【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

タイムチケットとFacebookの関係とは?登録方法まで徹底解説

タイムチケット

「タイムチケットとFacebookってよく見かけるけどどういう関係?」

「タイムチケットの登録にはFacebookアカウントが必須なの?」

「タイムチケットの登録方法が知りたい」

上記のようにお考えではないでしょうか。

 

そこで当記事ではタイムチケットとFacebookの関係について解説していきます。

タイムチケット登録の前にぜひご一読ください!

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

タイムチケットはFacebookとどういう関係にあるの?

タイムチケットと検索をかけると「Facebook」というワードがサジェストされることが多い理由についてまずは解説していきます。

 

タイムチケットはFacebookアカウントでの登録が必須だった

結論からいうと過去、タイムチケットの登録にはFacebookアカウントが必須でした。

タイムチケットのアカウントを作成するとき、Facebookを利用して登録するしかなかったので、結果的にタイムチケットとFacebookの関係性は強化されたということ。

 

さらに重要な事柄はFacebookの匿名性の低さにありました。

 

実名・顔出しが基本で極めて匿名性の低いサービスだった

Facebookは実名・顔出しが必須のサービスです。

そのため、Facebookを利用しないと登録できないタイムチケットもまた、実名・顔出しが基本のサービスとなっていました。

 

中には副業が会社にバレるのが嫌な方も多く、そういった方々には利用が遠慮されることもあったでしょう。

少なくとも過去、タイムチケットは匿名性が極めて低いサービスだったといえます。

 

匿名性が低く、信頼できるサービスといえる

匿名性の低さは必ずしもデメリットばかりではありません。

例えば、タイムチケットのように初対面の相手と対面するようなシステムだと、信頼感は重要です。

 

相手がどういった人物なのか、危険ではないのかといった事柄を事前に把握しておければ、相手を信頼できるでしょう。

そういった意味合いでは、Facebook連携が必須なタイムチケットは匿名性が低く、信頼できるアプリ・サービスでした。

 

タイムチケット登録はFacebookアカウントが必須?

しかし結論からいうと、現在ではタイムチケットの登録はFacebookが必須ではありません。

ではどうなっているのか、ここから解説していきます。

 

現在はメールアドレスがあれば登録可能

タイムチケットのアカウント作成について、現在はメールアドレスがあれば登録が可能です。

実際、タイムチケットの登録画面には下記のように表示されます。

引用:タイムチケット

Facebook・Apple・メールアドレスの3つの選択肢があり、現在では好みの方法を選択可能です。

過去に比べるとずいぶん選択肢が増えましたね。

 

登録はしやすくなりましたが、その分デメリットもあります。

次はメールアドレス登録が可能になった分、生じたデメリットについて解説していきます。

 

匿名性は以前に比べて低下した

メールアドレスでの登録ができるようになったことで生じたのは、匿名性の低下です。

実名・顔出しが基本だったタイムチケットですが、現在では匿名(ニックネーム)・イメージ画像での登録ができます

その結果、以前に比べてアカウントの信頼性はやや低下したように感じました。

 

一方で、過去実名では利用できなかった方々(会社の副業に関する規約が厳しいなど)も気軽にタイムチケットを利用できるようになったということでもあります。

タイムチケット側としては、ユーザーが増えるに越したことはないので、上記の対応をとったのではないでしょうか。

 

ただし、売り上げのトップ層は実名・顔出しが基本

とはいえ、タイムチケットの実名・顔出し文化は根強く残っており、売り上げのトップ層はほとんどが実名・顔出しです。

 

やはり信頼感を勝ち取りやすいからといった理由でしょうか。

これからタイムチケットに取り組んで、しっかり稼ぎたいと思いなら実名・顔出しがおすすめです。

 

もちろん、会社の副業に関する規則などを確認してから利用するようにしてくださいね。

タイムチケットで利益を出すには顔出し・実名が基本!

タイムチケットの登録方法を解説

次はタイムチケットの登録方法を解説していきます。

公式サイト・アプリの2種類の方法がありますので、それぞれ分けて説明していきましょう。

 

公式サイト

まずは公式サイトでの登録方法です。

下記ボタンから、メールアドレス・Facebook・Appleのいずれかを選択して、登録を進めましょう。

タイムチケットに登録する

 

注意点として、メールアドレスを登録した場合iOSアプリには対応していますが、Androidアプリにはまだ対応ができていないとのこと。
Androidユーザーは注意してください。

 

あとは画面の指示に従って必要事項を入力していくだけ。

非常に簡単です。

 

公式アプリ

次はスマートフォンアプリについてです。

アプリを開くと登録画面が表示されるので、Facebook・メールアドレスを選択し、手続きを進めていきます。

 

メールアドレスの認証が完了したら、次はプロフィールの入力。

その次はキャッチフレーズと自己PRの記入です。

キャッチフレーズと自己PRは任意の項目ですが、入力しておいた方が確実にチケットが売れやすくなるので、書くに越したことはありません。

 

最後によくいるエリアとプライバシー設定を済ませたら登録完了です。

時間はかかっても10分ほどなので、気軽に登録をしてみてください。

利用料金はもちろん無料です。

もちろんチケットの購入にはお金がかかります。

 

タイムチケットの特徴を紹介

次はタイムチケットの特徴をご紹介していきます。

 

時間をチケットとして売り買いするサービス

タイムチケットは時間をチケットとして販売・購入することができるサービスです。

例えば、英語のレッスンを1時間5000円などの単価で販売します。

 

利用規約に基づいたものであればあらゆるチケットを販売できます。

ビジネスノウハウを教えます、デザインやプログラミングをレクチャーしますといった高度な内容のチケットもあれば、相談に乗ります・寝るまで雑談しますといったスキルを必要としないものも。

 

タイムチケットは購入者としては痒いところに手が届くものが多いですし、販売者としては隙間時間でお小遣いを稼げるといったサービスです。

何か人に提供できるスキルがある場合は、ぜひタイムチケットを利用してみてください。

 

1時間5000円(30分2500円)から販売可能

チケットの単価は1時間5000円からと設定されています。

最短の時間は30分なので、最も安いチケットは2500円です。

 

販売価格は実績がない人なら5000円から10万円まで、販売実績がある人なら100万円まで設定可能。

実際100万円のチケットを販売して売れるかどうかは別ですが、基本的に単価を自由に設定できるといっても過言ではありません。

 

あなたのサービスに適切な価格を設定して、効率よく稼ぎましょう。

 

仮払いシステムがあるため安心

タイムチケットには仮払いシステムがあるため、報酬の未払いや持ち逃げの心配がありません

仮払いとは、購入者がチケットを購入した場合、まず報酬をタイムチケットに預けるシステムのこと。

 

事前に預けることで、報酬未払いで購入者が逃げることを防ぎますし、逆に販売者には取引が完了するまで報酬が入らないため、報酬を持ち逃げすることができません。

購入者・販売者双方にとって報酬トラブルを回避できる仕組みといえます。

 

ちなみに現状では、仮払いシステムを採用しているクラウドソーシングサイト・スキルシェアサービスがほとんどです。

中には新興のサイトで仮払いがない場合もありますが、上記のように持ち逃げや未払いの危険があるため、仮払いシステムがないサイトの利用は避けるのが無難。

 

ネットでのビジネス(クラウドソーシング・スキルシェアなど)では仮払いが基本!

 

タイムチケットを利用するときの手数料は?

タイムチケットを利用するときの手数料は25%+税です。

総合すると約27%。

 

比較的高い手数料といえます。

というのも、クラウドソーシングサイト大手のクラウドワークスやランサーズでは20%の手数料に設定されているから。

とはいえ、30分から時間を販売できるスキルシェア系サービスは他にありませんので、利用価値は十分あるといえます。

トラブル対応が丁寧

トラブル対応が丁寧なのもタイムチケットの特徴。

タイムチケットでは取引相手が悪質な行為をした場合、通報することを推奨しています。

 

その場合、内容によっては相手を利用停止や退会処分にしてくれます。

丁寧なサポートをしてくれることもあり、現在タイムチケットでは目立ったトラブルは起きていません。

 

上記のような明確な対応の姿勢がトラブルの抑止力になっていると考えられます。

 

タイムチケットの利用の流れ

タイムチケットの利用の流れを最後に簡単に説明しておきます。

主に3ステップで利用が可能です。

  1. チケット購入
  2. ホストが承認して決済
  3. サービス提供・売り上げ反映

 

チケット購入

まずはチケットの購入です。

検索を行い、提供してもらいたいサービスを購入者が探して、購入します。

購入といっても、仮払いシステムを採用しているためすぐには出品者(ホスト)の元にお金が入るわけではありません。

 

希望日時・サービス提供形式を選択できるので、好みの形態と都合の良い時間で相談することが可能です。

ちなみに支払いはクレジットカード・コンビニ払い・ポイント払いから選択できます。

 

ホストの承認と決済

チケット購入をホストが承認するのがタイムチケットの決まりです。

申込日時の1時間前までに承認しない場合、キャンセルとなります。

キャンセルになった場合は、支払ったお金が購入者に返還されるのでご安心を。

 

ホストが承認すると、決済が完了となりメールで知らせてくれます。

 

サービス提供・売り上げ反映

いよいよサービスの提供です。

問題なく進行した場合は24時間後に売上金がホストに反映されます。

 

問題が生じた(ホストが現れなかった・サービスが記載と異なっていたなど)場合は運営に報告後、返金される流れです。

繰り返しですが、仮払い制度を導入しているため安心して取引を行えます。

 

まとめ

以上、タイムチケットとFacebookの関係についての内容でした。

結論をおさらいすると、かつてタイムチケットはFacebook登録が必須なサービスでした。

 

しかし、現在ではメールアドレスでの登録が可能になり、匿名性もある程度低下したといえます。

メリットは誰でも登録しやすくなったこと、デメリットは匿名性が下がったためやや信頼性が定価したことでしょうか。

 

とはいえ、現在でも売り上トップ層は実名・顔出しをしている方ばかりなので、本気で売り上げを出したいなら、匿名性を捨てる覚悟が必要です。

 

タイムチケットは信頼できるサービスであることは間違いありません。

現在トラブルがないのがその証拠です。

安心して利用できるので、ぜひこの機会に利用を検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました