【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

SKIMA(スキマ)の手数料は高い?手数料のシステムを徹底解説!

SKIMA

「SKIMAに登録するのに登録料は必要?」

「他のクラウドソーシングに比べてSKIMAの手数料は高い?」

「SKIMAではどんな時に手数料が引かれるの?」

と考えていませんか?

 

SKIMA(スキマ)に登録し副業を始めるにあたって、SKIMAの手数料をきちんと把握しておくのは大切です。

この記事では、SKIMA(スキマ)の手数料について徹底解説します。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

SKIMAで引かれる手数料とは?

引用:SKIMA公式ページ

SKIMAは、主にイラストを扱っているクラウドソーシングで、SKIMA内でイラストを売り買いできるサービスです。

 

イラストの売り買いはコミッションとも呼ばれ、海外では人気のサービスですが日本でも最近注目を浴びてきています。

特に趣味でイラストを描いてきた人にとって副業を始められるなどのメリットがありますが、SKIMAに登録するにあたって手数料は気になるところではないでしょうか?

 

結論から言うと、全体的にみて他のクラウドソーシングに比べもSKIMAの手数料は高くありません!

SKIMAの利用において無料で利用できるサービスと手数料がかかるサービスがあります。

 

SKIMAを利用するにあたって手数料がかからない無料のサービスはこちらです。

  • 登録料、年間費
  • イラストの購入時(依頼者側)
  • イラストの出品時(クリエーター側)

次項ではそれぞれのサービスについて、簡潔に解説します。

 

SKIMAの登録料、年間費は無料!

SKIMAの登録料や年間費は一切かかりません。

無料で自分のプロフィールを登録できます。

年間費も入りませんので、登録したまましばらく利用しなかった場合でも損をするということはありません。

 

イラストを購入する時も手数料はかからない

イラストを依頼し、購入する立場では手数料はかかりません。

1000円のイラストを購入する場合、手数料としてさらに上乗せした金額を請求されることはないのです。

購入する側にとっては嬉しいメリットだと言えるでしょう。

 

イラストを出品する時も手数料はかからない

クリエーターがイラストを出品する場合も手数料がかかりません。

自分の商品サンプルを出品する際に、手数料の心配をすることなく出品できるのは嬉しいポイントです。

自信作をどんどん出品し、依頼者から連絡を来るのを待ちましょう。

 

SKIMAで手数料が必要な状況とは?

SKIMAを利用する時に手数料が引かれるのは次の場合です。

  • イラストの売り上げから手数料が引かれる
  • チップから手数料が引かれる
  • 振り込み手数料が引かれる

 

SKIMAの手数料はイラストの売り上げと大きく関係していますので、クリエーターがしっかりと把握しておくことは大切です。

次項ではSKIMAの手数料について徹底解説します。

 

イラストの売り上げから手数料が引かれる

イラストを売り上げた時に手数料が引かれ、引かれる手数料の割合は売上額によって異なります。

 

SKIMAの公式サートにはこのような注意書きが載せられていました。

・オプションを含む個別販売総額が1,000~20,000円までのお取引:手数料20%
・オプションを含む個別販売総額が20,001~50,000円までのお取引:手数料15%
・オプションを含む個別販売総額が50,001円以上のお取引:手数料10%
※個別販売総額に関しましては、出品金額+オプション料金となります。
※チップに関しましても同様の手数料率となります。

引用:SKIMA公式ページ

 

例えば1000円のイラストを売り上げたとすると、次のような計算になります。

1000×0,2=200円(手数料)
1000−200=800円(報酬額)

1000円の売上額がそっくりそのまま手に入るわけではないことを覚えておきましょう。

 

イラストの金額を設定する時には、手数料が引かれることも考慮に入れて設定することをおすすめします。

 

チップから手数料が引かれる

SKIMAにはチップのシステムがあり、依頼者が絵を気に入ってくれたり、交渉に満足してくれたりした場合、チップをくれることがあります。

一生懸命に描いたイラストを喜んでもらえ、チップまでもらえるのは嬉しいですよね。

 

忘れてはならはい注意点ですが、チップにも手数料が引かれます。

チップにかかる手数料も、イラストの売り上げ手数料と同じです。

  • 1000~20000円のチップ:金額の20%
  • 20001~50000円までのチップ:金額の15%
  • 50001円以上のチップ:金額の10%

 

チップにも手数料が引かれることを知らずに、いざ金額が振り込まれた時に金額を見て…

え!少ない!

と、がっかりすることを避けるためにも覚えておきましょう。

 

振り込み手数料が引かれる

SKIMAへ振り込まれた報酬を銀行に振り込んでもらう時に「振り込み申請」という手続きを行い、振り込みをしてもらいます。

報酬が銀行に振り込まれる時にも、振り込み手数料がかかります!

 

SKIMAの公式サイトには、次のような説明がありました。

振り込み申請をすると指定の口座に売上金が振り込まれる仕組みとなっています。
振込申請には以下の振込手数料がかかります。

振込手数料:1回の申請につき262円(税込)

引用:SKIMA公式サイト

1回の振り込み申請をすると、262円の振り込み手数料がかかることになります。

 

SKIMAで受け取る報酬額をできるだけ多くするためには、頻繁に「振り込み申請」をするのではなく、ある適度金額を貯めてまとめて申請をするのがおすすめです。

 

ただし、振り込み申請には180日という期限があります。

売上金には振り込み申請期限があります。
売上金として反映後180日が振り込み申請期限となりますので、期限までに振込申請をするか、商品の購入時にご利用下さい。
期限までに振込申請が無い場合は、登録いただいている金融機関の口座に自動で振込となります。
売上金は申請期限が早いものから消化されます。

引用:SKIMA公式ページ

振り込み手数料と、振り込み申請期限を考慮し、一番良いタイミングで申請するようにしましょう。

 

SKIMAの手数料は高いの?

売り上げから一定の割合の手数料を引かれたり、振り込み手数料を引かれたりすることを考えると、SKIMAの手数料は高すぎると感じていませんか?

結論から言うと、SKIMAの手数料は他のクラウドソーシング と比べて高くありません。

 

この項目では次のことについて解説します。

  • 他のクラウドソーシング と比較した手数料
  • 他のクラウドソーシング と比較した振り込み手数料

 

他のクラウドソーシングと比較した手数料

SKIMAに限らず、クラウドソーシングというシステムを利用して報酬を得る場合、手数料が発生します。

 

参考までに、他のクラウドソーシングの手数料は次の通りです。

  • ココナラ(25%)
  • スキルクラウド(25%)
  • ランサーズ(最大20%)
  • クラウドワークス(最大20%)

上記のように、ほどんどのクラウドソーシングでは最大20%以上の手数料が引かれます。

 

特に日本大手のクラウドソーシングであるクラウドワークス、ランサーズも最大20%の手数料です。

また、SKIMAとよく比較される類似サービスであるココナラは25%の手数料となっています。

他のクラウドソーシングと比べてSKIMAは、妥当な手数料なだけでなくむしろ安いと言えるのではないでしょうか。

 

 

他のクラウドソーシングと比較した振り込み手数料

SKIMAから銀行へ振り込みがされる時にも、振り込み手数料が262円かかります。

 

参考までにクラウドワークスの振り込み手数料は次の通りです。

  • 楽天銀行に振り込む場合:100円
  • その他の銀行に振り込む場合:500円

このように、振り込み手数料が500円もかかるクラウドソーシングもあるのです。

 

SKIMAの振り込み手数料である262円は「高すぎる値段ではない」と言えるでしょう。

振り込み手数料ができるだけかからないためには先ほど紹介したように、まとめて振り込んでもらう方法がおすすめです。

 

手数料を払ってでもSKIMAを使うメリットとは?

SKIMAで活躍しているクリエーター達は、手数料がかかることを承知で利用しています。

SKIMAには利用するだけのメリットが十分にあると考えているからです。

SKIMAを利用するメリットは次の通りです。

  • お金のトラブルを防げる
  • 宣伝効果がある
  • 初心者にも便利

要するに安全料を払っているつもりで手数料を払い、利用しているのです。

この項目ではそれぞれのメリットについて徹底解説します。

 

お金のトラブルを防げる

SKIMAに登録すると、お金のやり取りやメッセージのやり取り、納品などはSKIMA内で行えます。

そのため、お金のトラブルが少なく、安心して利用できるのがメリットです。

 

確かに個人間でやり取りすると手数料がかからないのですが、お金のトラブルが発生しやすいのも事実です。

しかもトラブルが発生した時に自分で解決しなければならず、そのために時間が奪われたり、ストレスを感じたりしかねません。

SKIMAが仲介となってくれているおかげで、面倒なトラブルを回避できます。

 

宣伝効果がある

SKIMAに商品を出品していることで、SKIMA利用者に商品の興味を持ってもらうことができます。

さらに出品の際にTwitterなどのSNSと連携する設定にしておくなら、SNSにも自分の作品を宣伝できるのです。

 

もし個人的にイラストを売る場合、宣伝、拡散も自分で行う必要があり、かなりの労力が必要となります。

SKIMAを利用することである程度の集客を見込めるので、メリットとなるでしょう。

 

初心者に便利

SKIMAはとくに副業でイラストを描き始めたばかりの初心者が、安心して作業できる場所となっています。

 

イラストを描くことを副業にする場合、先ほど述べたようなお金のトラブルの対応や、商品の宣伝を含む全ての作業を1人で行う必要がありますが、慣れていない初心者にとってストレスともなりかねません。

また、信用ができ顧客が着くまでの間、イラストを売り上げるのはとても大変です。

 

SKIMAに登録することで、初心者でもハードルが高くなく始められるのは大きなメリットと言えるでしょう。

初心者でも、自分の空き時間や休日を利用して自分の趣味を副業にすることが可能となります。

 

まとめ

SKIMAを利用するにあたり、無料で利用できるサービスは次の通りです。

  • 登録料、年間費
  • イラストの購入時(依頼者側)
  • イラストの出品時(クリエーター側)

SKIMAで手数料が発生するのは次の場合です。

  • イラストの売り上げた時
  • チップをもらった時
  • 振り込み手数料

 

発生する手数料は次の通りです。

  • イラストの売り上げ&チップ:最大20%
  • 振り込み手数料:262円

クリエーターがSKIMAでイラストが売れた時は手数料がかかりますが、他のクラウドソーシングと比べると手数料は高くなく、妥当な金額だと言えます。

手数料を引かれてもSKIMAを利用することにより、トラブルを防ぎ、安心して作業できるメリットが大きいので保険を払っている気持ちで手数料を払うとよいでしょう。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

SKIMA
happyyazuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました