【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

タイムチケットのフリーランスエンジニアとは?稼げる!?年収は?

タイムチケット

「タイムチケットのエンジニアってどんな仕事をしているの?」

「タイムチケットプロのエンジニアは稼いでいるのかな?」

「タイムチケットのエンジニアの年収を知りたい」

 

上記のお考えではありませんか。

当記事では、タイムチケットのエンジニアがどのような仕事をしているのか、またタイムチケットプロはどのようなサービスなのかを徹底解説します。

 

さらに、株式会社タイムチケットでエンジニア募集中の内容や、タイムチケットの評判までご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

タイムチケットのエンジニアはどんなチケットを販売しているの?

タイムチケットで「エンジニア」のキーワードで検索すると、様々な種類のチケットが販売されていることがわかります。

本章では、エンジニアの主なチケットをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

なお、解説していく内容は下記です。

  • サーバ構築する
  • エンジニアのノウハウを提供する
  • 技術的相談に乗る
  • エンジニアのキャリア相談や転職活動をサポートする

 

では、次項から1つずつ書いていきます。

 

サーバ構築する

最初にご紹介するチケットは、レンタルサーバやVPNサーバを構築するチケットです。

下記に該当する方はおすすめのチケット。

  • 自分専用のブログやサイトを作りたい
  • ネットサービスをしたい
  • インフラ周りの知識がなくて困っている

 

ベテランエンジニアが環境構築するだけではなく、インフラ周りのサーバ構築に関する相談にも乗ってくれます。

なお、相談だけの依頼でもOKです。

興味のある方は、下記からチケット内容をご確認ください。

 

レンタルサーバ、VPSのサーバ構築やりますのチケット

 

エンジニアのノウハウを提供する

また、エンジニアのノウハウを提供するチケットがあります。

教える内容は、エンジニアが得意とするスキルなのでエンジニアによってさまざまです。

 

ちなみに、たかひろさんという方が、htmlやcssでホームページの作成方法を教えるチケットを販売しています。

上記チケットは初心者向けのチケットです。

実際に作り方を教えてくれて、一緒にホームページを作っていきます。

 

ちなみに、下記に該当する方におすすめです。

  • プログラミングを始めたいけど何をすればよいのかわからない
  • 自作ホームページを持ちたい

 

販売形式は、対面でもオンラインでもOK。

対面の場合は東京限定となります。

代金は2時間10,000円でチケットを販売中です。

 

htmlやcssでのHP作成を教えますのチケット

 

上記のチケット以外にも、ブログ&アフィリエイトのやり方を提供するチケットやSQL講座のチケットも販売されています。

 

技術的相談に乗る

次にご紹介するチケットは、技術的相談に乗るというものです。

プログラミング学習のサポートや相談に乗るサービスが多い傾向。

 

主に、下記に該当する方向けのチケットです。

  • プログラミングに関する質問や相談をしたい方
  • プログラミングを始めたい方
  • プログラミングを始めたものの、何から勉強すればわからない方
  • ソースコードをレビューしてほしい方

 

初心者向けのサービスであることがわかります。

なお、相場価格は30分2,500円(1時間5,000円)です。

該当するチケットは多数販売されていますので、チケット内容を見比べてしてみてください。

 

エンジニアのキャリア相談や転職活動をサポートする

最後にご紹介するのは、エンジニアのキャリア相談や転職活動をサポートするチケットです。

 

例えば、下記のようなチケットが販売されています。

  • プログラマーの副業・転職のお悩み相談に乗る
  • 未経験からエンジニアになる具体的な方法を共有する
  • エンジニア採用活動を手伝う
  • エンジニアへの海外へのキャリア形成をアドバイスする

 

上記から、エンジニアへ転職したい方向けのチケットが多い状況です。

なお、相場価格は30分2,500円。

購入されているチケットも多々ありましたので、エンジニア転職希望の人が多いことがわかります。

 

以上、タイムチケットのエンジニアが販売しているチケットをご紹介しました。

タイムチケットでは、自身が開発するというチケットより、他者に技術支援や相談に乗るというチケットが多いと言えます。

 

次章では、タイムチケットプロのエンジニアについてです。

 

タイムチケットプロ(Time Ticket Pro)のエンジニアは稼ぎやすい

自身で開発業務を行うエンジニアは、タイムチケットではなくタイムチケットプロで活躍されていると考えられます。

というのも、タイムチケットプロでは法人案件を獲得できて稼ぎやすいからです。

 

本章では、下記項目にしたがってタイムチケットプロについて解説していきます。

  • そもそもTime Ticket Proとは?
  • 発注単価の相場は、50万~150万円/月
  • どんな仕事があるの?
  • 運営手数料が引かれる
  • 参考)フリーランス特化型の賃貸与信サービスを提供

 

そもそもTime Ticket Proとは?

まずタイムチケットプロとは、個人が法人に時間を販売できるプラットフォームのことです。

タイムチケットでは CtoCのサービスですが、タイムチケットプロはCtoB。

 

また、案件受注型の仕組みをとっています。

つまり、法人がエンジニアに対して求人募集をかけるということ。

 

なお、求人募集で掲載される情報は主に下記です。

  • 会社情報(会社名や勤務地)
  • 事業内容
  • 仕事内容(業務内容、業務環境、募集背景)
  • 発注想定額、手取想定額
  • 採用枠
  • 必要な経験、歓迎する経験
  • 開発環境、使用技術
  • 支払い条件
  • 作業場所

 

エンジニアが副業としてやるのであればタイムチケット、フリーランスエンジニアの本業としてやるのであればタイムチケットプロがおすすめ。

 

発注単価の相場は、50万~150万円/月

発注単価は案件によってかなり変わってきますが、相場は50万~150万/月です

相場価格の幅が広いですが、かなり稼ぎやすいプラットフォームだと言えます。

 

また、標準労働時間は160時間/月です。

つまり、タイムチケットプロの案件は本業で取り組む内容ということ。

 

どんな仕事があるの?

タイムチケットで扱っているエンジニアの職種は20種類以上あります。

 

本節では、下記6職種の案件をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

  • ITコンサルタント
  • SAPコンサルタント
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • インフラエンジニア

 

ITコンサルタント

まず、ITコンサルタントとは顧客のビジネスや経営に対してITを活用したコンサルをする職業のこと。

タイムチケットプロで扱っているITコンサルタントの案件は、コンサルというよりプロジェクトマネージャーやシステムエンジニアの業務が多い傾向です。

 

ちなみに、タイムチケットプロでは下記のような案件があります。

  • CRM導入に向けた要件定義+ツール・ベンダー選定
  • システム要件定義
  • 業務アプリチーム管理担当

 

また、必要とされるスキルは案件によってさまざま

大手コンサル会社でのコンサル勤務経験や、要件定義・業務改革プロジェクトマネージャーの経験のある人が条件です。

特定の知識(例えばERPやCRM、DBなど)を有する人が条件の場合もあり。

 

システムの方向性は大枠決まっており、要件定義工程から参画する案件が多い状況です。

 

SAPコンサルタント

次に、SAPコンサルタントの案件をご紹介していきます。

まず、SAPコンサルタントは、ITコンサルタントの一種で、SAPに関して専門的な知識を保有してコンサルする人のことです。

 

SAPとは、SAP社が提供しているERP(統合基幹業務システム)のこと。

主に、パッケージとして販売されています。

 

下記が、一部ですがタイムチケットプロで扱っている案件です。

  • SAP初導入の顧客に対して、業務の見直しから参画する
  • 顧客要件と現状の業務フローやデータ整理を行い、SAPの要件定義を行う

 

なお、採用条件はSAPに関する知識を有するのは大前提。

他には、SAPの要件定義や業務フロー作成の経験や、英語の読み書きなどが求められる案件があります。

 

SAP導入経験のある方は、SAPコンサルタントの案件をチェックしてみてください。

 

フロントエンドエンジニア

次に、フロントエンドエンジニアの案件をご紹介します。

まず、フロントエンドエンジニアとは、Webサイト上で利用者が閲覧やクリックできる部分(フロントエンド)の設計や構築を行う職種のことです。

開発だけではなく、ユーザー目線で使いやすさを意識しながら製品企画やUI設計にも携わることができるエンジニア。

 

フロントエンジニアの案件は下記です。

  • Webシステムのフロントエンドの開発
  • 新機能開発や保守開発における、フロントエンドの設計・開発部分
  • ヘルスケアシステムのフロントエンド開発、運用、保守

 

なお、必要とされるスキルも案件によって異なります。

ただ、開発するシステムのプログラミング言語での開発実務経験があるのが前提です。

 

バックエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアに対して、バックエンドエンジニアという職種があります。

アプリケーションやWebサイトを利用するユーザーから目に見えない内部処理の環境をつくるエンジニアのことです。

 

バックエンドエンジニアは、下記のような案件を対応することになります。

  • プラットフォームシステムの開発保守
  • Pythonでサービスの企画・運営

  • 自社クラウドサービスのバックエンド開発

 

フロントエンジニアと同様に、必要とされるスキルは案件によって異なりますが、開発言語のスキルは必須です。

 

アプリケーションエンジニア

次に、アプリケーションエンジニアの案件をご紹介します。

アプリケーションエンジニアとは、アプリケーションを開発するエンジニアのことです。

 

タイムチケットプロで扱っている案件は下記があります。

  • 業務自動化ソリューションの設計・実装・運用・トラブルシューティング
  • 各ゲームの公式サイトの構築および保守作業
  • 最先端テクノロジーを取り入れたWebサービスの開発
  • ソーシャルアプリの開発

 

上記から、アプリケーションの実装・試験・保守対応の業務が多い状況です。

また、開発するアプリケーションで使用する開発言語のスキルと実務経験を求められています。

 

開発言語だと、Ruby、PHP、Java、JavaScript、Python、C#、Gitなど。

そして使用する言語での設計・実装・試験の実務経験を求められています。

 

インフラエンジニア

最後に、インフラエンジニアの案件のご紹介です。

インフラエンジニアとは、ユーザーが利用しているアプリケーションやシステムが稼働するために必要な基盤を導入するエンジニアのこと。

 

必要な基盤とは、主にサーバー、OS、ミドルウェア、ネットワークなどが挙げられます。

上記の要件定義・設計・構築・テスト・保守を担うエンジニアです。

 

下記が、インフラエンジニアの案件。

  • 基盤リプレイス作業に伴う技術系プロジェクトマネージャーの業務
  • 基盤リプレイス作業に伴う基盤ミドルウエア設計・構築作業
  • プライベートクラウドの運用
  • AWSのインフラ構築

 

インフラエンジニアも、必要とするスキルは案件によってさまざまです。

例えば、インフラ実務経験(設計~テスト、チューニング)やAWS、Microsoft Azure、Linux、WindowsServerなどのスキルのある人が求められています。

 

運営手数料が引かれる

タイムチケットプロでも、タイムチケットと同様に手数料が引かれます。

手数料は11%~16%です。

 

一般的な仲介手数料が25~30%と言われているので、タイムチケットプロの手数料は業界内で最低水準。

そのため、手元に残るお金が増えるのでエンジニアにとってよいプラットフォームだと言えます。

 

なお、各案件のページに発注想定額に加えて、手取り額(発注想定額から手数料を差し引いた残額)も掲載

案件をチェックしながら、ひとめで実際の受取額がわかって便利です。

 

参考)フリーランス特化型の賃貸与信サービスを提供

また、タイムチケットプロはフリーランスの方向けに賃貸与信サービスを案内しています。

与信がないとみなされて、入居審査で落ちてしまうフリーランス向けの「smeta(スメタ)」というサービスです。

 

smetaでは、フリーランスの方の与信枠が借りられる家賃の上限額として提示(事前承認)します。

つまり、事前与信枠内の家賃の部屋であれば、確実に契約が可能です。

 

また、与信審査からお部屋探しまで住宅家賃に関する工程をすべてsmetaが提供してくれるので、スムーズに契約まで進められます。

興味のある方は、下記から詳細をご確認ください。

 

フリーランス特化型の家賃与信サービス

 

株式会社タイムチケットでエンジニアを募集中

タイムチケットの運営会社「株式会社タイムチケット」でも、現在(2020年12月)エンジニアを募集中です。

 

本章では、下記項目に従って解説していきます。

  • 株式会社タイムチケットってどんな会社?
  • エンジニア職はどんな仕事をするの?
  • 年収はどれくらい?
  • エンジニア経験のある人は法人営業の職種も希望できる

 

まずは、会社概要について。

 

株式会社タイムチケットってどんな会社?

株式会社タイムチケットの主な事業内容は下記です。

  • TimeTicket/TimeTicketProの開発および運営
  • eSportStarsの開発および運営
  • TimeCoinProtocolの開発および運営
    (ブロックチェーン上で稼働するシェアリングエコノミーサービスの基盤とアプリケーション)

タイムチケットの運営以外に、eSportsを活性化するサービス「eSportStars」やシェアリングエコノミープラットフォームの「TimeCoinProtocol」も運営しています。

 

株式会社タイムチケットは2019年4月に設立。

元々、株式会社グローバルウェイ(東証マザーズ上場)がタイムチケットのサービスを立ち上げました。

そして、タイムチケットに特化した子会社として、株式会社タイムチケットを設立した背景です。

 

なお、会社概要は下記の通り。

企業名 株式会社タイムチケット
会社の特徴 ベンチャー企業
3年連続売上上昇
中途社員50%以上
本社所在地(勤務地) 東京都港区浜松町1丁目8−6 FK BUILDING 2階
従業員人数 20名
平均年齢 33.0歳
資本金 1億円
株式公開区分 非上場

 

エンジニア職はどんな仕事をするの?

次に、株式会社タイムチケットのエンジニア職はどのような仕事があるのか解説していきます。

 

現時点(2020年12月)で募集している職種は下記の通りです。

  • フロントエンジニア
  • サーバサイドエンジニア

 

フロントエンジニア

現在タイムチケットのシステムを大きく改変しており、特にフロントエンド側のReact(JavaScriptライブラリ)対応が緊急課題となっております。

上記業務を担うフロントエンジニアを募集中です。

 

タイムチケットはコンシューマ向けのサービスのため、自身が開発した機能が多くの利用者に使ってもらえる喜びを感じることが出来る業務。

メンバーと積極的に認識合わせや意見交換などを図りながら、サービスの開発からリリース、改善まで担当することになります。

 

なお、システム環境は下記の通り。

<システム>
Ruby On Rails, React, Swift(iOS App), Kotlin(Android App)
<インフラ>
Heroku, Amazon Web Services(AWS)
<データベース>
PostgreSQL, Redis
<開発用PC>
MacOS or WindowsOS
<バージョン管理>
GitHub, CircleCI
<3rdPartyツール>
NewRelic, SendGrid, Cloudinary, Algolia, Pusher

 

サーバサイドエンジニア

また、サーバサイドエンジニアも募集中です。

タイムチケットのWebシステムのバックエンドおよびiOSアプリの開発の業務を担います。

 

大規模なシステム改変に伴いバックエンドの開発がメインですが、アプリ開発も進めていく予定です。

 

フロントエンジニアと同様に、タイムチケットはコンシューマ向けのサービスのため、多くの人に使ってもらえる喜びを感じられます。

なお、システム環境はフロントエンジニアの環境と同一です。

 

年収はどれくらい?

次に、気になる年収は下記の通り。

フロントエンジニア

→ 500万円~650万円

サーバサイドエンジニア

→ 500万円~600万円

 

フロントエンジニアの年収が高くなる可能性があります。

 

ちなみに、株式会社タイムチケットの法人営業職は年収400万円~2,000万円。

年収幅が広いのは、おそらく売上成績によって大きく変わるでしょう。

 

エンジニア経験のある人は法人営業の職種も希望できる

株式会社タイムチケットでは、法人営業の職種も募集しております。

基本的に、応募の必須要件は下記。

  • 新規開拓の営業経験1年以上でかつ営業成績が優秀な人
  • 新しい知識習得に意欲的でかつ、振り返りや学習する習慣がある人

 

ただし、エンジニア経験があれば法人営業の職種に応募可能です。

 

危ない?タイムチケットの評判や口コミを紹介

最後に、タイムチケットの評判や口コミをご紹介します。

良い評判と悪い評判にまとめました。

 

まずは、良い評判についてです。

良い評判

下記は、タイムチケットでエンジニアのチケットを探そうかなという口コミ。

 

エンジニアのチケットを求めている人がいました。

昨今では、大半の会社がシステムやパソコンを利用されています。

自身がエンジニアでなくても専門用語や業務内容を把握しなければならない人が、上記以外にもいるでしょう。

 

一般的に、システム開発やプログラミングしてほしいといった要望をイメージしやすいですが、IT知識を教えて欲しいといった需要があります。

 

下記は、無料開発してくれそうなエンジニアを見つけたという口コミです。

 

上記の方は、大勢のエンジニアとコンタクトを取られていて開発要望がありました。

タイムチケットでは、システム開発の需要もあると言えます。

 

下記は、Time Ticket Proが登場したという口コミです。

 

これからは、個人が法人と対等に仕事ができるようになるとのこと。

フリーランスをされる方は年々増加傾向です。

したがって、フリーランスの方向けのサービスに需要があると判断して、Time Ticket Proをリリースされたと考えられます。

 

下記は、タイムチケットは安心して販売できるという口コミです。

 

タイムチケットの利用者の質が高いとのこと。

非常識な行動やマナーの悪い人が少ないプラットフォームです。

 

というのも、タイムチケット運営が規約違反しているユーザーやチケットがないか監視をしてくれています。

もし違反しているユーザーやチケットを見つけたら、該当チケットを削除したり、ユーザーの利用停止にしたりするので安心してください。

タイムチケットは怪しいサービスではなく、安心・安全なサービスです。

 

続けて、悪い評判をご紹介します。

 

悪い評判

下記は、怪しいチケットが増えたという口コミです。

 

タイムチケットは健全なサービスですが、チケットは個人が販売しているもの。

そのため、どうしても怪しいチケットが紛れ込んでしまいます。

 

エンジニアのチケットでは怪しいものはほとんど見かけませんが、稼ぐ系では怪しいチケットがあるのは事実です。

ただ、タイムチケットの運営が悪いわけではありません。

クラウドワークスやランサーズなど大手クラウドソーシングサイトも同様に怪しい案件があります。

運営側の対応で減らすことはできたとしても、怪しいチケットを完全に無くすことは厳しいでしょう。

 

下記は、チケットが売れないという口コミです。

 

上記の方が売れない原因は不明ですが、そもそも需要がないとチケットは売れません。

チケットを販売するときは、まず需要があるものを選ぶのが無難です。

さらに、売れるコツをつかんでチケットを販売していく必要があります。

 

まとめ

以上、タイムチケットのエンジニアについて解説してきました。

 

タイムチケットのエンジニアは、主に下記のチケットを販売しています。

  • サーバ構築する
  • エンジニアのノウハウを提供する
  • 技術的相談に乗る
  • エンジニアのキャリア相談や転職活動をサポートする

 

タイムチケットでは、システム開発やプログラミングするチケットより、他のユーザーへ技術支援や相談に乗るチケットが多い傾向です。

自身で開発を行うのであれば、タイムチケットプロの方が稼ぎやすいと言えます。

 

当記事では、タイムチケットプロについて下記項目を解説しました。

  • そもそもTime Ticket Proとは?
  • 発注単価の相場は、50万~150万円/月
  • どんな仕事があるの?
  • 運営手数料が引かれる
  • 参考)フリーランス特化型の賃貸与信サービスを提供

 

また、タイムチケットの運営会社でもエンジニア職を募集しております。

 

エンジニアの副業としてやるのであればタイムチケット、本業としてやるのであればタイムチケットプロがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました