはおすすめですが、高単価を狙っていきたい上級者の方は他の方法を併用していきましょう。

SNSで営業を頑張るもよし、コンペ・公募サイトで一攫千金を狙うもよし、クラウドソーシングサイトでコツコツ稼ぐのもよしです。

 

気になる方はこの機会に是非、今回紹介したサイトに登録してみてはいかがでしょうか?

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドワークス
chico1129をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました