【高額】ランサーズの振込手数料は高い⁉手数料を抑える方法も解説

ランサーズ

初めての案件で1000円ゲット!

早速口座に振り込んでもらおう!

ちょっと待って!

やり方次第では、報酬が半額になってしまうよ?

ランサーズを利用するうえで、必ず発生してしまうのが振込手数料です。

「振込手数料は実際何円かかるの?」

「振込手数料を抑える方法はある?」

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

ランサーズの振込手数料について

・振込手数料の概要
・振込手数料を抑える方法

これらについて記事にまとめていきたいと思います。
ぜひ最後まで読んでいって下さい!

ランサーズの振込手数料について

まずはランサーズの振込手数料について、詳しく解説していきたいと思います。

振込手数料は500円

ランサーズで報酬を受け取る際の振込手数料は、500円(税抜です。

税込みだと550円もかかってしまいます。

この手数料はランサーズの売り上げから、自身の口座へと振込をする際には、必ず必要となります。

そのため、ランサーズからの収入が少ない人ほど、損をしてしまうと言えますね。

せっかくタスク案件をいっぱいこなして、

1000円稼いだのに。

半分も手数料で消えてしまうのか。

それって精神的にもかなりつらいよね。

他のクラウドソーシングサイトも

比較してみよう。

振込手数料の他社比較

ランサーズだけ、

手数料が高く設定されているんじゃないの?

ランサーズの振込手数料は500円ですが、他のクラウドソーシングでは何円に設定されているか気になりますよね。

そこで、振込手数料に関して他社比較をしてみました。

クラウドソーシング他社の手数料一覧:

・クラウドワークス:500円

・Shinobiライティング:楽天銀行とジャパンネット銀行は無料
            
その他の銀行は150円
・サグーワークス:30000円未満なら手数料108円
・Bizseek:550円
・クラウディア:300円

この一覧を見てもわかるように、ランサーズはクラウドソーシングの中でも振込手数料が非常に高いということが分かりました。

振込手数料を抑える方法

このままじゃ、ランサーズで稼いだお金が

どんどん無駄になってしまうよ。

大丈夫ですよ!

そんなあなたには、楽天銀行をおすすめします!

振込手数料で550円も支払うのはもったいない。

そんな風に考えているあなたには、楽天銀行の使用をおすすめします!

振込先を楽天銀行にすることで、振込手数料を安く抑えることが出来ますよ!

楽天銀行だと振込手数料が80%OFF

ランサーズから楽天銀行への振込手数料は、110円に設定されています。

現在まで楽天銀行以外の口座へ振り込みをしていた人からすれば、振込手数料が実質80%OFFになるということです!

口座を変更するだけで、

これだけお得になるなんて知らなかった!

これで安心して、

ランサーズで仕事を続けられるね!

楽天銀行を使用するメリット

振込手数料を抑える目的で、楽天銀行を利用する人も多いのではないでしょうか?

しかし、楽天銀行を利用するメリットは、他にもたくさんありますので、紹介していきたいと思います。

①ランサーズ以外のクラウドソーシングでも手数料が安くなる

先ほど紹介した、「クラウドワークス」や「ビズシーク」など、他社のクラウドソーシングでも、楽天銀行を利用することで手数料を抑えることが出来るというメリットがあります。

複数のクラウドソーシングに登録している人には、非常におすすめの銀行です!

②コンビニATMがいつでも利用可能

他の銀行のATMだと、土日や祝日は利用できる時間帯が限定されている場合が多いです。

しかし、楽天銀行なら、コンビニのATMを利用して、お金を引き出すことが可能です。

キャッシュカードを作成するだけで、いつでも簡単に利用できるので、非常に便利だと言えますね。

③楽天スーパーポイントが貯まる

楽天銀行の口座を開設することで、楽天スーパーポイントを効率よく貯めることが出来ます。

キャンペーンも随時開催されていて、獲得したポイントは、商品購入時に利用することが出来ます。

楽天市場を頻繁に利用する人にとっては、

嬉しいサービスですね!

④振込や残高確認をスマホでできる

口座への振り込みや、残高の確認を、スマホ一つで行うことが可能です。

通帳記入などの必要もなく、自宅や外出先でも簡単にサービスを利用することが出来ます!

わざわざ外出する手間が省けるのは、

とても嬉しいですね!

ランサーの過半数が利用しているというデータも

ランサーズを利用している方の、64%が報酬を楽天銀行で受け取っているというデータもあります。

実際にランサーズを利用しようと考えている方で、楽天銀行を登録するというクチコミも確認できました。

楽天銀行の口座開設の流れ

以上の情報を踏まえ、楽天銀行の口座を開設したいという方に向けて、申し込みの方法を説明していきたいと思います!

楽天銀行申し込みのための5STEP

①お客様情報を入力(氏名・性別・生年月日など
②連絡先情報を入力(住所・メールアドレス・電話番号など)
③キャッシュカードを選択
④その他の情報を入力(口座の利用目的)
⑤確認後、申し込むを選択

このように、誰でも簡単に口座開設を申し込むことが出来ます!

実際に入力してみると、

大体5分ぐらいで、口座開設を申し込むことが出来ました!

振込先口座を楽天銀行に変更する方法

楽銀行の口座を開設した方に向けて、振込先口座を楽天銀行に変更する方法をお伝えしたいと思います。

振込先口座を楽天銀行する方法

①報酬出金管理ページに移動
②振込口座から銀行振り込みを選択
金融機関名で「楽天銀行」を選択し、口座情報を入力
③入力情報を確認し、情報の登録・更新ボタンをクリック

以上の手順となります。
金融機関名で「その他」を選択してしまうと、楽天銀行への振込だと認識されず、振込手数料が550円のままになってしまう可能性があります。

振込回数を減らすことで手数料を削減

上記の楽天銀行を使用する方法は、手数料自体を減らすことが出来ます。

振込手数料を抑えるために、振込回数を減らすという方法がありますので、そちらについても解説していきたいと思います。

報酬が振り込まれる条件

今月は報酬を振り込んで欲しくなかったのに、

勝手に口座に振り込まれてしまった。

ランサーズでは、どのような条件で報酬が振り込まれるのでしょうか?

実際にホームページで確認してみたところ、以下のような条件があることが判明しました。

条件1. ランサーズ口座残高の合計が1000円を超えている
条件2. 本人確認が承認済みとなっている
条件3. 報酬出金管理ページで正しい「振込先口座情報」を設定している
条件4. 出金方式を「自動出金方式」としている

引用元:Lancers

つまり、報酬が1000円以上で本人確認が済んでいれば、自動的に口座に振り込まれるという仕組みになっています。

本当は振込をしたくないタイミングであっても、自動的に振込が行われてしまいます。

そのため、無駄な振込手数料がかかってしまうという結果に繋がります。

出金方式をキャリーオーバー方式に変更

登録時には、出金方式が「自動出金方式」となっているはずです。

それを「キャリーオーバー方式」に変更することで、無駄な振込手数料を削減することが出来ます!

そろそろ報酬もたまってきたから、

口座に出金しようかな!

キャリーオーバー方式では、自動的に出金処理が行われることをストップすることが出来ます。

そのため、自分が出金したいタイミングでのみ、振込手数料を支払うことが可能になります。

ランサーズ内の口座に180日間残っている報酬がある場合のみ、その報酬が自動的に支払いされるという設定になっています。

キャリーオーバー方式の設定方法

キャリーオーバー方式へは、報酬出金管理のページから、変更することが出来ます。

変更することで、追加の料金なども発生しませんので、安心して変更していただけますよ!

まとめ

今回はランサーズの振込手数料について、記事にまとめてきました。

記事を通じて、以下の事をお伝えしました。

・ランサーズは振込手数料が高い

・ランサーズを使うなら楽天銀行がお得

・キャリーオーバー方式で、少しでも無駄な手数料を削減できる

振込手数料を削減する方法について、理解していただけたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました