【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

サグーワークスの編集者テストってどんなもの?合格方法を徹底解説!

サグーワークス

「サグーワークスの編集者テストってどういうものなの?」

「サグーワークスの編集者テスト合格のコツって?」

「サグーワークスの編集者として必要なスキルは?」

上記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

 

そこで当記事ではサグーワークスの編集者テストについて徹底解説し、合格のコツから、編集者に求められるスキルまで説明していきます。

ぜひ編集者を目指す際の参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

サグーワークスの編集者テストってどんなもの?

まずはサグーワークスの編集者テストがどういったものなのか?という点から解説を行っていきます。

編集者とは、サグーワークスでいうところの「企画」をする人のことで、主に記事の構成を作成し、ライターに指示を出す仕事を行います。

サグーワークスの編集者になるためには、専用のテストを受験しなければならず、合格して初めて編集者として活動することができるのです。

 

結論として現在、編集者は募集されていない

まず結論として現在(2020年7月時点)では、編集者の募集はされていません。

下記画像が編集者の詳細ページです。

引用:サグーワークス

 

そのため、今からサグーワークスの編集者になろうとしてもなることはできないのです。

 

ただ、募集が永続的にないというわけではないようなので、いつか募集が再会された時、当記事がお役に立てたらと思います。

 

企画力が試される

編集者テストの内容について説明をしていきたいところなのですが、編集者テストの内容は口外できないように定められているため、具体的な説明を行うことはできません。

 

ただし、サグーワークスの編集者の仕事は「企画」をするため、企画力が試されるテストであることに間違いはないでしょう。

企画とは?:サグーワークス独自の言い回し。クライアントから発注された記事の方向性を決め、構成を作成する仕事。ライターに執筆の指示を出すまでが業務。

 

ネットの情報を調べてみても、編集者テストの内容は記事構成を考えるのがメインとなっているようです。

SEOを意識した論理的な記事構成を作成できる人なら合格は可能といえます。

 

サグーワークスの編集者テストって難しい?

サグーワークスの編集者テストの難度について解説をしていきましょう。

 

ライター初心者には難しい

結論から先にいうと、ライター初心者には合格が少々難しいでしょう

なぜなら、ライターに指示を出す仕事である以上、ライターとしてのスキルが最低限備わっていなければなりませんし、ライターよりレベルの高い視点で物事を判断する必要があるからです。

 

さらにいえば、構成を作成した経験があるかどうかも重要なポイント

駆け出しのライターは構成作成済みの記事を執筆することが多いでしょうが、編集者になるためには、自分で構成を作成する仕事を経験していないと合格はできません。

 

ライターとしてある程度の経験を得ていないと、テストをパスすることは難しいといえます。

 

編集者テストの受験資格とは?

編集者テストの受験資格についてですが、明確な資格は存在しませんので、誰でも挑戦することは可能です。

ただし、誰でも受けられるからといって、誰でも合格できるわけではありません。

 

先ほど述べたように、合格するためにはある程度のライターとしての実務経験が必要となってくるからです。

編集者テストに合格するためには、最低でもプラチナライターに合格できるスキルは必須でしょう。

 

上記記事ではプラチナテスト受験の際に、経験しておいた方が良いことを下記のように記載しています。

  • 1万文字以上のSEOライティング実績がある
  • ブログではなく、メディアのコラム執筆実績がある
  • サグーワークスの案件を20件以上消化している
  • 指定されたキーワードから、SEOを意識した論理的な記事構成を作成し、執筆した経験がある

引用:サグーワークスのプラチナテストとは?合格するコツを徹底解説!

 

特に重要なのは、最後の項目「SEOを意識した論理的な記事構成を作成し、執筆した経験がある」です。

上記の経験がない場合は編集者テストを受験しても合格はかなり厳しいでしょう。

 

他のサイトで、記事構成の作成案件を受注して、スキルと経験を身につけてから編集者テストに挑戦するようにしてください。

 

サグーワークスの編集者テストに受かるコツとは?

サグーワークスの編集者テストがどれくらいの難度か理解していただけたところで、次は具体的な合格のコツをご紹介していきます。

繰り返しになりますが、編集者テストの詳細は説明できかねますので、基本事項のみの解説です。

 

ただし、これから説明する基本事項を押さえることができなければ、編集者テストに合格することは絶対にできないので、しっかりと読み込んでください。

 

今回紹介するコツは下記です。

  • マニュアル、レギュレーションを熟読する
  • 読者を明確にイメージする
  • 構成を丁寧かつ簡潔に作る
  • 記事のゴールを明確に設定する

 

マニュアル、レギュレーションを熟読する

まず、最も重要なポイントとしては、マニュアル・レギュレーションの熟読です。

レギュレーションはある種の答えなので、レギュレーションから外れた構成を作成しては確実に編集者テストに落ちてしまいます。

 

試験時間は十分に与えてくれる編集者テストですので、じっくり時間をかけてレギュレーションから漏れていないかを確認しましょう。

 

読者を明確にイメージする

また、Web記事の構成を作成する際に重要なのは、読者を明確にイメージするということ。

ペルソナということもありますが、記事を届けたい読者像を明確にしておくことで、より具体性の高い記事構成を作成できます。

 

ペルソナの設定を失敗すると、想定読者にとって不足していたり過剰であったりと、適切でない記事が出来上がってしまいます。

想定読者、読者の状態を丁寧かつ的確に定義し、記事構成を作成しましょう。

 

構成を丁寧かつ簡潔に作る

構成を丁寧かつ簡潔に作るのも重要です。

Web記事で重要なのは、構成の時点で内容を全て把握できるようにしておくということ。

丁寧な構成作成で、情報が過不足なく伝わるようにしておきましょう。

 

また、簡潔さも大切。

だらだらと長ったらしい見出しでは、読者に情報が伝わりにくいからです。

 

見出しは簡潔に、かつ丁寧に情報を伝えることを意識してみてください。

 

記事のゴールを明確に設定する

4つ目のコツは記事のゴールを明確に設定しておくこと。

Web記事にはそれぞれゴールが存在します。

 

商品を売るための記事なのか、情報を読者に与えるための記事なのかで、記事の書き方や構成は大きく変わります。

クライアントが求めるゴールに読者を適切に導くことができなければ、編集者テストの合格は厳しいでしょう。

 

記事構成を作成する際、ゴールはなんなのか?どうすればゴールに読者を導けるか?を熟考し、記事構成を作成しましょう。

 

サグーワークスの編集者の仕事内容とは?

サグーワークスの編集者テストの詳細を解説してきました。

ここからは、編集者についてより掘り下げていきます。

 

記事の大枠を作るのがメインの仕事

編集者のメインの仕事は記事の大枠(構成)を作成するというもの。

といっても「構成を作成する」と一言でいってしまえるほど単純な作業ではなく、下記のようなステップがあると、サグーワークス公式(こぶたの鉛筆)は明記しています

 

  • 読者・状態の定義
  • 読者に提供すべき情報の洗い出し
  • 記事のゴール
  • 記事のストーリー(記事の流れ)
  • タイトル
  • 見出し
  • 見出しごとの内容についての、ライターへの指示文・目安文字数

引用:こぶたの鉛筆

 

上記の事柄を考察し、内容が固まったらライターに執筆をお願いするという流れです。

そのため、編集者は実際にライティングする必要はありません。

 

ライターへの的確な指示も業務のうち

編集者は構成の作成だけが業務ではなく、ライターへの指示出しも重要な業務の1つです。

記事構成はあくまでライターが記事を書きやすくするためのもの。

 

ライターにうまく指示が伝わらなかったら、編集者の意味がありません。

ですから、編集者の仕事として、ライターに発注者の意図を伝えたり、構成の意図を伝えたりといった事柄が重要となってくるのです。

 

「編集者はライティングをしない仕事」と説明しましたが、ライターへの指示出しを文章でするため「ライターに意図を伝えるライティング力」は必要になってきます。

 

とはいえ、Webライティングである程度の実績があれば、他人に情報を伝える文章の書き方は身についているはずですので、そこまで身構える必要はありません。
いつもライティングでしていることを、応用するだけですからね。

 

編集者の報酬は?

気になる編集者の報酬ですが、1企画3000円〜20000円と公式は設定しています。

引用:サグーワークス

1記事の構成を作成することで数千円以上の報酬を得られるのは、高額な報酬といえるでしょう。

かなり稼げる仕事であると考えられます。

 

サグーワークスのプラチナライターの方でも編集者に応募することが多いようですので、プラチナライターよりも稼ぐことができるのかもしれません。

編集者の報酬ランキングなどは確認できないため、詳細は不明です。

 

少なくとも、一般的なクラウドソーシングサイトの記事作成や構成作成よりは高額報酬なので、募集があれば編集者テストの合格を狙ってみるのもおすすめします。

 

補足:編集者は校正・校閲とは別

ちなみに、よく勘違いされる事柄ですが、編集者と校正・校閲者は別の仕事です。

校正・校閲者に関しては下図のように設定されています。

引用:サグーワークス

校正・校閲者も現在は募集されていませんが、月収は5〜40万円で設定されています。

仕事の内容は、ライターが作成した記事の確認をして、修正依頼を出すというもの。

 

順番としては、編集者が構成作成→ライターが執筆→校正・校閲者が添削といった流れです。

編集者はライターへの指示出しまで、校正・校閲者は確認と添削が仕事と業務がしっかりと分かれています。

 

校正・校閲者もなかなか報酬額は高いので、募集があれば狙ってみてもいいでしょう。

 

サグーワークスの編集者になるメリットとは?

さて、編集者について解説をしてきましたが、ここでは編集者になるメリットについてご紹介していきます。

下記項目が挙げられます。

  • 記事構成の能力がつく
  • ライティング力がつく
  • マーケティングスキルがつく
  • 正確な情報を集めるリサーチスキルがつく
  • 管理能力がつく
  • 報酬が高い

 

記事構成の能力がつく

まずはなんといっても記事の構成能力がつくという点です。

構成はライターをしていてもなかなか仕事を任せてもらえないことが多いので、貴重な機会でしょう。

 

また、SEOを意識した記事構成をしっかり作成できるようになると、サグーワークス以外のサイトでも活躍できるようになります。

ライターは数多く存在しますが、編集者の供給は需要に見合っていません。

 

記事構成を作成できるようになれば、一気にあなたの市場価値が高くなることが想定されますので、ぜひ編集者を目指してみてください。

サグーワークスでは現在編集者は募集されていませんが、他のサイト(クラウドワークスなど)で編集、構成作成の仕事を受注してスキルを磨くという手があります。
募集が開始された時すぐに対応できるように知識と経験を蓄えておきましょう。

 

ライティング力がつく

また、直接はライティングをしない仕事ですが、指示出しでライティングスキルを磨くことができます。

ライターに的確にクライアントの意図を伝えるといった仕事は、ライティングスキルをかなり必要とするからです。

 

他人に自分やクライアントの要望を正確に伝える能力は、クラウドソーシングだけでなく、フリーランスで仕事をする上で非常に有用なスキルですので、磨いておいて損はないでしょう。

サグーワークスの編集者は効率よくライティングスキルも磨くことができます。

 

マーケティングスキルがつく

マーケティングスキルも身につきます。

読者をクライアントが望むゴール(購買や登録など)に誘導するスキルは、マーケティングに直結します。

 

自分で読者の行動をコントロールできる編集者、ライターになれば自分でメディアを立ち上げたり、マーケティング会社に就職したりといった方向性でも実力を発揮できます。

 

マーケティングまでできるライター、編集者は業界にも少ないので、人材として貴重といえるでしょう。

 

正確な情報を集めるリサーチスキルがつく

編集者はリサーチスキルも身につきます。

記事構成を作成する際、膨大な情報からピックアップする作業が必要だからです。

 

情報の取り扱いが上手い編集者、ライターになればあなたの市場価値もかなり高まるでしょう。

多くのメディアからひっぱりだこになること間違いなしです。

 

管理能力がつく

ライターに指示を出すことで、人を管理する能力が身につきます

他人を指示通り動かすのは想像以上に難しいので、最初は大変でしょうが、スキルが身につけば他人を管理する仕事をこなすことができるようになるでしょう。

 

サグーワークス以外でも、ライターの管理や編集といった1つ上のステップに進めるようになるので、ぜひスキルを磨きましょう。

管理は高額報酬であることが多いので、がっつり稼ぎたい人には特におすすめです。

 

報酬が高い

最後のメリットは報酬が高いということ。

様々なスキルが身に付く上に報酬も高いのであれば、非常に魅力的といえます。

 

先ほども説明しましたが、サグーワークスの編集者の報酬は1企画3000円〜20000円です。

記事構成を作成できる数は人それぞれですが、1日1企画の作成でも最大月収60万円も理論的には到達可能です。

※実際は案件ごとに報酬がばらつくので、あくまで理論値です

 

サグーワークスの編集者であれば、それだけで生計を立てられるレベルの報酬を得られる可能性が高いので、募集が開始されたらすぐに編集者テストを受験しましょう。

運良く合格できれば、かなり報酬が安定するはず。
ライターとしてのステップアップにもなりますし、編集者の仕事を狙わない手はないでしょう。

サグーワークスで稼ぐ方法とは?

サグーワークスで稼ぐ方法を最後にご紹介しましょう。

主に2つの選択肢があります。

  1. 募集があれば編集者や校正・校閲者テストを受ける
  2. プラチナライターとしてライティングで稼ぐ

 

募集があれば編集者や校正・校閲者テストを受ける

まずは募集があればの話ですが、編集者や校正・校閲者を目指しましょう

ライターより難度の高い仕事である分、報酬も高いので、しっかり稼ぐことができます。

 

編集者テスト、校正・校閲者テストの難度は決して低くはありませんが、テストをいつでも受けられるように準備しておくことをおすすめします。

 

具体的には、他のサイト(クラウドワークスやランサーズなど)で編集者や校正・校閲の仕事を受注して業務を実際にこなすのが最短ルートです。

サグーワークスほどの報酬は得られないかもしれませんが、それでも実務経験に勝るスキルアップはありません。

 

スキルを磨きつつ、常にサグーワークスのサイトを確認し、募集が出たらすぐに応募しましょう。

 

プラチナライターとしてライティングで稼ぐ

ただし、編集者、校正・校閲者の募集が今後一切出てこない可能性もゼロではありません

そうなると、なれない編集者や校正・校閲者の準備だけを着々と進めるのも時間の無駄と感じる場合もありますよね。

 

そこで、割り切ってプラチナライターとして活躍するのもありではないでしょうか。

プラチナライターになれば、業界でいえば高額報酬(文字単価1円以上)で働けるので、割りは良い仕事といえます。

 

編集者よりは稼げないかもしれませんが、募集していない以上仕方ありません。

プラチナライターで稼ぎつつ、編集者のチャンスを狙うのもありでしょう。

 

まとめ

以上、サグーワークスの編集者テストに関する内容でした。

編集者になるための流れは下記画像のようになっています。

 

テストの内容は非公開ですが、企画力が試されることは確かです。

 

編集者テストに受かるコツは下記。

  • マニュアル、レギュレーションを熟読する
  • 読者を明確にイメージする
  • 構成を丁寧かつ簡潔に作る
  • 記事のゴールを明確に設定する

 

また、編集者になることで得られるメリットは下記です。

  • 記事構成の能力がつく
  • ライティング力がつく
  • マーケティングスキルがつく
  • 正確な情報を集めるリサーチスキルがつく
  • 管理能力がつく
  • 報酬が高い

 

サグーワークスの編集者は現在、募集されていませんが、チャンスがあれば挑戦する価値が十分ある仕事です。

ぜひ機会を伺って、応募してみてください!

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

 

サグーワークス
miyatakuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました