【クラウドソーシングサイトで月5万!】堅実に稼ぐための講義が今だけ無料!

月5万の副収入を堅実に稼ぐためのスキルを身につける講座

無料で講義を受けたい方へ!詳細はこちら!

【神評判?】合同会社ココイマの寺山和希さんに動画編集とwebライティングについて色々聞いてみた

動画編集

こんにちは、「クラウドソーシングのやさしい教科書」の編集部の宮田です。

 

前回、特別ゲストをお招きしましたが、今回もインタビューをさせて頂きます!

 

MEアカデミー責任者(合同会社ココイマ)の寺山和希さんです!

 

【動画編集が今熱い!】M・Eアカデミーの評判を徹底調査しました

 

こちらの記事でも解説していますが、寺山さんはマーケターとして企業のコンサルティングを行ったり、講師としても、講座の運営などを行われています。

 

それでは、合同会社ココイマの寺山和希さんにインタビューをしていきます!

 

今日、質問していくことは、動画編集とwebライティングについてです。

それ以外にもざっくばらんに色々と質問させていただきます。

 

 

 

 

スポンサードリンク

<スポンサーリンク>

>>詳しくは画像をクリック!

 

合同会社ココイマの寺山和希さんが話す「スキル」を身に付けることの重要性

 

先日はインタビューありがとうございました。前回に引き続き、再度質問をさせて頂ければと思います。

 

はい!よろしくお願い致します。

前回のインタビューでは、大まかな話しか聞けなかったので、今日はざっくばらんにお話しできればと思います。

 

はい、こちらこそ、色々とお話しできればと思います。

 

今日、質問したいのは、寺山さんはwebライティングと動画編集のスキルを学ぶべきと話していますが、それはどういう意図があるのでしょうか?

 

はい。結論から話しますと、「スキル」を身に付けることで、人生を変えられると強く思っているからですね。

 

私は元々、「スキル」を身に付けるべきである、という話をよくしています。手に職をつけるという意味でも、webライティングだったり、動画編集のスキルですね。それを学びましょうと強く話しています。これも私が起業する前の話に遡ります。

 

 

起業する前の話とは一体何でしょうか?

 

私が起業する前は、webライティングのスキルと、動画編集のスキルを身につけて、フリーランスとして活動していた時期がありました。ただ、その頃は、企業から案件をもらって月に20万くらいの収入を得ることができていました。

 

本当ですか!webライティングと動画編集があれば、そのくらいの収入が得られるんですね。

 

はい、私の場合は、ウェブライティングと動画編集を結構勉強して、かたっぱしから本を読んだり、オンラインの講座などに参加して、スキルを身につけていた形です。最初は面白くて色々と勉強していたのですが、それに伴って収入が増えていったようなイメージです。

 

 

なるほど、そこで、スキルの重要性を痛感されたということでしょうか。

 

はい、そうです。組織に属さなくても、一個人の力で稼ぐことができるというのは、驚きでもあり、戸惑いでもありました。ただ、実際にクラウドソーシングサイトやフリーランスの方々などで、1ヶ月で20万、30万の案件を受注されている方とお話しする機会が多くあったので、「スキルを身につければ、個人1人の力で生きていける」ということを感じることもできました。

 

 

 

ありがとうございます。寺山さんの過去の話を色々と聞いてしまいましたが、実際に「どのようなスキルを学んだ方が良い」というものはありますか?

 

私は2つあると思っています。

 

1つ目は動画編集のスキル

2つ目はウェブライティングのスキル

 

ですね

 

 

 

 

なるほど、なぜその2つなのでしょうか?

 

ズバリ、再現性がかなり高いからですね。動画編集もウェブライターも、覚えることが多いわけではないですし、実際に仕事は無数に転がっている状態です。ですので、しっかりと技術を身につけて、仕事の取り方を覚えれば、収入を増やしていくのは、そこまで難しくありません。

 

他の副業などよりも良いということでしょうか?

 

そうですね。他の副業と比較しても、動画編集とwebライターはかなり再現性が高いです。言って終えば、結構簡単だったりします。その証拠に、Twitterなどを見てもらうと、最近では中学生が動画編集で稼いだ報告などがツイートで見られたりします。

 

 

 

中学生が動画編集で稼がれているんですか?それは知らなかったです。中学生でも稼げるというのは中学生の方に失礼ですが、確かに、その言葉を聞くと、自分もやってみようという気持ちになります。

 

ちなみに、webライターはどのような感じなのでしょうか?

 

webライターも同じようなもの形です。ウェブライターの報酬の相場は、「1文字あたり何円」という風に単価が決められているので、文書が上手でなくても、大量に記事を書いていけば、収入は自然と上がっていきます。もちろん、大量に記事を描くのは大変ですが、そこまでライティングスキルがない状態でも、記事を書けば報酬がもらえるということです。

 

Twitterを見てもらうと、中学生や高校生でも、Webライターで稼いでる人はちらほら出てきます。

 

合同会社ココイマの寺山和希さんが企業コンサルを行った時の話

 

寺山さんは企業へのコンサルティングなども行っていると聞いています。

その際に、動画編集のスキルがものすごく役立っているとか。

 

はい、企業のコンサルティングを行う際に、Web広告やWeb集客全般のアドバイスをするのはもちろんですが、それ以外にも動画編集に関してのアドバイスなどが最近増えてきています。「うちもYoutubeで動画を公開していきたい」、「企業の紹介PVを作ってみたい」、「SNSなどで動画を投稿して弊社を認知してもらいたい」などの相談が色々と寄せられています。数年前まではこのような相談はあまりなかったのですが、最近になって、かなり増えてきたようなイメージです。

 

 

 

なるほど。そこで、動画編集のスキルを生かして、アドバイスをしているということですね。

 

そうです。「企業の方も、5Gとか動画の時代だとか色々騒いでるし、それに乗り遅れたくない!でも、動画って一体何をすればいいの??」という状態なんですね。なので、動画編集や動画制作に関して知識のある人は、かなり重宝されます。私はやっていませんが、「映像コンサルタント」という形で、企業に動画編集や映像制作のコンサルティングを行っているフリーランスの方もいるそうです。それだけで、毎月100万、200万と案件を取って、売上を上げられているそうですね。

 

 

そういう方もいらっしゃるんですね・・・・

動画編集は単価が低いと思われがちですが、企業から案件を獲得すれば、そのようなことはないと聞きました。

 

そうですね、個人から案件をもらうとなると、単価が下がってしまう部分がありますが、企業であれば、そういう状態にはなりにくいですね。

 

 

話がまた逸れてしまいましたが、企業をコンサルティングする際に、一番意識していることは何ですか?

 

意識していることはありすぎるので、1つを選ぶのが非常に難しいのですが、やはり、「売上を出してもらう」、という部分ですね。数字の部分にはとにかくこだわっていて、コンサルティングを行ったのに、「利益が増えなかった・・」という風になるのは本末転倒です。ですので、「数字」にはとにかくこだわっています。CPAが改善した、LTVが増えた、などの部分を一番重要視するようにしています。もちろん、それ以外にもたくさんあるので、語りきれないのですが、「一番意識していることは?」と聞かれたら、「数字」と回答しますね。

なるほど。ちなみに、企業へのコンサルティングを行ってきて、一番印象的だった話などを聞かせてもらえますでしょうか?

 

企業秘密の部分が多いので、話せる範囲でお話しさせて頂きます笑

 

一番印象的だったのは、クライアントの売上が1.8倍に伸びた時のことですね。1.8倍って見ると、そこまで大したことがない数字に見えますが、企業のコンサルティングを行っている人であれば、この数字がいかに高いかはご理解頂けるかと思います。

 

例えば、個人事業主の方やフリーランスの方などの場合であれば、利益を出す仕組みが整っていないことが多いです。なので、コンサルを行って、売上を2倍、3倍と増やしていくことは他のコンサルタントさんでも話を結構聞いたりします。

 

 

ですが、そこで担当した案件が、従業員が300名ほどいらっしゃる中小企業のクライアント様で、WebマーケティングやWeb集客の部分があまり生かしにくいジャンルでした。そこで、いろいろな施策をうち、やっとの思い出、売上を1.8倍まで伸ばせたということで、社長と手を取り合って、喜びましたね。

 

その時、社長と、社員さんに祝ってもらいながら、飲んだビールは何よりも美味しく感じました。これまでに飲んだどんなビールよりもおいしかったです。

 

素敵なご報告ありがとうございます。逆に、一番大変だったエピソードなども教えてください!

 

 

 

一番大変だったのは、やはり、社内のとりまとめでしたね。

社長と幹部のメンバーで方向性が一致していないと、かなり大変です。

 

私が以前、担当したのは家族経営の会社さんだったのですが、

社長の奥様、社長など家族で意見が食い違い、施策を打つ、打たないの議論すら始まらなかったことがあります。

 

そういう状態だと、まず意思疎通をしっかりと行う部分から土台を作らなければならないので、本当に大変です。

 

 

 

 

ドラマに出てきそうな話というか、雰囲気ですね。

 

そうですね。こればっかりは本当に時間を使って、話し合いをするしかなく、深夜の12時から、朝の5時まで、社長、社長奥様と議論していたこともあります。これは、本当に大変でした。ただ、最終的には話がまとまり、最後は一件落着で終わったのですが、なかなかしんどかったです笑

 

 

 

 

 

合同会社ココイマの寺山和希さんが動画編集スクールをやろうと思ったきっかけ

 

 

寺山さんは企業へのコンサルティングなども行いながら、動画編集のスクールを運営されていると聞いています。両者2つは全く別の分野のように思うのですが、どうして、スクールを運営されているのでしょうか?

 

企業のコンサルティングを行うことで、売上が増えると、クライアントさんから感謝はされるので、やりがいも感じるのですが、コンサルをすればするほど、、個人で稼ぐスキルの重要性を強く実感するようになりました。私がこうして企業にコンサルを行えているのも、スキルのおかげですので。

 

 

それで、動画編集のスキルを身につけられるスクールを運営しようということになったんですね。

 

はい、そうです。昔の私の場合は、動画編集も、webライティングも自分1人で結構コツコツと学んでいたので、どこかでしっかりとサポートしてくれて、指導してくれる場所があるといいなーと常に感じていたんです。それで、前に、「動画編集でオススメのスクールとかある?」と聞かれたときに、全然思いつきませんでした。そのときに、「だったら、自分で作っちゃうか?」と思い、動画編集スクールを作ることにしました。

 

 

 

かなりの行動力をお持ちなんですね。普通はそう簡単にスクールを作ろうとは思いませんね・・・苦笑

 

最初はそんなことがきっかけで、動画編集スクールを運営するに至りました。

どうせスクールを作るのであれば、サポートは充実させたいと思っていたので、案件を依頼したり、週に1回通話したり、勉強会を毎月行ったり、よりどりみどりのスクールを作って、現在、運営している形です。

 

 

合同会社ココイマの寺山和希さんがwebライターを指導する時に行っていること

 

 

寺山さんはwebライターの育成も行っていると聞きます。

webライターの育成の際に心がけていることはありますか?

 

かなりテクニック的な話になるのですが、「検索意図の把握」ができていないライターが非常に多いので、その部分を徹底的に叩き込むように指導をしています。

ウェブライティングって、文章を書けば、お金がもらえる世界なので、「webライティングの知識を学ぶ、勉強する」っていう思考にあまりなりにくいんですよね。「とりあえず、書けば、文章は上達するはず!」みたいな感じですね。

 

ただ、それだと、文字単価が上がらず、稼ぐことができないので、とにかく「SEOの検索意図の把握」の部分だけは身に付けるように、指導しています。

 

 

SEOの検索意図ですか。かなり、技術論的な話になってきましたね。

確かに、この部分を理解しているライターはかなり少ないように思います。

 

あとは、私の個人的な実感ですが、最近は、スキルがあまりないのに、単価を交渉してくるライターが増えてきているように感じます。

 

本来、フリーランスの人が単価を交渉したいのであれば、しっかりとクライアントと信頼関係を築いた後に行うべきです。ただ、そこの部分ができているライターは少ないなと感じています。あとは、webライターでどのくらいの金額を稼ぎたいのかで、学ぶべきライティングスキルも変わってくるので、そこの部分をしっかりと見極めるように指導しています。

 

 

 

寺山さんは、webライターでどのくらいの金額まで稼ぐことができると考えられてますか?

 

まず、断言したいのが、webライターで月に20万とか、30万稼ぐのは決して難しくないということです。クラウドワークスやランサーズなどにそのくらい稼がれているライターさんはたくさんいます。また、多い人だと、月に50万、60万ほど稼がれているライターさんもいらっしゃるので、ウェブライターってしっかりとやれば、稼げる職業なんですよね。過去、起業前にウェブライターとして、最高で月に40万近く稼いでいたことがありましたが、その時は、大体3〜4ヶ月ほど、webライティングの知識を深めていたと思います。

 

 

 

 

ウェブライターは難しくないと。

 

全く難しくないです。先ほども話しましたが、最近の中学生は動画編集やウェブライターで稼いでるくらいです。本当に難しい仕事だったら、中学生が稼げるわけがありませんから・・・笑

 

 

 

 

 

 

最後にまとめ

 

今回は、少し話が脇に逸れがちだったように思いますが、最後に一言お願いします。

 

ここまで色々と話したきたのですが、webライティングと動画編集に関しては、本当に難しくないです。

 

実際に、ネットを見てもらえれば、開始して1ヶ月目、2ヶ月目で、月に5万、10万と稼がれている方の声が多く掲載されていたりします。

 

ですので、そこの部分で興味を持って、勉強し始める人が増えたら面白くなるだろうなと感じています。あと、これは宣伝にはなりますが、動画編集に興味がありましたら、是非スクールの方をチェックしてみてもらえればと思います。サポートはかなり充実させているので、控えめに言っても、結構良い環境になっています。

 

 

 

 

それでは、合同会社ココイマの寺山和希さん。ありがとうございました!

 

はい!ありがとうございました!

 

 

 

 

 


>>詳しくは画像をクリック!


・クラウドソーシングサイトに登録したけどぜんぜん稼げない・・・
・月に5万円でもいいから副業で稼げたらいいのに・・・
・在宅で大きな金額を稼げるようになりたいけどそどうしたらいいのか・・・
・怪しい副業などではなくて、堅実に稼ぐ方法を知りたい・・・
・副収入を得て、もっと生活を楽にしたい・・・

もしかしたらあなたは、このようなことで悩んでいませんか?

 

もしクラウドソーシングサイトなどの副業でしっかりと稼ぎたいのであれば、
「スキル」をしっかりと身につけることで解決します。

 

そして、そのスキルを身につけるための講座を無料で行っています。

 

お金に縛られないストレスフリーな毎日を手にしてみませんか?

→【今だけ受講無料!】副業で堅実に月5万円稼ぐための講義の詳細はこちら

>>クリックして詳細を見てみる

 

動画編集
hiromatsuをフォローする
クラウドソーシングのやさしい教科書

コメント

タイトルとURLをコピーしました