【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【2020年版】クラウドソーシング登録無料の15社を徹底比較!

クラウドソーシング

「副業を始めてみたいけど、クラウドソーシングは無料で使用できるの?」

「どのクラウドソーシングが、自分にとってベストのサービスなのか分からない!」

「初心者はどのような仕事から始めたら良いの?」

 

この記事を読まれているあなたは、こんな疑問を抱いているかもしれません。

そこで今回は、無料で始められるクラウドソーシングサービスや初心者におすすめな仕事などを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

  1. クラウドソーシングは無料で使用できる?
  2. クラウドソーシングとは
  3. クラウドソーシングの選び方・注意点
    1. クラウドソーシングの種類は?「総合型」か「ジャンル特化型」
    2. 手数料の負担は?
    3. 入金方式と振込手数料は?
  4. 総合型クラウドソーシングサービスおすすめの6社を紹介
    1. CrowdWorks(クラウドワークス)
    2. Lancers(ランサーズ)
    3. coconala(ココナラ)
    4. shufti(シュフティ)
    5. CROWD(クラウド)
    6. JOBHUB(ジョブハブ)
  5. Webの仕事に特化したクラウドソーシングサービス
    1. Bizseek(ビズシーク)
    2. Craudia(クラウディア)
  6. ライティングの仕事に特化したクラウドソーシングサービス
    1. サグーワークス
    2. Shinobiライティング
  7. 翻訳の仕事に特化したクラウドソーシングサービス
    1. gengo
    2. conyac
  8. イラストの仕事に特化したクラウドソーシングサービス
    1. SKIMA(スキマ)
  9. マーケティングの仕事に特化したクラウドソーシングサービス
    1. skets(スケッツ)
  10. ITの仕事に特化したクラウドソーシングサービス
    1. assign navi(アサインナビ)
  11. 【初心者向け】クラウドソーシングのおすすめな仕事
    1. データ入力
    2. アンケート
    3. ライティング・記事作成
  12. 【知らなきゃ損】 安定して稼ぐための3つの方法
    1. プロフィールはしっかりと書く
    2. 低単価で高い評価を集める
    3. スキルを磨く
  13. 【注意!】クラウドソーシングで気をつける2つのこと
    1. 「高単価の案件」には用心を
    2. 「直接取り引き」は慎重に
  14. まとめ

クラウドソーシングは無料で使用できる?

いつでもどこでも仕事ができると、近年注目を集めているクラウドソーシング。

 

しかし「クラウドソーシングって無料で使用できるの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

先に説明すると、クラウドソーシングは、基本的に、無料で利用ができます。

 

今回は、無料で始められる「クラウドソーシングサービス」の中から15社に厳選し、おすすめを紹介していきます。

 

今回、ご紹介するサービスは、こちらです。

・CrowdWorks(クラウドワークス)
・Lancers(ランサーズ)
・coconala(ココナラ)
・shufti(シュフティ)
・CROWD(クラウド)
・JOBHUB(ジョブハブ)
・Bizseek(ビズシーク)
・Craudia(クラウディア)
・サグーワークス
・Shinobiライティング
・gengo
・conyac
・SKIMA(スキマ)
・skets(スケッツ)
・assign navi(アサインナビ)
15社については、後ほど、詳しく説明していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、「群衆(crowd)」と「業務委託(sourcing)」を組み合わせた言葉で、インターネットを使って不特定多数の個人や企業がつながり、仕事の受発注を行う仕組みのことです。

PC1台さえあれば、好きなタイミング・場所で好きな仕事ができることから、最近では主婦や副業を始めたいと考えるビジネスマンなど、フリーランス以外からも注目を集めています。

 

クラウドソーシングの選び方・注意点

国内には、数多くのクラウドソーシングサイトが存在しています。

そのため、「自分に合ったサイト」を見つける必要があります。

ここからは、クラウドソーシングの選び方や注意点について、ご紹介していきます。

 

クラウドソーシングの種類は?「総合型」か「ジャンル特化型」

クラウドソーシングは大きく分けて、「総合型」「ジャンル特化型」という2つのタイプがあります。

「総合型」は、様々なジャンルの案件を取り扱っているクラウドソーシングです。

それに対して、「ジャンル特化型」は、特定のジャンルの案件を専門に取り扱います。

 

ジャンル特化型のサイトは、高度な仕事を受注できる可能性が高くなり、単価も高い傾向にありますが、初心者は採用されにくいというデメリットもあります。

クラウドソーシング初心者は、まずは総合型を利用して、実績を積んだうえで、「ジャンル特化型」にチャレンジすることをおすすめします。

 

手数料の負担は?

クラウドソーシングの多くは、「システム手数料」を取ります。

手数料は、原則として受注者負担です。

手数料はサイトによって異なりますが、報酬の10〜20%が一般的です。

 

手数料20%の場合、10,000円の仕事を受注しても、手元に入るお金は8,000円ということになるよ。

手数料がかかればかかるほど、手取りは減ってしまうので、クラウドソーシングを利用する前に、必ず「手数料はいくらか」確認するようにしましょう。

 

入金方式と振込手数料は?

クラウドソーシングの入金方式も様々です。

多くは銀行振込の現金払いですが、一部ポイントを支給し、電子マネーや現金などに換金できるポイント制を採用しているサイトもあります。

 

また銀行振込の場合は、クラウドソーシングの利用手数料とは別に、銀行振り込み時の振込手数料が発生します。

特定の銀行を指定すれば振込手数料が安くなるケースや振込をまとめて一度にすることもできるものもあるので、よく確認しておくようにしましょう。

 

総合型クラウドソーシングサービスおすすめの6社を紹介

まずは、初心者や未経験者の方におすすめの総合型クラウドソーシング6社を紹介していきます。

今回は、数多くあるサイトから厳選するにあたって、以下の点を重視しました。

 

・会員登録が無料であること
・利用者数が多いこと
・掲載されている案件の種類が豊富なこと

 

ぜひ、あなたのお気に入りのサイトを見つけてみてください。

 

CrowdWorks(クラウドワークス)

1つ目に紹介するのは、「CrowdWorks(クラウドワークス)」です。

 

・200種類以上のバラエティに富んだ仕事が揃っている
・仕事発注数300万件以上
・会員数300万人以上の日本最大級のクラウドソーシングサービス

プロ向けのものから、経験不問・スキル不要の仕事まであり、難易度も幅広く、手軽に在宅ワークをはじめたい方に、オススメのサイトです。

 

手数料は報酬が10万円以下の場合20%、10万超~20万円以下の場合は10%、20万超の場合は5%になります。

 

 

Lancers(ランサーズ)

2つ目に紹介するのは、「Lancers(ランサーズ)」です。

 

・KDDI, GREE, Yahoo!JAPANなどの大手企業の利用実績有り
・40万社以上の企業が依頼している
・案件数は常時約210万件!

 

2008年に国内初のクラウドソーシングサービスとして誕生した「Lancers(ランサーズ)」。

ランサーズは長い実績があるため、安心して使用できるサービスです。

案件の種類も多いため、必ずあなたの最適な仕事と出会うことができます。

 

手数料は、CrowdWorksと同様、報酬が10万円以下の場合20%、10万超~20万円以下の場合は10%、20万超の場合は5%になります。

 

coconala(ココナラ)

3つ目に紹介するのは、「coconala(ココナラ)」です。

 

・自分のスキル、知識、経験を売ることができる
・自分のしたい仕事だけすることができる
・匿名で利用できる

 

coconalaの最大の特徴は、「クライアントが募集した案件に利用者が応募する」のではなく、「クライアントが出品したスキルや作品などに対して利用者が発注する」スタイルのサイトという点です。

言い換えるなら、モノではなく、スキルや知識を売るフリーマーケット

自分の得意なことだけをするため、継続しやすいのがメリットです。

 

手数料は、以下になります。

  • 1円〜5万円以下の場合・・・25%(税別)
  • 5万円超〜10万円以下の場合・・・20%(税別)
  • 10万円超〜50万円以下の場合・・・15%(税別)
  • 50万円超〜の場合・・・10%(税別)

 

shufti(シュフティ)

4つ目はshufti(シュフティ)です。

 

・在宅ワークで稼ぎたい主婦をメインターゲットにしたサイト
・未経験者のためのサポート体制が充実
・10分程度でできる簡単な作業の依頼が多め

 

shuftiは、その名の通り、「主婦」をメインターゲットにしたクラウドソーシングサービスです。

そのため、専業主婦や子育て中の方にも、スキマ時間で稼ぐことができるタスクが多数揃っています。

 

手数料は、報酬の10%とかなり低い部類に入ります。

 

CROWD(クラウド)

5つ目におすすめするのは、「CROWD(クラウド)」です。

 

・作業実績数7,304万件以上
・会員登録数90万人以上
・記事作成やデータ入力、レビュー、写真撮影など豊富な種類の仕事内容

CROWD(クラウド)は、日本最大級のポイントサイト「げん玉」を運営するREALXによるクラウドソーシングサービスです。

仕事の報酬は、ポイントで支払われ、最短3日で獲得できます。

ポイントは現金だけではなく、Amazonギフト券やnanacoなどにも交換可能です。

 

手数料はありませんが、ポイントを「現金」や「ギフト券」に交換する際に、交換手数料を支払う必要があります。

JOBHUB(ジョブハブ)

最後に取り上げるサービスは、「JOBHUB(ジョブハブ)」です。

 

・パソナグループが運営するクラウドソーシング
・受注者のシステム手数料は無料

派遣などで知られるパソナグループが運営するクラウドソーシング、JOBHUB。

パソナグループの信頼もあり、他のサービスに比べ、大手の案件が多いのが特徴です。

またJOBHUBは手数料がクライアント負担のため、効率よく稼げるサービスです。

 

Webの仕事に特化したクラウドソーシングサービス

ここからは、「ジャンル特化型」のクラウドソーシングサービスについて紹介していきます。

ジャンル特化型として、最初に紹介するのは、Webの仕事に特化した会員登録無料のサービスです。

 

Bizseek(ビズシーク)

Bizseekは、システム手数料が業界最安値のクラウドソーシングサービスです。

手数料を抑えて、お得に働きたい方にオススメのサービスです

 

しかし、掲載案件はそれほど多くはないため、まずは他社で実績を積んでから利用されることをおすすめします!

 

手数料は、報酬が10万円以下の場合は10%、10万超の場合は5%になります。

 

Craudia(クラウディア)

システム開発やホームページ作成など、Web分野の案件が豊富なクラウドソーシングです。

Bizseekと同様に、案件数はやや少なめです。

 

手数料は、以下になります。

  • 1円〜5万円以下の場合・・・15%
  • 5万円超〜10万円以下の場合・・・10%
  • 10万円超〜100万円以下の場合・・・5%
  • 100万円超〜の場合・・・3%

 

ライティングの仕事に特化したクラウドソーシングサービス

ライティングの仕事に特化した会員登録無料のクラウドソーシングについて、以下で紹介していきます。

 

サグーワークス

サグーワークスは、「記事作成」などのライティングに特化したクラウドソーシングです。

また、手数料は無料で、報酬がまるまる手取りになるので、モチベーションを維持しやすいのがメリットです。

 

Shinobiライティング

Shinobiライティングの最大の特徴は、専用エディタが用意されていることにあります。

そのため、WordPressなどの使い方が分からない初心者でも、無理なく仕事をすることができます。

サグーワークスと同様に、手数料は無料です。

 

翻訳の仕事に特化したクラウドソーシングサービス

高単価の翻訳の仕事に特化した会員登録無料のクラウドソーシングについて、以下で紹介していきます。

 

gengo

gengoは、アメリカのクラウドソーシングで、翻訳を専門にしています。

翻訳者になるためには、テストを受ける必要がありますが、都合に合わせていつでもどこでも翻訳の仕事をすることができるのがメリットです。

 

conyac

conyacは、gengoと異なり、外国語のスキルさえあれば、誰でも仕事の受注が可能です。

そのため、初心者でも自分のレベルに合った作業から仕事を始めることができます。

またテストに合格すれば、より高単価な仕事を受注することもできます。

 

手数料は、一律10%です。

イラストの仕事に特化したクラウドソーシングサービス

イラストのスキルを活かしたい方にオススメのサービス、SKIMA(スキマ)について紹介します。

SKIMA(スキマ)も無料で始めることができるサービスです。

 

SKIMA(スキマ)

SKIMA(スキマ)は、イラスト作成やキャラ販売などの案件に特化したクリエイター向けのサービスです。

出品者としてスキルを登録すれば、仕事の受注が可能になります。

よりクリエイター向けのcoconalaに近いサービスといえます。

 

手数料は、以下になります。

  • 500円〜2万円以下の場合・・・22%
  • 2万円超〜5万円以下の場合・・・17%
  • 5万円超〜の場合・・・11%

 

マーケティングの仕事に特化したクラウドソーシングサービス

マーケティングに特化したユニークなクラウドソーシングサービス「skets(スケッツ)」について、紹介します。

 

skets(スケッツ)

skets(スケッツ)は、あなたのスキルやアイデアが、実際の商品やプロモーションに反映されるサービスです。

アイデア出しやスキルに自信がある方は、登録して損のないサービスです。

 

手数料はありませんが、銀行への振込手数料は支払う必要があります。

ITの仕事に特化したクラウドソーシングサービス

ITの仕事を専門に取り扱う「assign navi」について、紹介していきます。

 

assign navi(アサインナビ)

assign naviは、3,000を超える企業とフリーランスが登録しており、直接案件の「受発注」を行うことができます。

WEBアプリケーションの開発やテクノロジー案件などIT技術に関連する案件が充実しているのが特徴です。

さらに手数料も無料なので、安心して利用することができます。

 

【初心者向け】クラウドソーシングのおすすめな仕事

クラウドソーシングで仕事を始めてみようと考えている人のなかには、「どのような仕事から始めたらいいのか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

クラウド・ソーシングの仕事は、100種類を優に超えますが、初心者にオススメな仕事は、「データ入力」と「アンケート」、「ライティング・記事作成」です。

 

データ入力

「データ入力」は、パソコンを使ってデータを集計・入力する仕事です。

仕事内容は、数値や文字を入力するだけのものから、入力した数値の集計も行うもの、簿記のスキルが必要な経理の月次仕分け業務まで、種類もレベルも様々です。

 

【データ入力の仕事例】
・名刺に書かれている住所や名前をエクセルに入力する
・アンケートの結果を集計する
・指定した情報をネットで検索しながら入力する

データ入力を、初心者におすすめする理由は、以下になります。

 

・PCのキーボードが打てれば、誰にでもできる
・単純作業なので簡単
・特別な知識や経験は必要なし
・案件数が多く、仕事を見つけやすい

また、データ入力をしていくうちに、自然とタイピングスキルが身につくので、他の業務に活かすこともできます。

 

アンケート

クラウドソーシングでは、毎日、様々なテーマのアンケートが募集されていますので、自分ができそうなアンケートからこなしていくようにしましょう。

報酬は1件5円~1,000円と、アンケート内容や設問の量によって幅があります。

募集人数が限られているため、早いもの勝ちとなってしまいますが、案件は大量にあるので、できそうなものをまめにチェックする事が収入を上げる秘訣です。

 

ライティング・記事作成

クラウドソーシングで募集されているライティングの案件は、100文字〜10,000字程度までと様々で、主な仕事はWeb記事の作成やレビュー、電子書籍制作になります。

ライティング・記事作成を、初心者におすすめする理由は、以下にあります。

 

・数百文字程度であれば、難易度はそれほど高くないこと
・記事のテーマが、多種多様なので、自分の興味のあることで仕事ができること
・単価も比較的高いため、まとまった収入になりやすいこと

未経験でもライティングの指導をしてくれるクライアントもいますので、安心して始めてみてください。

 

【知らなきゃ損】 安定して稼ぐための3つの方法

クラウドソーシングをしている人のなかには、なかなか稼ぐことができないと悩む人も多くいます。

しかし稼ぐことができない人は、稼ぐために最低限意識しておくべきことが、疎かになっていることがあります。

そこで、ここではクラウドソーシングでお金を稼ぎたいという人のために、ちょっとした稼ぐコツを3つご紹介していきます。

 

プロフィールはしっかりと書く

クラウドソーシングでは、Web上で仕事の依頼や受注するため、相手の素性を知るために、プロフィール文を参考にするという依頼者が多くいます。

そのためプロフィールが一言で終わっているという人やアイコンが未設定の人は、せっかく得られる可能性のあった仕事でも、依頼される可能性は低くなってしまいます。

 

プロフィールを記載する際は、職歴や過去の実績、持っているスキルに加え、自身がどういった人物なのかも、詳しく書くようにしましょう。

 

低単価で高い評価を集める

基本的に依頼者は、「評価が全くない人」を敬遠する傾向にあります。

なぜなら、その人が仕事のクオリティーは高いのか?納期を守るのか?などを知る、判断材料がないからです。

 

そのため、まずは簡単な案件をこなし、とにかく良い評価を集めるようにしてください。

最低でも、5件程度は評価を集めておくと、依頼されやすくなります。

 

スキルを磨く

できる限り、高単価の仕事を受注したいと思っている人も多いでしょう。

同じ仕事をするのであれば、報酬は多いに超したことはありません。

 

しかし、全くのノースキルで高単価の案件を受注しても、依頼者の納得のいくものになっておらず、悪い評価をされることがあります。

もし高単価の案件を狙っていきたいのであれば、書籍やサイトなどを参考に「スキルの習得」を目指してください。

 

【注意!】クラウドソーシングで気をつける2つのこと

クラウドソーシングで早速、案件を獲得してみようと意気込んでいる人もいるかも知れませんが、始める前に、ここでの内容も、しっかりと目を通して下さい。

というのも、クラウドソーシングに掲載されている案件のすべてが、優良なものとは限らないからです。

つまり「悪質な依頼者」が存在するということです。

 

ここでは、そんな怪しい案件の見極め方を2つ紹介していきます。

 

「高単価の案件」には用心を

仕事量に対して、設定報酬額が異常に高い案件は要注意です!

金額で人目を引き、「高単価に見せかけて、たくさんの仕事をやらせる」といった場合があります。

 

また、誹謗中傷など他の人がやりたがらない仕事をさせるというケースもありますので、気を付けて下さい。

同じ仕事量の案件と比較し、応募する案件が異様に高くないか確認することが大切です。

 

「直接取り引き」は慎重に

外部に漏らしたくない情報があるので、詳細についてはメールで話したいと、最初からメールアドレスを求めてくる案件にも注意しましょう。

メールアドレスを求められても絶対に教えてはいけません

 

まずは「クラウドソーシング」のメッセージ機能を使って、やり取りがしたいと提案するようにしてください。

 

まとめ

今回は、「無料で始められるクラウドソーシングサービス15社」について紹介してきました。

 

・クラウドソーシングは基本、無料で始められる
・初心者や未経験であっても、自分に合ったレベルの仕事ができる
・いつでも、どこでも、自身の都合に合わせて、働き方を選べる

初心者・未経験者の方には、案件数や取引実績の多い、総合型のクラウドソーシングを利用されることをおすすめします。

また、特定の仕事だけをしたい方や特定のスキルを伸ばしたい方には、ジャンル特化型のサービスを始めるのもオススメです。

 

利用自体は無料ですので、ひとつだけではなく、複数のサイトに登録し、使い分けるという方法も良いですね。

 

スキマ時間に稼ぎたいと考えている方がいらっしゃれば、ぜひクラウドソーシングに登録して、始めてみてはいかがでしょうか。

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

クラウドソーシング
Yu Tanicoをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました