クラウドワークスの報酬は雑収入?確定申告の区分は雑所得!

クラウドワークス

「クラウドワークスの収入を確定申告する際の区分がはっきりわからない」

「副業が本業の会社にばれないか不安」

このように感じている方の為に、今回はクラウドワークスの報酬の区分や会社にばれない方法などを解説いたしますので是非参考にしてください。

クラウドワークスの報酬は雑所得

雑所得を雑収入と混合して認識してしまう場合がありますが、この2つにはきちんとした違いがあります。

クラウドワークスの報酬は雑収入ではなく雑所得です。

クラウドワークスでの報酬を確定申告をする際には、雑所得という区分で申告する必要があります。

今回はこの雑収入と雑所得の違いについて詳しく解説します。

 

また、雑所得の確定申告についても解説しますのでぜひ参考にしてください。

雑収入と雑所得は違う

まずは雑収入と雑所得の違いについて解説していきます。

混合されやすいこの2つの言葉の意味は、全く違うのできちんと知っておく必要があります。

雑収入とはなに?

雑収入は税法上で10種類に分けられる区分の内の「事業所得」に該当するものです。

 

ちなみに10種類の所得は

預貯金などの利子で得る「利子所得」

株式などの配当金で得る「配当所得」

土地や建物の貸付で得る「不動産所得」

事業の運営で得る「事業所得」

勤務先から受け取る「給与所得」

退職手当などの「退職所得」

山林を伐採して譲渡した時に得る「山林所得」

土地や建物を譲渡した時に得る「譲渡所得」

検証の賞金などで得る「一時所得」

これらに該当しない場合の「雑所得」

に分けられます。

 

雑収入は上から4つ目の事業所得に含まれる、色々な収入区分の1つという事です。

事業を運営していて営業外収益のうち、他の科目に該当しないものや、金額がとても少額で重要でないものを処理する際に雑収入という科目に分けます。

具体的には現金の過不足で出たお金や、作業クズを売却して得たお金などが雑収入にあたります。

要はクラウドワークスを利用している上では縁のない言葉という事になります。

雑所得とはなに?

雑所得とは先程ご紹介した区分の内、上9つのどれにも該当しない所得の事を言います。

クラウドワークスの収入も確定申告の時には雑所得に該当し、基本的に他の副業での収入も雑所得として処理を行います。

また、副業であっても事業所得として分類されて、雑所得で無くなる場合があります。

具体的には

「安定した収入を継続して得る」
「相当時間を費やして職業として認知されている」

などが例として挙げられます。

 

分かりやすくまとめると本業の空き時間に行なっていると言えなくなると、雑所得ではなく事業所得となります。

雑所得に区分される他の具体的な例としては

「FXで得た利益」
「年金の受け取り」
「公演などの謝礼」

などが雑所得に区分されます。

必要経費とはなに?

雑所得を確定申告で処理する時の金額は、収入金額から必要経費を引いた金額です。

報酬金額そのままを申告するのではなく、報酬を得る為に発生した経費は

クラウドワークスの報酬であっても、必要経費として計上する事が可能です。

10万円未満の物は消耗品として経費にできるので、金額内であればパソコンなどの電子機器も経費として計上する事が可能です。

 

他には副業専用の機器がある場合の通信費やどこかのスペースを間借りして、副業をしている場合の光熱費なども経費として計上する事が可能です。

他には取引先との打合せに使用した交通費や飲食代なども、必要経費として計上する事が可能なので領収書を保管しておきましょう。

副業の収入から必要経費を引いた額が20万円を超えなければ、基本的に確定申告の必要はありません。

プライベートで使用する物を副業でも使っている場合

副業をクラウドワークスで行なっている人の多くは、自宅で作業していて事務所をレンタルしている人は少ないかと思います。

プライベートで使用している物をそのまま副業でも使用している場合は、「家事按分」という仕組みがあります。

この仕組みで副業に必要な割合を出してその分を経費として計上できます。

この割合の明確な基準はありませんが、税務署に説明を求められた時に
不自然だと脱税を疑われる可能性もあるので注意しましょう。

 

パソコンなどの機器類であれば使用している割合を明確にして
そこからそれに関係する金額を出せばスムーズに計算ができます。

また、住まいが賃貸の場合は仕事で使用しているスペースの割合をおよそで出して、その分の家賃を経費として計上する事が可能です。

働いた時間で割る人もいるので、明確なルールがありませんが、不明な点は管轄の税務署で聞けば間違いありません。

細かく考えすぎると計上が難しくなるので、おおよそ時間などから全体的な割合を出して金額を割り出しましょう。

雑所得の確定申告について

雑所得を雑収入と混合して認識してしまう場合がありますが、この2つにはきちんとした違いがあります。

クラウドワークスの報酬は雑収入ではなく雑所得です。

クラウドワークスでの報酬を確定申告をする際には、雑所得という区分で申告する必要があります。

今回はこの雑収入と雑所得の違いについて詳しく解説します。

実際に雑所得で確定申告をする時に、どのようにすれば良いのかを解説します。

確定申告と聞くと難しそうに聞こえますが、ポイントさせ抑えれば誰でもできますので是非参考にしてください。

雑所得の確定申告のやり方

まず確定申告には「青色申告」と「白色申告」というものがあり、白色申告は簡易な申告で控除などが充実しているのが青色申告という考えでとりあえずは問題ありません。

ですがクラウドワークスでもらう雑所得という区分では、控除が充実している青色申告はできない仕組みになっています。

青色申告ができる区分は事業所得、不動産所得、山林所得のみとなっているので、クラウドワークスの報酬を副業としている場合は白色申告のみとなります。

 

白色申告をするには「確定申告書B」と「終始内訳書」の2点を用意して、確定申告をする必要があります。

その2つの書類を作成するには今での取引内容を記録する「記帳作業」と
必要であれば減価償却の計算をする「決算作業」を行います。

簡単に言うと今までに貰った報酬から経費などを引いて、最終的な所得を計算するという事です。

容姿は税務署のホームページからダウンロードするか、税務署でもらう事が可能なので記入例に従って記入して提出しましょう。

確定申告をすると会社にバレる?

最近は働き方改革で副業を認めている企業も増えては来ていますが、それでも副業を禁止している企業はまだまだあります。

とはいえ本業だけでは経済的に苦しい方や、副業が好きでしている人は、確定申告をすると自分の会社にバレるのではと心配ではありませんか?

そのような方の為に本業の会社にバレない確定申告のやり方を解説します。

会社にバレない申告方法

会社にばれる可能性が高いのはダントツで「住民税額」でバレる事が多いです。

住民税は所得によって金額が変動します。

そして1番収入が多い会社に、その金額が決まった事の通知と所得の詳細が入ります。

その為会社で管理している金額と違う場合に、副業をしていると言う事がバレてしまうというのが1番多い原因です。

 

そうならない為には副業の確定申告をする際に、住民税の徴収方法を「普通徴収」でしておく必要があります。

普通徴収にすると給料からの天引きではなく、自分で納付する事が可能になります。

自治体によってできない可能性もあるので、副業を始める前にしっかり調べておく事が大切です。

まれに普通徴収として確定申告をしたのに、手違いで会社に収入が多いのがバレてしまう場合があります。

その場合は家賃収入などがあると説明するか、一時的にFXなどで収入を得たと言ってやり過ごすしかありません。

そのほかでバレてしまう原因

住民税の金額が変動する事以外でバレてしまう要員に「同僚に話す」や「取引先が本業の関連会社」などのケースもあります。

副業が禁止の企業に勤めているなら、バレないように会社の人には話さない事や関連企業との接触には気をつけましょう。

また、本業の業務を疎かにしてしまうのも言語道断なので、あくまで副業は片手間にするという事を念頭に置いておきましょう。

まとめ

今回は

・クラウドワークスの報酬は雑所得になる

・雑所得の確定申告は白色申告

・会社にバレないように普通徴収にする

という事をご紹介しました。

今回の内容を参考にして、クラウドワークスで得た収入の手続きを正しく行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました