【暴露】クラウドワークススレ徹底調査!やっぱりやばい?!

クラウドワークス

「クラウドワークスのスレやばいわ!」
「クラウドワークスのスレを見たら、稼げないよね」
「バイトした方が早い。クラウドワークスダメだし、、、」など、

クラウドワークスのスレを読んで、こんなふうに思われているかもしれません。

 

そこで今回は、クラウドワークスのレスの実際の声を調べつつ、

・クラウドワークスのメリット
・気になるクラウドワークスの仕事内容

などを徹底調査しましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

やばいクラウドワークススレを調査!気になるブラックな評判

調べるとたくさん悪い評判のスレがありますね。

クラウドワークスってどうなの?と気になっている方が、
これを見たら信じちゃいますよね。
やっぱり稼げない!
ブラックだー!なんてね。

クラウドワークスのスレを見ると、大きく5つに集約されるのかなと思いました。
それぞれ詳しく見ていきますね。

1番気になる報酬の話!単価安すぎて稼げない

 

これってタスク案件が10円以下ってことだよね?

 

 

えっ???
1記事たったの5円?

このスレを見ただけで、
気持ちが萎えるわ!

確かに5円、10円の案件。
数字を見たら、気持ちも沈みますよね。

タスク<<カンタン作業<<質問・アンケートと検索して見ると、
例えば、
【簡単アンケート・20代、30代女性のみ】Youtubeのマスクメイク動画を見た感想
という案件が出てきました。

ちなみにこの案件の報酬は、11円です。

他には、
【かんたん作業】いままで購入した事がある商品の口コミ・レビュー投稿
こちらは5円です。

 

やっぱレスに書いてるのはホントだね。
5円とか11円とか意味わからんわー。

 

調べて見ると実際このような案件があるのは事実です。

 

しかし、見方を変えてみたらどうでしょうか?
つまり、初心者の方は最初はわからないことがたくさんあると思います。
その時にいきなり高単価の案件で悩むよりは、
単価の安い案件を重なていくことで、仕事に慣れてきませんか?

 

タスク案件は、依頼者との事前事後のやり取りがないので、
初心者にはやりやすい案件だと思います。

ちなみに私も最初はわからないことだらけでした。
その時考えたのは、すぐできるような案件を探して数をこなしました。
すると、「なるほどー、こういうことか」と雰囲気をすぐ掴むことができました。

 

こんな感じ!というのがわかってくると、
案件選びも50円とか100円以上とか
仕事の詳細を見るようになるので
できるものはやってみました。

 

例えば、探すとこのような案件もあります。
【保護者向けアンケート】塾の評判・クチコミ作成(1件150円) 

報酬は150円ですよ!!

 

ちなみに親切な依頼者は、仕事内容のところで、
どんな質問があるのか?詳細を載せてくれているところもあります。
なので、できそう!!と思ったら「go!」という感じす。

 

これはいい話を聞いた!
まずは慣れるところから始めて、
単価の高いものをやっていくという、、、やり方。

アンケートと言っても質問の内容が分からなくて
案件を引き受けるのは嫌ですし、、、。


「クラウドワークス スレ」で検索した時に、

カンタンなタスク案件が実は簡単じゃなかったというようなスレがありました。

 

どういうことかと言うと、
回答欄の文字数が400とかそれ以上とかたくさんあったんですね。
一つだけならまだしも、そう言う箇所がいくつもあったら「地雷案件」
って思っちゃいますよね。

 

まとめると、案件の実績を積んで仕事に慣れることです。
初心者の方はハードルの低いことから始めるといいですね。

 

せっかく稼いでも手数料が高ぎる!

 

報酬を得ても、さらに手数料が引かれるんですね。

安い単価の挙句に手数料か!
クソすぎるってのもわかるなー。
ちなみにどれくらい取られるの?

例えば10万円の報酬だったとしましょう。
この場合は上の図を参考にすると、報酬額が10万円以下なので、
20%のシステム利用料が引かれることになります。

 

システム利用料の合計は:22,000円(税込)となります。

内訳)

    • 報酬100,000円×20%(システム利用料率(税別))=20,000円(システム利用料(税別))
    • 20,000円(システム利用料(税別))×10%(消費税率)=2,000円(消費税)
      ちなみに税も引かれますよ。

よって受け取る額は、
報酬の100,000円-22,000円(システム利用料(税込))=78,000円

78,000円の報酬が確定となります。

 

初心者は金額が低いから、さらに引かれたら
ビビります。

確かに、システム利用料はイタイですよね。
でも、この利用料もちょっと視点を変えて
考えてみたらどうでしょう?

クラウドワークスが依頼主と私たち受注者の間に入ってくれています。

仲介に入っていることで、トラブルを防いだり、
報酬がきちんと払われるよう前払いシステムを導入するなど
個人でやることをクラウドワークスがやってくれていることを考えたら
どうでしょうか?

確かに利用料は高いけど、
今は多くの案件にチャレンジしてみます!

そうですね、千里の道も一歩からですね。

 

クラウドワークス手数料につてはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

【節約!】クラウドワークスの振込先口座は楽天銀行がお得!!
「クラウドワークスの振込先口座はどこでもいいの?」と悩まれる方は多いのではないでしょうか? ということで、今回は ・クラウドワークスのおすすめ振込先口座 ・万が一、他の振込先口座を設定してしまった場合の変更方法 ・クラウドワ...

 

スキルを身につけないと稼げない?

 

 

 

このスレを見ると、これから稼いでいくには
知識などのスキルが必要なんだろうな、、、。
スキルないし、、、無理かな。

 

スキルがあったら有利ですが、
ないからということで稼げないことはありませんよ。

え?どういうこと?

クラウドワークスは初心者向けの案件が多いと言われています。
案件を色々調べて見ると「初心者」ということをわかっていて
案件をお願いするというクライアントもいます。

 

仕事を通して、
育ててくれるんです!

ちなみに私は最初はダメダメでした。
書いては直されました。
それを何度も繰り返しました。

 

クラウドワークスのスレにもありましたが、
何度も直される!嫌だ!というようなことが書かれてありました。

 

でも添削してくれる方は、
「ここをこうした方がいい」と具体的なアドバイスをしてくれる人もいるので
知識が積み重なっていきます。

知識がどんどん積み重なっていけば、当然仕事の幅が広がります。

お恥ずかしいですが、
昔の私はゴミ記事量産してましたから。

会社に初めて勤めた時は、最初から仕事はできませんよね。
でも、教えてもらったり、自分で学びながらいつの間にか
仕事ができるようになっている。
クラウドワークスもこんな感じかなと思います。

私は色々なジャンルの記事が書けるようになった時は、
嬉しかったです。

確かに単価は決して高い部類に入りません。
30円とかで「はっ???」と感じると思います。
でも、質問できる環境、添削してくれる環境があれば知識は身につくので
ぜひ、良いなと思ったら案件があったら飛び込んでみて下さい。

報酬払を払ってくれない

 

クラウドワークスを通さずに契約した場合、費用が払われないとったケースがあるようです。

ひっどい話だ!!

クラウドワークスは、報酬が支払われないことがないように
「仮払い」というシステムがあります。

 

仮払い??って

仮払いシステムがあることで、
作業に対する報酬が保証されるので安心して仕事ができます。

仮払いとはクライアント(発注者)・メンバー(受注者)間で、
契約が成立した段階でクライアントがクラウドワークスへ支払い(仮払い)を行い、
検収が終了した段階でクラウドワークスからメンバーへ報酬が支払われるシステムです。

この仕組みにより、クライアントは自身で「検収」をするまでメンバーへの支払いは行われず、
メンバーも作業に対する報酬が支払われる保証があります。

参考:クラウドワークス「仮払いとは」(一部抜粋)

 

どうみても法的にやばいのでは?

 

案件には「コピペ作業」が稀にあるようです。

はじめまして、今月から在宅ワークで仕事を当サイトで探しておりましたところ、
コピペ作業募集広告がありました。とても高額払えるとのことですが、応募に迷っております。
法に触れづに安全に作業できる仕事なのでしょうか。
危険と隣り合わせ的な情報記事をあちこちで見ます。

このような投稿もありましたが、
「何かおかしいな?」「法に触れるかも?」と感じる案件には、
応募しないようにしましょう。

不安を感じる案件は、最後まで不安が続くので
応募しないのが一番です。

 

クラウドワークス5つのメリット

 

クラウドワークスのレスについて解説してきました。
ここではクラウドワークスのメリットについてまとめました。

クラウドワークスには5つのメリットがあります。

・案件が豊富なので初心者でも安心
・自分が好きなことをテーマに仕事ができる
・実績を積んでいくとスカウトされる
・報酬に関しては「仮払い」があるから安心
・スマホアプリがあるから便利

 

では詳しく解説していきますね。

 

メリット1:案件が豊富なので初心者でも安心!

クラウドワークスに登録して間もないけど、
初心者でもいきなり仕事できるのかな?

クラウドワークスには、どんな仕事があるのか気になりますよね。
いろんな分野の案件があるんです。
中でも「未経験者でもOK」という案件も探すとたくさんあるんです。

 

仕事のカテゴリーを見ても、
・簡単作業
・ライティング、記事作成
・事務、ビジネスサポート、調査
・デザイン
、、、など、カテゴリーだけで17もあります。

 

17カテゴリーをさらに見て見ると、細かく仕事内容が出てきます。

 

たくさんの案件があると、
自分の好きなことや興味のあることを探せますよね!

たくさんの案件があるので、探すのに時間はかかるかもしれませんが、
興味のある案件を探していると「良い条件のお宝案件」が見つかるかもしれません。

 

また、慣れるまで最初は簡単な「タスク案件」をやってみて、
流れを掴むのも良いですよ。

 

クラウドワークスの仕事内容で「おすすめ案件」について
興味のある方はこちらの記事もどうぞ

簡単解説!クラウドワークスの仕事内容とは?在宅で初心者におすすめの案件
クラウドワークスの仕事内容ってどんな種類のものがあるんだろう・・・ と気になっている方は多いのではないでしょうか? 特に、初心者の方であれば、どんな案件がおすすめなのかや稼ぎやすいのかも気になるところだと思います。 …

 

メリット2:モチベアップ!自分の好きなことをテーマに仕事ができる

 

メリット1のところでも話したように、たくさんの種類の仕事があるので
「自分がやりたいこと」「興味のあること」仕事を選ぶことができます。
つまり、自分がやりたいことを仕事にできるのです。

 

例えば「ライティング」の例をあげてみると、
レビューや口コミのお仕事があります。

 

大河ドラマ好きな人には、もってこいの仕事ですよね。

 

他には映画の感想などもあります。

映画好きの人は「映画感想」の案件を探すと、
好きなことで仕事ができますよ。

初めて仕事を探す時は、
・自分の好きなこと
・やりたいこと
・興味のあることなどから始めてみると良いです。

 

まとめると、クラウドワークスではいろんな仕事が登録されているので、
自分が得意な仕事、好きな仕事を選ぶことができます。

 

メリット3:実績を積んでいくとスカウトされる!

 

スカウトって何?

「スカウト」とは、「非公開募集」した仕事を、クライアント(発注者)様が、
「仕事をしてほしい」と思ったメンバー(受注者)様に応募依頼する事を指します。

 

例えばクライアントとしては、質の高い記事を求めているいる時は、
書けるライターを望んでいます。

 

その際にお仕事を依頼されることがあります。
単価の高い依頼もあります。
内容によっては考えてみるのも良いですね。

 

仕事に慣れてきたら、
いろんな案件をどんどんやってみると良いですよ。

 

メリット4:報酬に関しては「仮払い」があるので安心

 

報酬が支払われない!と最初の方でお話ししましたが、
仮入金システムがあるので、安心ですよ!とお話をしてきました。

 

ここでは詳しく解説したいと思います。

仮払いとはクライアント(発注者)・メンバー(受注者)間で、
契約が成立した段階でクライアントがクラウドワークスへ支払い(仮払い)を行い、
検収が終了した段階でクラウドワークスからメンバーへ報酬が支払われるシステムです。

この仕組みにより、クライアントは自身で「検収」をするまでメンバーへの支払いは行われず、
メンバーも作業に対する報酬が支払われる保証があります。

参考:クラウドワークス「仮払い」とは

 

簡単に言うと、作業に対する「保証」がありますよと言うことです。

 

例えば、【タスク形式】の仕事の場合は、お仕事の募集を開始する段階で、
契約金額(報酬金額)を仮払いすることになります。

ちなみに私も以前「タスク形式」で、
アンケートの仕事をお願いした時に、
「仮払い」で先にクラウドワークスにお金を支払いました。

そしてメンバーの作業が「承認」された段階で、報酬が確定します。

他に仕事の内容に応じて報酬のタイミングがありますので、
気になる方はこちらで確認して下さい。

 

メリット5:スマホアプリがあるから便利

パソコンを家で使っている人は、外出の時は持ち歩く人はなかなか少ないですよね。
でも、スマホは自然と持ち歩いていますよね。

 

クラウドワークスにも「アプリ」があるんです。

アプリ便利そうだけど、スマホアプリで何ができるの?

電車に乗っていても、カフェにいても「仕事の検索」ができます。
メッセージのやり取りも外にいても確認できます。
あとは、新しい仕事の新着通知も気軽にチェックできます。

 

簡単にまとめてみました。

【機能】

◆通知機能

クライアント(発注者)からのスカウト・契約・検収など、
仕事の進行に必要なメッセージのやり取りの通知

 

◆メッセージ機能

案件毎にメッセージのやり取りができる。

 

◆やること機能

仕事の状況を一目でカンタンに把握。
相談・応募・契約中などの状況に合わせてメッセージ内でスムーズに対応が可能

 

◆仕事検索機能

クラウドワークス上の全ての仕事を検索し、詳細を確認することができる。

 

◆検索条件保存機能

よく使う検索条件を保存して、
その条件にあった仕事の新着お知らせを受け取ることができます。

 

◆気になる!リスト機能

気になった仕事をタップするだけでリストに登録ができる。

 

◆仕事開始機能

仕事の詳細画面からログインせずにブラウザで仕事が始められます。

 

◆条件交渉機能

お仕事の条件交渉が楽々簡単に。パソコンがなくても交渉をすることができます。

 

◆契約機能

お仕事の契約が楽々簡単に。スマホで気になるお仕事の契約をすることができます。

 

※注意
・このアプリはメンバー(受注者)向けのメッセージアプリになります。
クライアント(発注者)としてやりとりしたメッセージは表示されません。

 

用途に合わせて使うと便利だね。

簡単な「タスク作業」ならスマホでもできそうだ!

 

クラウドワークス仕事内容

クラウドワークスのメリットについて解説してきましたが、
実際、クラウドワークスの仕事内容について気になりますよね。
こちらについても解説していきますね。

まず、クラウドワークスでは3つの仕事の募集依頼があります。
・タスク形式
・プロジェクト形式
・コンペ形式

何がなんだかわからない???
大変そう!!

まずは3つの募集形式があるということだけでも
思えておいて下さい。

募集形式1:初心者が最初に取り組みやすいタスク形式

初心者最初に取り組みやすい仕事です。


■タスク形式の特徴

– 公開状態で不特定多数のメンバーへの依頼が可能
– 仕事は発注の際にクライアント(発注者)が作成する
作業フォーム画面上で完結となる(契約などのやりとり不要)
– 仮払い反映後にお仕事が公開される
– 作業前・作業後にメンバーとのやり取りが必要ないため業務をスムーズに行える
例:アンケート※タスク形式のお仕事の流れはコチラ参考:クラウドワークス「仕事の依頼形式について」より(一部抜粋)

 

タスク形式は、
初心者がすぐできるという利点があります。
初心者の方にはおすすめです。

タスク形式は仕事を見つけたら、すぐ始める事が出来ます。
出来上がったものを提出して承認されれば、すぐ報酬に繋がります。

 

契約する上でクライアントとやり取りが必要なプロジェクト形式

 

続いてプロジェクト形式についてです。

■プロジェクト形式の特徴
– 特定のメンバー(受注者)への依頼が可能
-サービス上で契約を締結する
– メンバーと相談しながら、金額・工程・納品日を決定する
– メンバーとのやり取りを通して、成果物の修正依頼も可能
– 支払い方法は、メンバーが働いた時間に対し報酬を支払う「時間単価制」と、
成果物に対し報酬を支払う「固定報酬制」を選択可能※時間単価制と固定報酬制の違いについてはコチラ例:アプリ開発、ホームページ作成、
記事ライティング(長文・長期的な依頼向き)参考:クラウドワークス「仕事の依頼形式について」より(一部抜粋)

 

まとめると、プロジェクト形式は、
クライアントとのやり取りが必要になってきます。

 

応募して採用されたら報酬が受け取れるコンペ形式

最後にコンペ形式です。

■コンペ形式の特徴
– 公開状態で不特定多数のメンバーが提案した作品の中から気に入ったものを採用する
– 仮払い反映後にお仕事が公開される
– 色々な提案が集まりやすい
– 短期間でたくさんのアイデアを得られやすい例:ロゴ作成、バナー作成、ネーミングなどのデザイン系※コンペ形式のお仕事の流れはコチラ参考:クラウドワークス「仕事の依頼形式について」より(一部抜粋)

 

コンペ形式は募集している案件に対して、
クラウドワーカーが応募してクライアントがその中から選択します。
自分で応募したものが採用されると報酬を受け取る事が出来ます。

 

まさに会社と同じコンペですね。
良かったら採用されるという。

その通りですね!!

いきなり、タスクだのプロジェクト、コンペと理解することが多いですが、
まずは3つの仕事の募集形式あるということ。
そして、タスク形式は登録してすぐ案件に取り組みやすいことからも
初心者の方にはおすすめの案件です。

 

なるほど〜。
ちなみに具体的にどんな仕事があるのかな?

気になりますよね。
次はいくつか案件例を紹介しますね。

 

クラウドワークスにはたくさんの案件があるので、
慣れてきたらステップしながらたくさんの案件に挑戦してみて下さい。

 

クラウドワークス案件例1:アンケート

アンケートに回答したり、感想を書いたりする案件です。
誰でも始められる簡単作業の案件ですね。

 

アンケートの案件は、個人的な感想を述べるものがほとんどです。
そのため、かなり取り組みやすいです。

 

単価が高い案件は少ないですが、
仕事に慣れるという意味でもおすすめです。

 

クラウドワークス案件例2:データ入力

その名の通り求められるデータを入力する案件です。
単純な作業でコツコツ取り組めるものが多いので、初心者には取り組みやすいです。

 

住所や会社名を入力するとか、また、コピー&ペーストで取り組む仕事もあります。
コツコツ仕事ができる人には向いていますね。
単価の高いものもあるので、慣れてきたらやってみるのもいいですね。

 

クラウドワークス案件例3:ライティング

あるテーマに対して記事を書く案件です。
最初は文字数の少ないものから初めてみるといいです。

 

また、クラウドワークスは初心者の方が取り組めるような案件が多いです。
中には「初心者歓迎」と言う募集があるように、
初めは単価が安いですが、育ててくれる方がたくさんいらっしゃいます。

 

ちなみに私も添削をしてもらいました。
はじめの頃はたくさん修正がありましたが、
それがかなり勉強になりました!!

初心者だとわかっていて育ててくれるのは
ありがたいですよね。

知識やスキルがついてくれば仕事の幅も広がり、
単価の高い案件もできるようになりますね。

ライティングの記事は、例えば

・恋愛系の女性向け記事
・コラムの執筆
・国内・海外旅行に関する記事
・エンタメ・雑学・ファッションなどの記事
・レビュー記事など、

ジャンルも幅が広いですし、
最初は「初心者歓迎」みたいな応募のところからチェックしてみるのありです。

その際は、募集の詳細をしっかり読んで下さいね。
丁寧な方は、募集の詳細をみるとわかりますよ。

言葉と同じように文章にも人柄が出るのかも!

それ言えてるかも!

慣れてきたら「タスク案件」から「プロジェクト案件」に進んで、
高単価の仕事も狙ってみて下さい。

経験を重ねていくと、文字単価が高い案件も通りやすくなります。
最初のうちは、とにかく経験と報酬の積み上げですね。

 

紹介した以外にも、色々な案件があるので
カテゴリーから検索してみて下さい。

 

まとめ:やばい?!クラウドワークススレから見るブラックな評判

クラウドワークススレからブラックな評判があるということがわかりました。

・単価安すぎて稼げない
・手数料が高すぎる
・スキルを身につけないと稼げない
・報酬を払ってくれない
・法的にやばい案件

色々ありますね。
このようなスレを見たら、誰だって信じちゃいます。
それは人間の心理だと思います。

ただ、そこで考えてみてほしいのは、
せっかくクラウドワークに興味を持ったのであれば
まず案件をやって見ることをおすすめします。

やるやらないは、それからでも遅くはないですよね。

 

ちなみに私もそうでしたが、
実際に行動して見ることでわかることが多々ありました。
それは「行動」したからわかることでした。

そうなると頭の中で色々考え始めます。
慣れてきた、どうやって高単価を狙うかな?とか。

 

ぜひ、色々な案件に取り組んでみて下さいね。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました