【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングにおける雇用形態は?税金部分も含めて解説!

クラウドソーシング

「クラウドソーシングを利用して働きたいけれど、雇用形態はどうなる?」

「クラウドソーシングで働く場合には何か特別な手続きや申請は必要?」

「クラウドソーシングの雇用形態で発生する税金はどのような仕組みなの?」

クラウドワークスを活用するにあたって上記のような疑問をお持ちの方がいるかと思います。

 

本記事ではクラウドソーシングを通して仕事をする場合の雇用形態について説明していきます。

クラウドソーシングにおける雇用形態を正しく理解して、効率良く働くための情報を詰め込みます。

ぜひ最後までご覧になってください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングで働く雇用形態は個人事業主の扱い!

まず、結論から先にお伝えするとクラウドソーシングで働く場合の雇用形態は個人事業主の扱いとなります。

 

個人事業主とは、法人ではない形態で仕事を請け負う状態を指します。

株式会社などは法人としての位置づけとして仕事を進めますが、個人事業主は法人扱いはされず仕事を引き受けます。

また、事業者が自分以外に複数人いても法人化していなければ、それは個人事業主の位置づけです。

 

クラウドソーシングでは法人または個人のクライアントと業務委託契約を結び、個人事業主として仕事を進めていくことになります。

正社員とは異なり勤務時間で管理するものではなく、案件ベースで仕事を請け負います。

そのため今後クラウドソーシングを活用して仕事を受注していきたいという方には、個人事業主という雇用形態を前提に仕事を考えていく必要があります。

 

クラウドソーシングで働く場合の雇用形態は個人事業主の扱いになる!

 

クラウドソーシングと在宅勤務の違いは?

在宅勤務とは一般的に企業と社員契約を結び在宅型で働くことを指します。

クラウドソーシングは社員契約ではなく、個人事業主としての業務委託契約です。

雇用形態の点で在宅勤務とクラウドソーシングは異なります。

 

在宅勤務とクラウドソーシングはともに自宅にて仕事を進められるという点では共通していますが、契約状況が異なれば全くの別物です。

クラウドソーシングの特徴を理解し、自分の仕事のスタイルと合致しているかを考えて案件をこなすと、効果的に仕事を進めることができます。

 

クラウドソーシングと在宅勤務では、雇用形態の点で異なる!

 

クラウドソーシングで働くメリット・デメリット

クラウドソーシングの雇用形態を理解した上で、クラウドソーシングを通して働くことのメリット・デメリットを整理しておきます。

メリット・デメリットはその人が置かれている環境や仕事に求めているものによっても異なるため、自分の状況と照らし合わせて考える必要があります。

代表的な内容をそれぞれ解説します。

 

メリット

メリットは「働く場所に縛られない」「通勤の時間とコストがかからない」の2点が挙げられます。

それぞれを具体的に下記で説明していきます。

 

働く場所に縛られない

働く場所に縛られないことが、クラウドソーシングで働く上での大きなメリットの1つです。

自宅でもカフェでも自分の好きな場所で仕事を進めることが可能です。

働く場所を固定したくないという考え方の人や、子育て中のママさんなどにとっても嬉しい環境です。

 

また、副業を行いたいというサラリーマンにとっても、場所に縛られないという点は大きなメリットです。

休日に自宅でも案件をこなすことができるため、本業との両立も可能となります。

 

フリーランスの人にとってもクラウドソーシングは使い勝手の良いものです。

フリーランスの方は日常的に仕事をする場所を固定しない人が多いため、場所を問わず仕事ができるクラウドソーシングとの相性が良いです。

 

通勤の時間とコストがかからない

2つ目のメリットは、通勤する必要がないため交通費を節約できるという点です。

移動の度に発生する交通費は積み重ねることで大きな支出となりますが、クラウドソーシングの場合には移動コストを大幅にカットすることができます。

 

極端な話をすると、すべての業務を自宅で完結させれば、移動コストは0円で済みます。

カフェなどで仕事をしたいという場合にも、自宅から歩いて移動できる距離であれば、この場合でも移動コストは発生しません。

移動時間と移動コストをカットしたいという方には、クラウドソーシングはピッタリの環境です。

 

デメリット

メリットがある一方で、当然デメリットも存在します。

 

クラウドソーシングを行う上でのデメリットも把握し、事前に対策できるものはデメリットを緩和できるように動きましょう。

主なデメリットで挙げられる内容は「報酬相場が安くなる」「コミュニケーションが難しい」の2点です。

 

報酬相場は安くなる

まず、獲得できる報酬の相場が安くなるというのが代表的なデメリットの1つです。

 

クラウドソーシングで仕事を発注する企業のほとんどは、通常社員に委託するよりも安価に外注しようとしているケースが大半になるため、必然報酬は低くなる傾向です。

また、クラウドソーシングサービスへの登録は無料でできるため、その分参入障壁も低くなります。

クラウドソーシング内で仕事を獲得したいと考えている人が多くなれば、安い金額でも請け負う人が出てくるため、報酬相場も低くなりがちです。

 

報酬単価が低くなるのは、クラウドソーシングの構造上仕方ありません。

報酬単価の低下はクラウドソーシングの特性だということを割り切ることが重要です。

 

コミュニケーションが難しい

クラウドソーシングでは基本的にメール・チャットでのやり取りがメインになるため、人によってはコミュニケーションが難しいと感じる場合もあるかもしれません。

 

相手の顔が見えない分、案件ごとのクライアントの温度が掴みにくいと感じる方もいると思います。

慣れてないうちは、文章のみでのコミュニケーションに苦戦することもあるかもしれませんが、案件を重ねることで改善していくことは可能です。

 

コミュニケーションを円滑に進めるコツは相手が求めている情報を想像して、メッセージを送ることです。

必要な情報がしっかり入っているメッセージで連絡が取れれば、無駄なやり取りの回数を減らすことができクライアントの信頼に繋がります。

 

・働く場所に縛られない、移動コストが削減できる点がメリット!
・一方で報酬単価が低い傾向にあること、コミュニケーションが難しい点がデメリット!

 

クラウドソーシングで発生した所得にかかる税金は?

クラウドソーシングを活用して発生した売上にも当然税金が発生してきます。

せっかくクラウドソーシングでたくさん売上を積み上げても、税金に関しての情報を知らないことで損してしまう事態は避けたいところです。

個人事業主という雇用形態でクラウドソーシングで働く上で発生する税金に関して確認していきます。

 

所得税が発生する!

クラウドソーシングで発生した売上には通常の所得同様に所得税が発生します。

 

クラウドソーシングを通して発生した報酬だからといって特別扱いされることはありません。

個人事業主として所得が発生したことになるため、所得税がいくらかかるのかを整理しておく必要があります。

 

確定申告を行う必要がある

所得税の発生に伴い、確定申告を行う必要があります。

また、売上が年間20万円以上になる場合には所得税に対する確定申告が必要ではありますが、住民税に関しては売上が1円でもあれば、確定申告が必要となります。

個人事業主という雇用形態で働く上では確定申告は必須になるという認識でいることをおすすめします。

 

クライアントが源泉徴収をした場合には対応が異なる点にも注意!

クラウドソーシングでの仕事に関しては、クライアントが源泉徴収を行うケースがあります。

クライアントサイドで源泉徴収してもらった履歴は全て控えておいて、確定申告の時に二重で税金を納めることのないように気をつけてください。

 

クラウドソーシングサービスごとに源泉徴収の扱いは異なるため、サービス利用時に併せて確認しておくことをおすすめします。

 

所得税は経費計上や所得控除で最小限に抑える

クラウドソーシングを使い個人業主という雇用形態で働く場合には、所得税の節税が所得を左右する重要なポイントです。

経費として計上される内容を把握しておくことで、課税対象となる所得金額を減らすことができます。

また、基礎控除などをはじめとした税金を抑えるためにプラスに働く税金の制度がいくつかあるため、税金に関する情報を確認し、クラウドソーシングでの売上を確定申告する際に役立てましょう。

 

・クラウドソーシングで発生した所得には所得税が発生する!
・個人事業主としての雇用形態で働く上で、税金に関する知識は大切!

 

おすすめのクラウドソーシングサイト6選!

ここまでクラウドソーシングの雇用形態と留意すべき税金に関するお話を書いてきました。

実際にこれからクラウドソーシングでの仕事を始めたいという方向けに、おすすめのクラウドソーシングサイト6選をご紹介します。

 

クラウドソーシングサービスごとに特徴があり、自分にあったサービスを複数活用することで仕事を獲得できるチャンスが広がります。

 

クラウドワークス

出典:クラウドワークス 

日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

 

案件売上合計が120億円以上という実績があり、さまざまな仕事内容が掲載されています。
クラウドソーシングを行う上では、一度は登録しておくことをおすすめします。

クラウドソーシングサービスの中では利用者がトップクラスなので、初心者の利用でも使いやすい仕様になっています。

クラウドワークスの公式サイトはこちら

 

ランサーズ

出典:ランサーズ

次にクラウドワークスと並んで有名なのが、「ランサーズ」です。

 

案件数も豊富に出ていて、幅広い年齢層の方が利用しているクラウドソーシングサービスです。
ランサーズ内での格付制度を活かし、認定ランサーになれば案件を受注しやすくなるなどのメリットもあります。

クラウドワークスと比べるとやや中級者~上級者向けとなりますが、流通している仕事の案件数が多いため、登録しておいて損はありません。

ランサーズの公式サイトはこちら

 

シュフティ

出典:シュフティ

サイト名のとおり、主婦が在宅でクラウドソーシングを利用することをコンセプトにしています。

 

子育てをしながら仕事をしたい、在宅で女性でも副業を行いたいといった方向けに高い需要があるサイトになります。

クライアント側も主婦の方に求める仕事内容を発注してくれるケースが多くなるため、仕事内容のマッチングもしやすくなります。

シュフティの公式サイトはこちら

 

サグーワークス

出典:サグーワークス

サグーワークスは文章作成の案件を専門に取り扱っているクラウドソーシングサイトです。

 

ライターを目指している方、ライティングのスキルを仕事に活かしたい方には登録を推奨します。

記事作成の案件に特化しているため、ライティングの分野でとにかく仕事がしたいという方は効果的に活用できるサービスです。

サグーワークスの公式サイトはこちら

 

Bizseek

出典:Bizseek

Bizseekの特徴は業界最安値のシステム手数料です。

 

仕事で発生した報酬に対して発生する手数料が5〜10%の間で設定されているため、他のクラウドソーシングサイトよりも売上を残しやすい構造になっています。

クラウドワークスやランサーズと比べると案件数は劣りますが、その安い手数料設定から根強い人気があり、一定数のユーザーが利用しているサービスです。

Bizseekの公式サイトはこちら

 

Craudia

出典:クラウディア

最後にご紹介するのが、クラウディアというクラウドソーシングサイトです。

 

クラウディアでは、クラウドソーシングで対応可能な案件を複数ジャンルで扱っており、クラウドワークスやランサーズ同様に仕事の幅を広げたい方にはおすすめのサービスです。

システム手数料も最低3%からと安価に設定されているため、仕事を受注する側にとっても多く報酬が残せる点が特長となります。

クラウディアの公式サイトはこちら

 

まとめ:クラウドソーシングの雇用形態を正しく理解することで、効率的に働ける!

今回の記事ではクラウドソーシングにおける雇用形態に関する内容をまとめていきました。

 

クラウドソーシングは個人事業主として働くことになります。

個人事業主としてクラウドソーシングで働くコツを本記事では記載しています。

クラウドソーシングで働く時には個人事業主の雇用形態である点を押さえておくことで、発生する税金や確定申告を効率的に進めることができます。

 

ぜひ今回の内容を参考にしていただき、クラウドワークスでの仕事を進めていってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました