【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【解説!】コミッションサービスで話題のSKIMA(スキマ)とは?

SKIMA

「SKIMA(スキマ)とはどんなサービス?」

「SKIMA(スキマ)を利用することのメリットを知りたい」

「SKIMA(スキマ)でイラストを出品しても売れないって聞いたけど…」

と、考えておられませんか?

 

この記事では、イラストに特化したSKIMAのサービスシステムや、利用することのメリット&デメリット、売れるための具体例などを徹底解説します。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

SKIMAとは?スキマのサービス内容を徹底解説!

引用:SKIMA公式ページ

SKIMAはイラストや似顔絵などを個人間で売り買いするためのコミッションサービスです。

わかりやすく言うとクラウドソーシングのことで、自分が描いたイラストを売りたい人、誰かのイラストを買いたい人がSKIMAに登録し売買します。

 

この項目では、SKIMAのサービス内容や、口コミなどについて徹底解説します。

 

コミッションサービスとは?

SKIMAの公式ページに行くと「SKIMAはコミッションサービスです!」と説明されていました。

 

コミッションサービスについての説明も、公式ページにあります。

COMMISSION(コミッション)とは、イラストを個人に有料で依頼する海外の文化です。
全てのイラストにその価値があり、そのイラストを必要としている人がいます。
SKIMAは日本でもこの文化を広めることを一つの目標にしています。

引用:SKIMA公式ページ

海外では、イラストを描くことも1つの文化、スキルとされており、お金を払ってイラストを依頼するのは当たり前に行われています。

 

日本では趣味でイラストを描く人は多いものの、自分のイラストを買ってもらう機会が少なかったのも事実です。

SKIMAはそんな日本の現状をみつけ直し、サイトを通してイラストの売り買いを自由にできる場所を設けています。

 

出品される商品

SKIMAはイラストイラストに特化したサイトですが、どのようなイラストが売り買いされているのでしょうか?

 

例えば以下のイラストが売り買いされています。

  • SNSのアイコン
  • 似顔絵などのイラスト
  • 自作のキャラクター
  • 文章(小説)

特にSNSのアイコンを自分の似顔絵アイコン、自分のペットのイラストにしたいと言う人も多く人気の案件となっています。

 

そのほかにも似顔絵、キャラクターなどのイラストだけでなく、自作の小説を売り買いすることも可能です。

「物書きになりたい」人は、自分の活動の場所として利用するのもいいでしょう。

 

手数料について

SKIMAを利用するための登録や、商品の出品に関しては全て無料で行えます。

出品している商品が売れた場合、売れた商品の金額のうちの幾らかをSKIMAに手数料として支払う必要があることを覚えておきましょう!

 

手数料に関しては次の通りです。

・オプションを含む個別販売総額が1,000~20,000円までのお取引:手数料20%
・オプションを含む個別販売総額が20,001~50,000円までのお取引:手数料15%
・オプションを含む個別販売総額が50,001円以上のお取引:手数料10%
※個別販売総額に関しましては、出品金額+オプション料金となります。
※チップに関しましても同様の手数料率となります。

引用:SKIMA公式ページ

このように売れた商品の金額により、手数料が変動するシステムです。

 

参考までに類似サービスであるココナラの手数料は25%です。

そのほかにも、大手の総合クラウドソーシングである、クラウドワークスやランサーズの手数料が20%であることを考えると、SKIMAの手数料は妥当でありむしろ安いと言えるでしょう。

 

相場は?

SKIMAのイラストの金額はクリエーターが金額を提示するので、比較的安い値段設定のものからとても高い金額のものまで差があります。

 

例えば、次のような値段設定がありました。

SNSのアイコンイラスト:1000円、2000円、3000円〜

似顔絵などのイラスト:1000円、10000円、20000円〜

このようにいろいろな金額設定がなされているので、自分が出品する時にはまずSKIMAサイトをチェックしてみて、ライバルたちの値段設定などを確認するのもいいでしょう。

 

中には一件の案件で3~5万円の金額でイラストを販売している人もいます!

 

評判は?口コミを解説!

SKIMAを実際に利用している人の口コミは次の通りです。

SKIMAに商品をアップしていたらイラストが売れたという実例もあります。

このように、初心者が趣味を副業にできる可能性が広がるので、SKIMAは人気のシステムなのです。

 

SKIMAの利用者が求めていることとは?

SKIMAを利用してイラストを購入している人は以下のことを求めています。

  • 新しいクリエーターを探している
  • イラストの具体的な提案が欲しい
  • 描いて欲しいものが既に決まっている

新しいイラストのクリエーターを開拓するためにSKIMAを利用し、試しにイラストを購入する利用者がいます。

そのような人は一度気に入ってもらえると、リピーターとなる可能性も高いでしょう。

 

既に描いてもらいたいイラストのイメージや風景または人物の写真などを持っていて、素材をもとにイラストを依頼したい人や、自分の描くイメージに具体的な提案が欲しい人もいます。

このような人に満足してもらうためには、コミュニケーション能力や相手のイメージを理解する能力が必要です。

相手の希望をできるだけ理解し、イメージに近づけるようにしましょう。

 

SKIMAは稼げる?

SKIMAを登録する前に一番気になるのはやはり「収入が得られるかどうか」では無いでしょうか?

もちろん実力次第ですが、稼ぐことは可能です!

先ほども紹介した通り、人によっては一件のキャラクターのイラストを3〜5万円で取引しているクリエーターもいます。

 

とはいえ、SKIMAを主な収入源とするのではなく、副業として利用するのがおすすめです!

 

SKIMAで人気の商品とは?

スキマで特に売れている人気の商品はこちらです。

  • SNSのアイコン
  • キャラクターの販売

この項目ではそれぞれの商品について徹底解説します。

 

SNSのアイコン

LINEやTwitter、InstagramなどのSNSのアイコンのイラスト案件は人気案件です。

例えば自分の似顔絵やペットのイラストを描いてもらいSNSのアイコンにするなどの案件があります。

 

イラストの規模としてもそれほど大きくきくないので、クリエーター側としても比較的短時間で納品することが可能です。

購入者側としても気軽に依頼しやすい特徴があります。

 

クリエイターによっては、SNSのアイコンのみに絞って活動している人も珍しくありません。

特に週末のみ作業が可能な人、子育てしながら作業している人など、作業ができる時間に限りがある人向いています。

SKIMAをに起動して作業に慣れるまではSNSに特化してみるのもいいでしょう。

 

キャラクターの販売

自作のキャラクラーの販売も人気の商品です。

特にキャラクターは一件の相場が高く、人気のクリエーターによっては5万円で取引している人もいます。

一件の案件でできるだけ高い報酬を得たい人はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

SKIMAのメリットは?

SKIMAを利用するメリットは次の通りです。

  • トラブルを防げる
  • 趣味が仕事になる
  • イラストに特化した仕事が多い
  • 見積もり機能もあって便利

次項では、SKIMAを利用するメリットについて具体的に紹介します。

 

SKIMAが仲介してくれるからトラブルを防げる

SUKIMAを利用してイラストの売り買いをすることにより、お金の支払いなどはSKIMAを通して行います。

そのため、未払いなどお金に関するトラブルや変なお客さんとのトラブルなどを避けることができ安心です。

特に初心者は、クライアントとのやり取りになれていない場合も珍しくありません。

 

将来的には自分でイラストを受注できるようになるかもしれませんが、まずはSKIMAでクライアントのやり取りになれることをおすすめします。

 

趣味が副業になる

趣味でイラストを描いていた人もSKIMAを利用すると副業を始められます。

特別な人でなければイラストを売り買いできないことはありません。

自分が楽しく描いていた絵を誰かが買いたいと思う可能性があるのです。

 

週末や仕事が終わった空き時間などを利用して作業をして収入を得られます。

工夫次第で自分の趣味を仕事にすることができるのは、嬉しいメリットと言えるのではないでしょうか?

 

イラストに特化した仕事が多い

SKIMAは特にイラストに特化した案件を多く扱っているサイトです。

イラストを扱っているクラウドソーシングサイトは他にもたくさんありますが、そのかでもSKIMAはイラストを前面に押しているので、イラストを購入したい人が多く登録しています。

 

イラストを描いて作業したい人に好都合なサイトだと言えるでしょう。

 

見積もり機能もあって便利

SKIMAではクライアントとの連絡がスムーズに行うためのサポート体制も存在します。

その1つが見積もり機能です!

 

クライアントとイラストについての見積もりを話し合う時に使える機能ですが、特に初心者にはありがたいといえます。

初心者はどうやって見積もりを話し合ったらいいか手探り状態になり兼ねません。

そんなの時に見積もり機能などを使うことで、クライアントとの話し合いを行いやすくなるでしょう。

 

 

Skimaのデメリットは?

SKIMAを利用するデメリットは次の通りです。

  • 自己責任で作業をする必要がある
  • 売れないこともある

この項目ではSKIMAを利用するデメリットについて徹底解説します。

 

自己責任で作業する必要がある

SKIMAは自己責任で作業する必要があります!

もちろんSKIMAはクリエーターとクライアントとの仲介をしてくれるサイトですが、何から何までサポートをしてくれるわけではありません。

 

クライアントとのやり取りや、見積もり、イラストのデザインなどは全て自分で行う必要があるのです。

納品の期限内に納品したり、クライアントと連絡をきちんと取るなどの事務的な仕事も自己責任で行う必要があることを覚えておきましょう。

 

売れないこともある

SKIMAを始めたからと言ってすぐに売れるわけではないことや、いきなり人気のクリエーターになれるわけでは無いことを覚えておきましょう。

中には思ったよりもイラストが売れないと感じる人もいることは事実です。

 

イラストを出品して売れるためには工夫や時間が必要なので、焦らず少しずつ努力することが大切となってきます。

 

SKIMAで売れる商品を出品するための具体的な方法とは?

SKIMAで作品が売れるためにはいくつかのポイントを抑える必要があります。

具体的にできることは次の点です。

  • 自己紹介をしっかりと書く
  • 相手にわかりやすい出品をする
  • テーマ(統一感)を測る
  • リクエストに応募してみる
  • 需要の絵を描く

この項目では、SKIMAで出品した作品を売るためにできることを具体的に説明します。

 

自己紹介をしっかりと書く

SKIMAに登録すると、プロフィール設定を行いますが、プロフィール設定をしっかりとしておきましょう。

多くの人は作品を依頼する前にプロフィール画面でクリエーターのことを確認しますので、プロフィール欄を充実させることは大切です。

 

次の点を意識したプロフィールを書くことをおすすめします。

  • 自己紹介文をわかりやすく
  • 親しみのこもったペンネームを考える
  • アイコンやプロフィールヘッダーは自作のイラストを!

自己紹介文は自分やイラストのイメージが伝わりやすい文章を考えましょう。

どんな思いでイラストを作っているのか、どんな点に特に注意を払ってイラストを描いているのかを簡潔にまとめると相手はイメージしやすくなります。

 

ペンネームは相手が覚えやすく、親しまれやすいものを考えましょう。

アイコンや、プロフィールヘッダーは大切な宣伝の場所となりますので、自分の自信作を載せてください。

 

相手にわかりやすい出品をする

相手にわかりやすい出品をしましょう。

まずはサンプルとなるイラストをいくつか出品しますが、そのサンプルで自分の作風やイメージが伝わるように工夫してください。

サンプル作品の説明をつけておくのもいいでしょう。

 

フィードバックの受付回数(限度を決めておくことをおすすめします)、サイズ、納品形式、納品までにかかる目安日数も一緒に記入しておくと親切です。

 

テーマ(統一感)を測る

サンプルを出品する時は、テーマ(統一感)のあるものにすると良いでしょう。

クライアントは何人かお気に入りのクリエーターを登録しておき、自分の気分や需要に合わせて作品を注文する場合が少なくありません。

 

例えば、日本文化に特化したイラストを描いてくれるクリエーター、風景が綺麗なクリエーター、美味しそうなご飯の絵を描いてくれるクリエーター、テーマが決まっているとその時のテーマに合わせて依頼しやすくなります。

 

美味しそうなご飯の絵が欲しいから今回はこのクリエーターに依頼しよう!

と言う具合です。

 

出品作品を見直し、次のように考えるのは良いことです。

  • 自分の作品を見た人にテーマが伝わるだろうか?
  • 統一化があるように見えるだろうか?

 

リクエストに応募してみる

リクエストに応募するのもおすすめです!

出品してすぐの頃はなかなか作品が売れなくても仕方がありませんので、自分から行動しましょう!

 

リクエストには、クライアントが購入したい絵のリクエスト案件があります。

リクエスト案件の中から自分がトライできそうなものを選び挑戦してみるのも良いでしょう。

クライアントに気に入ってもらえたら、次回から仕事の依頼が来る可能性もありますし、仕事実績を上げることもできます。

 

需要ある絵を描く

プロフィールやサンプル作りもしっかりやっていて絵に自信があるのに売れない場合は、需要のある絵を描いているのかもう一度考え直してみましょう。

 

クリエーターなので自分の描きたいものにポリシーを持っているのは決して悪いことではありません。

しかしポリシーを持って活動していることと、頑固に突き通していることは全くの別問題です。

 

例えば今はSNSのアイコンが人気案件なら

SNSの案件なんか描いてられるか!
と跳ね除けるのではなく、挑戦してみる。
妥協するのではなく、需要に合わせる気持ちも大切です。

Skimaで活動するのに必要なスキルとは?

SKIMAを始めるのに必要な主なスキルは次の3つです。

  • コミュニケーション能力
  • ビジネススキル
  • イラストを描く能力

この項目では、SKIMAに必要な能力やスキルについて徹底解説します。

 

コミュニケーション能力

先ほども説明した通り、SKIMAは自分の作品の自己PRやクライアントとのやり取りを全て自己責任で行う必要があります。

 

クライアントとのやり取りの中で、相手がどのようなことを求めているのか、重視している点は何かなどを理解することができなければ相手に満足してもらえる絵を描くことはできません。

 

見積もり交渉なども全てコミュニケーション能力が必要となってきますので、相手の意見を聞き正しく判断する能力や、自分の要望をきちんと伝える能力を身につけましょう。

 

ビジネススキル

ビジネススキルはSKIMAを利用している人だけでなく、社会人として必要なマナーのことです。

 

例えば次の点が含まれます。

  • 納品をきちんと守る
  • クライアントとやり取りの時には丁寧な言葉遣いを心がける
  • メッセージには返信する

特にSKIMAはネット上のやり取りで相手の顔が見えないので忘れがちになることがありますが、社会人としてのマナーをきちんと守るようにしましょう。

 

イラストを描く能力

言わずと知れたことですが、イラストを描く能力も大切です。

クライアントに満足してもらえるためにも丁寧にイラストを描くことを心がけましょう。

イラストを描く能力が高いと、相手の要望にも応じやすくなりますのでスキルアップを目指して頑張ってください。

 

まとめ

SKIMAは自分の描いた絵を売り買いできるコミッションサービスの場所です。

SKIMAを利用するメリットは次の通りです。

  • トラブルを防げる
  • 趣味が仕事になる
  • イラストに特化した仕事が多い
  • 見積もり機能もあって便利

 

反対にデメリットは次の通りです。

  • 自己責任で作業をする必要がある
  • 売れないこともある

 

SKIMAで作業するためには主に3つのスキルが必要です。

  • コミュニケーション能力
  • ビジネススキル
  • イラストを描く能力

 

SKIMAのシステムを利用することで、自分の趣味を副業にすることができます。

工夫次第で活躍の場が広がる可能性がありますので、イラストに特化した副業がしたい人は考慮に入れるとよいでしょう。

SKIMAの公式ページへ行く

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

>>クリックして詳細を見てみる

 

SKIMA
hiromatsuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました