【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

タイムチケットの最低価格はいくら?評判から稼ぐ方法まで徹底解説!

タイムチケット

「タイムチケットの最低価格はいくら?」

「最低価格でチケットを発行する方法を知りたい」

「タイムチケットで稼ぐコツは?」

 

上記のお考えではありませんか。

当記事では、タイムチケットの最低価格はいくらなのか、最低価格での販売方法を解説していきます。

さらに、タイムチケットで稼ぐコツからタイムチケットの類似サービスをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

タイムチケットの最低価格は30分2500円

結論から言うと、タイムチケットの最低価格は30分2,500円です。

厳密には、最低価格(1時間)が5,000円ですが、シェアする時間で30分を選択できるので、30分2,500円で販売できます。

 

ちなみに、全国平均賃金が1,081円(しゅふJOBパート調査の2020年9月データ)です。

タイムチケットの最低価格は平均賃金の約4.6倍の価格なので、かなり時間単価は高く割の良いサービス。

 

また、最短30分と短い時間から高い時給単価で稼ぐことが出来るので、副業としておすすめです。

 

タイムチケットで最低価格のチケットを発行する方法

本章では、タイムチケットで最低価格のチケットを発行する方法を解説していきます。

 

まずは、タイムチケットのチケットを発行するページにジャンプしてください。

チケットを発行するページ

 

「販売方法を選択」ページで「チケット(時間)の販売手続き」を選択しましょう。

 

次にチケットを発行するページで、チケットの販売形式は「時間単価形式」を選択してください。

そして、販売する時間」で30分、「販売価格(1時間)」で5,000円を選びます。

 

提供時間が決まったチケットを販売する場合は、時間単価形式にしてください。

例えば、1時間雑談をするサービスや、30分で写真撮影するサービスなどが該当します。

 

提供時間ではなく、一定期間内に提供するサービスや成果物が決まった形式は定価形式です。

例えば、1ヶ月でWebシステムを構築するサービスや、3カ月の間で週1回コンサルするサービスなどが該当します。

なお、定価形式を選択した場合は、最低価格は5,000円です。

 

続けて、以下内容を入力して「発行」ボタンをクリックします。

  • チケットのカテゴリを選択
  • タイトル
  • 画像の入力

 

以上で、チケットの発行は完了です。

 

危ない?タイムチケットの口コミや評判を解説

タイムチケットでチケットの販売方法がわかったものの、タイムチケットを利用するのは危ないのでは?または稼げるのかな?と思う方もいるでしょう。

 

本章では、タイムチケットの口コミや評判を深堀していきます。

良い口コミと悪い口コミにまとめました。

 

まずは良い口コミについて。

 

良い口コミ

以下は、タイムチケットでは安心してチケットを販売できるという口コミです。

 

タイムチケット運営がしっかりと規約違反しているユーザーがいないかチェックしてくれています。

そのため、ユーザーの質も高く、安心して利用できるサービスです。

 

以下は、テレビでタイムチケットが取り上げられたという口コミ。

 

タイムチケットは、過去何度もメディアで放送されているので、怪しいサービスでは全くありません。

メディアで取り上げられるほどの信頼度や知名度があるサービスです。

 

以下は、チケットが売れたという口コミ。

 

タイムチケットでチケットが売れて稼いでいる人はいます。

さらに、楽しく過ごしてお金を得られているので、誰しも憧れる姿でしょう。

タイムチケットは、自分の趣味やスキルを活かした販売ができるので、収益面だけではなく充実感や満足感も味わうことができます。

 

以下は、雑談でお金がもらえるという口コミです。

 

雑談するチケットを販売して売れたとのこと。

スキルや得意分野がなくても、雑談や一緒にランチなどのチケットも販売されて売れています。

そのため、タイムチケットは誰でも気軽に始めやすいサービスです。

 

続けて、悪い口コミをご紹介していきます。

 

悪い口コミ

以下は、チケットを発行するだけでは売れないという口コミです。

 

チケットを発行しても、自然と購入者が現れるわけでもなく、タイムチケット運営が集客してくれるわけでもありません。

自分で自身のチケットをPRしていく必要があります。

チケットを売る為には、FacebookやTwitterなどで自身のチケット内容を投稿していきましょう。

 

以下は、怪しいチケットが多いという口コミ。

タイムチケット自体は安心して利用できるサービスですが、なかには怪しいサービスが販売されているのは事実です。

 

ただ、タイムチケット運営で悪質な行為をするユーザーがいないか常時チェックしてくれていますので、安心してください。

もし禁止行為を行うユーザーを発見したら、該当チケットの削除やユーザーの利用停止などの対処を行っていますので、悪質な行為の抑制にもつながっています。

 

大半のサービスは普通のサービスですが、怪しいサービスを購入しないように気をつけてください。

 

怪しい?タイムチケットの概要を解説

先ほど、タイムチケット自体は怪しいサービスではなく安心して利用できると触れました。

では、具体的にどのようなサービスなのかを解説していきます。

 

本章でご紹介する内容は以下です。

  • 時間を売り買いするサービス
  • 隙間時間を活用できるので副業に向いている
  • 最低価格が高い
  • オフライン・オンラインの取引が可能
  • 仮払いシステムがあるので安心

 

では、次節から1つずつ解説していきます。

 

時間を売り買いするサービス

まずタイムチケットとは、あなたの時間を売り買いするサービスのことです。

販売するものは、自分のスキルやノウハウを活かしたものから、スキルが無くても提供できるものまで幅広くあります。

例えば、写真撮影、ビジネスコンサル、プログラミングから雑談、一緒にランチ、イベントに同行など。

 

また、30分単位でチケットを販売することが可能です。

一般的に、クラウドソーシングサイトでの仕事を時給計算すると、アルバイトの方が割の良い仕事であるものが多い傾向にあります。

しかし、タイムチケットは時間単位の販売なので、上記のようなことは起こりにくいです。

 

1時間5,000円のチケットを販売して売れれば時給5,000円ですので、通常のアルバイトより時給は良い仕事といえます。

 

隙間時間を活用できるので副業に向いている

30分からチケットを販売することが出来るので、隙間時間の活用が可能です。

本業で忙しい人にも、合間の時間や帰宅後の時間で稼ぐことができます。

つまり、タイムチケットで副業するのはおすすめ。

 

仮に、アルバイトなどの雇用労働だと、アルバイトの労働時間が長くなってしまいがち。

そのため、本業との調整が大変ですが、タイムチケットなら短時間から販売できるので本業と副業の両立がしやすいサービスです。

 

最低価格が高い

冒頭で解説しましたが、タイムチケットの最低価格が30分2,500円。

他のスキルシェアサービスと比較すると高い価格設定となっております。

 

以下をご確認ください。

類似サービス ココナラ スキルクラウド ストアカ
最低価格 500円 300円 1,000円

 

類似サービスが1,000円以下の価格に対して、タイムチケットは2,500円なのでかなり高いと言えます。

そのため、タイムチケットでチケットが売れればまとまった収益をつくりやすいサービスです。

 

オフライン・オンラインの取引が可能

タイムチケットは対面での取引も、スカイプやライン、メールを利用した取引もできます。

提供するサービスに合わせて、オフライン・オンライン取引のいずれかを選択してください。

もし、どちらの対応でも可能であれば、オンライン対応がおすすめです。

 

オンラインであれば、移動時間を削減できますし場所にとらわれずに取引ができます。

効率よく稼ぎたいのであれば、スカイプやラインなどを活用してみてください。

 

仮払いシステムがあるので安心

タイムチケットでは、仮払いシステムを採用しているので安心して利用できます。

仮払いシステムとは、購入者が支払った代金をサービス提供が完了するまで、タイムチケット運営で一時的に保管する仕組みのことです。

 

もし、チケットを購入したのにサービスが提供されなかった場合は、タイムチケット運営で保管していたお金を返金してくれます。

また、購入者は先払いしますので、販売者がサービスを提供したのに代金が支払われなかったといったトラブルも起こりません。

お金のやり取りは全てタイムチケットが仲介してくれるので、相手と円滑に取引することが可能です。

 

タイムチケットの手数料は高い?

本章では、タイムチケットの手数料について解説していきます。

解説する内容は以下です。

  • 手数料は15%~25%(+税)
  • 類似サービスとの手数料を比較
  • 出金時には振込手数料がかかる

 

では、1つずつ解説していきます。

 

手数料は15%~25%(+税)

タイムチケットの手数料は15%~25%です。

販売価格によって手数料が変わります。

 

以下をご確認ください。

販売価格 5万円以下 5万円超〜10万円以下 10万円超〜
手数料(税抜き) 25% 20% 15%

 

販売価格を上げれば、手数料は15%まで下げられますが、大半の方は25%の手数料が引かれています。

 

類似サービスとの手数料を比較

タイムチケットの類似サービス(スキルシェア系)と手数料を比較しました。

 

以下をご確認ください。

類似サービス 手数料 備考
ココナラ  10~25% 販売価格によって変わる
スキルクラウド 25% 一律料金
ストアカ 10~30% ストアカ運営に集客依頼するかどうかで変わる

 

上記の中で、手数料体系が似ているのはココナラです。

ココナラでの手数料10%は販売価格が50万円以上が対象となるので、大半の方は現実的な販売価格ではないはず。

となると、タイムチケットの手数料は特別高いわけではありません。

 

出金時には振込手数料がかかる

売上金を引き出すときにも手数料がかかります。

振込手数料は一律300円です。

 

そのためチケットが売れたら、15~25%の手数料と振込手数料が引かれた分が口座へ振り込まれます。

振込手数料を抑えるためにも、チケットが売れるたびに出金するのではなく、まとめて出金するのがおすすめです。

 

ちなみに、出金できる条件は売上金が1,000円以上となります。

 

タイムチケットで稼ぐコツは?最低価格でチケットを販売すること

本章では、タイムチケットで稼ぐコツをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

ご紹介する内容は以下です。

  • 最低価格でチケットを販売する
  • SNSを活用して集客する
  • 高評価レビューが増えたら販売価格を上げる

 

次節から1つずつ解説していきます。

 

最低価格でチケットを販売する

まずは、最低価格でチケットを販売していきましょう。

実績のないチケットは正直売れません。

誰しもレビューや実績をチェックして、評価の高いチケットを買います。

 

そのため、始めたばかりから相場価格でチケットを販売しても売れないでしょう。

最低価格での販売は大変かもしれませんが、タイムチケットで稼ぐために、最初は安い価格でチケットを販売する方が無難です。

 

SNSを活用して集客する

口コミのご紹介のところでも触れましたが、チケットを発行しただけでは売れないでしょう。

TwitterやFacebookを活用して、自身で集客していく必要があります。

したがって、積極的にSNSで自身のチケット内容を投稿していきましょう。

 

ちなみに、タイムチケットにFacebookでシェアする機能がありますので、利用してみてください。

様々な媒体で促進活動をして、あなたのチケットを大勢の人に見てもらえると、購入者が現れるようになります。

 

高評価レビューが増えたら販売価格を上げる

最低価格で販売を続けて、高評価レビューが増えたら、販売価格を上げていきます。

ライバルと同様の評価や実績があれば、価格UPしても購入してもらえるはずです。

価格UPするタイミングは、ライバルの実績数を確認してください。

 

ライバルと同等もしくは近い件数の実績があれば、価格を上げても問題ないでしょう。

 

タイムチケットとの類似サービスを紹介

タイムチケットは自分のスキルやノウハウを30分単位で売り買いするサービスであることを解説しました。

本章では、タイムチケットの類似サービスをご紹介していきます。

 

ご紹介する類似サービスは以下の通りです。

 

では、1つずつ解説していきます。

 

ココナラ

ココナラは、日本最大級のスキルマーケットです。

自分のスキルを売り買いできます。

 

出品できる最低価格が500円と非常に安価なので、ちょっとしたサービスを出品することが出来るのが魅力的です。

スキルがない人でも気軽に始められるでしょう。

 

ただ、タイムチケットとは違ってココナラでは、対面での取引は禁じられています。

そのため、一緒にランチするサービスやイベントに同行するサービスなどは提供できません。

ココナラはオンライン取引のみなので、対面取引を伴うサービスを出品しないように気をつけましょう。

 

また、サービスを出品するだけではなくココナラ内で仕事を探したり、記事を投稿して自身のサービスを告知したりすることが可能です。

 

一方購入者は、出品サービスを探して購入したり、購入前に見積依頼やカスタマイズの相談ができます。

さらに、欲しいサービスが見つからなかったら、依頼内容を投稿して、サービス提供者から提案してもらうことも可能です。

 

ちなみに、以下はココナラに関する記事ですので、良かったら読んでみてください。

 

ストアカ

ストアカとは、学びたい人と教えたい人を引き合わせてくれるサービスです。

ストアカで簡単に学びたい講座を探すことができます。

 

学びたい講座があればすぐに予約が可能ですので気軽に利用できるサービスです。

予約後は、対面またはオンラインで講座を行いレビューする流れとなります。

 

つまり、ストアカは個人の先生と個人の生徒間でスムーズにやりとりできるように仲介するサービスです。

 

一般的に習いごとは月謝制による支払いが多い傾向ですが、ストアカは単発講座で単発料金となります。

講座を受けて受講を続けたい場合は、また同様の手順で講座を予約してください。

 

以下は、ストアカのサービス概要や使い方についての記事です。

興味があればチェックしてみてください。

 

スキルクラウド

スキルクラウドもスキルシェアサービスの1つです。

自分のスキルをオンライン・オフラインのどちらでも取引ができます。

販売形式の点では、ココナラよりタイムチケットに似ているサービスです。

 

スキルクラウドの魅力的なところは、本章でご紹介するサービスの中で最低価格が最も安い点。

スキルクラウドは最低300円から販売ができます。

その上、最初の1か月間はお試し価格0円で出品が可能です。

 

実績作りのため安くサービスを提供したい方にも購入を検討される方にも、最低価格が安いのはメリット。

 

以下は、スキルクラウドのメリット・デメリットの記事です。

良かったら参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、タイムチケットの最低価格について解説してきました。

最低価格は30分2,500円

 

時給に換算すると5,000円なので、通常のアルバイトと比較するとタイムチケットはかなり割の良い仕事です。

最低価格のチケットを発行するには、「時間単価形式」を選択して販売する時間を「30分」、販売価格(1時間)で「5,000円」を選んで発行できます。

 

また、気になるタイムチケットの評判をおさらいです。

 

良い口コミでは、テレビでも取り上げられて、安心・安全なサービスだという内容でした。

また、チケットが売れたという報告や雑談するだけで収入を得られたといった口コミも発見。

 

一方、悪い口コミでは、チケットを発行するだけでは売れないといった内容やタイムチケットで怪しいサービスが増えてきたといった内容でした。

チケットを売るためにはコツがありますし、怪しいサービスはどのクラウドソーシングサイトでも一定の数はあるもの。

怪しい内容に関しては、チケットを購入しないのが無難です。

 

まずは最低価格でチケットを販売して、売れてきたら価格をアップする流れで、タイムチケットを利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました