【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

SKIMA(スキマ)の支払い期限は短い?支払いについて徹底解説!

SKIMA

「SKIMAには支払いの期限があるって本当?」

「SKIMAの支払い期限が過ぎたらどうなるの?」

「クリエーターはいつ支払いを受け取れるの?」

と考えていませんか?

 

この記事ではSKIMAの支払い期限など支払いに関する情報について、クリエーターも依頼者も把握しておきたい点を徹底解説します。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

SKIMAには支払い期限などルールがある!

引用:SKIMA公式ページ

SKIMAは主にイラストを扱っているクラウドソーシングで、SNSアイコンや自作のイラスト、似顔絵、ウェルカムボードなどが売り買いされています。

イラストを売り買いすることはコミッションサービスとも呼ばれ、海外では盛んに行われていますが、日本では最近注目を浴びるようになってきました。

 

SKIMAを利用するクリエーターも依頼者も特に知りたいのは、支払いに関する情報ではないでしょうか?

  • 支払い期限はあるのか?
  • 支払い期限を守らなければどうなるのか?
  • 支払いを受け取れなければどんな対処をすればいいのか?

など支払いに関することをきちんと把握した上で利用しなければ、トラブルにもなり兼ねません。

 

この項目では、次のことについて徹底解説します。

  • 支払い期限は翌日
  • 支払い期限を過ぎたらどうなるのか?
  • SKIMAの支払い期限は短い?
  • 支払い期限が短いことによるメリット

 

支払い期限は翌日!

クラウドソーシングをやる際に注意しなければならないことの画像

SKIMAが定めている支払い期限は、購入日の翌日です!

SKIMAの公式ページには、次の説明がありました。

支払いには期限があります。
購入した日の翌日23時59分となりますので、なるべくお早めにお支払いをお願いいたします。
支払いが確認できない場合は取引キャンセルとなりますのでご注意下さい。

キャラ販売(adopt)に関しましても同様の支払期限となります。

引用:SKIMA公式ページ

支払い期限があることを知らずに購入して、後でバタバタ行動することにならないように日程を把握し、早めに支払いを済ませましょう。

 

ちなみにクリエーターに直接支払いをするのではなく、SKIMAに支払います。

クリエーターは依頼者が支払い期限内に支払いを完了させた場合でも、すぐに報酬を受けるわけではありません。

 

支払い期限を過ぎたらどうなるのか?

上記の公式ページにも記載されていますが支払い期限を過ぎてしまった場合、自動キャンセルになります。

 

  • システムのメンテナンスが急に始まった…
  • 支払いをうっかり忘れていた

など何かの事情で依頼主が支払い期限内に支払いができない場合は、クリエーターに一言メッセージを残しておくこともできるでしょう。

何らかの理由で支払い期限に間に合わなかった場合、自動キャンセルになった後でもう一度購入し直しましょう。

 

SKIMAの支払い期限は短い?

SKIMAの支払い期限は翌日の23時59分までですが、この期限は短いのでしょうか?

 

参考までに類似サービスのクラウドソーシングであるココナラの支払い期限はこちらです。

・購入手続きから以下の指定期限内に、お支払い手続きの完了をお願いいたします。期限を過ぎてしまうと、購入自体が取り消しとなってしまいますので、ご注意ください。
ー 銀行振込の場合:購入手続きから4日以内
ー コンビニ払いの場合:購入手続きから48時間以内

引用:ココナラ公式ページ

ココナラでは銀行振り込みで支払う場合、購入手続きから4日以内と余裕がありますが、コンビニ支払いの場合48時間以内なのでSKIMAとほとんど変わりません。

ただ、48時間以内と日にちではなく、時間による期限となっていて、SKIMAと比べると少し余裕があると言えるでしょう。

 

ココナラに慣れている人がSKIMAでイラストを購入するとしたら、「支払い期限が短い」と感じる可能性は十分にあります。

 

SKIMAでイラストを購入する場合、翌日を予備日とし当日中に支払いをするのが安全でしょう。

 

SKIMAの支払い期限が短いことのメリット

SKIMAの支払い期限が短いことにより、クリエーターにきちんと支払いが行われるのを助けます。

支払いが確定しなければクリエーターは作業を開始できませんので、万が一支払い期限が長く依頼者の支払いが遅いとすれば、クリエーターの時間や労力を無駄にすることになるでしょう。

 

また、支払い期限が短いことで

支払い期限が早くても絵を買いたい

と、本当にイラストを買いたい人だけがSKIMAを利用するので、SKIMA全体の質を上げることにもつながります。

 

SKIMAでの支払い方法を徹底解説

SKIMAでイラストを売り買いする場合、次の2つの支払い方法の中から都合の良いものを選べます。

  • クレジットカード
  • コンビニ振り込み

この項目では、支払い方法について徹底解説します。

 

支払いに関しての注意点は次の通りです。

一旦支払いを確定したら支払い方法の変更はできない

支払いの変更はできませんので、購入前にしっかり考えて購入しましょう。

万が一、支払い方法を間違えてやり直したい場合は、振り込み期限が切れて自動キャンセルになるのを待ち、もう一度購入をやり直す必要があります。

 

クレジットカード

支払いはクレジットカードの使用が可能です。

 

クレジットカードについての支払い方法については、このような記載がありました。

クレジットカード決済には「VISA」「MasterCard」のカードブランドがご利用いただけます。
お支払方法は一括のみです。
クレジットカード決済手数料は無料となります。

引用:SKIMA公式ページ

 

SKIMAの公式ページによると、支払いが可能なクレジットカードは次の通りです。

  • VISA
  • Master Car

カード支払いは一括のみでの受付となっているので、数万円単位のイラストを購入する場合は分割できないことを覚えておきましょう。

カードで支払うのであれば、購入時にカード払いができるので、支払い期限の問題は起こないことがメリットです。

 

コンビニ振り込み

コンビニ振り込みでの支払い方法もあります。

コンビニ支払いに関してはホームページに次のような記載がありました。

コンビニ支払いには「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「セイコーマート」「デイリーヤマザキ」がご利用頂けます。

支払い方法は各コンビニで異なりますので購入の際に送られるメールを参考にお支払い下さい。

お支払いの際、コンビニ決済手数料として200円の手数料がかかります。

コンビニ振り込みでの支払いを行う場合、支払い期限に注意する必要があります。

 

コンビニ振り込みを行う場合の注意点は次の通りです。

  • 振り込み期限を守る必要がある
  • 手数料の200円が別途に必要
  • それぞれのコンビニで振り込み方法が違う

 

コンビニ振り込みで使用できるコンビニは次の通りです。

イラストを購入した時にSKIMAからメールで連絡が届き、コンビニ支払いについての詳細を教えてくれます。

メールをチェックし、支払い方法を確認しましょう。

 

クリエーターが支払いを受け取るには

イラストの支払いをクリエーターが受け取るためには、3つのステップが必要です。

 

ステップとは次の通りです。

  1. イラストを描く
  2. 納品する
  3. 納品を承諾してもらう

 

この時の特に注意したい点はこちらです。

納品後、依頼者が承諾してくれないと支払いは受け取れない

支払いはSKIMAが仲介しているので、依頼者が支払いをしてすぐに報酬が受け取れるわけではなく、納品後依頼者が納品を承諾してくれる必要があることを覚えておきましょう。

このシステムによりお金のトラブルを防げ、クリエーター、依頼者の双方が安心してイラストを売り買いできるのです。

 

納品を承諾してもらえない時の解決策

たまにイラストを納品しても承諾してくれない依頼者がいます。

 

考えられる理由は次の通りです。

  • 承諾ボタンのシステムを知らない
  • 悪質な依頼者

SKIMAの初心者だと、承諾ボタンを押さなければ相手に料金が振り込まれないことを知らない可能性が考えられます。

 

承諾ボタンを押してもらうためにできることはこちらです。

  • 納品した時に、納品のメッセージと一緒に承諾ボタンを押してくれるように念を押す
  • 数日経っても承認してくれない場合、催促してみる

依頼者が悪気なく承認ボタンを押してくれない場合は、こちらから丁寧な仕方で念を押したり、催促したりすることで解決できる場合が少なくありません。

 

稀なことですが、悪質な依頼者である場合も全く否定できず、この場合SKIMAに問い合わせを入れてサポートを要請しましょう。

SKIMAの公式ページには次のような説明がありました。

納品済みにも関わらず、購入者が納品を承諾してくれない場合は、購入者へ連絡をお願いいたします。
相手が納品の承諾を行わない場合、クリエイターに商品売上が反映されませんので、「お問い合わせ」よりご連絡ください。

尚、取引の自動キャンセル期限を迎えますと、取引はキャンセルとなり代金は購入者に返金されてしまいます。
ぎりぎりのお問い合わせですと対応が間に合わないといった場合もございます。
期限までに余裕をもってお問い合わせいただけますようお願いいたします。

引用:SKIMA公式ページ

相手が承認してくれない場合、SKIMAの「お問い合わせ」を利用してサポートしてもらいましょう。

公式ページにもありますが、代金が購入者に返金されることを避けるためには、自動キャンセル期限より前に連絡することが大切です。

 

手数料が差し引かれた金額が振り込まれる

振り込まれる支払額は、手数料が引かれていることを頭に入れておくと良いでしょう。

SKIMAの手数料は次の通りです。

  • 1000~20000円の商品:20%
  • 20001~50000円の商品:15%
  • 50001~の商品:10%

これに加え銀行振込の際には振り込み手数料の262円が差し引かれます。

 

例えば1000円のイラストを購入してもらった場合は

1000×0,2=200円

の手数料が引かれるのです。

 

支払い金額をそのまま受け取れるわけではないことを頭に入れておくと、通帳に振り込まれた金額を見てガッカリするのを防げます。

手数料に関する詳しい情報はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

商品の納品期限もある!

SKIMAには納品期限があり、期限を7日過ぎると依頼者がSKIMAに支払っている金額が払い戻されます。

 

SKIMAの納品期限については次のような記述が載せられていました。

・設定できる最長の納品予定日…50日

・納品期限…納品予定日より7日後

引用:SKIMA公式ページ

納品予定日を過ぎないように注意し、余裕を持って予定日を設定しておきましょう。

クリエーター側が誠意のない対応をしていると、依頼者側が感じた場合、納品したイラストに対して承認したいという気持ちは薄れる可能性もあります。

納品を期限を守り、きちんと提出したり、丁寧にイラストを描いたりすることで依頼者に誠意を示すことは大切です。

 

まとめ

SKIMAで商品を購入した時の支払い期限に関する情報はこちらです。

  • 支払い期限は翌日
  • 支払い期限を過ぎたら自動キャンセルされる
  • 支払いはコンビニで振り込める

 

厳しそうに見える支払い期限の設定ですが、期限があることにより次のメリットがあります。

  • クリエーターにきちんと報酬が支払われる
  • SKIMAのサイト内のクオリティを保てる

SKIMAはクリエーターも依頼者も安心してイラストの売り買いができるようなサポート体制を考え、サービスを展開してくれているのです。

利用者もマナーを守り、みんなが気持ちよく利用できるように誠意を示して作業しましょう。

 

 

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

SKIMA
happyyazuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました