【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

パソナのクラウドソーシング、ジョブハブ( JOB HUB)を解説

クラウドソーシング

パソナテックが運営するジョブハブ(JOB HUB)とは?

ジョブハブ(JOB HUB)にはどんな案件があるの?

ジョブハブ(JOB HUB)と他のクラウドソーシングの違いとは?

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思ってはいませんか!?

 

今回は、パソナテックが運営するジョブハブ(JOB HUB)、ジョブハブ(JOB HUB)の案件、ジョブハブ(JOB HUB)と他のクラウドソーシングの違いについて解説していきます。

 

少しでも参考にしてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

パソナテックが運営するジョブハブ(JOB HUB)とは?

ジョブハブとは、ジョブハブの案件について説明します。

ジョブハブ(JOB HUB)とは何?

JOB HUBは人材派遣会社パソナのグループ会社、株式会社パソナJOB HUBが運営するクラウドソーシングサイトです。

JOB HUBは、ワーカーは登録から見積もりや提案などは無料でできるためワーカーに手数料が発生しないため安心して利用できます。

 

 

有名なクラウドソーシングはワーカーの手数料が発生します。

 

 

ジョブハブ(JOB HUB)の案件

引用:ジョブハブ

 

ジョブハブでは、データ入力などの仕事を取り扱っています。

こちらの案件で必要なスキルはデータ入力ですが、この仕事以外にもweb・モバイル制作・デザイン・ライティングや翻訳などのお仕事があります。

 

 

どのお仕事もパソコンを使うことができる人、スキルを持っている人が働くことが可能。

 

どんなサービスがあるのか?

ジョブハブにどんなサービスがあるのか解説していきましょう。

 

時間・場所関係なく、Web上で働くことができるクラウドソーシングサービスの魅力です。

 

提案をして選定された上でJobを実施するエキスパートタイプ、成果物を提出して選んでもらうコンペタイプ2つのサービスがあります。

 

エキスパートタイプ

クライアントがJobに対する提案を受付け、選定したワーカーとJobを実施します
提出された提案をクライアントが選定すると、双方で合意のもと契約が成立可能。

 

ワーカー・クライアント間で打ち合わせが必要なもの、専門性の高い仕事で広く利用されています。

 

コンペタイプ

提示された仕事の内容に沿った完成品を提出をします。

クライアントは提出されてきた作品の中から希望に添ったものを選定し、交渉を経てワーカーと契約を結び仕事を依頼します。

 

 

ロゴやバナー、ネーミングなど、完成品のイメージが明確な業務で広く利用されています。

業務委託のサービスも充実しています

業務委託という形で、発注者と受注者の間にJob-Hubのスタッフが入ります。

仕事のサポートをしてくれるサービスも提供しています。

また、マニュアルも完備されており、Skypeなどのツールを使ってオンラインで面談することできます。

子育てなどで自宅から離れることができない方でも大丈夫。

また、在宅ワークが初めてに人におすすめのサービス。

 

会ったことのない相手とコミュニケーションを取りながら、仕事に対して不安はあっても、このサービスを利用すればJob-Hubの業務サポートを受けながら仕事ができます。

 

JOB HUBのクラウドソーシングとアウトソーシングについて

クラウドソーシングとアウトソーシングについて説明します。

 

クラウドソーシング

依頼側が専門業者を選んで個別に発注するのではなく、インターネット上で不特定多数の人に業務を委託することです。
案件を請け負うのは、受注者としてクラウドソーシングサイトに登録している、SOHOやフリーランスのデザイナーやクリエイターなどがあります。

 

企業側も依頼者としてサイトに登録する必要があるため、依頼するときは公募形式とコンペ形式があるため応募案件を確認してから応募しましょう。

 

アウトソーシング

業務を外部の専門業者などに委託し、一般的に外注と呼ばれているものは、このアウトソーシングのことです。

ワーカーがクラウドソーシングのサービスを利用するときは、JOB HUBのサイトから募集中の仕事案件を探しましょう。

提案や見積もりを提出して受注したら取り引きは直接クライアントとやりとりをします。

 

もともとは、主にシステムの開発・運用などの業務を外部に委託することをアウトソーシングと呼んだのが始まりです。

デザイン業界においても、制作会社にデザイン・ライティングを依頼するのは想像がしやすいでしょう。

 

そのように、営業・人事・経理など、非常に幅広いジャンルでもアウトソーシングサービスが増えています。

また、業界や業務内容に特化して専門性やクオリティーを高め、他社との差別化を図る専門業者もいます。

 

いくつかのクラウドソーシングサイトに登録しているため、公開されている案件は少なくても自分が応募したいお仕事がメールで送られてくる可能性があるため確認しましょう。

自分のスキルと合えば、良い仕事に出会える可能性があり、仕事を受注したいときは、ジョブハブに登録することを忘れずに。

 

一部公開されている案件は、たくさんの人が応募しやすい簡単な作業が多いためすぐに募集が終わってしまうため注意が必要です。

 

 

JOB HUBのアウトソーシングサービスは、JOB HUBが受けた委託案件がワーカーに紹介されます。

 

外部リソースの利用に不安を抱える会社や、たくさん依頼が必要で管理しきれないというような仕事をJOB HUBが引き受けて、JOB HUBのスタッフが間に入ってマッチングがされるとJOB HUBと契約ができるサービスです。

 

フリーランスがクラウドソーシングで仕事をするときに困る理由は、仕事が不安定で収入が安定しない、スキルアップが難しいなど、様々な理由があり辞めてしまう人も少なくありません。

JOB HUBのアウトソーシングならスキルで定期的、継続的な案件を紹介してくれるため、JOB HUBディレクターによる納品物のフィードバックもありスキルアップできます。

 

 

JOB HUBはアウトソーシングサービスに登録して、クラウドソーシングで仕事を探しながら、オファーを待ちましょう。

 

ジョブハブ(JOB HUB)と他のクラウドソーシングサイトとの違いとは?

ジョブハブと他のクラウドソーシングサイトとの違いについて説明します。

 

クラウドワークスとの違い

クラウドワークスの画像引用:クラウドワークス

 

クラウドワークスは、個人・法人問わず、業務委託のお仕事をインターネット上で発注や受注することができるお仕事マッチングサイトです。

 

報酬を事前にクライアントから預かりして、業務完了後にクラウドワーカーに支払い仮払い方式を採用しているので、安心してお仕事できます。

 

クラウドワークス上に掲載されている募集中のお仕事から自分のスキル、希望にあったお仕事を探して応募してみましょう。

 

ランサーズとの違い

ランサーズの画像引用:ランサーズ

 

ランサーズ株式会社が運営するクラウドソーシングサービスです。

仕事を発注したいクライアントと、仕事を受注したいランサーとのマッチングをして、契約や報酬支払などをサイト内でやりとりをします。

クライアントは企業や個人などのさまざまな形態があり、だれでもクライアントになれるサービスです。

 

また、仕事の受注者であるランサーは、フリーランスから副業を行なうユーザーは誰でも仕事を受注できる仕組みです。

 

インターネット環境とパソコンがあれば、日本に住んでいなくても海外在住のフリーランスがランサーズを使って案件を受けて海外で生活ができます。

 

ココナラとの違い

ココナラの画像引用:ココナラ

 

自分の持っているスキルを販売できるサービスがあります。

知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケットとしてやりとりができます。

 

 

やり取りは非公開で匿名でも可能で、恋愛相談や本格占い、キャッチコピー·ロゴ·イラスト作成、語学レッスンなど幅広いジャンルのスキルを売買できるサイトです。

 

 

パソナテックが運営するジョブハブ(JOB HUB)の評判

良い評判、悪い評判について説明します。

 

良い評判

アンケートをしてお小遣いが稼げる事で、子育て世代で子供にかかる費用も多くなかなか自分で使うお金がない主婦にとってサイドビジネスは大切です。

少しの金額でも稼げるととてもうれしいため、アンケート等のサイトがもっと増えてくれると働きやすいと思います。

 

悪い評判

Job-Hubに登録したのは、だいたい3年くらい前ですが、残念なことに私に合う仕事がありませんでした。

こちらのサービスを使ってお金を稼ぐことができていないため、自分の求めている案件に応募できるようなサービスを提供してほしいです。

 

ネット上でジョブハブについて調べてみましたが、評価があまりありませんでした。

 

まとめ

JOB HUBは、登録から見積もりや提案などは無料でできるためワーカーに手数料が発生しないため安心して利用できるサービスです。

 

  • エキスパートタイプ

クライアントがJobに対する提案を受付け、選定したワーカーとJobを実施します。
提出された提案をクライアントが選定すると、双方で合意のもと契約が成立可能。

ワーカー・クライアント間で打ち合わせが必要なもの、専門性の高い仕事で広く利用されています。

 

  • コンペタイプ

提示された仕事の内容に沿った完成品を提出をしたら、クライアントは提出されてきた作品の中から希望に添ったものを選定し、交渉を経てワーカーと契約を結び仕事を依頼します。

ロゴやバナー、ネーミングなど、完成品のイメージが明確な業務で広く利用されています。

 

  • 業務委託のサービスも充実しています

業務委託という形で、発注者と受注者の間にJob-Hubのスタッフが入り、仕事のサポートをしてくれるサービスを提供しています。

マニュアルも完備されており、Skypeなどのツールを使ってオンラインで面談することも可能。

 

また、子育てなどで自宅から離れることができない方におすすめのサービスです。

 

会ったことのない相手とコミュニケーションを取りあうサービスを利用すればJob-Hubの業務サポートを受けながら仕事ができます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました