【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

タイムチケットでキャンセルする方法や返金される仕組みを徹底解説!

タイムチケット

「タイムチケットで購入したチケットをキャンセルしたい」

「いつまでならチケットをキャンセルできるの?」

「チケットをキャンセルしたら返金される?」

 

上記のお考えではありませんか。

当記事では、タイムチケットでチケットのキャンセル方法から、返金方法まで徹底解説していきます。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

タイムチケットで購入したチケットのキャンセル方法は?

早速ですが、タイムチケットで購入したチケットのキャンセル方法を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

まず、タイムチケットのサイトの右上にあるプロフィールアイコンをクリックして、「チケット」-「チケットの購入履歴」を選択します。

 

次にチケットの購入履歴から、キャンセルするチケットの「申込の取消」ボタンをクリックしてください。

 

最後に「この申込を削除しますか?」のポップアップが表示されるので「OK」ボタンをクリックします。

 

以上で、キャンセルは完了です。

申し込みは削除されて、チケットの購入履歴からキャンセルしたチケットが消えています。

 

なお、上記は購入申込が承認される前の手順。

承認後の手順も、同様にチケットの購入履歴からキャンセルが可能です。

 

タイムチケットはいつまでならチケットをキャンセルできるの?

では、いつまでなら購入したチケットをキャンセルできるのでしょうか。

本章では、キャンセルできる期日を解説していきます。

 

サービス提供日の前日まではキャンセルできる

チケットの購入申込時に、指定した希望日時の前日まではチケットをキャンセルすることが可能です。

なお、サービス提供日が希望日時ではない日に確定した場合は、サービス提供日の前日までがキャンセルできます。

 

キャンセル方法は、前章でご紹介した手順でキャンセルしてください。

 

キャンセルが販売者の要因であれば当日も可能

サービス提供日当日に、販売者が現れなかった、提供されたものが違っていたなどの場合であれば、当日もキャンセルが可能です。

ただし、サービス提供日から24時間以内に購入したチケットをキャンセルする必要があります。

 

24時間が過ぎてしまうと、仮払いしたお金が販売者の売り上げへ反映されてしまい、たとえサービスを受けられなかったとしても、返金されません。

 

なお、当日キャンセルは、あくまでも販売者にキャンセルする原因がある場合のみです。

購入者都合による当日キャンセルは出来ませんのでご注意ください。

 

タイムチケットでチケットをキャンセルしたら返金される!返金方法は?

タイムチケットでは、仮払いシステムを採用している為、キャンセルした後も返金されます。

仮払いシステムとは、購入者が支払ったお金をサービス提供が完了するまで、タイムチケット運営が保管する仕組みのことです。

 

返金される仕組みは、購入申込時に指定した支払い方法によって変わります。

 

下記の支払い方法ごとに、返金の流れを解説していきますのでご確認ください。

  • クレジットカード払いの場合
  • コンビニ払いの場合
  • デビットカード・プリペイドカード払いの場合

 

クレジットカード払いの場合

クレジットカード払いのチケットをキャンセルすると、利用したクレジットカードからそもそも引き落としされませんので返金は不要です。

とはいえ、念のため仮払いした料金が引き落としされていないかクレジットカードの明細は確認してくださいね。

 

コンビニ払いの場合

コンビニ払いのチケットをキャンセルすると、チケットの購入代金(コンビニで支払った金額から決済手数料を差し引いた金額)を売上金として返金されます。

売上金は「あなたの売上」から確認が可能です。

 

また、売上金はポイントに変換することができます。

ポイントに変換すると、チケット代金の支払いに利用可能です。

 

現金で受け取りたい場合は、出金申請することで、あなたの銀行口座へ振り込めます。

次項から下記手順を解説しますので、ご参考ください。

  • 売上金の確認方法
  • ポイントに変換する方法
  • 出金申請の方法

 

売上金の確認方法

「あなたの売上」を確認する方法は、タイムチケットサイト上の右上にあるプロフィールアイコンをクリックして、「売上」-「あなたの売上」を選択します。

 

下記「あなたの売上」のページで、売上残高に反映されるのでご確認ください。

 

ポイントに変換する方法

ポイントに変換する方法は、タイムチケットサイト上の右上にあるプロフィールアイコンをクリックして、「売上」-「ポイント変換」を選択します。

 

「売上をポイントに変換」のページで、変換するポイント数を入力して、「ポイントに変換」ボタンをクリックしてください。

なお、1ポイント=1円です。

また、ポイント有効期限はポイント交換してから180日間ですので、有効期限切れにならないようご注意ください。

 

「あなたの売上」のページからポイント残高に反映されているか確認しましょう。

 

出金申請の方法

出金申請する方法は、タイムチケットサイト上の右上にあるプロフィールアイコンをクリックして、「売上」-「出金申請」を選択します。

 

本人確認資料が未提出の方は、「本人確認資料提出」のページに遷移されますので、まず本人確認資料を提出してください。

 

なお、下記いずれかの画像をアップロードして「資料(免許証画像など)を提出」ボタンをクリックすれば、本人確認資料の提出は完了です。

  • 運転免許証(表面・顔写真入り)
  • 健康保険被保険者証(氏名記載面)
  • 住民票(氏名記載面)
  • 旅券/パスポート(顔写真入りのページ)
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 写真付き住民基本台帳カード(表面・顔写真入り)
  • 在留カード(表面・顔写真入り)
  • 特別永住者証明書(表面・顔写真入り)

 

出金申請のページに移動して、銀行口座の登録と出金する額を入力して申請しましょう。

出金申請には振込手数料300円が引かれます。

仮に10,000円出金する場合は、振込手数料300円が引かれるので、銀行口座に振り込まれる額は9,700円です。

 

なお、本人確認書類の名前と銀行口座の名義が一致しないと申請はできません。

また、出金申請は売上残高が1,000円以上から利用可能です。

 

デビットカード・プリペイドカード払いの場合

デビットカードやプリペイドカードの場合、購入申し込み時点で引き落としが発生しています。

そのため、キャンセル申請と同時に返金手続きを運営が行う仕組みです。

返金に関して別途手続きする必要はありません。

 

なお、返金のタイミングは各カード会社で異なります。

返金のタイミングを確認したい場合は、利用されたカードの運営会社へ問い合わせしてください。

本来返金されるタイミングで、返金されていなかった場合は、タイムチケットのお問い合わせフォームより連絡しましょう。

 

以上、返金方法についてでした。

タイムチケットは、仮払いシステムを採用しているため、サービス提供日前日までならキャンセルしてお金が戻ってきます。

さらに当日も、販売者からサービスが提供されなかったなどの販売者要因であればキャンセルして返金されるので安心してください。

タイムチケットは販売者と購入者のお金のやり取りを仲介してくれるので、一番気になるお金面でのトラブルはほぼないでしょう。

 

タイムチケットで購入者からの購入申込をキャンセルできる

販売者も購入申込に対してキャンセルすることができます。

 

購入者のプロフィール情報などを確認して販売したくない、もしくはあなたが販売できる状況ではないときにキャンセルしてください。

キャンセル方法は、購入申込の承認ページで、「OK」「日時変更依頼」「キャンセル」ボタンがありますので、「キャンセル」をクリックましょう。

 

タイムチケットって危ない?評判や口コミを紹介

タイムチケットのキャンセル方法や返金される仕組みなどの解説から、きちんと返金されることがわかりました。

それでも、タイムチケットは危ないサービスなの?という疑問が残っているかと思います。

 

本章では、タイムチケットの評判や口コミをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは悪い評判についてです。

 

悪い評判

下記は、タイムチケットは危険だという口コミ。

以前は、タイムチケットの登録はFacebookアカウントが必須だったため、全員実名での利用でした。

したがって、上記口コミの通り、個人情報からトラブルに巻き込まれるリスクはあったのでしょう。

 

しかし、現在は匿名でも利用できるようになったので、自身で実名または匿名のどちらで利用するか決めることが可能です。

実名の場合、個人情報の公開からトラブルのリスクという懸念点がありますが、他の利用者に安心感を持ってもらえるという利点があります。

そのため、一概に、実名での利用は良くないとは言えませんし、実際に多くの方は実名でタイムチケットを利用されている状況です。

 

下記は、詐欺のようなサービスが多いという口コミ。

 

タイムチケットの中には、一部怪しいチケットが販売されています。

月1,000万円を稼ぐ方法や、即日10万円を入手する方法など特に稼ぐ系のサービスが怪しい傾向です。

 

少しでも怪しいなと思ったら、購入しないのが無難。

もし購入してキャンセルしたい場合は、早めに手続きするようにしましょう。

 

下記は、購入申込に返信せずキャンセルになってしまったという口コミです。

 

購入申込で指定された希望日時の1時間前に、販売者は購入申込を承認しないと自動でキャンセルになってしまいます。

購入申込の通知メールが届いたら、早めに承認するようにしましょう。

 

タイムチケットで大きなトラブルに巻き込まれた、大きな危険に遭遇したといった口コミは見当たりませんでした。

ただ、詐欺まがいのチケットが販売されています。

トラブルに巻き込まれないように取引する相手がどのような人なのか見極めて利用するようにしましょう。

 

続けて、良い評判をご紹介していきます。

 

良い評判

下記は、売りたい人にだけ売れるから安心という口コミです。

タイムチケットの販売者は購入者を選ぶことができます。

というのも、購入申込に対して販売者が承認しなければ購入確定にはなりません。

 

購入申込をしてきた人がどのような人なのか、プロフィール情報などを確認して承認することができます。

そのため、会える人を自分で決められるので安心なサービスです。

 

下記は、チケットが売れたもののキャンセルしたという口コミ。

購入者だけではなく販売者も、チケットを販売したくなければ購入申込をキャンセル出来ます。

実際にキャンセルされている人がいました。

 

チケットを販売したものの、忙しい、サービス提供に不安がある、今回の購入者には販売したくない、など様々な理由でキャンセルされている方がいます。

つまり、キャンセルするにあたって理由は問いません。

どのような理由であれ、販売者は購入申込に対してキャンセルする権利があります。

 

下記は、タイムチケットは安全なサイトという口コミ。

テレビでも多数放送されたことがあり、知名度も信頼度もあるサービスです。

決して怪しいサイトではなく、安全なサイトなので安心してください。

 

下記は、トラブルはないという口コミ。

 

タイムチケットを何度も利用されているけど、トラブルはないとのことです。

基本的に、販売者と購入者が円滑に取引できる仕組みがつくられていますので、トラブルになることはほぼないでしょう。

 

下記は、雑談のチケットが売れたという口コミです。

 

スキルやノウハウが無くても売れているチケットがありました。

スキルを活かしたチケット販売の方が高単価で販売しやすい傾向にあります。

 

ただ、上記の方のように、ノースキルで販売してもチケットは売れていました。

スキルは無いけど少しでも収入を得たいのであれば、ノースキルで販売するチケットを決めてみてください。

 

まとめ

以上、タイムチケットのキャンセル方法について解説してきました。

購入者がチケットをキャンセルする方法は、チケットの購入履歴からキャンセルするチケットの「申込の取り消し」からキャンセルできます。

 

また、希望日時(サービス提供日)の前日までなら、購入チケットが承認されてもキャンセルが可能です。

販売者が当日来なかった、提供されたサービスが違っていたなどの販売者要因であれば当日もキャンセルできます。

 

ただし、希望日時(サービス提供日)から24時間以内にキャンセルしてください。

24時間を過ぎてしまうと、いかなる理由であれキャンセルは出来なくなります。

 

また、販売者も購入申込をキャンセルすることが可能です。

キャンセルしたい場合は、購入申込の承認ページで「キャンセル」ボタンをクリックしてください。

 

チケットを購入しても、サービス提供日の前日までならキャンセルできる仕組みできちんと返金されます。

安心してタイムチケットを利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました