【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【不安】クラウドワークスで返金はしてもらえるの?手続き方法をケース別に徹底解説!

クラウドワークス

「クラウドワークスで返金が生じた時の方法は?」

「クラウドワークスで返金要求された時はどうしたらいい?」

「クラウドワークスのタスク形式で返金は可能?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

クライアント側、ワーカー側にかかわらず、返金手続きのお悩みの方は少なくないようです。

いきなり「返金」と言われれば、パニックになってしまうのも無理はありません。

 

当記事では

  • クラウドワークスでの返金方法〜クライアント編〜
  • まさかのクラウドワークスでの返金依頼〜ワーカー編〜
  • クラウドワークス契約途中の終了はできる?

といった内容を徹底解説していきます。

 

クラウドワークスで返金手続きにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、クラウドワークスでの返金についての疑問点が解決するはずです。

 

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドワークスでの返金方法〜クライアント編〜

 

まずはクライアント側での返金方法について見ていきましょう。

クライアント側はお金を支払う側なので

  • 支払ったお金を返してほしい
  • ワーカー側の都合により返金してもらうことになった

などの場合に、返金手続きが必要になります。

 

クライアント側での「返金」方法について、下記の内容で見ていきましょう。

  • 返金は決済方法によって変わる
  • 具体的な返金方法について
  • 返金の出金期限
  • タスク形式の場合の返金

 

返金は決済方法によって変わる

クラウドワークス上の返金は、決済方法によって変わってきます。

 

一律同じ方法じゃないんですか?

 

クレジットカードの場合は、規約により下記のように返金手続きを進めていきましょう。

▼クレジットカードの場合
クレジットカードの場合、与信枠を確保する仕組みとなっており、仮払いを行っていただいたタイミングでは、決済は行われておりません。

そのため、実際の請求額が与信枠よりも少ない場合、実際の請求額のみが決済され、差額分の与信枠が解除されますので、返金は発生しません。

参考:クラウドワークス「サービス上での返金」より(一部抜粋)

 

クレジットカードの場合は「仮払い」を行なった上では、実際の決済は行わておらず、返金手続きは不要です。

ただし、固定報酬で仮払いから50日が経過している場合は、決済与信の期限が一度決済されてしまいます。

 

上記の場合、差額はサービス上に返金となるので安心してください。

 

決済与信って何ですか?

クレジットカード決済の場合は、
50日を過ぎると一度決済が確定するということです。

 

サービス上に返金された場合は次回仮払いに充てるか、銀行口座へのご返金を選ぶことが可能です。

次回仮払いに充てるか返金にするかは、「返金履」から選ぶことができます。

 

ちなみに銀行振込の際の振込手数料は、クライアント側の負担です。

 

返金方法は後ほど詳しく解説しますね。

 

 

銀行振込やPaypal決済の場合の返金方法は下記の通り。

▼銀行振込、Paypal決済の場合

依頼したお仕事がキャンセルなどになった場合、仮払いされた金額は、一度サービス上に返金されます。

参考:クラウドワークス「サービス上での返金」より(一部抜粋)

サービス上に返金されますので、充当か返金かを選ぶようにしましょう。

 

具体的な返金方法について

具体的な返金方法について解説していきます。

先述したように、サービス上に返金されたお金は

  • 次回仮払いへ充当
  • 銀行口座へ返金

のどちらかを選択することに。

 

クラウドワークスの初期設定では「次回の仮払い」に充当するようになっています。

そのため、特に手続きをしなければ次回へ充当されるでしょう。

 

銀行口座へ返金する場合は、下記の手続きが必要です。

  1.  返金履歴に表示されている返金の右に表示される「次回仮払いに充当する」のチェックを外す。
  2. 次回充当しない金額を返金する」をクリックする。

 

銀行口座への返金は

  • 15日締め・月末振込
  • 月末締め・翌月15日振込

 

銀行口座への振込は振込手数料が発生するため、次回も案件を出すのであれば、次回の仮払いに充てる方がお得です。

 

 

返金の出金期限

出金期限についても見ていきましょう。

実は返金には出金期限があります。

クラウドワークスでの出金申請期限は返金日から180日後まで。

 

返金は、出金しないまま180日を過ぎると出金できなくなるので
注意が必要です!!

 

 

タスク形式の場合の返金

タスク形式の場合も、決済方法によって変わります。

 

クレジットカード決済の場合の返金は下記の通り。

【クレジットカード決済の場合】
支払い方法がクレジットカードの場合には、与信枠の確保(決済予約)となるため、実際の承認数分のみ請求され、返金は発生しません

デビットカードなど一部のクレジットカードでは、仮払いした時点で口座から引き落とされ、
報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。

参考:クラウドワークス「タスク形式の返金より」(一部抜粋)

 

通常の返金と同じく、実際の承認分の決済となります。

そのため、返金手続きは不要です。

 

他の決済の場合は下記の通り。

【銀行振込・ペイパル決済の場合】
お支払い方法が銀行振込・ペイパルの場合、作業の承認件数が仮払い金額に達していない時には、
以下の条件を満たすとクライアント(発注者)ご自身で返金手続きが可能です。

1) ステータスが募集終了となっている
2) 全ての作業に対して、承認作業が完了している

参考:クラウドワークス「タスク形式の返金より」(一部抜粋)

 

銀行振込、ペイパル決済の場合は、
2つの条件を満たしていると返金手続きができます。
2つの条件確認して下さいね。

 

 

タスク形式の返金手続き方法

タスク形式の返金手続き方法を、具体的に見ていきましょう。

まずサイトの上の方にあるメニューから「支払い」をクリックしてください。

 

次に「返金履歴」をクリックします。

※返金方法は初期設定で「次回仮払いに充当する」になっています。

 

銀行口座への返金時、承認した作業単価の合計が300円に満たなかった場合、タスク保証料として承認した作業単価の合計と300円との差額を払うことに。

思ったよりも少ない金額になりますので、覚えておきましょう。

 

タスク保証料?
お金取られるの?

詳しくは下記をご覧ください。

タスク形式のお仕事の依頼時、クライアントにお支払いいただく「最低支払額」を300円と定めております。

承認した作業単価の合計が300円に満たなかった場合、タスク保証料として、承認した作業単価の合計と300円との差額をいただいております

例)
単価10円の作業を50件(500円分)依頼

・10件承認した場合
承認した作業単価の合計が100円・・・200円がタスク保証料として発生、合計300円のお支払い
・20件承認した場合
承認した作業単価の合計が200円・・・100円がタスク保証料として発生、合計300円のお支払い
・30件承認した場合
承認した作業単価の合計が300円・・・タスク保証料の発生なし、300円のお支払い

参考:クラウドワークス「タスク保証料について」より

 

まさかのクラウドワークスでの返金依頼〜ワーカー編〜

 

次はワーカー側の返金について、解説していきます。

クラウドワークスで返金依頼で困っている方がたくさんいるようです。

 

仕事に集中したいけど、返金についての手続きに困ってしまうと、仕事が進みません。

どうしたらいいのか分からず、精神的にも焦ってしまいますよね。

 

相手が見えないだけに、不安感はすごく大きいと思います。

そうですね。返金します!と言って、
すぐにできるものではないですからね。

 

過去の事例や解決策を参考にしながら、下記の項目にわけて解説していきます。

  • 検収を終えたのにクライアントのミスで返金要求された
  • 記事の納期が厳しくてコピペ作業をしてしまい返金を要求された
  • 作業内容のミスで返金要求された

いろいろなケースがありますので、詳しく見ていきましょう。

 

検収を終えたのにクライアントのミスで返金要求された

まずは検収を終えたにもかかわらず、クライアントのミスで返金を要求された場蒼です。

あるワーカーさんをAさんとしましょう。

 

Aさんは

契約前に金額と作業内容に間違いはありませんか?

とクライアントに連絡してから、同意をもらった後に契約し、納品と検収を終えました。

 

その後に、報酬金額の間違いだということで、返金してほしいと言われてしまったのです。

さらにAさんには、対応しないとクラウドワークスに違反報告するという文面が送られてきました。

 

迷った挙句「同意」をしたらしいのですが、ある意味、脅しのようにも聞こえる文面に不安を覚えてしまいます。

上記のような場合は、同意をする前に運営事務局に相談してみるといいでしょう。

 

クラウドワークスお問い合わせ先

 

 

記事の納期が厳しくてコピペ作業をしてしまい返金を要求された

次は記事の納期が厳しくてコピペ作業をしてしまい返金を要求されたケースです。

結論から言うと、納期に関わらず「コピペ作業」は絶対にやってはいけない違反行為。

 

コピペをしてしまった場合は、残念ですが返金が生じても仕方ないでしょう。

仮にこのワーカーさんをBさんとします。

 

たくさんの記事を書くように言われ、納期も厳しかったようです。

結果、量産して期日を守るためにコピペをしてしまいました。

 

期日が厳しかった場合の対応策としては、下記の方法がおすすめです。

事前に仕事内容を細かく確認する
具体的な納期と仕事数を聞いておく

 

クライアントと打ち合わせをしたり、
できないなら辞退や、
こちらからできる範囲の条件を提示するなどして
理解を得られていたら良かったかなと。

 

ネット上のやり取りですので、クライアントとのコミュニケーションは密に取るようにしましょう。

 

作業内容のミスで返金要求された

最後は「作業内容のミスで返金要求された」場合です。

作業ミスをしてしまったCさんですが、クライアントからは承認されている状況。

 

しかし後日

勝手にクレジット決済がされてしまった。どう責任をとるのか?

と言われてしまいます。

でも、これって相手のミスですよね。
承認したんだから!!

 

どう責任をとるのかって?言われても。
言葉の使い方も非常に脅しみたいで感じ悪いです。

 

上記の場合はクライアント側にも問題があります。

一人当たりの作業の件数は、設定段階で決められているはずだからです。

 

ちなみに私の場合も、依頼する時は、設定しました。
そこをきちんと対応していれば問題はなかったはずです。

 

クライアントとの直接のやり取りは個人情報などのことがありますので、運営者にお問い合わせしてみるといいでしょう。

 

Aさんの件と同様、返金の返事をする前に運営者に問い合わせてみてください。

運営者に問い合わせることをクライアントに伝え、返答が着次第の回答でも問題ないはずです。

 

しかし、言葉の暴力は良くないですね。
中にはこういうクラインアントもいるんだと勉強になりました。
自分も気をつけます。

 

相手とのやり取りがある場合は「仕事の内容」について、しっかりしたやり取りで同意・承認が必要です。

 

 

クラウドワークス契約途中の終了はできる?

 

返金のトラブルとか聞いていると、
仕事をしていて条件変更してきたりして、怪しいな?とか思ったら
契約途中の終了はできるのかな?

変なストレス抱えたまま一緒に仕事はしたくないな。
正直、気持ちよく仕事が仕事をしたいです!

 

安心して下さい!
対応策はあります。

 

作業中に不審な点があり、契約終了したい場合は下記の対応を取りましょう。

固定報酬制の場合、クライアントに連絡を取られた上で、契約詳細画面の右側にある、
契約の「途中終了リクエスト」お送りください。
クライアントの方が同意された時点で、契約が解除(キャンセル)になります。

参考:クラウドワークス「契約したクライアントと契約を途中終了したい」より(一部抜粋)

 

 

固定報酬制の場合は、クライアントが同意すれば「キャンセル」になります。

怪しいと感じたら、途中終了リクエストで「キャンセル」をするのもひとつの方法。

 

我慢して仕事をするよりも、精神的に楽になるでしょう。

途中終了してお互いに嫌な気持ちにならないためには、契約する前にクライアントとの仕事の詳細についての確認は必須です。

 

クライアントとのやり取りをしていると、
丁寧な人とかきちんとしている方だとか
見えてきますよね。

 

どんな契約をするかは、しっかり確認が必要ですね。
曖昧ではダメだってことです。
あとで泣き寝入りするのはワーカー側になってしまいますから。

 

対応がきちんとされている方は、一緒に仕事をしていると分かります。

分からないことが、疑問があれば遠慮することなく質問することが大事です。

 

 

 

クラウドワークストラブル問い合わせ先は?

 

困った時の「クラウドワークス困った時の問い合わせ先」をまとめていきます。

当サービスは、メンバー様とクライアント様がウェブ上で業務委託契約を締結するためのプラットフォームとなっております。
そのため、ご契約内容ややりとりにおいて何らかのトラブルが発生した場合、ご依頼方式を問わずその対応はご契約の当事者である会員様間にておこなっていただく必要がございます。

もしトラブル解決のためのアドバイスが必要な際は、下部の「それでも解決しない場合は?お問い合わせ」より、その旨をご記載の上、クラウドワークス事務局までお問い合わせください。

参考:クラウドワークストラブルが起きた場合より(一部抜粋)

 

上記を見ても分かるように、トラブルが起きた場合は原則当事者間でのやり取りです。

しかし「トラブル解決のためのアドバイスが必要な際は」と書いてますよね。

 

お金に関わることですし、困った時は遠慮なく問い合わせてみるのが一番です。

クラウドワークスに問い合わせる場合は、
相手に分かるように、問題点をはっきりさせて、
現状を報告すると正確なアドバイスがもらえますよ。

 

動揺してるから、思ったことをただ書いちゃいそうです

気持ちは焦ってますからね。分かります!
ただここは冷静になって相手に分かるような文章で
伝えて下さいね。
何度も時間がかかるやり取りは逆にもっと焦ってしまいます。

 

 

 

下の方に問い合わせがあるので、そこから問い合わせてみてください。

クラウドワークス上のトラブル問い合わせはこちらから

 

まとめ

 

クライアント側が返金してもらう場合、決済方法によって返金方法は異なります。

クレジットカード決済の場合は、実際の利用分のみの請求になるため、返金の手続きは不要です。

 

銀行振込やPayPalの場合は、次回充当または返金の手続きを取りましょう。

ワーカー側は急に返金依頼がくると、焦ってしまいますよね。

 

状況によっては返金の必要がない場合も。

困った時はクラウドワークスに問い合わせてみるといいでしょう。

 

トラブルに巻き込まれないためにも契約前には、クライアントと仕事の詳細についてお互い同意、承認しすることが大切です。

曖昧な契約はあとあと悲しむことになりかねないので、分からないことや疑問は、事前にしっかり聞いておきましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました