有料級!ファンを作るためのライティング術とは?

↓↓動画はこちら↓↓

有料級!ファンを作るためのライティング術とは?

→先日の講義を見ていない方はこちらから見れますので、どうぞ!!

動画の内容を書き起こしました(動画が見れない方へ)

こんにちは、乗田です。

松井です。

今回はファン化ライティングを暴露ということで、

20万円~30万円の商品を購入してもらう秘密のノウハウを

お話していきたいと思います!

まず20万円~30万円の商品は冷静に考えて高いと思いますし

意味が分からないと思うかもしれないですけれど、

実際こういう商品を購入してもらう方法があるので

それを今回はお話しています!

実際想像つかないと思うのですが、自分が20万円や30万円を売るってなると・・・。

僕も1,000円でも売れないのではないかと過去に思っていたことがあるので、

20万円や30万円はさらに無理なのではないかと。

 

でも、実際にこういう商品を売っている人がいますし、

ノウハウさえ知ることができれば売れますよ。

これも実際に松井さんがライティングの勉強で20万円掛けて知った内容なので、

かなり学びになるかと思います。

 

 

ということで少し昨日の続きにはなるのですけれど

ファンを作ることのメリットということで

 

例えば20万円、30万円という高額なサービスを何度も買ってもらえるようになったりして、それで月に100万円とか稼げたりとかありますね。

「ぜひ購入させていただきたいです!」というふうなメールが来たりとか

「○○さんの売り上げに貢献できて幸せです!」と言われるようになったりとか

強いライバルが現れても自分の収益はビクともしなくなります。

ライバルが現れても自分のファンだったら離れないという話ですね。

場所がYouTubeだろうがブログだろうが、どこでもファンを作ることができるので、一生モノのスキルになるということです。

 

これでいうと、海外在住のコンサル生とかもいるので 場所は本当に関係ないですよという話です。

あとは、嫌われ者の乗田が…というところで、実際に僕は過去、机に突っ伏して寝ていたり、友達もいなかったような人間なんですけれど、

そういう人でもファンを作れるというところで、本当にやり方さえ知れば誰でもできるというところですね。

 

実際こんな感じのメッセージも先日もらうことができているので、

こういうイメージをしてもらえると、考えやすいのではないかと思います。

「教材がほしいです!」とかありますね!

 

単純に「販売ページを見ないで買いました!」とかもありました。

 

「毎日動画見てます!」とか「お会いしていただけないでしょうか」とか

こういうのは普通に来るようになります。

そうですね、普通では考えられないメッセージがなんで来るのかというところなんですけれど・・・。

 

これが先日話した、こういうような手順で行っていけばファンが作れますよというところです。

ファンの作り方を知って商品を売って仕組みを作っていくとできますね!

1番目が1番重要ですね。

そうですね。

ファンの作り方を知っているからファンが作れる

ファンの作り方を知らなければファンは作れないので。

ファンが作れないと商品が相当売りにくくなりますし

その後継続的に買ってくれるというのもかなり難易度が高くなるので

逆にファンさえ作れればという感じですね!

そうですね。

では、どうやってファンを作るかという部分なのですけれど…。

 

 

まず初心者の人ほどファン化の技術を身につけないとまずい…という理由に関して、これを少し掘り下げていきたいと思います。

 

例えばですけれど、低単価な1,000円という1個の商品で月100万円稼ごうと思ったら「いくら売ればいいんだ」という話なんです。

1ヶ月に1000個売る必要が出てきます。

逆に1個10万円の商品で月100万円稼ごうと思ったら1ヶ月に10個でいいですよね。

 

なので本当にたくさんアクセスを集める必要がないので

そこでかなり難易度は下がるかなと思います。

ただ、10万円や20万円という商品を売るにはファンでないとキツイですよね。

やっぱり信頼がないと10万円や20万円って払いにくいじゃないですか?

 

ファンというのは自分のことを信頼してくれているので

「おすすめですよ」と言えば、わりと買ってくれやすいという感じですね。

単価が安いからそもそも稼ぎにくいという話ですけど、

例えば1,000円の商品で稼ごうと思ったら1,000円の商品を100個売って

やっと10万円じゃないですか…。

でも100個買ってもらうには100人単純に集めればいいというわけではなく、

何千・何万人いて、そのうちの100人が買ってくれるという話なので

大量にアクセスを集めないといけないという状態になってしまいます。

でも、10万円の商品を1個売れば同じ10万円ですからね。

 

そうですね、1人でいいので。

 

1,000円の商品を売るのと 5万円とか10万円の商品を売るのが、難易度が違うかと聞かれたらそんなことはないじゃないですか?

ファン化の知識を知っていたら高単価な商品を売る方が簡単なので、

今更「低単価な商品を何個も売るのが大変だな」という感じに、

正直なるかなと思います。

そうですね。

「自分よりも強いライバルが現れた瞬間に収益が0になるのか?」という部分で、昨日の続きになりますが、

例えばAKB48であれば別に乃木坂46が現れてもAKB48のファンのままだと思いますが、

 

ただ可愛いから応援しているだけのファンだったら もっと可愛いアイドルが出てきたら、

簡単に離れられちゃうじゃないですか…。

スペックだけでは戦えないということですよね。

単純に歌が上手い人がデビューして、例えばその人の10倍、歌が上手い人が新たに現れたら

そっちに流れてしまいますよね。

 

ゆえに稼げるようになっても長くは続かずライバルが出てきてしまうので、稼げずに将来100%窮地に陥ってしまします。

 

逆にファンがいたらかなりビジネスでは長生きしますね。

例えばAKB48のファンになって、1か月で辞めた人はいないと思うんですよ。

 

中にはいるかもしれないですけれど、

なんだかんだ何年とか あるいは長い人だと5年とか10年とか、CDを買いまくっているじゃないですか?

 

iPhoneとかもすごいですよね。

1回iPhoneが使いやすいとなったら、みんなずっとiPhone買い続けているので。

 

そうですね。

なのでファンというのはアイドルとかの話ではなくて、先程言ったMacとかiPhoneとかそういうのも関係してくるので、どんなビジネスでも使えますね。

それでネットビジネスで稼げる人はファン化のスキルを身に付けているという話なので、実際そこそこ稼いでいる人は大抵ファンを作って商品を売っているパターンが多いです。

「この人が言っているなら安心かな」とか

「間違いないだろう」という感じで買っていったりしますもんね!

 

では、そろそろファン化させるテクニックを暴露していこうと思います!

 

 

その内容なのですけれど、今から話す内容は松井さんが参加費20万円を掛けて手に入れたファン化ライティングスキルの一部です。

そもそも人に好かれるような人間ではない僕にファンが大量に存在しているわけなのですけれど、その秘密についても話していきたいと思います。

 

実際に難しいかと聞かれたら、そうではない内容なので!

すごく理解するのが複雑とかそういうのは全く0なので、

ぜひこれを聞いてすぐに実践してみてもいいかなという感じですね!

では20万円掛けて学んだテクニックについて話していきたいと思います。

 

それが「苦悩ライディング」というものです。

たぶんこれだけ聞いても分からない人が多いと思うので

苦悩ライティングについて説明していきたいと思います。

 

 

苦悩ライティングとは自分の辛かった過去のエピソードを文章として書いていって、読者に感情移入してもらう方法です。

それに加えて「今頑張っています」という姿勢を見せて、

読者の感情が動いて応援してあげたいと思うということを書いたんですけれど、

これだと少し分かりにくいかなと思ったので、もっと具体的に解説していきたいと思います。

 

 

成功した芸能人の苦悩のエピソードとか書いたんですけれど、例えばお笑い芸人とか、テレビに出ている人で、昔は辛かったとか・・・。

貧乏で辛かったときのエピソードとかをしんみりと話しているシーンがあると思います。

その辛かったとか悩んだというエピソードを自分で話すということですね。

親がシングルマザーだったとか、お笑い芸人で下積み時代にすごく苦労したとか、

成功した人が過去の辛かったエピソードとか、苦しんだエピソードを話して、

「でも今はこんなに成功したんだよ」みたいな流れだと、人がファンになりやすい、応援したいと思いやすいです。

逆に、最初から人生ずっと上手くいっていました・・・みたいな人だと応援したいという気持ちにならない。

単純な人間心理として辛いけど頑張っているという人を応援しやすいですね。

 

例えば芸能人の本とか自伝とかあるいは小説とかを読むと

その芸能人が若かったころ悩んだこととか、苦悩したこととかが赤裸々に書かれていますよね。

それを読んで「うっ」とくる人が多いかなと思います。

 

自分が誰かのファンになった過程として、ほんとにだれしも、このパターンに当てはまるのかなと。

 

次は漫画の主人公ということで、これは読んでいる漫画によるかもしれないですけれど、

主人公が敵キャラに立ち向かっていると「すごく辛いけど頑張っている」という、

漫画の主人公で昔の辛かった回想シーンとかあると思うのですけれど、それも「辛いけど頑張る」ということですね。

これをよく使われているのが、たまに敵キャラが好きになるというのがあるじゃないですか?

敵キャラが元々いい人だったのにこんな辛いことがあって悪くなってしまったというような感じです。

辛かったエピソードを見せられると応援したくなっちゃうし、

感情移入しちゃうし同情しちゃうので、

そういう意味で、それもファンになっていく構造をしていますよ・・・ということですね。

それ以外の敵キャラが倒されるシーンとか走馬灯みたいな感じで自分の辛かったときのエピソードが流れたりとかありますが、そういうこととかがありますね。

 

それに加えてドラマや映画の主人公なんですけれど、

基本的にドラマとか映画とかの主人公で最初から上手くいっていたというパターンはあまりないので。

主人公の家庭環境が辛かったとか、あまり仕事が上手くできなかったとか描写されているけど、、、

 

辛いけど、上手くいかないでも頑張っている・・・というところがしっかり描写されていると、感情移入されやすいというのがありますね。

 

まだ成功していないけど頑張っているアイドルとか

成功しているけれど、辛さをバネに頑張っているアイドルにいっぱいファンがいますし、辛いこともあるけれど夢に向かって頑張っている人たちとかもいますね。

それ以外だと夢に向かって、それを語っているバンドマンに女の子が好きになってしまうとかあると思うのですけれど、頑張っていて夢に向かっている感じですね!

共通点はこんなに辛かったけど頑張ったよ頑張っているよ!ということですね。

この辛かったよというのが肝なんですよね!

 

過去にコンサル生のみに稼がせるために

徹底的に教えていた苦悩ライティングの実例ですね。

 

この苦悩ライティングを本気で極めた人が普通に月収100万円とか出しているので!

これさえ身に付けていれば逆に

月100万円にならないことはないだろうという感じになっています!

このライティングを明日完全無料公開します!

ぜひ明日も見ていただければなと思います!

これは本当に有料級の情報を喋っていますし

世のインフルエンサーが喋りたがらないことですよね。

なかなか公開しにくいですし、本人も言語化できていないというのがあるので。

そうですね。

気付いていないか知っていて言わないかくらいですよね。

それを明日無料で全部お話します!

本当に手の内をバラしているようなものなので…。

こちらのおこなっている方法を全部バラしているので。

「こういう意図があってあなたを実はファンにさせているんですよ」

ということをインフルエンサーが言うわけがないので、、、(笑)

ただ、明日はその部分について、もっと知ってもらえたらなと思います!

という感じで、明日の動画も楽しみにしていてもらえればと思います!

今回はそんな感じで終わりたいと思います。

ありがとうございました!

ありがとうございました!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました