【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【初心者必見】SKIMA(スキマ)の使い方&注意点を徹底解説!

SKIMA

「SKIMA(スキマ)の使い方を知りたい」

「SKIMA(スキマ)納品方法とか、提案文の書き方を具体的に知りたい」

「初めてSKIMA(スキマ)を使うから使い方がわからない」

と悩んでいませんか?

 

この記事は、SKIMAを出品し納品するまでの基本的な使い方や、SKIMAの使い方における注意事項などを徹底解説します。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

SKIMAの基本的な使い方の流れ

引用:SKIMA公式ページ

SKIMAは、イラストを主に扱っているクラウドソーシングで、コミッションとも呼ばれています。

「イラストを売り買いする」というコミッションは、海外で盛んに行われていたサービスですが、SKIMAが始まったことにより日本でもだんだん注目を浴びるようになってきました。

 

特に、次の人にとって自分のイラストを売り買いできる場ができたことは、嬉しいことだと言えるでしょう。

  • イラストを趣味として描いていた人
  • イラストをみんなに出品する場所を求めていた人
  • 副業でイラストを描きたい人

 

SKIMAの使い方は4つのステップでイラストの出品から納品までを完了できてとても簡単です。

4つのステップとは次の通りです。

  1. 出品する
  2. 依頼が来る
  3. 制作する
  4. 納品する

次項では、4つのステップについて簡単に開設します。

 

 

出品する

SKIMAに登録し、プロフィールが作成できたら、商品(ここではイラストを指します)を出品します。

 

そのためにはまずはサンプルとなるイラストを制作ましょう。

誰かの目に止まるように自分の自信作を載せるのがおすすめです。

このとき自分のサンプル作品と一緒にその商品の説明文を加えておくと、相手はイメージしやすいでしょう。

出品したら、相手から依頼が来るのを待つだけです。

 

依頼が来る

相手からイラスト制作の依頼がきます。

 

依頼の確認方法は2つです。

  • SKIMAのマイページでも確認できます
  • 登録したメールアドレス宛に通知が来る

2つの方法で依頼を確認できるため、依頼がきていたのを見過ごす心配は少ないでしょう。

 

イラストの依頼を確認後、イラストの細かい要望や見積もりなどを話し合います。

これもSKIMAのチャット内でやり取りすることが可能です。

納得のいかない条件の場合や相手の要望を述べない場合は依頼を「拒否」することもできます。

 

お互いに条件に同意した場合、契約となり相手がSKIMAに支払いを行います。

 

制作する

SKIMAへ相手の支払いをしたのを確認した時点で、制作を開始します。

作業途中で何度か依頼者と連絡を取り、イラストの方向性が合っているかを確認するとスムーズに制作を進められるでしょう。

連絡を取り、細かい修正を行いながら丁寧に制作を行ってください。

 

納品する

イラストができたら相手へ納品し、納品が完了したことを依頼者へ連絡します。

依頼者が「確認」ボタンを押した時点でSKIMAからお金が振り込まれ、契約の終了です。

このように、相手との交渉や、お金のやり取りは全てSKIMAを介して行えるのでトラブルも少なく、スムーズにやりとりができ、便利だと言えるでしょう。

 

SKIMAの流れにおける注意点とは?

上記の項目で説明したように、SKIMAの使い方はとてもシンプルなので簡単に相手とやり取りすることが可能です。

 

SKIMAを利用するためにはいくつかのポイントを抑えておくと、相手とのトラブルがより少なくなるでしょう。

  • 出品時の注意点とは?
  • 依頼を受けたときの注意点とは?
  • 制作&納品時の注意点とは?

次項では上記の注意点について徹底開設します。

 

出品時の注意点とは?

サンプル作品を出品するときの注意点は次の通りです。

  • サンプル作品には透かしやロゴを入れる
  • わかりやすい詳細設定をいれておく
  • 注意書きを入れておく

以下詳しく説明します!

 

サンプル作品には透かしやロゴを入れる

サンプル作品を出品するイラストには透かしやロゴを入れることを忘れないでください!

これは誰か第三者が自分のイラストをダウンロードしたり、悪用したりするのを避ける効果があり、自分の作品を守ることにつながります。

 

わかりやすい詳細設定を!

サンプルとともに商品の説明文も載せますが、このとき商品の値段設定、オプションの値段追加、修正可能回数など詳しく詳細事項を表にして入れておくことのもおすすめです。

相手は表を見るとイメージしやすいので、のちのちトラブルになるのを避ける効果があります。

特に、とことんイラストを追求したい人は細かく何度も修正依頼をすることがあるので、常識の範囲で修正可能回数を明確に設定しておくのは重要です。

 

注意書きを入れておく
注意書きに「依頼時にイラストについての詳細をお送りください」と一言入れておきましょう。

 

これは、
商品をいきなり買わないでください。先に詳細設定を打ち合わせしましょう
と言う意思表示です。
この件に関しては次の項目で詳しく説明します。

 

依頼を受けたときの注意点とは?

依頼内容を聞いてみると、実は次のような案件だったということがたまにあります。
  • すごい細かい案件だった
  • 相手の言うままに描いていたら時間がかかりすぎて割りに合わない
  • 大雑把な依頼内容だったのに納品したら細かいことを何度も修正依頼する
契約後にわかった場合大変ですので、依頼を受ける前にイラストの詳細、見積もりについてきちんと話し合右ことは大切です。

 

特に次のことについてはしつこいほどに、何度も確認する方が良いでしょう。

  • 修正回数の数
  • イラストやデザインの方向性
  • 値段設定(オプション価格になる場合はそれも伝える)

これらの確認をして、相互の合意があった時点で契約となります。

 

契約後特に注意したいのは次の点です。

相手の振り込みを確認した時点で作業を開始する
依頼者がSKIMAに振り込みをしたとの連絡が入った後で、イラスト制作の作業を開始してください。
そうすることはお金のトラブルを避ける上で重要です。

 

制作&納品時の注意点とは?

SKIMAにかぎらず、どの作業をする際でも当たり前のことですが、制作時に大切なのは次の点です。

制作時は丁寧に制作し納品をきちんと守る

依頼者とこまめに連絡を取り合い、修正点がないかなどを確認することも大切です(もちろん修正回数に限りがある場合は回数を考えて行いましょう)。

止むを得ず納品期限が遅れる場合もそのことをきちんと伝え、相手に誠意を見せましょう。

 

納品後、依頼者が「確認」ボタンを押した時点で先にSKIMAに振り込まれていた報酬が、クリエーターへ振り込まれます。

 

納品時に特に注意したい点は次の点です。

依頼者が確認ボタンを押してくれない場合は催促をすることもある

たまに依頼者が「確認」ボタンを押すのを忘れていることがありますので、しばらく経っても確認にならない場合は、催促することも必要です。

 

SKIMAのその他の使い方や注意事項を解説!

SKIMAを利用するにあたってさまざまな質問や疑問が出てきます。

 

例えば次のような質問です。

  • 納品方法を知りたい
  • 提案文の書き方ってどうするの?
  • 依頼者との見積もりのやり方がわからない…
  • 出品してるんだけど依頼が来ない…

この項目では、上記の質問の答えを解説しながら、SKIMAを使いこなすための方法や注意事項について徹底解説します。

 

納品方法を知りたい!

イラスト作品を納品はSKIMA内で行います。

納品方法についてSKIMAには次のような説明がありました。

トークルームにて商品の納品をお願いいたします。
SKIMAのメッセージは16 MB までの jpg, jpeg, png, gif, bmp, xlsx, pdf, docx, ppt, pptx, zip, psd, ai, eps のファイルを選択することができます。
これらの条件に該当しないファイルを送信する場合は、外部のファイルストレージサービスなどのご利用をご検討下さい。

引用:SKIMA公式ページ

SNSのアイコンなどのイラストなら比較的画像のサイズが小さいことが考えられますが、キャラクターやウェルカムボード、似顔絵などになると場合によってはサイズが大きくなることもありえます。

 

またゆうパック、メール便などを使って納品することもあります。

依頼者とよく話し合い、サイズが大きい場合はどのサービスを使って送信するかを決めておきましょう。

 

提案文の書き方を解説

依頼者と見積もりやイラストの詳細をやり取りするためには提案文を書く必要があります。

提案文と言うと、ハードルが高く感じる人が多いですが必要な連絡事項のやりとりだと考えるとそれほど難しくありません。

 

提案文を作るときのコツはこちらです。

  • 言いたいことをはっきりと伝えるようにする
  • ダラダラと書かない
  • 丁寧な言葉遣いを心がける

以下、詳しく説明します。

 

言いたいことはハッキリと伝える

SKIMAはイラストを売り買いするための、お金が関係したやりとりであり、ボランティアでイラストを描いてあげているサイトではありません。

そのため金額や、イラストの詳細など言いたいことは正しく、ハッキリと伝える必要があります。

勘違いされやすい曖昧な言葉遣いは避けて、きちんと伝えるように心がけましょう。

 

ダラダラと長文を書かない
提案文を描く時に量が膨大になることがありますが、この時はダラダラと長文を書かないように気を付けましょう。
多くの人は長文を読みたいと思いませんし、何が言いたいのか要点が伝わらない可能性があるからです。
用件は箇条書きにして、スペースや改行を使い、誰が見ても見やすくわかりやすいものにしましょう。

 

丁寧な言葉遣いを心がける
言わずと知れたことですが、依頼主とのやり取りは丁寧な言葉遣いを心がけましょう。
SKIMAはネット上のやり取りで、実際に顔を合わせる機会がないためつい忘れがちになりますので、社会人としてのマナーを守ることも大切です。

 

見積もりのやり方を解説

SKIMAは「見積もり機能」という便利な機能が存在します。

SKIMAの公式ページには次のような説明が載せられていました。

メッセージ内見積もり機能とは、購入者側もクリエイター側も見積もり提出や修正が可能な機能です。
購入者が見積もりを出した場合は、クリエイターが承認後、決済画面に遷移します。
クリエイターが見積もりを出した場合は、購入者が取引を開始すると決済画面に遷移します。

メッセージ内で見積もりが出せるので、
従来よりも気軽に見積もりを出すことができ、
またやり取り中の詳細や一連の依頼内容がメッセージ履歴で確認ができる便利な機能となっております。

引用:SKIMA公式ページ

 

簡単見積もり機能を利用することには次のメリットがあります。

  • メッセージ内で簡単に見積もりができる
  • メッセージを見返すことで経歴を確認できる

依頼人とメッセージを交換しながら見積もりを作成できるので、初心者でも簡単に利用できて便利です。

また、同じメッセージ内に見積もりと依頼人とのやり取りの両方が履歴として残ることになるため、後に確認のために見返したい時に便利なのもメリットだと言えるでしょう。

 

SKIMAを始めたばかりの初心者が安心して作業できる機能ですので、使い方をマスターすることをおすすめします。

 

依頼が来ないときの対処法とは?

SKIMAに登録してよくある悩みは「依頼が来ないこと」ですが、対処法として「リクエスト」の使い方をマスターすることをおすすめします。

 

SKIMAに登録したばかりだと、その人の存在がSKIMAに知られていないためいくらスキルのある人であったとしても依頼されるのは簡単ではありません。

まずは自分というクリエーターがいることをSKIMA内に認知してもらう必要があるのです。

 

リクエストは依頼者が描いて欲しいイラストやアイコンの募集を提示している場所ですが、SKIMAで自分を売り込むのにぴったりな場所です。

リクエスト案件の中から自分にできそうな案件を見つけ、依頼主にアピールしてみましょう。

依頼主が興味を示してくれ、お互いの同意があれば契約となり作業を開始できます。

 

リクエストを利用するメリットは次の通りです。

  • 自分を売り込む場となる
  • リピーターができるチャンス

リクエストに参加し、採用されなかった場合でも自分を売り込む場になります。

依頼人からフォローしてもらえると、次の案件で採用してもらえる可能性もあるでしょう。

 

リクエストで採用され、描いた絵を気に入ってもらった場合はリピーターになる可能性があります。

特にリクエストを利用して絵を依頼している依頼人は、イラストにこだわりを持っていることが多いので、そういった依頼人に気に入ってもらえることはメリットが大きいと言えるでしょう。

 

SKIMAの効果的な使い方を紹介!

SKIMAの使い方がなんとなくイメージできたら今度は

SKIMAでどんなイラストを商品にしたらいいのだろう?

と悩んでいませんか?

 

SKIMAでは幅広いジャンルのイラストを扱っていますが、特に人気のジャンルはこちらです。

  • SNSのアイコン
  • 自作のキャラクター

この項目では、SKIMAを効果的に使いこなすために人気のジャンルについて解説します。

 

SNSのアイコン

TwitterやInstagram、LINEなどのSNSのアイコンのイラストは人気ジャンルです。

クリエーターの中にはSNS案件のみに特化している人もいます。

 

SNSアイコン案件のメリットはこちらです。

  • 依頼者側も気軽に注文できる
  • 受注者としても大作ではない
  • 需要が大きい

SNSアイコンは自分のSNSアイコンにオリジナル感が欲しい人が気軽に注文できます。

受注者側としても他のイラストに比べて大作ではないので、週末などの時間を利用して副業しやすいと言えるでしょう。

なにより需要が大きいので初心者でもチャレンジしやすいというメリットがあります。

相場は1000~5000円と幅が広いですが、平均して3000円の商品が多いようです。

 

自作のキャラクター

自作のキャラクターも人気のジャンルです。

SNSアイコンに比べるとかなりの対策になりますが、人気クリエーターだと一件あたり3~5万円の案件でも受注が来ることがあります。

初心者がいきなりチャレンジするのはハードルが高いと言えますが、将来的にチャレンジするのもいいでしょう。

 

まとめ

SKIMAはイラストの売り買いができるクラウドソーシングの場で、趣味でイラストを描いていた人も副業ができるので人気です。

 

SKIMAの使い方は簡単で、次の4つのステップで商品の出品から納品まで完了できます。

  1. 出品する
  2. 依頼が来る
  3. 制作する
  4. 納品する

 

SKIMAを使う時に注意する点はこちらです。

  • サンプル作品には透かしやロゴを入れる
  • わかりやすい詳細設定をいれておく
  • 注意書きを入れておく
  • 相手の振り込みを確認した時点で作業を開始する
  • 制作時は丁寧に制作し納品をきちんと守る
  • 依頼者が確認ボタンを押してくれない場合は催促をすることもある

当たり前のことですが、どのサイトを利用するにしても相手のやり取りをスムーズにできるためも注意事項をしっかりと認識しておくことは大切です。

 

SKIMAの使い方のコツを覚え、依頼主と気持ちよくやりとりできるようにしましょう。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

SKIMA
happyyazuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました