【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

クラウドソーシングでグラフィックデザイナーは稼げる?収入を解説!

クラウドソーシング

グラフィックデザイナーは稼げるの?

グラフィックデザイナーの仕事内容や平均月収はどのくらいか?

グラフィックデザイナーに必要なスキルは?

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思ってはいませんか!?

 

今回は、グラフィックデザイナーで稼ぐことができるのか、グラフィックデザイナーの案件、グラフィックデザイナーの仕事で必要なスキルなどについて解説していきます。

少しでも参考にしてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

クラウドソーシングサイトでグラフィックデザイナーは稼げるのか?

グラフィックデザイナーの平均相場や月収、仕事内容などについて説明します。

グラフィックデザイナーの平均相場は?月収は?

グラフィックデザイナーの平均年収は335万円で、年代によって約300〜415万円と幅があります。

また、企業規模によって年収は変わり、大企業になるほど年収が上がる傾向

スキルを身につけて独立してフリーランスになると、スキルや実績次第で収入を増やすことが可能。

 

そもそもグラフィックデザイナーとは?

ポスターや商品パッケージ、看板など、商品の宣伝や販売に関わるデザインを行う職業。

そもそも、グラフィックが絵画や写真、映画、ゲームなど、視覚に訴えかける表現全般を意味するため、それらのデザイン制作を行うグラフィックデザイナーの仕事内容は様々です。

デザイナー自身がクライアントにプレゼンをする、ヒアリングをすることも。

制作物に対しての説明ができるプレゼンテーション能力や、どのような制作物が求められているかなどの認識をすり合わすことのできるコミュニケーション能力も必要。

 

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事内容は、雑誌や新聞の広告、パッケージや看板、チラシなどの印刷物をデザインです

①依頼を受ける
出版社や広告代理店などから依頼を受け、デザインの方向性やコンセプト、ターゲットなどを確認。
②デザインと修正
その企画内容に沿うようにデザインします。場合によってはイラストレーターやコピーライターと協力して仕事を進めることもあり、デザインが終わったら、依頼主からの希望に沿って、修正する可能性も。
③納品入稿データを出版社や広告代理店に納品して完了です。

制作会社などの企業に属して経験と実績を積んだ後に、独立するグラフィックデザイナーも存在しています。
独立しフリーランスとして実績を積んでいくと、グラフィックデザイナーだけではなく、アートディレクターやクリエイティブディレクターとして大手企業の広告制作時にプロジェクトメンバーとして指名有

グラフィックデザイナーは自分のスキルと経験次第でキャリアアップができる仕事です。

 

クラウドソーシングサイトでグラフィックデザイナーの案件はあるのか?

クラウドソーシングサイトでグラフィックデザイナーが受注できる案件について説明します。

クラウドワークス

 

クラウドワークスの画像

引用:クラウドワークス

クラウドワークスとは?

個人・法人関係なく、業務委託のお仕事をインターネット上で発注・受注することができるお仕事マッチングサイトです。
報酬を事前にクライアントから預かり、業務完了後にクラウドワーカーに支払う仮払いをしているため安心して仕事ができます。

 

このクラウドワークスの案件は、自動車専門店のロゴを作成する仕事です。
自動車店のリニューアルをするために、お店の雰囲気に合わせたロゴを募集していました。
ロゴを作成だけではなく、デザインに関する案件なら様々な仕事があります。

ランサーズ

募集案件数3000で認定ランサー制度があるランサーズ

引用:ランサーズ

ランサーズとは?

ネットで最短即日発注でき、ホームページ制作、アプリ開発、ロゴなどのデザイン、ライティングまで幅広い仕事を高スキル人材に即発注可能。

こちらの案件は、デザインに関する仕事です。
パンフレットやチラシなどのデザインに関する案件を受注可能。
デザイン会社にお勤めしていた人におすすめしたい案件です。

ココナラ

ココナラの画像

引用:ココナラ

 

ココナラとは?

知識・スキル・経験など、みんなの得意をサービスとして出品や購入できるサイト。
仕事依頼の制約実績が420万件、業界プロ水準の出品も含めて出品サービス数は30万件掲載中です。

ココナラは、自分が得意なことを作成できることサイトに載せているため予算以内にデザインを作成してほしいならこのサイトがおすすめです。

クラウドソーシングでグラフィックデザイナーの案件受注メリット・デメリット

グラフィックデザイナーの案件受注メリットやデメリットについて説明します。

メリット

下記3つについて説明します。

  • 好きな仕事を受注できる
  • スケジュールを自分で決められる
  • 報酬未払いを防げる

好きな仕事を受注できる

クラウドソーシングサービスを使い始めた当日から仕事を受注可能。
自分から企業に営業する、時間とお金をかけて面接を受けに行くなどといった面倒なことがありません。

人脈やコネがない人や地方にいる人でも、すぐに新しい仕事を引き受けられます。

 

やりたくない仕事をイヤイヤする必要もないため、好きなことだけをしてお金を稼げます

スケジュールを自分で決められる

請け負った案件を指定日までに完成させることができれば、場所や時間を問わず仕事を受けることができる働き方が可能。

 

単発で仕事を請け負うことができ、会社員やアルバイト勤めのように、週5日の〇時~〇時まで会社に拘束されることなく、自分の空いた時間を見つけながら働くことが可能。

 

報酬未払いを防げる

デザイナーとクライアントの間に、クラウドワークスやランサーズなどの運営入ってくれるので、支払いに関してのトラブルに巻き込まれることはありません。

そもそも、仕事の発注者は先に支払いを済ませてから仕事を発注しなければならないので、報酬未払いの心配もありません。

フリーランスの人は、トラブルに遭うことなく仕事を請け負うことができます。

デメリット

下記4つについて説明します。

  • 報酬相場が低い
  • 報酬から手数料がひかれる
  • クラウドソーシングだけで生活は難しい
  • デザイン案件はコンペ式が多い

報酬相場が低い

クラウドソーシング経由の仕事の単価自体は、かなり安いため期待しない方がいいです。

例えば、A4サイズの両面チラシをデザインする場合、個人や企業によって金額設定は異なるとは思いますが、3~5万円くらいが相場です。

しかし、クラウドソーシングのサイトでは、同レベルの案件を1万円以下の予算で提案してくる案件も。

デザイン単価の相場を知らない、または相場だと高くて依頼できない企業が経費削減のためにクラウドソーシングで仕事を提示しているため、低単価案件が横行していることも。

 

中には通常のデザイン料金の相場と変わりない案件もあるが、全体的には完全にデザイナーが買い叩かれている印象です。

報酬から手数料がひかれる

デザイナーが低単価で仕事を請け負わなければならない理由は、システム利用料の存在です。

報酬から、5~20%の手数料を差し引かれてしまうため、実際に受け取ることができる報酬はさらに安くなります。

クラウドソーシングだけで生活は難しい

プロのデザイナーの方も、本業並みに稼ごうとか過剰な期待しないようにしましょう。

クラウドソーシングの画面に1日中張り付いて片っ端から応募しまくれば、チャンスはあるかもしれませんが、現実的に考えて難しい。

 

ごくまれですが、クラウドソーシングだけで月収20・30万円を稼いでいる人も。

誰でも簡単に仕事を見つけることはできるけど、誰でも簡単に大金を稼ぐことがはできないという現実があるため注意が必要。

デザイン案件はコンペ式が多い

依頼に対して直接仕事を募集する仕事方式です。
例えば、クライアントがロゴ制作を依頼した場合ランサーは依頼に基づいてロゴ画像を直接提案します。

クライアントは、提案の中から最も気に入った提案を出したランサーに対して、報酬を支払い、その対価として提案を買い取ります。

コンペ方式では、安全な取引を目的に報酬を事前に仮払いする必要があり、クラウドソーシングでは仮払いの報酬支払いです。

クラウドソーシングでグラフィックデザイナーとして稼ぐならどんなスキルが必要

クラウドソーシングでグラフィックデザイナーとして稼ぐために必要なスキルについて説明します。

デザインスキル

グラフィックデザイナーに求められるのは、デザインスキルです。
たとえば、新商品の広告ポスターをデザインするとします。見る人に商品の特徴や良さが伝わり、「買ってみようかな」と思わせるためには、訴求力の高いデザインスキルが必要。

デザインスキルには、写真やイラストなどの構成を決めるレイアウト、最適な配色技法がわかる色彩、文字の大きさ・行間を考慮しながら読みやすいフォントを選択・配置するタイポグラフィーなど。

 

デザインの基礎や理論をしっかりと学ぶことでグラフィックデザイナーとしての能力を伸ばすことが可能。

ソフトウェアスキル

①Photoshop
ほとんどのWeb制作会社で標準ソフトとして採用されています。
情報を整理し、デザインを行うためにはPhotoshopに関する知識や技術を身につける必要があります

②Illustrator
ロゴやアイコンなどのイラストパーツを作成する際に用いられるソフトです。
Webにはロゴやアイコンはとても重要であり、Webデザインにおいては必須のスキル。
ただ使えるというだけではなく、使いこなすだけのデザイン力を高める努力が必要です。

 

コミュニケーションスキル

グラフィックデザイナーは、パソコンに向かって一人でもくもくと作業をするイメージがあると思います。
実際の仕事内容は、ディレクターやコピーライターなどほかのスタッフとチーム戦で1つの作品を作り上げる仕事。

そのため、まわりとうまくコミュニケーションをとることができなければ、クライアントの意図を勘違いしたり、独りよがりの作品を作ってしまう可能性も。

 

さまざまな立場の人とうまくコミュニケーションをとることがグラフィックデザイナーとして重要なスキルとなります。

webマーケティングスキル

Web上に多くのユーザーを集客し、自社のサービスや商品への購入につなげる施策を行います。
集客の代表的な方法としては、検索エンジン対策であるSEOが有名です。

多くの人が日常的にインターネットを利用する今、Web上でより多くのユーザーにアピールできるWebマーケティングの重要性は高い。

 

未経験からグラフィックデザイナーを目指す人は、Webマーケティングスキルも身につけておけば、Web系の制作会社などに入れる可能性も。

大きなキャンペーンや広告展開の場合、商品パッケージやポスター等の印刷物のデザイン、Webのデザインや企画を連動させることも多いため、Webマーケティングスキルをもったグラフィックデザイナーは活躍できる場が広がる可能性。

まとめ

まとめの画像

 

グラフィックデザイナーの年収については

  • 平均335万円
  • 年代によって約300〜415万円

と幅があります。

企業規模によって年収は変わり、大企業になるほど年収が上がる傾向。スキルを身につけて独立してフリーランスになると、スキルや実績次第で収入を増やすことが可能

グラフィックデザイナーでクラウドソーシングだけで仕事を受注していくことは、難しいため会社で仕事を続けましょう。

 

グラフィックデザイナーの仕事に必要なことは、
  • デザインスキル
  • ソフトウェアスキル(Photoshop・Illustrator)
上記です。

仕事ができても人とコミュニケーション能力が必要な理由は、デザイン作成には、クライアントの意図や社員同士の連携が大切だから。

 

webマーケティングスキルは、Web上に多くのユーザーを集客し、自社のサービスや商品への購入につなげる施策を行うために、Web上でより多くのユーザーにアピールできるWebマーケティングの重要性。

未経験からグラフィックデザイナーを目指す人は、Webマーケティングスキルも身につけておけば、Web系の制作会社などに入れる可能性も。

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
shonan01をフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました