【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングで現金は稼げる?即入金?ヤフーを避けるべき理由

クラウドソーシング

「クラウドソーシングで現金は稼げるの?」

「クラウドソーシングで現金を稼がないと、カードの支払いに間に合わない…」

 

上記のような悩みをお持ちではありませんか?

今回は、仕事を依頼したい人と仕事をしたい人をつなげる「クラウドソーシングサービス」で現金を稼げるのかについて解説していきます

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングで現金は稼げるのか?

結論から言うと、クラウドソーシングで現金は稼げます。

スキルが求められる難しい仕事もありますが、誰でも簡単にこなせる仕事がたくさんあります。

 

スキルが必要な仕事・・・web制作、動画編集、ライティングなど
簡単な仕事・・・アンケート、レビューの投稿など

 

では実際に現金化するまでにどのようなことがあるのでしょうか?

報酬の支払い方法や手数料についても解説していきます。

 

入金までに時間がかかる

クラウドソーシングで稼いだ現金は、サイト上の残高として溜まっていくので、そこから銀行に振り込まなければ手元には届きません。

なので、基本的に振り込み申請をしてから銀行に振り込まれるまで時間がかかります。

 

サービスによっては即入金のオプションがあることもあります。

 

報酬の支払い方法は2つ

クラウドソーシングで仕事を終えると、報酬が支払われます。

各サービスによって報酬の支払い方法は違いますが、基本的に現金制とポイント制の2つになります。

 

現金制とポイント制にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

それでは2つの支払い方法について解説していきます。

 

現金制

現金制とは、報酬を現金で支払ってくれる制度です。

多くのクラウドソーシングサービスで採用されています。

 

メリット・・・いくら稼いだのかが一目でわかるので、計算もしやすく稼いだ実感が得られる
デメリット・・・銀行への振り込みの際に振り込み手数料がかかる

 

ポイント制

ポイント制とは、報酬をポイントとしてもらうシステムです。

ポイントから現金へ交換することも出来ます。1ポイントが1円とは限らないので、各サービスごとに確認が必要です。

 

メリット・・・振り込み手数料がかからないことが多い、好きなタイミングで交換出来る
デメリット・・・現金制に比べて報酬が安価なことが多い、1日の換金額に上限が定められていることがある

 

クラウドソーシングの手数料について

クラウドソーシングサービスは登録だけなら無料で行うことが出来ます。

 

ただしお金を稼ぐために利用するとなると様々な手数料がかかってきます。

では具体的にどんな手数料がかかってくるのでしょうか?

 

システム手数料

システム手数料とはクラウドソーシングサービスで契約が成立するとかかる料金です。

クラウドソーシングサービスはこの手数料で運営していると言っても過言ではありません。

 

各サービスにもよりますが、平均で報酬額の15〜20%くらいの手数料が引かれます。

 

依頼者と受注者のどちらがシステム利用料を負担するかを決めておかないと、後々トラブルの原因になります。

 

振込手数料

振込手数料とはクラウドソーシングで稼いだ現金を銀行に振り込む際にかかる料金です。

各サービスにもよりますが、平均で1回の振り込みにつき500円くらいです。

 

支払い方法が現金制のサービスでは必ずと言っていいほど振込手数料がかかります。ポイント制だと振り込み手数料がかからない場合もあります。

 

現金への換金方法

ここではクラウドソーシングで稼いだ報酬を現金に換金する方法について解説していきます。

 

クラウドソーシングサービスでの換金方法は様々です。

振込日が決められている場合もあれば、決められていない場合もあります。

 

また給与と同じように、締め日から振り込みまで時間がかかることが多いです。

15日締め月末払いなど、半月ほどかかるものだと考えておきましょう。

 

各サービスごとの換金方法を知っておかないと、知らぬ間に損をしていることがあるので、注意しましょう。

 

振り込み日が決められている場合

クラウドソーシングサービス側で振り込み日が決められている場合には、振り込み申請をする必要はありません。一定額の報酬残高があると自動で銀行に振り込まれます。

 

ここで注意したいのが、振り込みの度に振込手数料がかかることです。

2000円稼いでも振り込み手数料で500円取られてしまっては損ですよね。

 

クラウドソーシングサービスの中には、設定で振り込み日を変えられる場合がありますので、自分で管理したい人はよく確認しておきましょう。

 

振り込み日が決められていない場合

クラウドソーシングサービス側で振り込み日が決められていない場合、基本的に自分で振り込み申請をします。

毎月振り込み申請の期限が設けられていることが多いです。

 

ポイント制のサービスだと常時換金できることが多いので、即金が欲しい時などはポイント制サービスを使うのも一つの手です。

 

クイック出金

クイック出金とは、短い時間で振り込んでくれるオプションです。サービスによってはオプションが無い場合もあります。

 

ただし振り込み手数料の他に、追加で手数料がかかります。

手数料は平均で5%くらいです。

 

追加で払ってでもすぐに現金が欲しい時は、利用してもいいかもしれません。

 

お得な換金方法

キャリーオーバー方式などと呼ばれる、自分で現金が欲しい時に振り込み申請をできるオプションがあります。自動で引き落とされないので、貯めるだけ貯めてから一気に振り込むことができます。

 

振り込み手数料の節約になるのでこの方法はかなりオススメです。

 

一定期間経つと自動で振り込まれることもるので、利用するサービスごとに確認しましょう。

 

現金が欲しいならヤフーは避けるべし

皆さんご存知のあのヤフーもクラウドソーシングサービスを始めています。

知っている名前だけに登録する方も多いと思いますが、ヤフーのクラウドソーシングサービスでは現金を稼ぐことはできません。

 

その他にも注意すべき点がいくつかあるので、解説していきます。

 

報酬はポイント制

ヤフーのクラウドソーシングサービスでの報酬はポイント制となっています。また、ポイント制のサービスの中でもかなり安価だと言われています。

 

そしてここが一番大事なポイントです。

報酬として得られるポイントは、PayPayボーナスライトでの付与となります。

 

広く普及してはいますが、報酬形態がPayPayでのポイント付与のみなのは、かなり使い勝手が悪いですよね。

 

しかも有効期限付き

報酬がPayPayボーナスライトのみというのは前述の通りですが、さらに注意したいのはこのPayPayボーナスライトには有効期限があるということです。

 

普段からPayPayを利用していないと、有効期限があることに気づかずに報酬を無駄にしてしまうことになりかねません。

しかも有効期限は、付与日から60日とかなり短いです。

 

利用方法が限定されている人にはいいかも

ヤフーのクラウドソーシングサービスの、何もかもが悪いわけではありません。

 

ポイントを直接付与してくれるので振り込み手数料がかからないのは大きな魅力です。

また、仕事を終えてから3日ほどで付与されるスピード感も魅力の1つです。

 

日常生活において、PayPayでの支払いがメインの方にはもってこいのサービスかもしれませんね。

 

今から始めたい方へ クラウドソーシングを始める3ステップ

ここまでのお話で、クラウドソーシングサービスでの現金化の流れは大体掴めたと思います。

さて、本格的に興味が出てきた頃ではないでしょうか?

 

「話は分かったけど始め方がわからない」

 

そんなあなたへ、ここではクラウドソーシングの始めるための3ステップを説明していきます。

 

準備

何事もまずは準備から。といっても、クラウドソーシングを始めるための準備はとてもシンプルです。

用意するのはたったの2つ

 

  • ネット環境
  • スマホまたはパソコン

 

これだけです。準備するものが少ないのもクラウドソーシングの魅力ですね。

 

登録

準備ができたら次は登録です。登録は無料で出来ます。

クラウドソーシングサービスには、現金制とポイント制の2種類があることをお話しました。

 

まずはいくつかのサービスに登録していろいろ試してみましょう。

自分のスタイルにあったサービスが見つかったら、徐々に絞っていくことをオススメします。

 

応募

登録まで終わったらあとは応募するだけです。自分のやりたい案件を検索して、興味のあるものに応募してみましょう。

また、仕事の形式には以下の3つがあります。

 

・タスク形式
・コンペ形式
・プロジェクト形式

 

仕事の形式によって報酬の支払われ方も違うので、この3つについても簡単に説明していきます。

 

タスク形式

タスク形式とは、応募したらそのまま業務に取り掛かり、納品が完了したら報酬を受け取る形式です。

アンケートなどの簡単な案件に多く採用されています。

 

必ず報酬がもらえるので、収入の目処が立てやすいです。

 

コンペ形式

次に、コンペ形式です。

募集するのは人ではなく作品です。それぞれが作品を提出して、その中から依頼者が採用するものを選びます。自信があるジャンルであれば、挑戦してみましょう。

 

コンペ形式は、採用されないと報酬がもらえないので注意しましょう。

 

プロジェクト形式

3つ目はプロジェクト形式です。

各案件に募集人数が定められていて、そこにワーカーたちが応募していき、採用されれば業務開始となり納品完了後に報酬がもらえます。

 

コンペ形式と違い、採用されなくても損はしません。

人気の案件には応募が殺到することがよくあります。まずは出来る仕事からしていきましょう。

 

初心者がクラウドソーシングで現金を稼ぐ

もうクラウドソーシングの始め方はバッチリですね。

ですが実際始めてみると、思ったように稼げない人がたくさんいます。

 

ではクラウドソーシングで稼いでいくためには何が必要なんでしょうか?

次は、その現金を稼いでいく方法を具体的に解説していきます。

 

仕事の種類

クラウドソーシングサービスで募集されている仕事は多岐に渡ります。

アンケートやレビュー投稿などの低単価な案件もあれば、
専門的なスキルを必要とする、web制作や動画編集などの高額報酬が期待出来る案件もあります。

 

スキルがなくても、地道に案件をこなして、月に10万円稼ぐ人もいます。

 

目標の設定

クラウドソーシングで稼いでいくために、目標の設定はとても重要です。

月に5万円稼げればいいのか、それとも30万円稼ぎたいのかでは動きは大きく変わりますよね。

 

まずは自分がどのくらい稼ぎたいのかを、費やせる時間と照らし合わせて設定しましょう。

 

まずは習慣化

目標が決まったら、あとは案件をこなしていくだけ。とはいえなかなか続かないものです。

なので、毎日小さなタスクをこなしていきましょう。継続できるものが望ましいですね。

 

人間は1日でもサボると、翌日もついだらけてしまいます。

これは「どうにでもなれ効果」といって、脳がサボったしまったというストレス(罪悪感)を、翌日にゲームなどで解消しようとして起こるものです。

 

こうなっては負の連鎖ですので、月〇〇万円稼ぐ!という目標達成のプロセスとして、毎日の週間になる小さなタスクが必要なのです。

 

スキルアップ

習慣化まで出来れば、自然とこなす案件も多くなりスキルアップしていきます。

こうなると目標達成までの道筋は見えたも同然。作業時間が短くなり、できることも増えていきます。

 

余裕があるなら、他のスキルを身に付けるのもアリですね。

 

高単価案件に挑戦

スキルアップしたら、応募者が多いプロジェクト方式やコンペ形式の高単価案件にも挑戦してみましょう。

きちんと自分のできることを依頼者に伝えられれば、採用率も上がります。

 

また、1度高単価の案件を受注出来るとかなり強い実績が作れるので、次々に高単価案件を受注できるようになります。晴れて、毎日のタスクから解放されるわけです。

 

より具体的なクラウドソーシングでの稼ぎ方はこちらの記事をご覧ください。

 

現金へ換金可能!おすすめクラウドソーシングサービス

クラウドソーシングのサービスを提供している会社はたくさんあります。それだけ利用者が多いということですね。

 

一概にどこのサービスがいいとは言い切れませんが、

現金を稼ぐという観点から、現金制とポイント制に分けてオススメのクラウドソーシングサービスをご紹介します。

 

現金制のオススメ5社!

まずは報酬が現金制の5社です。

以下の3つの観点から、ご紹介していきます!

 

・システム利用料
・振込手数料
・最低換金額

 

クラウドワークス

画像出典元:クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

他のサービスに比べると募集案件数はかなり多く、仕事の種類も豊富にあるので、初めての登録にはもってこいです。

 

・システム利用料・・・20%
・振り込み手数料・・・500円(楽天銀行は100円)
・最低換金額・・・1000円

システム利用料は1案件あたりの報酬額が10万円以上だと10%に、20万を以上だと5%に下がっていきます。

毎月振り込み日が決まっていますが、クイック出金のオプションがあり換金額の5%を支払うことで、最短3日で振り込まれます。

 

クラウドワークスの公式ホームページはこちら

 

ランサーズ

画像出典元:ランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

こちらも仕事の数、種類共に業界トップクラスです。登録だけでもしておく価値はあります。

 

・システム利用料・・・20%
・振込手数料・・・550円(楽天銀行は110円)
・最低換金額・・・1000円

システム利用料は、1案件あたりの報酬額が10万円以上だと10%に、20万円以上だと5%に下がります。

 

ランサーズの公式ホームページはこちら

 

シェフティ

画像出典元:シェフティ

シェフティは、サービス側が報酬の支払いを保証してくれる、安心のクラウドソーシングサービスです。

あまりないことですが、依頼者からの未払いトラブルなどに巻き込まれる心配がありません。

 

・システム利用料・・・一律10%
・振込手数料・・・550円
・最低換金額・・・550円

依頼者が「後払い方式」を選択していると、システム利用料の10%は依頼者が負担するので、「後払い方式」の案件を狙うのも賢いやり方ですね。

 

シェフティの公式ホームページはこちら

 

Craudia(クラウディア)

画像出典元:クラウディア

クラウディアは、高単価な案件から低単価の案件まで、仕事の数が豊富なサービスです。

時間給制の案件が多く、パート感覚で仕事が出来ます。収入の目処も立てやすいかなと思います。

 

・システム利用料・・・15%
・振り込み手数料・・・300円
・最低換金額・・・1000円

システム利用料は1案件あたりの報酬額が5万円以上だと10%に、10万円以上だと5%まで下がります。時間給制の案件だと一律10%になります。

 

クラウディアの公式ホームページはこちら

 

Bizseek(ビズシーク)

画像出典元:ビズシーク

ビズシークは、アンケートやちょっとしたコラムなど、軽作業の低単価案件が多いサービスです。

そのため他のサービスに比べて、システム利用料がかなりお得です。

 

・システム利用料・・・10%
・振り込み手数料・・・550円(楽天銀行は110円)
・最低換金額・・・1000円

システム利用料は1案件あたりの報酬額が10万円以上だと5%まで、20万円以上だと3%まで下がります。

 

ビズシークの公式ホームページはこちら

 

ポイント制のオススメ3社!

次に、報酬がポイントで支払われるポイント制のオススメ3社です。

以下の2つの観点から、ご紹介します。

 

・システム利用料
・ポイントを何に変えられるのか

 

クラウド

画像出典元:クラウド

クラウドちょっとしたレビュー作成などの、簡単な案件が豊富に揃ったサービスです。

高単価案件は少ないので、本格的に稼ぎたい方にはオススメできません。

 

・システム利用料・・・なし
・変えられるもの・・・現金、楽天、Amazon、Tポイント、各種ギフト券など

現金への換金の際は、こちらで指定する銀行毎にそれぞれ振込手数料がかかります。またシステム利用料は、厳密に言うとあらかじめクラウド側が案件を掲載する前に引いています。

 

クラウドの公式ホームページはこちら

 

sinobiライティング

画像出典元:sinobiライティング

sinobiライティングは、文字通りライティングの案件のみに特化したサービスです。

案件数はかなり多いですが、報酬が一律で低単価なので、とにかく経験を積むにはもってこいです。

 

専用の記事作成ツールを使うので、依頼者によって納品方法を変える手間が無いのもオススメポイントです。

 

・システム利用料・・・なし
・変えられるもの・・・現金、Amazonギフト、iTunesギフト、PeXポイントギフト

現金、ギフト券共に、換金の際にそれぞれ手数料がかかります。

 

sinobiライティングの公式ホームページはこちら

 

サザーワークス

画像出典元:サグーワークス

サグーワークスライティングに特化したサービスです。

高単価案件も豊富にあるので、「ライティングのみで食べていく!」と決めている人にはオススメです。

 

サグーワークス内のテストに合格するとランクが与えられ、高単価の案件に採用されるようになります。テスト合格という目標も立てられるので、ライターとしての成長はかなり見込めます。

 

・システム利用料・・・なし
・変えられるもの・・・現金、.money(ドットマネー)

現金への換金の際は、指定する各銀行ごとに手数料がかかります。

 

サグーワークスの公式ホームページはこちら

 

まずは自分の目標に合ったサービスを探す

ここまでいくつかのクラウドソーシングサービスをご紹介しました。

大手サービスだけがが必ずしも自分に合っているとは限りませんので、まずは自分の目標を考慮した上で探してみてください。

 

より詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「クラウドソーシングで現金は稼げるのか?」について解説しました。

 

結論としては、クラウドソーシングで現金は稼げます。

そして、現金が欲しいなら、ヤフーはやめておきましょう。

 

また、クラウドソーシングでの報酬が自分の銀行口座に振り込まれるまでには、少し時間がかかります。

すぐに現金が必要な人は、カードローンや日払いの仕事で工面することをオススメします。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
sekigutiをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました